1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 実録! 不倫したい男性がよく使うセリフ

実録! 不倫したい男性がよく使うセリフ

Share

不倫相手が欲しい男性は、まず女性をその気にさせるために口説いてきます。女性が関係を持ちやすい「事情」を作るために、平気で嘘をつく男性もいるので油断は禁物ですが、どんな言葉で女性を誘うのでしょうか。実際に女性に聞いた「不倫したい男性がよく使うセリフ」をまとめてみました。

実録! 不倫したい男性がよく使うセリフ

■「妻との仲は冷めきっていて」

「数年前のこと、異動してきた上司にやけに声をかけられていて、いいなとは思ったけど既婚者だと知って、あまり深く考えないようにしていました。

でも、業務の関係で話をする機会が多く、気づけばプライベートなことまで話をする間柄に。

残業していたある日、『終わったら食事に行こう』と誘われふたりで居酒屋へ行ったとき、『妻とは冷めていてね、夜の相手もいなくて寂しいんだ』と言われてびっくり。

確かにいつも夜遅くまで会社にいるし、家庭についてはあまり口にしなかったけど、それって部下に話すこと?

返事に困っていたら手を握られそうになって、かわしたものの気まずい雰囲気になったので慌てて食事を終わらせました。

奥さんとの仲がどうであっても、部下に手を出すような既婚の男って信じられない」(33歳/総務)


「妻とは仲が悪い」「愛情はない」など、まず奥さんとの不仲を持ち出す男性は多くいます。

これは女性の罪悪感を消すのが目的で、肉体関係を持っても奥さんに申し訳ないと思わせないようにしたいのですね。

また、妻に大事にされていない自分を演出することで女性の同情を買おうとする下心もあります。

本当に仲が悪いのかどうかは、女性側にはなかなか確かめられません。それがわかっているので、不倫相手が欲しい男性には使いやすい言葉だといえます。

■「離婚しようと思っていて」

「サークルで知り合った年上の男性。結婚しているのは聞いていたけど、いつも夜遅くまで遊んでいるのが気になっていました。

飲み会があったときにたまたま隣になり、話していると『嫁とは離婚しようと思っていてね』とアッサリ。

聞けば奥さんが浮気しているとかで、『今はその証拠を集めている最中』『だから家に帰りたくない』『家にいるのが苦痛』と愚痴のオンパレード。

友人に話すと『離婚するつもりって言いながらもう1年は経ってるけど、嘘だから気をつけて』と言われ、サークル内でいろいろな女性に声をかけているのを知りました。

離婚って重たい言葉だけど、相手が欲しくて簡単に使う男って最低……」(35歳/販売)


「妻とは仲が悪い」と同じように、「離婚を考えている」「別れるつもり」も不倫相手が欲しい男性がよく使う言葉。

すでに結婚生活が破綻しているように思わせて、女性を安心させたいのですね。

ほかにも、実際に言われたセリフでは

「別れたいけど嫁が離婚届を書いてくれない」
「離婚前提で別居している」

もありました。

いずれにせよ、考えているだけであって実際に行動には移していないのが答え。本当に離婚するつもりなら、1年などいつまでも言い続けるのはありえないと思いましょう。

■「癒やしが欲しい」

「仕事ができて信頼していた上司。いつも忙しそうだけど、面倒見が良くてみんなから人気がありました。

でも、共働きの奥さんとはあまり仲が良くないことはウワサになっていて、家庭の話なんて会社では滅多にしませんでした。

ある日、同僚が元気がないので声をかけたら、上司に『仕事ばかりで息抜きがない。癒やしが欲しい』とふたりきりの食事に誘われた、と聞いてびっくり。

それはマズいでしょ、と止めたけど、上司のことが好きだった彼女は行ってしまい、それからも悩みながらふたりで会っていて、最終的には不倫の関係になりました。

最初から自分に好意を持っている彼女に目をつけていたんだろうな。

社内不倫とかありえないし、バレたら大変だからと今も止めています」(30歳/事務)


「誰かに甘えたい」「癒やされたい」は多忙な男性がよく使う言葉。

これは、「俺がリラックスできるのは君だけだ」のように、女性の恋心を刺激するのが目的です。

「自分は彼にとって特別なんだ」と思わせることで、女性の心を開きやすくしたいのですね。

また、寂しさが募っているときも男性は「癒やしが欲しい」と言いますが、情にほだされやすい女性は気をつけたいものです。

■「子どもがいなければ」

・「私が実際に言われたのは、『子どもがいなければ嫁とはすぐ離婚するのに』でした。

既婚者とわかっていても好きになった人で、子どもがいることも知っていました。

プラトニックでもいいやと思っていたけど、いい雰囲気が続いていたときにこれを言われ、子どもを持ち出された瞬間にサーッと気持ちが冷めて……。

離婚できないのを子どものせいにするのって、みんなそうなの?」(32歳/サービス)

