1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. 住宅を買う? 買わない?

住宅を買う? 買わない?

Share

住宅を買うことのメリット、デメリットを吟味してみましょう。

住宅を買う? 買わない?

ひょっとしてDRESSの影響かな。最近、アラサー向けの女性誌でもシングル特集が増え、取材を受けます。そこで必ず聞かれるのが、家を買ったほうがいいか、買わないほうがいいかという選択。このままずっとひとりだったら、せめて、住む場所くらいあったほうが安心できるのではと思うのかも。

シングルが家を買う理由は他にもある。結婚した人たちは、親になったり家を構えたりしてしっかりした印象なのに、自分の人生は何の変化もなくて、地に足がついていない感じ。時々、このままでいいのかな……という思いにかられてしまう。結婚や出産は一人ではできないけど、住宅なら自分の意思で手に入るから、家でも買ってみようかなと……。

実際のところ、住宅を手にいれると精神的にかなり落ち着く。これで誰に文句言われることなく、一生住み続けられる場所が確保できたという安堵。賃貸とは仕様の異なるキッチンや浴室が、何気ない日常の満足度をアップさせてくれる。数千万円という大きな買い物ができたこと、金融機関の審査が通って長いローンを抱えたことすら、「一人前の大人」として社会から認められた証のようで、誇らしく思えるから不思議です。

一方、失うものもあります。
最も大きいのが“自由”。勤務先が変わって通勤時間が長くなっても、気軽に引越しはできません。恋愛が破局し、気分を変えたくても、同じ風景の中に身を置きつづける息苦しさも。結婚したり親の介護が必要になったりしたとき、シングル向けの間取りでは手狭になるかもしれませんね。そして何より、20~30年という長い間、ローン返済に追われることになるのです。

いざとなったら売ったり貸したりすればいいと思うかもしれないけれど、人口減少に転じた日本で、不動産の価値が上昇する時期は限定されています。家が資産である時代は終わりつつあって、思うような価格で売ったり貸したりできるとは限りません。

こうしたマイナス要素をいっぱい自分に突きつけてみて、それでもやっぱり家がほしいと思ったら、モデルルームを覗いてみては? 先々のことを考えると、アラサーでは早いと思うけど、アラフォーならそろそろいいかもしれないし、経済環境的にも、今、住宅は買い時だから。

どんなふうに買い時なのか、いくらくらいの家なら身の丈にあっているのかなど、詳しいことは次回以降にご紹介します。
 

Share

和泉 昭子

生活経済ジャーナリスト、ファイナンシャ ル・ プ ラ ン ナ ー 。大学卒業後、出版社・放送局を経て、フリーのキャスターに転身。現在は、メディア出演や講演活動、個人相談などを通じて、マネー、キャリア、コミュニケーションに関す...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article