1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【100万円のオンナ貯金#11】いますぐ始められる簡単な4つの「節約習慣」

【100万円のオンナ貯金#11】いますぐ始められる簡単な4つの「節約習慣」

Share

節約しなきゃと思ってはいるものの、何から始めたらいいかわからないという人も多いかもしれませんね。節約の始め方に決まりはなく、自分なりにカットできると思ったところはどんどんカットしていけばいいのです。しかし、そんな簡単にカットできないですよね。そこで今回は、すぐにでもはじめられる節約習慣についてご紹介します。

【100万円のオンナ貯金#11】いますぐ始められる簡単な4つの「節約習慣」

「お金が貯まること」と「お金を使わないこと」

このふたつは延長線上にあると言っても過言ではありません。

お金を無駄に使っていると貯金をする余裕がなくなってくるのは、だれもが経験したことのある事象だと思います。そこで今回は、お金を貯めるために「無駄遣い」を減らす、簡単な節約習慣についてご紹介します。

1.ドラッグストアや服屋さんに行く日を決める

無駄な買い物が多い、不要なものをつい買ってしまう、という人はお店に行く日をあらかじめ決めてしまいましょう。


休みの日に買い物に行く、という人も多いと思います。
しかし、「休みの日だから」と気が緩んでお金を使いすぎてしまう落とし穴が……。それを防ぐために、たとえば土日休みの人なら買い物は、土曜日だけにしてまとめ買いをすることがオススメ。

食品もできればまとめ買いしたほうがいいですが、冷凍に向かないものや傷みやすい野菜などがあるとどうもいきませんよね。そういうものはできるだけ買い物した日の当日や翌日で調理するような献立を考えて、早めに使ってしまいましょう。

冷凍しても味があまり落ちないものや傷みにくい材料を使った料理を「お買い物の日」から遠い日付になるようにセットするのもポイントです。


また、お買い物の日を週1回に絞ることで、それまでの時間は何を買うかしっかり吟味する時間になります。
たとえばインターネットで情報を集めてみたり、いろんな人に話を聞いたり、本当に必要なものか自問自答してみたりと「モノを買う」ということと向き合う時間が取れるのも大きなメリットです。
ただし、通販サイトで何か買うのも1日に絞りましょう。通販サイトで色んな服を見ているうちに欲しくなって、たくさんの服を買うようになってしまったら本末転倒です。

2.おいしく楽チン! お弁当の持参

もし毎日ランチは外で済ませているという人がいれば、ぜひお弁当の持参をオススメします。

外食で済ませようとすると、毎日1000円ほどランチに使ってしまうという人も多いのではないでしょうか。男性なら牛丼屋さんや立ち食い蕎麦のお店に入るのも抵抗がなく、安価にランチを済ませることができますが、女性の場合なかなかそうはいかないという人も多いかもしれません。

コンビニでパスタを買ったとしても、なんだかんだとスープやサラダをつけてしまえば1000円を超えてきてしまいます。こんなにも毎日ランチに使うのっもったいないですよね。お弁当を持っていけば毎日そんなにお金を使うことなく食事を済ませることができます。


お弁当を作る手間が面倒という人もいますが、冷凍食品でも美味しくて体にいいものがたくさん出てきています。そういった商品ををうまく活用してお弁当を短時間で楽に作りましょう。

自然解凍で美味しく食べられる冷凍食品も増えてきているので、うまくいけば5分ほどでお弁当づくりが終わってしまうことも。それならお安い御用だと思いませんか。

結局お弁当がめんどくさくなってしまったら意味がありません。お気に入りのお弁当箱を買ってテンションを上げ、毎日のランチタイムをお得に楽しんでみてはいかがでしょうか。

3.周りの人に宣言して協力してもらう

節約はひとりでするものだと思いがちですが、「節約する」と決めたらそれを周りの人に宣言しておくといいでしょう。

周りの人の目があると思うと半強制的に頑張れる環境をつくることができます。
ちょっと気の緩んだ買い物をしているところを見られたら「あれ、節約するんじゃなかったの?」と声をかけてもらえるような環境だとよりベストです。

また、周りの人に宣言すると節約に共感してくれる人がいるかもしれません。
「わたしも節約しよう」と言って、一緒に節約に励んでくれる人がいるとモチベーションアップにもつながりますよね。気軽に節約術みたいな話題で盛り上がることもできますし、「通信費が高い」とか「電気代が安いところに変えたい」など、お金まわりの情報を共有したり交換したりすることができるのも非常に魅力です。

4.週に1回「0円生活の日」を決める

毎週1日はどこかで「0円生活」をしてみてはいかがでしょうか。

「0円生活」とはその名の通り、1円もお金を使わずに生活してみること。いつも普通に出してきたお金をどう削るか、考えるのもいい頭の体操です。これまでの生活や出費を見直すきっかけにもなりますよ。


1日を0円で生活するのって、実際やってみると結構難しいのです。

もちろん、定期代やまとめ買いしてある冷蔵庫の中の食材を使うのはカウントしませんが、ふと自販機で飲み物を買ってみたり、コンビニでお菓子を買ったり、なんだかんだ「ちょこちょこ買い」してしまうもの。そういう「ちょこちょこ買い」を防止するのにうってつけなのが、この「0円生活」なのです。

毎週1回やっているうちに、無駄遣いを減らすコツがわかってくるはず。
たとえば、毎朝なんとなく習慣で飲んでいる缶コーヒーをやめたり、仕事中に何気なく噛んでいるガムをやめたり、あまり意識していないところで無駄にお金を使っていることがあります。

そういう無意識を放置してしまうと知らないうちに無駄遣いする習慣がついてしまいます。早めに成敗してしまいましょう。

■節約は思い立ったその日から始めるのが吉! 難しいかもしれないけど……

節約を始めようと思ったら、その日からすぐに取り組むことがポイントです。

「いつかはやらなきゃなー」と思っているうちは絶対に節約なんてできません。
節約すると決めたらその日からスタート。行動を今日から変えていきませんか? 簡単でもいいので、自分で何か始めることが大切ですよ。

DRESSマネー部に入部しませんか?

お金を上手に貯める・増やす・使うことを、一緒に考えてみませんか?
入部はこちら↓

入部する・会員登録がお済みの方
新規会員登録はこちらから

Share

大塚 ちえ

都内で働く金融系20代OL。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、キャリアやお金、結婚・恋愛のことなどいろんな女性の悩みに向き合う。現代日本に生きる働きすぎな女性にエールを送る記事をお送りします。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article