1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 美容/健康
  3. 甘すぎないかわいさ! バレンタインネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

甘すぎないかわいさ! バレンタインネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

Share

バレンタインネイルをマニキュアで仕上げる、簡単なやり方をご紹介します。大人向けの甘くなりすぎないバレンタインネイルは、バレンタインカラーにアートが1本と、さりげなくチョコ感を出しているのが特徴。イベント感を楽しめる簡単時短アートです。豊富な画像で解説しています。

甘すぎないかわいさ! バレンタインネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

もうすぐバレンタイン。いかにもバレンタインなネイルは気恥ずかしい。でも、イベントは楽しみたい。そんな方も多いのではないでしょうか。

今回は甘くなりすぎないバレンタインネイルをご紹介します。

いかにもなバレンタインネイルは避けて、アートは1本、その他の指はチョコレートを意識したカラーでまとめました。

バレンタインということでやっぱり入れたい「ハート」は、欠けているハートにしてさりげなく。ホロを使っているので、簡単にプロ並みのハートにすることが可能です。

もしアートが不要という場合は、アートの指をブラウンに変えてもOK。今回はチョコレートカラーのブラウンを使っているので、ブラウン+レッドでもさりげないバレンタインネイルになります!

■バレンタインネイルに必要な材料

今回使用したネイルグッズはこちらです。

・エスポルールNo.1(ホワイト)
・エスポルールNo.42(ラメレッド)
・エスポルールNo.23(チョコレート)
*すべてダイソー

・ホログラム(1ミリ・レッド)
・ネイルシール(英語文字)

手描きやシールなど、さまざまなデザインが揃うハート。今回は半分のさりげないハートということで、ホロを使用しました。

ホロを乗せるにあたって、上画像の他にトップコート(糊の役割)と爪楊枝、キッチンペーパーがあると便利です。

■マニキュアを使った、バレンタインネイルのやり方

まずはすべての指にベースカラーを塗って乾かします。アートするホワイトの爪も2度塗りして乾かします。

ベースカラーが乾いたらホロを乗せていきます。1枚ずつ取りやすいように、ホロをキッチンペーパーなどの上に出しておくと良いでしょう。

ホワイトが完全に乾いたら、ハートを作る部分にトップコートを薄く塗ります。今回は左半分くらいです。

爪楊枝の先端にトップコートを少量付け、ホロを1枚ずつとって乗せていきます。

まずはハートの一番下の位置を決め、そこにホロを置いていきます。

今回は1/3ほど欠けているハートを作るので、端に寄せる形で置きました。

下から上に向かって順番にホロを並べていきます。

トップコートが乾く前であればホロは動かせるので、ホロの位置を調整しながら手早く乗せていきます。

アクセントにロゴシールを貼ります。あらかじめシールを爪にかざして大きさを確認し、使うシールを決めておくと失敗しません。

あればピンセットを使い、シールを貼ります。

トップコートを塗ればアートの爪は完成です。

他の指はアートなしで、2度塗りしただけ。ブラウン×レッドの組み合わせで、さりげなくバレンタインをアピールしています。

レッドはラメなしでもOK、お好みでもう少し落ち着いたレッドを使っても、落ち着いた雰囲気に仕上がります。

■やり方を覚えて素敵なバレンタインネイルを!

大人の指にもしっくりくる、甘くなりすぎないバレンタインネイル。簡単時短アートでもあるので、お気軽にお試しください!

■セルフネイルの基本のやり方
■「マニキュアでセルフネイル」連載一覧はこちら

Share

ryo

1978年生まれのネイリスト。イタリアのインターナショナルスクール/立教大学を卒業しアパレル業界に勤務。 出産後はネイリストとしてサロンに勤務するかたわら、自宅ネイルサロンでジェルネイルを施術。またマニキュアで大人女子ネイ...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article