「キレイな素肌」を演出する、マキアージュの新パウダリーファンデーション

「キレイな素肌」を演出する、マキアージュの新パウダリーファンデーション

マキアージュから、まるで「キレイな素肌」を演出する新パウダリーファンデーション「マキアージュ ドラマティックパウダリー UV」が誕生。あの「ムース生まれのパウダリー」がさらに進化! 2月21日に発売開始します。


資生堂は、ワンランク上の美しさを提案するメイクアップブランド「マキアージュ」より、ムース仕立てで、まるで「キレイな素肌」にしあげる、進化した新パウダリーファンデーション「マキアージュ ドラマティックパウダリー UV」ほか、全2品目8品種(ノープリントプライス)を2月21日より発売します。

■マキアージュ ドラマティックパウダリー UV

「マキアージュ ドラマティックパウダリー UV」は、毛穴も、色ムラも一瞬でカバーしながら透明感まで高め、まるで素肌そのものがキレイかのようなしあがりのパウダリーファンデーションです。

新開発の360°美肌パウダー配合で、カバー力も透明感も同時に高め、どこから見ても美肌にしあげます。

マキアージュでは2015年にムース生まれのパウダリーファンデーション「ドラマティックパウダリー UV」を発売して以来、その仕上がりの美しさからパウダリーファンデーション市場での売上シェアNo.1※1を堅持しています。

女性たちのファンデーションに対する「自然なしあがり」は引き続き最重視点である一方、2016年では「毛穴・凹凸を目立たせない」「シミ・ソバカス、赤みカバー」など、カバー力のニーズが高まっています(インテージLyche調べ:30代女性のファンデーション機能重視点)。

メイクのトレンドも「素肌がキレイ」であることは美しさの基本となり、「キレイな素肌」をつくる完成度の高さが求められています。マキアージュでは、自然なしあがりなのにカバー力も高いという相反のニーズに応えるべく、現行品に満足せず、さらに完成度を高める研究を進めてきました。

※1 インテージSRIファンデーション市場 2016年11月~2017年10月 金額シェア

(お問い合わせ先)
資生堂お客さま窓口 フリーダイヤル TEL 0120-81-4710

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連する投稿


相手の印象に残る顔は、一貫性を持たせた「正解メイク」でつくる

相手の印象に残る顔は、一貫性を持たせた「正解メイク」でつくる

「顔を覚えてもらいにくい」「顔の印象が薄い」。そんな風に感じるなら、メイクの方向性にまとまりがないのが原因かもしれません。パーツ毎のメイクが、全体的に見たときにちぐはぐな印象にならないように、あらかじめゴールを決めて、仕上がりをイメージしながらメイクしてみて。


雰囲気美人になる方法は簡単。“チャームポイント”を丁寧にメイクするだけ

雰囲気美人になる方法は簡単。“チャームポイント”を丁寧にメイクするだけ

雰囲気美人になる方法をご紹介します。近頃、美容雑誌で目につく「雰囲気美人」という言葉。鼻が高い、目が大きいなど、「美人」の条件とも言えるパーツを持ち合わせていなくても、なんとなく「あの人、美人」と思わせてしまう不思議な魅力を持っている女性のことを言うようです。「雰囲気美人」を徹底研究した結果、わかったこととは――。


バラの恵みを贅沢に閉じ込めました。ディオールのクッションファンデ

バラの恵みを贅沢に閉じ込めました。ディオールのクッションファンデ

ディオールは、ディオール プレステージ ラインより、1日中続くバラ色の艶肌を叶えるラグジュアリー クッション ファンデーション「プレステージ ル クッション タン ドゥ ローズ」を全国にて発売開始しました。光を反射するなめらかなフォーミュラで、美しい花びらのような肌色が叶う逸品です。


くすみ肌を瞬間補整する、軽やかなルースパウダー「imini リペアミネラルルース」

くすみ肌を瞬間補整する、軽やかなルースパウダー「imini リペアミネラルルース」

肌は加齢とともに暗く、黄みが増し、どんよりとくすんで見えるようになります。新商品となるルースパウダー「イミニリペアミネラルルース」に採用した、イミニ独自の「トーンアップカラー」は、肌に馴染ながらも、くすみをカバーし、自然に明るくトーンアップ。つけるたびに、若々しい肌を演出します。


絶妙なローズカラーが新しい。ランコムの新作リップコレクション

絶妙なローズカラーが新しい。ランコムの新作リップコレクション

1月1日、ランコムを象徴するリップスティック「ラプソリュ ルージュ」に、5つの新色「メタモルフォーゼ コレクシオン」が登場します。ローズとローズを丁寧にかけあわせて生み出された絶妙な「メタモルフォーゼ カラー」を唇に纏って、新たな1年を、新たな私で迎えて。


最新の投稿


友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

『DRESS』1月特集は「トモダチってナニ?」。ときどき「大人になると友だちができない」という声を聞きます。友だちがほしいのにできない――そんな方は本特集にヒントがあります。友だち論や新しい友だちを増やせそうなスポットの紹介、友だちと一緒に過ごさないひとり時間など、友だちにまつわるあれこれを取り上げます。


キャリアと経験を掛け合わせてレアな人材になる――未経験からのチャレンジで活躍する方法

キャリアと経験を掛け合わせてレアな人材になる――未経験からのチャレンジで活躍する方法

異職種への転職や未経験からのチャレンジ。やってみたいけど、活躍できるかどうか、不安で一歩踏み出せない人も多いはず。今回は株式会社メルカリの広報、中澤理香さんのキャリアインタビューから、未経験からの転職で活躍する方法を紐解きます。


僕が携帯電話を持たない理由【林伸次】

僕が携帯電話を持たない理由【林伸次】

大人になると友達を作るのが難しい……。そんな悩みを抱える人は少なくないようです。そもそも友達とは何なのか? 友達を作りたいとき、どう作るのか? 「DRESS」では1月、「友達」特集(仮)をお届けします。渋谷でbar bossaを経営する林伸次さんに「友達と孤独」をテーマに寄稿いただきました。


1月特集「トモダチってナニ?」

1月特集「トモダチってナニ?」

『DRESS』1月特集は「トモダチってナニ?」。今の友だちに満足している人も、友だちを増やしたいと思っている人も、今あらためて、友だちについて考えてみませんか。友だち論や新しい友だちを増やせそうなスポット、ひとりの時間など、友だちを再考するきっかけを提供します。自分が理想とする友だち関係をつくっていこう!


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用ドレスシューズの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用ドレスシューズの常識

ビジネスシーンに最もふさわしいドレスシューズ(革靴)。一般的には、「黒の内羽根式のストレートチップ」のドレスシューズが最もクラシカルでフォーマル度が高いといわれます。ドレスシューズの正しい知識を押さえて、ビジネスシーンにふさわしい革靴選び、ケアをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


おっぱい