1. DRESS [ドレス]トップ
  2. カルチャー/エンタメ
  3. 作品が自ら動き出す。森ビル×チームラボが「ボーダーレス」をテーマにした体験型巨大アート施設を開設

作品が自ら動き出す。森ビル×チームラボが「ボーダーレス」をテーマにした体験型巨大アート施設を開設

Share

森ビルとチームラボが共同で運営する「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」が、お台場パレットタウン内に開設されました。

作品が自ら動き出す。森ビル×チームラボが「ボーダーレス」をテーマにした体験型巨大アート施設を開設

「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM」は、2018年6月21日にオープンするデジタルアートミュージアム。

「Borderless」をコンセプトに、約1万平方メートルという巨大な空間に世界初公開作品を含む約50作品が展示。

「Borderless World」「チームラボアスレチック 運動の森」「学ぶ!未来の遊園地」「ランプの森」「EN Tea House」の5つの世界で構成されています。

■5つのコンセプトごとの作品紹介

「Borderless World」では、作品の上に人が立つことで岩のような役割を果たし、水の流れが変わる「人々のための岩に憑依する滝、小さきは大きなうねりとなる」という作品が登場。

その場にいる人々の振る舞いや、他の作品の影響を受けながら、作品自体が変容し続ける驚きを体験できます。

滝

鑑賞者が自分の身体を使って作品を楽しめる「チームラボアスレチック 運動の森」では、光る岩を掴むたびに音が鳴る「光の立体ボルダリング」や、跳ねる場所や強さで反応がかわる「ポヨンポヨン宇宙」など、子どもから大人まで純粋に楽しめる作品が並びます。

ボルダリング
運動の森

光の立体ボルダリング

宇宙

ポヨンポヨン宇宙

「学ぶ!未来の遊園地」は、共同的な創造性、共創(きょうそう)をコンセプトにした、子どもが楽しめる空間を用意。

絵に書いた魚がデジタルの世界で泳ぎ出す「お絵かき水族館」や、すべり台を滑ることでさまざまなフルーツを育てる「すべって育てる!フルーツ畑」など、子どもが夢中になる作品が多数用意されています。

魚

お絵かき水族館

すべりだい

すべって育てる!フルーツ畑

この他にも、ランプが鑑賞者の動きに応じて、灯ったり音色を響かせる「ランプの森」。オーダーした茶がお椀に注がれ、お椀に花が咲く様子を楽しめるティーハウス「EN Tea House」など、大人も驚き夢中になる作品が数多く並んでいます。

ランプの森

ランプの森

tea house

EN Tea House

作品は人の存在や、訪れる時間帯、季節によって違った表情を見せます。

ミュージアムに順路はなく、自由に歩けば歩くほどボーダレスな世界に迷い込みます。

ぜひ、他者と共に身体ごと没入し、溶け込んでいく不思議な世界にを体感してみてください。

想像を超える発見があるはずです。

■施設概要

施設名称: MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless
所在地: 東京都江東区青海1-3-8(お台場パレットタウン)
延床面積:約1万平方メートル
開業日: 2018年6月21日(木)
営業時間:月〜木 11:00〜19:00
金・祝前日 11:00〜21:00
土 10:00〜21:00
日・祝日 10:00〜19:00
※最終入館は閉館の1時間前
料金: 一般/高・大学生 3200円、子ども(4歳~中学生)1000円
(※6月21日~7月31日まではオープン記念で2400円)
※料金は税込の金額となります

森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless | teamLab / チームラボ

https://borderless.teamlab.art/jp/

境界のないアートでできた世界を、自らの身体をつかって探索して、他者と共に新しい体験を創り出していく、世界に類を見ない全く新しい世界です。

Share

DRESS編集部

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article