元彼がLINEをブロックする5つの理由

元彼がLINEをブロックする5つの理由

別れたあとで、元カレにLINEやメールなどをブロックされたことのある女性は多いのではないでしょうか。拒否されることはショックですが、男性が別れた女性の連絡先をブロックする心理は複雑で、単純に嫌いになったからとは言い切れません。本当は未練を抱えた状態でも、ブロックしてしまう男性の気持ちについてお話しします。


1.気持ちの整理をつけたい

ふたりできちんと話し合って決めた別れであっても、しばらく経って元カレにLINEしてみたら"ブロックされているみたい"……なんてことがあります。

「嫌われるような終わりじゃなかったはずなのに」と思いますが、元彼の方は決して嫌いになったからといってブロックしたわけではありません。

どんな終わりであれ、別れは別れ。今までの関係にけじめをつける意味で連絡を断つ、という男性は大勢います。

本気でお付き合いしていたのであればなおのこと、別れた後まで連絡を取り続けるような中途半端なつながりは持ちたくないと思うのですね。

メールや電話も同じ。着信があるとどうしても気になってしまうし、また連絡が来ることをどこかで期待してしまう自分が嫌で拒否設定することもあります。

たとえ納得して受け入れた終わりであっても、その後のことはまた別の話。ダメージのない別れなどありません。気持ちの整理をつけたくて、LINEなどをブロックしてしまうのが男性の心理にはあります。

2.「連絡しないで!」という意思表示

どんな終わりであったにせよ、元カノからの連絡を避けたい気持ちから、LINEやメールなどをブロックすることもあります。

本当に嫌っていないのなら、わざわざ拒否の設定をしなくても無視すれば良いだけですよね。LINEなら、既読(未読)スルーが続けば元カノもいずれ連絡を止めるのが一般的です。

ですが、元カノからの連絡そのものが男性にとってプレッシャーになります。

けじめをつけたい男性は、別れた後元カノにどんな態度を取れば良いかわかりません。親しげにLINEやメールをもらっても、同じテンションで返すことは難しいのが男心。別れた後で急に丁寧語や敬語で対応しだすのもよく見られます。

これは、別れた以上は元カノと適切な距離感を取りたいから。「前に言っていたDVD貸してよ」なんて連絡があっても「それじゃ付き合っている頃と変わらないじゃん……」という戸惑いがまず立ちます。

別れに責任を持つ姿勢があるからこそ、ブロックすることで元カノに「連絡しないでほしい」と意思表示する、と考えましょう。決して嫌いになったわけではないけど、今までとは違う距離感が欲しい、と思っていることもあります。

3.縁を切りたい

後味の悪い別れ方であっても、きちんと受け入れることができた別れ方であっても、元カノとの縁を切りたくてブロックする男性もいます。

これも、やはりけじめをつけたいと思う男性の心理。特に「未練を絶ちたい」という気持ちがあります。

お付き合いした女性というのは、男性にとっていつまでも特別な存在です。別れたからといってすぐに忘れることはできません。

だからこそ、元カノからの連絡をシャットアウトすると同時に、「自分からもしない」という覚悟でブロックします。

先に進むために、中途半端なつながりは必要ないと思うのですね。

「別れたら他人」というほど冷たいわけではないのですが、別れをしっかり受け止めているからブロックするのであり、裏を返せばそれだけ元カノを尊重しているともいえます。

真面目で意思の固い男性に多く見られ、外で元カノと顔を合わせることがあっても簡単には打ち解けない頑なさも持っています。

4.元カノに未練がある

「え、未練があるのにブロックするの?」と思いますよね。

まだ元カノのことが好きなら、連絡があればむしろ嬉しいのでは……と首をかしげたくなりますが、男性の意図は別のところにあります。

元カノが連絡しようとしたとき、ブロックされているのを知ればショックを受けるだろう。そうすれば、焦って会いにくるかもしれない。ほかの手段を使って何とか連絡しようとするかもしれない。

