1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ワークスタイル
  3. 大切なことは“夜”学んだーー人が動いてくれる営業方法

大切なことは“夜”学んだーー人が動いてくれる営業方法

Share

「愛沢えみりは歌舞伎町ナンバーワンキャバ嬢」と言われても、それはキャバクラの中だけ。昼間の世界でがんばろうと思って起業したけれど、私を助けてくれたのはやっぱりキャバクラの営業方法でした。できないことは人にお願いするーー人が動いてくれる私の営業方法です。

大切なことは“夜”学んだーー人が動いてくれる営業方法

はじめまして、愛沢えみりと申します。これから毎月1本、『DRESS』で連載をすることになりました。よろしくお願いいたします。

「EmiriaWiz(エミリアウィズ)」という女性向けアパレルブランドを起ち上げて5年、それまでは長くキャバ嬢として働いていました。

キャバ嬢一本という考えはやめて、アパレルに専念しようと決めたのは、24歳の誕生日でした。そこから会社を設立して5年。ECサイトから始まり、2016年には新宿の路面店もオープン。

まともに勉強したこともなく、一般的な社会経験もなかった私が会社を5年続けることができたのは、私自身の能力ではなくて、何でも人にお願いしてきたからです。今まで本当にたくさんの人が協力してくれて今の私があります。

■商談で「下の立場」に立つメリットはたくさん

キャバ嬢という職業は白い目で見られることが多く、仕事と言うのもおこがましい感じですが、私はキャバ嬢だったから良かったと思っています。

よく“女性としての武器を使う”とか言われます。でも、そうじゃないんです。特に意識してきたわけじゃないですが、今思うと“下に見られることを武器にしてきた”のだと思います。

下に見てくれるから、相手は私より仕事ができるという立場に立って話をしてきます。私自身も社会経験がないぶん、この人の言うことを聞いておいたほうが良いと思い、自然と下の立場に立って話を聞いていました。

上下関係があるなかで商談をすると、素直に教わることができるし、わからないことはわからない、困ったことがあったら何でもお願いする、ということが当たり前にできます。

それに、少し無理なことを言ったとしても、“何も知らないからしょうがない”と言って聞いてくれたりもします。これは私がキャバ嬢という引け目を感じていたからこそできたことです。

もし私が一般の会社員として商談していたら……頼ってばかりの私は何度も怒られていたかもしれません(笑)。

でも、これはキャバクラでの接客と同じ。お客様は基本的に自分をよく見せたいというか、優位な立場で頼られたいという願望のある方が多いです。お客様に対し、オーバーリアクションで「すごい!」「知らなかった!」などと言うと気分を良くしてくれます。

以前出演させてもらったテレビの打ち合せで、番組スタッフの方にその話をすると、それって「男性が喜ぶさしすせそ」ですよ、と言われました。

私はこの「さしすせそ」を狙ったわけじゃなくて、本当に無知で知らないことが多すぎたので、自然とできていたようです(笑)。恥ずかしい話ですが、この接客方法が昼の仕事でも役に立ったと思います。

男性が喜ぶテクニック"さしすせそ”

■キャバ嬢時代の「メール営業」のおかげで、粘り強く交渉できる

キャバ嬢時代のメール営業も役に立ちました。基本的にお客様は他のお店にも行かれます。だから、メールは返信がなくて当たり前、お店に来なくて当たり前なので、1回くらい「無理です」「行けません」と言われたところで、諦めないで何度も交渉します。

それに比べて、ビジネスメールは必ずと言っていいほど返信がくるので、精神的に楽かもしれません。何度か交渉することで、嫌々かもしれないけど取引をしてくれるようになった人、以前に条件が合わなかったり、険悪な感じになって取引をやめた会社や人に対しても連絡をすることがあります。

ほとぼりが冷めた頃に普通に「お久しぶりです、元気ですか? この間はすみません」とLINEして関係を復活させたりもします。

自分が知っている人で頼っても良そうな人には、どんな人でも基本的には頼ります。

人によっては非常識と感じる事もあるかもしれませんが、これが私なりの営業方法です。人の話をよく聞いて、諦めないで何度も交渉するーーキャバクラで私が学んだ仕事術。

無知だった私もあれから5年、昔はキャバクラしか取り柄のなかった私ですが、今はこういった連載をさせていただいたり、社長対談などにも出させていただけるようになりました。

昔より知識は多少あるけど、まだまだ知らないことばかりなので、これからもこの営業方法は変わることがないと思います。

Share

愛沢えみり

株式会社voyage代表取締役 1988年生まれ。アパレルブランド社長、タレント活動のほか歌舞伎町で現役キャバ嬢もしています。著書『キャバ嬢社長 歌舞伎町No1嬢王 愛沢えみりとしての生き方』『昼職未経験のキャバ嬢が月商2億...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article