自分に合う「やせる味」がある!? 『あなたの味覚にピタッと合う味ダイエット』

自分に合う「やせる味」がある!? 『あなたの味覚にピタッと合う味ダイエット』

合う味ダイエットFSEMトレーナー、パーソナルトレーナー庄島義博さんの著書『あなたの味覚にピタッと合う味ダイエット』が発売に。自分に“合う味”でやせる!? お正月太りもリセットし、元のボディラインをゲット! 3万人が効果を実感した画期的な「合う味ダイエット」とは。


かんき出版は、『あなたの味覚にピタッと合う味ダイエット』(著:庄島義博、税込1296円)を全国の書店・オンライン書店等(一部除く)で発売開始しました。

■「味覚」がダイエットに関係する!?

「レコーディング・ダイエット」「朝バナナダイエット」「ビリーズブートキャンプ」「ロングブレスダイエット」「体幹トレーニング」「糖質制限ダイエット」……。

あらゆるダイエット法を試してきたけれどぜんぜん痩せない! とお嘆きの皆さん。それは、そのダイエットが「あなたに合っていなかったから」かもしれません。

一人ひとりの体質は、まさに千差万別。ですが、全員に共通するものが「食」です。人の体は食べたものによってつくられていることは紛れもない事実。

ボディラインは、“骨格”と“姿勢”と、“筋肉”と“脂肪”が織りなすラインであり、中でも要になるのは「筋力」です。

あなたのダイエットがうまくいかない理由、ボディラインが思ったように美しくならない理由は、「ボディラインを崩すもの(筋力が弱くなるもの)を食べている」からではないでしょうか。

自分の筋力をつくってくれる食べ物は何か。それを知るカギとなるのが「味覚」なのです。

■3万人が成功した「合う味ダイエット」とは

自分に「合う味」をとれば、何もしなくても勝手にやせていく。

現在、ボディチューニング(身体調整)のスペシャリストとしてモデルをはじめ、アーティストやタレント、アスリートのサポートをしている著者がそれに気づいたのは、自身が柔道の試合に出場していたときでした。

柔道は減量競技。試合前には10キロ以上の過酷な減量をし、毎回同じ状態で畳にあがるのに、試合中に力が入るときと入らないときがある。

その疑問を突き詰めていったとき、行きついたのが、栄養ではなく「味」だったのです。

著者の場合は、試合前にレモンなどの酸味を食べておくと力が入るし、疲れにくい。しかし、はちみつ漬け(甘味がプラス)になると体が重くなり、力が入らない。

こうして、自分に合う味、合わない味があるということがわかってからは、体重のコントロールがしやすくなり、試合でも勝てるようになりました。

しかし、ここに大きな落とし穴があったのです。

トレーナーとしてクライアントを指導するときに、レモンをすすめたところ、同じようにやせて調子が良くなる人もいれば、太り始めた人もいたのです。そこでようやく、人それぞれに合う味があるのだ、と気がつきました。

そこで、クライアントに血液検査をしてもらい、血液中の栄養成分を調べてもらうなどしながら「味」が体にもたらす影響や効果を研究していったのです。

そうして、現在では3万人もの人々が効果を実感する「合う味ダイエット」のメソッドをつくりあげました。

■食べた味によって体の動きが変わる!

本書では、自分に合う「やせる味」の見つけ方やさらにダイエット効果を高める「食べ方」11ステップ、タイプ別アドバイスなどを掲載。

付録に、外食や飲み会で選ぶべき食材がわかる「味覚別・合う味メニュー早見表」も収録しています。
特に、すぐに効果がわかって面白いのが、自分に合う味を知るための「テイストチューニング」。

甘味、塩味、酸味、苦味の4つの味の食べ物を用意し、それぞれの味を食べてから、簡単な動きをします。すると、同じ動きでも簡単にできたりできなかったり、手や足の上がる位置が大きく変わったりと、如実に差が出るのです。

食べたものがすぐに体の状態に影響するということが実感できます。タレントの高橋みなみさんも推薦する「合う味ダイエット」をぜひ試してみてください。

著者 庄島義博(しょうじまよしひろ)さんプロフィール

合う味ダイエットFSEMトレーナー。パーソナルトレーナー。HAS株式会社代表取締役。日本味感学協会(JMA)代表理事。体に関わるさまざまなバランス調整を得意とするボディチューニング(身体調整)のスペシャリストとして、ダイエットやボディメイクを指導するとともに、全国各地で後進育成スクール、技術提供セミナー、講演会、国内外で企業研修を行う。研修は1年先まで予約でいっぱいなほどの人気ぶりとなる。
パーソナルトレーナー歴14年、30000時間を超える指導経験に基づいた「やせたいけど、好きなものを食べたい! 」そんなわがままを叶える、合う味ダイエットの考案者。