これが狙いです。

要は、「元カノに自分を追わせたい」のです。自分からはよりを戻したいとはいえないので、あくまでも元カノから近寄ってきたことにしたい臆病さがあります。

「ブロックされていることを知ればそれっきりになる」可能性ももちろん考えていますが、それを超えて追われたい、まだ好かれていることを実感したいのが願い。

自分に自信のない男性が取りがちな行動で、元カノにショックを与えることで自分の存在を再び求めてほしい、と思っています。

5.衝動的にブロックすることも

ケンカ別れのように怒りを持ったまま関係が終わってしまった場合、勢いに任せてブロックすることもあります。

これも一種の意思表示であり、「お前とは二度と話さない」という決意の現れでもありますが、多くの男性が後で後悔します。

頭が冷えて気持ちが落ち着いてくると、いざ元カノと話したいと思っても、ブロックした手前なかなか行動に移せません。

もし元カノに拒否していることがバレていたら「今さら」と思われるかもしれない。それに自分も元カノにブロックされているかもしれない。

こんな不安から、自分から連絡する勇気を持てずに苦しみます。

衝動的にブロックしてしまう男性は、冷静になればこっそり解除することもあるのが事実。深い決意があっての行動ではないので、時間が経てば知らん顔で元カノからの連絡を待っているかもしれません。

■無関心ならブロックなんかしない

自分のこととして考えてみてほしいのですが、どうでも良い相手、関心のない相手をわざわざブロックするでしょうか?

今後関わるつもりのない人なら、あえてブロックのように角が立つことはしないのではないでしょうか。

拒否するのは、実はそれだけ「あなたに関心がある」ことの証拠でもあります。

普通の友達とは違う、恋愛感情という深い愛で結ばれていた人だからこそ、関係が終わった後も存在を意識します。でも、現実ではもうふたりの仲を進めようがないので、ブロックすることでけじめをつけたいと思うのが男性の心。

本当に無関心なら、ブロックなどする必要はありません。心がスルーできないから、なんとか刺激を受けずに済む方法として拒否することを考えるのですね。

もちろん、本当に嫌いになって拒否設定する場合もあるでしょう。そのときは女性のほうにも心当たりがあるはずです。

特に嫌われることはしていないのに、連絡をブロックされている。そんなときは、元カレが気持ちの整理をつけたがっているのだと考えてみてくださいね。

■ブロックされているときは、むやみに動かない

それでも、元カレに未練があるときは、拒否されている事実はやはり悲しいですよね。

どんな理由でブロックされているのかわからないし、今後どうすれば良いのだろうと思います。

一番やってはいけないのは、焦っていきなりほかの連絡手段を試すことです。

別れた次の日にLINEしてみたけどどうもブロックされているらしい、それならメールで……とすぐ別の方法で連絡を取ろうとすると、元カレのほうは拒否していることがバレたとわかって、バツの悪い思いをします。

ブロックのようにネガティブな行動が知られるのは、本来気持ちの良いものではありません。「男らしくない」と元カノに思われるのは男性にとって不本意なもの。もし拒否されていることがわかっても、まずはそっとしておくのが最善です。

LINEがダメならメールで、メールがダメなら電話で、と元カレの気持ちを無視してしつこくコンタクトを取ろうとするのは、本当に嫌悪感を持たれる可能性もあるので避けましょう。そうなれば、復縁どころか友達になるのすら難しくなります。

ブロックされているとわかったときは、むやみに動かずに時間が過ぎるのを待ちましょう。

焦りは良い結果を生みません。「けじめをつけたら、復縁も遠のくのでは?」と思うかもしれませんが、男性にとって落ち着きたいときに連絡が来ることこそ苦しいものです。

まずは1カ月、3カ月など様子を見て、拒否が続くようならそのときに改めて別の連絡手段を考えましょう。

そのときは、ブロックには触れないこと。元カレの気持ちを尊重する姿勢を忘れずにいることが、次のステップに続く足がかりになります。

元彼の心理を理解することが"復縁"への近道

https://p-dress.jp/articles/3288

元彼が復縁したくなる心理とは。女性と違い、別れた後はプライドが邪魔して素直になれないのが男性です。未練があってもなかなかわからない元彼に心を開いてもらうには、こちらから上手に関わっていくことが大切です。元彼の気持ちに合わせることで「また彼女を幸せにできる」と思ってもらうことが復縁への近道です。

この記事のライター

37歳で出産、夫と子どもの三人暮らし。何歳になっても恋愛ネタ大好物。恋愛相談家としてこれまで多くの男女から話を聞いてきた経験を活かし、復縁についてのアドバイスや不倫などさまざまな「愛のカタチ」について書いていきます。 人生...

