1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 占い
  3. いて座の性格や特徴「孤高の哲学者」- 星座占い

いて座の性格や特徴「孤高の哲学者」- 星座占い

Share

「いて座」の性格などがわかる星座占い。11月21日から12月20日の間に生まれた方が「いて座」です。「孤高の哲学者」というフレーズがぴったりな星座。そんないて座の性格から相性、恋愛観や仕事観についてもみていきます。

いて座の性格や特徴「孤高の哲学者」- 星座占い

■いて座の性格

オープンマインドでフランク。

物事にこだわらないおおらかさと、帰りのことを考えず、どこまでも遠くへと出かけて行ってしまう楽観さがあります。

不安定なところがあるのですが、人生に対する精神的興味が強く、とても勇敢で、好奇心旺盛です。

危険を恐れることなく突き進んでいきます。見知らぬものとの出会いはいて座の人にとっては大好物のようで、他の人にとっては恐怖の対象であっても、それらに近寄っていき活発に展開を求めて生きます。


こうしたオープンさや勇敢なものは、人間にとって本当に大切なものを理解しているからで、まるで悟りを開いた後からの本当の人生の始まりを物語っているかのようです。

お互いの違いを楽しむことや、違いを乗り越えたところにある普遍的な真理にこそ、いて座のテーマがあります。

■いて座の仕事観

挑戦して成果をあげることに心を燃やしますが、コンスタントに情熱を燃やし続けることは苦手なところがあり、のんびりしていることが多いです。

しかし、一度スイッチが入ると情熱をあらわにして、目標に向かって一気に突き進んでいきます。情報収集力もピカイチです。特に計画しているときが一番楽しそう。

イメージ通りの形にし、その完成度も高いものが多いです。

■いて座の恋愛観

好きになると情熱が一気に燃え上がります。

アプローチも積極的です。追いかけられるより追いかけることを好み、ちょっと危険でリスクがある恋の方が燃え上がることもあるようです。

純粋でまっすぐで、相手の気持ちに対して誠実であろうとする深い優しさを持っています。しかし、運命的に恋愛運が良くない方が多いです。

特に若い頃は1年以上続く恋愛は少ないですが、20代の終わりから30代にかけて、本格的な恋愛のチャンスがやってきます。ある程度やりたいことができないと気持ちが乗らないのです。

■いて座の闇の面

理想ばかりを語る人に、嫌悪感を持つようです。

いて座の人は、スケールが大きく楽天的で快活なのですが、その反面、無造作で不用意な行動が多いため、理想を追い求めることの難しさをよく知っているのです。

そうした性質は、理想を追い求めていくことを我慢してしまうのです。

■いて座の結婚観

家庭や仕事、子育てなど、活発にいろいろなことを同時にできてしまうため、結婚後も働いたり、趣味なども結婚前と変わりなく続けたりする人が多いようです。

とはいえ束縛を嫌うため、義母父との同居は無理な方が多いでしょう。また、なんでも過剰になってしまう傾向があります。

普段から暴飲暴食になってしまうことがあり、結婚後に太ってしまう方も多く、病気にも注意です。

生活習慣は意識した方が良いでしょう。

■いて座の好きなものと嫌いなもの

好きなことは、動いていることで、旅行や賑やかな環境で過ごすことも好きなようです。

いつもと違うちょっと現実離れした場所も好きで、精神世界やオカルトの世界なども好きな方が多いです。嫌いなものは縛られることや命令されること。できるとわかっていることをやっても意味がないと感じるのです。

じっと静止して我慢しなければならない状況になると、誰よりも早くその状況から離脱します。

■いて座の相性

潔い選択をできる方や、好奇心に対してまっすぐな行動がとれる方とは相性が良いです。

いつまで経っても覚悟を持てない方や、理不尽なことを平気で押しつけてくるような方とは相性が悪いです。

星座でいうと、おひつじ座、しし座の方とは相性が良でしょう。

おとめ座、うお座の方とは、物事がなかなか決まらず、やきもきしてしまうことが多そうです。

■いて座の性格の背景

占星術において、いて座は黄道12宮の第9宮です。
気候は寒く乾き、大地は緊張して年の歩みを反省期へと進めます。

ギリシャ神話では、馬人ケイローンと言われております。ケイローンは姿は異様でも徳にあつく教育者としての資質に優れ、数多くのギリシャの若き英雄を育てたと伝えられております。

バビロニア出土の粘土板にも同様のものが発見されていて、カルデアのマルドウク神殿の神官ベロッソスの書を集めたエセビウスの年代記によると

「宇宙創造の初期に並外れた性質と特異な姿をした怪物が生きていた。前足が人間で、後足が馬であるような人たちもいた。」

とあり、半人半馬のいて座の姿は、高貴な人間性と荒々しい獣性を合わせ持つ人間の魂の二元性を象徴しています。

そんな、いて座のキーワードは

「私は分かる(理解)I see」

より高度な人生哲学を求め、大きな人生テーマに挑もうとするところにあり、自己発見のための心の旅を通じて神の意志を知り、ともに歩む人々の精神レベルを高めていくのです。

いて座の守護星は木星です。

成功、発展、拡大を司る惑星で、最大の吉星とされております。幸運のありかを示し、精神的分野、物質的分野、どちらにも保護と恩恵を授けます。

木星は人間の意識を正義と道徳を尊ぶ精神、高度な学問や宗教へと指向性を与えます。

木星の影響は、人生のスケールを大きくしてくれるのですが、

その反面、すべてを過剰にしやすく、過度の楽観による失敗、贅沢や不摂生なども招きますが、人生や人間味を豊かにさせるおもしろ味を教えてくれるのです。

Share

ホロスコ

幼少の頃から宇宙の魅力に惹かれ、本当の本当を追求していたら西洋占星術に出会う。現在星読みを生業に生きてます。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article