1. DRESS [ドレス]トップ
  2. カルチャー/エンタメ
  3. アカデミー作品賞ノミネート! 『シェイプ・オブ・ウォーター』はアメイジングなおとぎ話 古川ケイの「映画は、微笑む。」#39

アカデミー作品賞ノミネート! 『シェイプ・オブ・ウォーター』はアメイジングなおとぎ話 古川ケイの「映画は、微笑む。」#39

Share

『パンズ・ラビリンス』や『パシフィック・リム』など、日本でもファンの多いギレルモ・デル・トロ監督の最新作は、アカデミー作品賞にもノミネートされた『シェイプ・オブ・ウォーター』。秘密組織の清掃員として働く発話障害の中年女性と、半魚人のような姿をした不思議な生きものの愛を描く、切なくも愛おしいファンタジー・ロマンスです。

アカデミー作品賞ノミネート! 『シェイプ・オブ・ウォーター』はアメイジングなおとぎ話 古川ケイの「映画は、微笑む。」#39

◼︎切なくも愛おしい、新たなるファンタジー・ロマンスの傑作

本日ご紹介するのは、ベネチア国際映画祭で最高賞にあたる「金獅子賞」を受賞し、来たるアカデミー賞でも作品賞・監督賞・主演女優賞をはじめ、多数の賞にノミネートされている『シェイプ・オブ・ウォーター』です。

内戦後のスペインに生きる少女を描いたダーク・ファンタジー『パンズ・ラビリンス』や、菊地凛子・芦田愛菜も出演したSF怪獣映画『パシフィック・リム』などで知られるギレルモ・デル・トロ監督が、清掃員として働く口のきけない中年女性と、半魚人のような姿をした不思議な生きものとのロマンスを描きます。

種族を超えたラブストーリーはこれまでも、『シザーハンズ』やディズニー映画『リトル・マーメイド』『美女と野獣』などで描かれてきました。しかし、本作はこれまでの作品とはひと味違います。その理由は、恋に落ちるふたりがどちらも見た目麗しい美女や美男ではなく、社会からはみ出した者たちであること。

60年代という時代設定ながらも、どこか新しさを感じる、おとぎ話の傑作の誕生です。

◼︎『シェイプ・オブ・ウォーター』のストーリー

1962年、アメリカとソ連の冷戦時代。

1階が映画館という変わったアパートでひとり暮らしをしているイライザ(サリー・ホーキンス)は、幼い頃のトラウマから口がきけないが、そのことに特に不便も感じず、職場と家を往復するだけの日常を過ごしていた。

アメリカ政府の機密機関「航空宇宙研究センター」で清掃員として働いているイライザ。

彼女にとって、手話で会話することのできる同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と、アパートの隣の部屋に住む売れない画家のジャイルズ(リチャード・ジェンキンス)だけが、数少ない友人だった。

そんなある日、新しくセンターに異動してきたホフステトラー博士(マイケル・スタールバーグ)率いる研究チームが、アマゾンの奥地で現地の人々から神として崇められていた生きものを運び込む。

半魚人のような姿をしたその不思議な生きものは、威圧的なエリート軍人ストリックランド(マイケル・シャノン)によって監視されていた。

その不思議な生きものに虐待を行い、逆襲され傷を負ったストリックランドから、血に染まった部屋の清掃を頼まれたイライザ。

彼女は、掃除の合間にその生きものの姿を盗み見て、”彼”(ダグ・ジョーンズ)の奇妙だが神々しくもある姿に一目で心を奪わるのだった。

次の日から密かにその不思議な生きものの元へと通い始めたイライザは、自分の大好物のゆで卵を差し出し、”彼”と心を通わせるようになる。

だが、ストリックランドが”彼”を生体解剖する計画を進めていることを知り……。

◼︎見どころは、仄暗い青と緑につつまれた映像美

本作の冒頭から、観客はその映像の美しさに目を奪われ、すぐに『シェイプ・オブ・ウォーター』の世界に没頭してしまうことでしょう。

本作の色合いは、全体的に彩度が低く、主人公イライザのアパートの部屋から、清掃員たちのユニフォームまで、青や緑、琥珀色など水を連想させるような色であふれています。

全編を覆う仄暗い青や緑の色合いの中で、「血と愛の色としてのみ使っている」とデル・トロ監督が語る、差し色としての”赤”がとても効いています。

また、物語を水のように変動させるために「すべてが動いている」という流動性ある映像や、水中に似せた水のしたたりを見せることができる「擬似水中撮影技術」によって、俳優たちが目を開けたまま水中のシーンを演じることができたというシーンにも注目です。

アカデミー主演女優賞にノミネートされたイザベラ役のサリー・ホーキンスの演技はもちろんのこと、主人公イザベラの同僚で、何かとイザベラの世話を焼くゼルダ役で同助演女優賞にノミネートされたオクタヴィア・スペンサー(『ドリーム』『gifted/ギフテッド』)の熱演も必見です。

3月4日(現地時間)に開催されるアカデミー賞の授賞式の前に、ぜひ本作をスクリーンで確認してみませんか?

◼︎『シェイプ・オブ・ウォーター』公開情報

『シェイプ・オブ・ウォーター』
3月1日(木)全国ロードショー
監督:ギレルモ・デル・トロ『パンズ・ラビリンス』『パシフィック・リム』
出演:サリー・ホーキンス、マイケル・シャノン、リチャード・ジェンキンス、ダグ・ジョーンズ、マイケル・スツールバーグ、オクタヴィア・スペンサー
配給:20世紀フォックス映画
上映時間:124分
公式サイト:http://www.foxmovie-jp.com/shapeofwater/
(C) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

Share

古川 ケイ

映画ライター。新作映画情報サイト「木曜日のシネマ」運営。 大学卒業後、インディペンデント系映画配給会社に入社し、映画業界誌の編集・ライター業務に従事したのち、宣伝部にて洋・邦映画作品の宣伝を手がける。その後テーマパーク運営...

関連記事

Latest Article