冬から春へ、「前ボタンロングワンピース」が1枚あれば乗り切れる

冬から春へ、「前ボタンロングワンピース」が1枚あれば乗り切れる

ボタンをすべて閉めてサラッと1枚で着ると落ち着いた印象に。ボタンをすべて開けてロングシャツとして羽織ってもスタイルアップが叶います。それが万能な前ボタンロングワンピース。ボタンの開け閉めの仕方でイメージが変わる前ボタンロングワンピースのコーデを3つご提案します。


季節の変わり目をどう乗り切るか。「ざっくりニットにデニムスタイル」の冬アイテムだけでは楽しくないし、「薄手ニットにきれい色スカート」の春アイテムだけでは肌寒い。

着心地と見た目のどちらも楽しめるアイテムを選びたいですよね。そんなときにおすすめなのが、前ボタンワンピースです。

ボタンをすべて閉めてサラッと1枚で着ると落ち着いた印象に。また、ボタンをすべて開けてロングシャツとして羽織ってもスタイルアップが叶います。

わたしが持っているのは黒ですが、ネイビーやベージュ、ストライプ柄など、見た目で「着たいな」と思うアイテムを選んでみてはいかがでしょうか?

今回は、この時期にこそ着たい、ロングワンピースの活用術をご紹介します。

◼︎前ボタンワンピースの着こなし3パターン

ボタンを閉めて楽しむ

前ボタンをすべて閉めて、シンプルなワンピースとして着たコーディネートです。サイドスリットが膝まで入っているため、大人っぽい雰囲気で楽しめます。

ユニクロのヒートテックタイツを履くと暖かく、程よいグリッター感が出ます(静電気が気になる場合は、静電気スプレーを最初にかけておくと安心です)。

ウエストリボンを前側で結ぶことで、ウエスト位置を作ることができて、すっきり着ることができます。背中側にすこし落として、「抜いて着る」ことで大人フェミニンな雰囲気も演出できます。

ホテルでのランチ、同窓会など、いつもよりも少し背筋を伸ばしたい日に挑戦したい着こなし方です。

ボタンを開けて楽しむ

こちらのコーディネートはすべてのボタンを開けて着るスタイリングです。スプリングコートやロングシャツを羽織る感覚で、ロングワンピースを活用できます。

スタイルアップを叶えたい日のコーディネートのコツは、中側に着るアイテムを同系色でつなげること。今回は白色のトップスと白色のボトムスでコーディネートしました。

白色でなくても素敵に仕上がりますよ。ブラウン系のワントーンコーデで大人っぽく、水色系のワントーンコーデで爽やかにスタイリングするのもエレガントです。

ワントーンコーデでなく、トップスはシンプルなアイテムにして、ボトムスを柄アイテムにするコーディネートも今年っぽさがあります。

ウエストリボンは、後ろで結んで、ウエスト位置を作るようにしています。こちらのコーディネートは、ショッピング、カフェなどカジュアルなシーンにぴったり。

ボタンをひとつだけ閉めて、レイヤードファッションを楽しむ

最後に紹介するこちらのコーディネートは、ボタンをひとつだけ閉めて、レイヤードを作るコーディネートです。

レイヤードとは「重ね着」のこと。パンツスタイルにワンピースを重ねてコーディネートする楽しみ方です。

これまでのレイヤードファッションは、「スキニーデニム」にレイヤードする着こなしが多かったのですが、今年は「ワイドパンツ」にロングワンピースをレイヤードするコーディネートが旬です。

ポイントはボタンを閉める位置です。ウエスト位置よりすこし高めの位置にあるボタンをひとつ選び、ボタンをすることがおすすめです。

そうすることで、ウエスト位置がすこしだけ高くなり、脚長効果につながります。また、ウエストリボンも斜め横辺りで結び、ワンピースのゆったり感を作ると良いです。

女子会や夜のデートなど、こなれ感を出したいシーンに試したいコーディネートです。

◼︎ロングワンピースと相性がいいアウターは「ガウンコート」

1枚ワンピースを重ねるだけで、「プチプラアイテム」にもラグジュアリー感が添えられます。

UNIQLOの白色アンクルパンツや、GUのドットパンツなど、肌に近いアイテムがプチプラでも、ワンピースを羽織るだけで、ラグジュアリーな雰囲気に仕上げることが可能。

1枚でいろいろなスタイリングが楽しめるロングワンピース。2月の必須アイテムになりそうです。

ちなみに、コートとの相性で一番いいのは「ガウンコート」だと思います。ガウンコートはウエスト位置でベルトを結んで着るコートなので、サラッと羽織れて、バランス良く見えます。

2月だからこそ楽しめるファッション。今の時期に試してみてくださいね。

この記事のライター

パーソナルコーディネーター®。1978年生まれ。CHANELのファッションブティックにてファッションアドバイザーとして勤務。2児の母。現在はパーソナルコーディネーター®として起業家女性のスタイリングやおしゃれをもっと自由に楽...

関連するキーワード


おしゃれ

関連する投稿


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


プロ直伝! 「バレンタイン × ロングブーツ」の大人っぽコーデ3選

プロ直伝! 「バレンタイン × ロングブーツ」の大人っぽコーデ3選

年に一度のバレンタインデー。どことなく街全体がソワソワするこの時期のデートは、いつもとちょっと違ったコーディネートを意識してみませんか? 寒い中でのデートの強い味方「ロングブーツ」を軸に、彼をキュンッとさせるコーディネートをスタイリストさんに教えてもらいました。


夜明けの色彩と地平線のフォルムを表現したバッグ「yoake」

夜明けの色彩と地平線のフォルムを表現したバッグ「yoake」

暗闇から差し込む光とともに、不安から期待へ、絶望から希望へ。新しい1日という物語をまた0から歩き出そう、といつも次の国へ向かう――そんな気持ちをくれる「夜明け」の時間をコンセプトに作られた"yoake"のボストンバッグが発売開始に。


実は難しい、素敵に見せるニット選び。「愛せる1枚」の選びかた

実は難しい、素敵に見せるニット選び。「愛せる1枚」の選びかた

ニットはトップスの中でも、難易度の高いアイテム。何をどう選んだらいいのか私もずっと試行錯誤を続けてきた。素材・色・形と金額のバランスを見極めて、自分に合うものを選ぶこと。ニットに何を求めるかを自問自答することで見えてきた、自分にとって最適なニット選び。


これから買うなら「春着られる服」を。すぐ着るためのアイデアも紹介します

これから買うなら「春着られる服」を。すぐ着るためのアイデアも紹介します

すでに「春着られる服」を手に入れた! 今すぐ着たいけれど、普通に着ると寒々しくなってしまう!? とお悩みの方に向けて、冬アイテムをうまく組み合わせるアイデアをお届けします。


最新の投稿


鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESS編集長の池田園子さんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第6回では、子育て中のイライラを解消する方法について解説してもらいます。


化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回は基礎化粧品の選び方を見直します。ライン使いはマスト、と考える方もいるかもしれませんが、実際は化粧水と乳液さえあればOK!?


「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

抽選で50名様限定! 人気イラストレーター“マリー・アセナ”さんデザインのボトルが当たります。世界中で親しまれている果汁100%のスパークリングジュース「アップルタイザー」のさくらデザインボトル、プレゼントキャンペーンを3月8日まで実施中です。


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。