1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 占い
  3. 【心理テスト】彼に贈りたいネクタイのデザインでわかる束縛度

【心理テスト】彼に贈りたいネクタイのデザインでわかる束縛度

Share

今回は、彼にプレゼントしたいネクタイのデザインから「あなたの束縛度」がわかる心理テストをご紹介いたします。女性が男性に贈るものとして、今も変わらず愛されているが「ネクタイ」ですよね。実は、どのネクタイのデザインを選ぶかによって、あなたが彼をどれだけコントロールしたいかがわかるのです。

【心理テスト】彼に贈りたいネクタイのデザインでわかる束縛度

Q.あなたは、気になる彼にネクタイをプレゼントしたいと思っています。さて、そのデザインはどのようなものにしますか?

A:無地
B:ストライプ
C:チェック
D:ドット(水玉)


あなたはどれを選びましたか? さっそく結果を見てみましょう。

この心理テストで診断できること


「あなたの束縛度」

深層心理において「ネクタイ」は、男性が首に締めるものであることから、プレゼントとしてあなたが贈る場合は、彼をコントロールしたいという気持ちの表れだといえます。そして選んだデザインは、あなた自身がどれくらい彼に対して束縛したいかという思いと密接です。そのため、あなたがどんなデザインのネクタイを彼に贈るかによって、あなたの束縛度がわかるのです。

■A:「無地」を選んだあなた……束縛度35% 彼に口出しをせず見守るタイプ

あなたは、彼の仕事や人間関係には口出しをしない性格ですが、他の女性とふたりきりで会って食事をするようなことは許させないタイプ。基本的に束縛したり、メソメソして泣きつくような女にはなりたくないと思っているあなた。あまりに度が過ぎるとピシャリ釘を刺すため、彼も間違いを起こすようなことはまずないでしょう。

ただ、あなた自身言いたいことを少し我慢し過ぎるところがあるため、ときには「アドバイス」という形で彼に口出しをしても良いのかも。

■B:ストライプを選んだあなた……束縛度15% 彼を尊重し自由にさせるタイプ

あなたは付き合っても、パートナーを束縛せず好きにさせておくタイプ。もしかすると、あなた自身も束縛されたくないと感じているのかも。しかし、あまりに自由過ぎて、「もしかしたら自分に興味がないのでは……」と彼が思ってしまう場合も。

あなたとしては、彼の意思を尊重しているのかもしれませんが、相手からするともうちょっとかまって欲しいと感じることも少なくないかも。彼もあなたと同じ価値観の持ち主であれば上手くいきますが、そうでない場合は寂しい思いをさせる恐れが。

■C:チェックを選んだあなた……束縛度90% 愛情深いゆえに束縛してしまうタイプ

あなたはもしかすると、彼のことをかなり束縛するところがありませんか? 少し外出するだけで、どこに行ったかを聞いたり、飲み会で遅くなると浮気を疑ったりと、彼の気持を確認しないと心配で仕方がないと感じるところが。

ある意味、とても彼のことを大切にしている愛情深いあなたですが、場合によっては「自分を信じてくれていない」と、彼に感じさせてしまうことも。男は、ある程度自由にさせておかないと逃げ出してしまう生き物なので、束縛したい気持ちをグッと堪える努力をしてみて。

■D:ドット(水玉)を選んだあなた……束縛度70% チェックを欠かさない隠れ束縛タイプ

あなたは直接口にすることはなくても、彼の動向を逐一チェックしないと気がすまない「隠れ束縛家」の傾向があるようです。もしも、彼に怪しい動きがあると感じたら、「ねぇ、昨日ってどこにいたの?」とさりげなくカマをかけたりして、彼をドキッとさせるでしょう。

彼からすると、なんでそんなことを知っているの!? というようなことを知っていたりもすることも。でも、それを口に出すと相手が引いてしまう場合もあるので、言うべきときのために取っておきましょう。

■束縛をすると、自分の価値が下がってしまう可能性が!?

大好きな彼なら、他の女のところへ行ってほしくないというのが、女性として当然の心理ですよね。しかし、その気持ちが強くなりすぎて束縛してしまうと、彼は息苦しくなってしまい、あなたの見えないところで「息抜き」をしてしまうように。

そうなると、あなたの嫉妬心もさらに強くなり、彼を追いかけてがんじがらめにしてしまう結果に。束縛したい気持ちをグッとこらえ、ある程度は自由にさせておきつつ、さりげなくお揃いのペアアイテムを使うなど「プチ束縛」を実践してみましょう。彼も嬉しくなるはずです。

Share

脇田 尚揮

法律にも精通する認定心理士。Ameba公式No.1占い師として雑誌・テレビなどに取り上げられ、現在テレビ東京「なないろ日和」にてレギュラーコーナー担当。また、TBS 「王様のブランチ」、日テレ「Pon!」 などで紹介される。...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article