・「男友達と不倫している友人は、『子どもがいるから離婚は無理だけど』って最初に言われたそうで、不倫以上の関係にはなれないことをわかっていて続けています。

子どもで牽制しておいて関係を迫るのって卑怯としか言えない」(30歳/公務員)


実際に子どもがいるために離婚を踏みとどまる夫婦も世の中にはいますが、それをあえて口にするのは、暗に「お前とは不倫の関係しか求めていない」と言われているのと同じです。

「子どもがいるなら仕方ない」と女性に思って欲しい、完全に男性側にだけ都合の良い言葉。

自分に好意を持っていると確信している女性に使うことが多く、あくまでも不倫関係を選んだのは女性であって、自分はちゃんと離婚できないことは言った、という下心があります。

こんな言葉を吐ける男性って、ちょっと人間性を疑いますよね。

■不倫したい男性の「不誠実さ」はまず言葉に現れる

上記の例は未遂で終わったものも多いですが、実際には男性の言葉に惑わされて、不倫の関係に踏み込んでしまう女性もいます。

でも、言われたことをよく考えてみればわかりますが、不倫したい、不倫相手を探したい男性の言葉には誠実さがまったくありません。

妻との不仲を堂々と持ち出す男性の中には、

「嫁は家事もしないし料理も下手で……」
「太っていて家でもゴロゴロするばかりで……」

など、自分の配偶者を平気で悪く言う人もいます。

仮にも自分が選んだ女性のことをそんなふうに貶める男性が、果たして信用できるでしょうか。

「癒やしが欲しい」のも本来妻に求めるべきものであって、独身の女性に要求することではありません。

言葉巧みに口説かれると、「好かれているのかな」と感じてその気になるかもしれませんが、冷静に考えればまともな人間関係を築こうとする人間が吐く言葉でないことはすぐにわかります。

そもそも、不倫は人の道に外れた行為。それを求める時点で誠実さには欠ける人間なのだと、改めて考えてみる必要があるでしょう。

■言葉より行動を見る

中には、本当に離婚する前提で別居をしていたり、妻も不倫を了承していたりするという家庭もあるかもしれません。

ですが、やはり不倫はリスクの高いもの。男性の言葉を鵜呑みにして関係を持ってしまうのは非常に危険です。

結婚生活が破綻しているとしても、本当に離婚するまでは自分は男性にとって「不貞の相手」。それを良しとする男性を、信頼できますか?

本当にあなたのことが好きなら、離婚して堂々とお付き合いのできる道を選ぶのが筋です。たとえ気持ちが通じ合っていても、一線を超えるのは踏みとどまるのが理性ともいえます。

大切なのは、言葉より行動。

言われたことより、実際に男性が何をしているかを見ましょう。

誠意のある男性なら、ふたりが幸せになる道を選びます。いつまでも「現状維持」しか考えていない男性こそ、何よりあなたをないがしろにしているのだと、口説かれたときは思い出してみてください。

遊び目的で女性を誘う男性の特徴って?

https://p-dress.jp/articles/6443

異動の発表もあり、職場が慌ただしくなる季節。男性の中には「どうせ離れるなら遊んでおこうかな」と下心を持って女性に近づく人もいます。憧れていた人に誘われても、喜ぶのはちょっと待って。その誘い方やLINE・メール、本当にあなたのことを考えていますか? 気をつけたい男性の特徴についてご紹介します。

35歳の独身女性が不倫で本当に失ったもの

https://p-dress.jp/articles/6104

独身女性が既婚男性と不倫関係を持つのは、リスクの高いこと。バレたときの結末は、男性との関係が終わることだけでなく、社内不倫なら立場が悪くなるなど、良い方向に転ぶことはまずありません。そして、忘れてはいけないのが人の気持ち。社内の人間だけでなく、友人の信頼まで失ってしまう不倫の怖さについてお話します。

Share

ひろた かおり

37歳で出産、夫と子どもの三人暮らし。何歳になっても恋愛ネタ大好物。恋愛相談家としてこれまで多くの男女から話を聞いてきた経験を活かし、復縁についてのアドバイスや不倫などさまざまな「愛のカタチ」について書いていきます。 人生...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article