関連するキーワード


元彼 大人のLINE術

関連する投稿


実録! 元彼が「復縁を諦める」瞬間

実録! 元彼が「復縁を諦める」瞬間

別れた元カノとやり直したくて、近況を探ったり連絡をしてみたり。復縁を願うときの男性は、懸命に距離を縮めようとします。ですが、どれだけがんばっても報われない、また元カノに魅力を感じなくなったとき、よりを戻すことを諦める瞬間が男性にも訪れるもの。どんなときに復縁を諦めたのか、実際の例をお話します。


わたしは愛される実験をはじめた。第6話「なぜモテる女は既読スルーを使いこなすのか?」

わたしは愛される実験をはじめた。第6話「なぜモテる女は既読スルーを使いこなすのか?」

【読むだけでモテる恋愛実験小説6話】30代で彼氏にふられ、合コンの男にLINEは無視されて……そんな主人公が“愛される女”をめざす奮闘記。「あんたはモテないのを出会いがないと言い訳してるだけよ」と、ベニコさんが、あまえた“パンケーキ女”に渇を入れまくります。恋愛認知学という禁断のモテテクを学べます。


彼とのLINEのやりとりから見極める「疲れない恋愛」

彼とのLINEのやりとりから見極める「疲れない恋愛」

精根尽き果てる様な、疲れる恋愛になりそうな男性。LINEのやりとりに現れる、その特徴について解説します。


男性がキュンとなるLINE。短いフレーズで疲れない出会いを

男性がキュンとなるLINE。短いフレーズで疲れない出会いを

新しい恋を予感する男性と出会ったあと、LINEのやりとりで使える短いけれど相手の男性をキュンとさせるおすすめフレーズをご紹介します。


LINEで好きな人にメッセージを送るときに注意したい事まとめ

LINEで好きな人にメッセージを送るときに注意したい事まとめ

LINEで好きな人にメッセージを送るときに気をつけていることはありますか? 自分が良いと思って送った内容が、実は逆効果だった、なんてこともあるかもしれません。また、相手から送られてきたメッセージを必要以上にネガティブに捉え、チャンスを逃してしまっている場合も。LINEでのやりとりで注意したいポイントをご紹介します。


最新の投稿


マグロの切り落としが主役のレシピで、ダイエット中もお腹満足

マグロの切り落としが主役のレシピで、ダイエット中もお腹満足

マグロの切り落としを使った満足感のあるレシピを3品ご紹介。マグロはお寿司屋さんで食べられるだけでなく、スーパーでも気軽に手に入る魚のひとつです。今回は最も入手しやすいマグロの切り落としが主役。それだけでも美味しく食べられますが、一手前加えてアレンジしてみてはいかがでしょうか。


2018年トレンドカラー「ピンク」で作るハンサムネイル【マニキュアでセルフネイル】

2018年トレンドカラー「ピンク」で作るハンサムネイル【マニキュアでセルフネイル】

今春、絶対に外せないトレンドカラーのひとつは「ピンク」。定番ネイルカラーであるだけに、普通に使ってしまうと、いつもと代わり映えしないネイルになってしまいます。そんなピンクネイルを今年らしく仕上げてみませんか。甘すぎないハンサムネイルのやり方を詳しくご紹介します。


ふっくら丸いおでこを手に入れて、横顔美人度を上げてみる

ふっくら丸いおでこを手に入れて、横顔美人度を上げてみる

目を大きく見開くと、おでこの横ジワがくっきり現れたり、怒っているわけではないのに眉間のシワが気になったり。それは骨格の癖、筋肉の緊張・衰えのせいかもしれません。おでこがゴツゴツすると、目が疲れやすくなる、瞼が重たくなる、顔の印象までも悪くなるなど、いいことなし。ふっくら丸いおでこを手に入れるメリットをご紹介します。


大人に「観光+ちょこっと英語留学」のススメ

大人に「観光+ちょこっと英語留学」のススメ

13カ国以上の留学経験をもつ「留学ジャーナリスト」の著者が、語学留学のメリットや国ごとの特徴を徹底解説した『世界13カ国 英語留学ガイド』では、現地に行かないと絶対にわからない「生の情報」を紹介しています。「旅行だけじゃ物足りない」と感じている大人に「観光+ちょこっと英語留学」をご提案。


平岡祐太さんとのハワイデートにときめいちゃう。没入感たっぷりの360°動画

平岡祐太さんとのハワイデートにときめいちゃう。没入感たっぷりの360°動画

「キリン 午後の紅茶 アサイ-ヨーグルティー」×「ポッキー<バナナブラン>」がALOHAなコラボ! 俳優・平岡祐太さんとのハワイデートを疑似体験してみませんか。没入感あふれる360°ムービーで、思わず照れてしまう全8種の期間限定胸キュンストーリーを楽しんで。