(お問い合わせ先)
かんき出版ホームページ お問い合わせ

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード


ダイエット 健康

関連する投稿


「アラーム2個使い」で気持ちよく目を覚ませる理由【簡単美容#1】

「アラーム2個使い」で気持ちよく目を覚ませる理由【簡単美容#1】

忙しい現代人にとって、睡眠不足は深刻な悩みです。解決しようにも、睡眠時間を増やせと言われて簡単に増やせる人はほとんどいません。だからこそ、限られた睡眠の質を上げることは賢明なライフハックのひとつです。


女性に知ってほしい、骨盤底筋と経血コントロールの話【長谷川朋美】

女性に知ってほしい、骨盤底筋と経血コントロールの話【長谷川朋美】

5年以上経血コントロールを続けている長谷川朋美さん。難しそう……と思われる方も多いかもしれませんが、骨盤底筋を鍛えることで経血コントロールは徐々にできるようになる、と話します。その方法や得られる実感などを綴っていただきました。


『スタンフォード式 最高の睡眠』に学ぶ質の高い睡眠のとりかた【積読を崩す夜 #14】

『スタンフォード式 最高の睡眠』に学ぶ質の高い睡眠のとりかた【積読を崩す夜 #14】

【積読を崩す夜】14回目は、『スタンフォード式 最高の睡眠』をご紹介します。「睡眠負債」を土日の寝だめで解消しているという人も多いようですが、そう簡単には取り返せるものではないとか。睡眠研究の総本山ともいわれるスタンフォード大学において、長年研究を続ける著者が語る睡眠メソッドをご紹介します。


あなたの「冷え方」からわかる、冷え性タイプと対策【百木ゆう子】

あなたの「冷え方」からわかる、冷え性タイプと対策【百木ゆう子】

冬になるとツラさが増す冷え性。女性特有の症状かと思いきや、そもそも女性ホルモンには毛細血管の血流を維持する働きがあり、生物学的には女性より男性の方が冷えやすいという説もあるのです。冷え性の方はもちろん自覚のない方も、冷えのメカニズムを知り、自分に合った撃退法でぽかぽかライフにしましょう!


「飲むヨーグルト」を簡単に作れるヨーグルトメーカー

「飲むヨーグルト」を簡単に作れるヨーグルトメーカー

飲むヨーグルトをボタンひとつで調理できる、高精度の温度制御を実現した「ヨーグルトメーカー」がアイリスオーヤマから新発売。飲むヨーグルトモードを搭載し、5種類の発酵食品が簡単に作れる自動メニューが特長です。


最新の投稿


友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

『DRESS』1月特集は「トモダチってナニ?」。ときどき「大人になると友だちができない」という声を聞きます。友だちがほしいのにできない――そんな方は本特集にヒントがあります。友だち論や新しい友だちを増やせそうなスポットの紹介、友だちと一緒に過ごさないひとり時間など、友だちにまつわるあれこれを取り上げます。


キャリアと経験を掛け合わせてレアな人材になる――未経験からのチャレンジで活躍する方法

キャリアと経験を掛け合わせてレアな人材になる――未経験からのチャレンジで活躍する方法

異職種への転職や未経験からのチャレンジ。やってみたいけど、活躍できるかどうか、不安で一歩踏み出せない人も多いはず。今回は株式会社メルカリの広報、中澤理香さんのキャリアインタビューから、未経験からの転職で活躍する方法を紐解きます。


僕が携帯電話を持たない理由【林伸次】

僕が携帯電話を持たない理由【林伸次】

大人になると友達を作るのが難しい……。そんな悩みを抱える人は少なくないようです。そもそも友達とは何なのか? 友達を作りたいとき、どう作るのか? 「DRESS」では1月、「友達」特集(仮)をお届けします。渋谷でbar bossaを経営する林伸次さんに「友達と孤独」をテーマに寄稿いただきました。


1月特集「トモダチってナニ?」

1月特集「トモダチってナニ?」

『DRESS』1月特集は「トモダチってナニ?」。今の友だちに満足している人も、友だちを増やしたいと思っている人も、今あらためて、友だちについて考えてみませんか。友だち論や新しい友だちを増やせそうなスポット、ひとりの時間など、友だちを再考するきっかけを提供します。自分が理想とする友だち関係をつくっていこう!


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用ドレスシューズの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用ドレスシューズの常識

ビジネスシーンに最もふさわしいドレスシューズ(革靴)。一般的には、「黒の内羽根式のストレートチップ」のドレスシューズが最もクラシカルでフォーマル度が高いといわれます。ドレスシューズの正しい知識を押さえて、ビジネスシーンにふさわしい革靴選び、ケアをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


おっぱい