セルフプロデュースに必要な3つのステップ! 

セルフプロデュースに必要な3つのステップ! 

自分の思い描いた理想に近づけていない、自分が望まないことばかり起きてしまう。そんな人は自分をコントロールし、理想や目標へ近づく方法を知らないだけかもしれません。そこで今回は、自分をコントロールし、うまくいくように自分を導くセルフプロデュースについてご紹介します。


「どうして自分はこうなってしまったんだろう」とか「こんなはずじゃなかったのに」とか、このような気持ちになったことはありませんか?

自分が思い描いている理想と、今の自分が大きく乖離している場合、あなたが自分のことをうまくコントロールできていない可能性があります。

そこで今回は、自分で自分をコントロールし、うまくいくようにプロヂュースする「セルフプロデュース」についてご紹介します。今一度自分の理想と現実のギャップをチェックして、自分の思い通りの人生が歩めるように軌道修正のきっかけになればと思います。

■まずは自分が「どう見られたいか」をすべて書き出してみよう

まず必要なのが、あなたがどうなりたいかという「理想の姿」です。

「理想の姿なんてすでに思い描いている」という人もいると思いますが、今一度ここでチェックしてみてください。ざっくりとした「理想の姿」だけではなく、その細部まで思い描くことがポイントです。


たとえば、「あの女優さんみたいになりたい」という理想があるとします。
でも、漠然とそう思っていただけではその女優さんに近づくことはできません。もっと具体的に、細部を見ていきます。そして、あなたがどうしてその女優さんのようになりたいか、どこに惹かれるのか、そこを詳しく見ていく必要があります。


「あの女優さんのしなやかな体と、透き通るような肌にあこがれる」
「あの女優さんの話し方が素敵。着飾らず、ありのままの姿で愛されているところがいい」

など、いろんな魅力が出てくると思います。まずはそれらを紙に書き出してみてください。


しかし、ただ「~がいい」とか「~なところにあこがれる」ということを書くだけでは、まだ少し足りません。

「透き通る肌」にあこがれるのであれば

「透き通るような肌」とはどんな要素が必要なのかも書き出していきます。
「キメの細やかさ」「うるおい」「肌の白さ」「厚塗りしていない感じ」など、たくさんの要素があって「透き通るような肌」が完成していることがわかりますよね。

こうして分解していくことで、「理想の姿」がより具体的になります。

より具体的になると、自分とのギャップがはっきりして、理想に向かって行動しやすくなります。最初は時間がかかるかもしれません。細部までしっかり書き出すと、かなりの時間がかかることでしょう。ですが、これをやらない限り前に進めません。一度時間を取ってしっかり考えてみましょう。

■「理想」を「行動」と「スケジュール」に落とし込んでみよう

次理想を具体化することができたら、次は実際にそのギャップを埋めるべく「何をしたらいいか」、「何をすべきか」、そして「それをいつやるのか」ということにフォーカスをあてて考えていきます。

上記のステップで具体的に考えることができた人は「じゃあ自分は何をすべきか」というのがかなり明確になってきているはずです。これを踏まえて、「その行動をするために必要なもの」「必要な時間」「必要なお金」などを工面していきます。
工面と言ってもそれほど大したことではなく、とにかく簡単にできるように頭を使って考えていくことが大事です。



「透き通るような肌」になるために、「うるおいと栄養をたっぷり与えてきめ細やかでうるおいに満ちた肌にしよう」と思ったら、「毎日今使っている化粧水をたっぷりしみこませる」とか「これまでお風呂上りにしていたパックをお風呂の中でスチームがある状態でやってみよう」とか、今までの生活に一工夫するだけでいいのです。


理想を具体化する過程の中で一番大事なことは「すぐやること」。


やるべきことが決まったら、次はいつやるか、というのを考えていきます。
お肌の話のように、”継続”と”早めの対応”が大事なことは「今日から」と決めてしまえばいいのですが、そうはいかないものもありますよね。「英語を話せるようになってあの会社に入社したい」という人が「英会話を始めよう」と意気込んだとしても、英会話教室の体験レッスンの予約が取れなければ今日から始めることができません。


こういうのは「予約」だけは今日やる、そして予約の日は近いうちで取れる日を探す。これだけでも十分です。

その「やるべきこと」につながる行動を今日どれだけできたか、ということが大事です。ただし、予約が取れた体験レッスンの日まで何もしないのはNG。自分なりに勉強を進めること。英会話は英会話教室に行っただけでできるようになるものではありません、自分にできることを毎日少しずつ行動に移していってみましょう。

■自分のプロデューサーになって自分をブランド化してみよう

上記のことがクリアできて自己改革がある程度進んできたら、今度はプロデューサーになって、自分のことをプロデュースしてみましょう。自分をブランディングするのです。この過程では自分が他人にどう見られたいかを考えていきます。


この過程は、「他人にどう思われようが関係ない」という人は無視してかまわないのですが、社会で生きていく以上、職場や友達、親戚や家族、恋人などいろんな人とのかかわりをもって生活していきますよね。そういう人たちにとって自分がどういう存在でありたいかを考えることは、自己改革を進めるうえでも大きなモチベーションとなるのです。


「優しくて気が利いてよく仕事ができる人だと思われたい」とか「可愛くて気立てのいい彼女でいたい」とか、いろいろな気持ちが出てくると思います。あとは常にそうなるために行動していくだけです。

その中で「自分という存在はどんなブランドを持つのか」「どんなブランドのある人間でありたいのか」ということと、「どんなブランドがその場では要求されるのか」を考えることは今後のあなたに大きな意味をもたらすでしょう。

■理想に近づくための、セルフプロデュース

自己改革やセルフプロデュースという言葉に、難しい印象を感じる方もいるかもしれません。

ですが、ただシンプルに「自分がどうありたいか」「自分がどう見られたいか」と考え、そう思われるように行動するだけで、あなたの理想にきっと近づくはず。

そのためには、自分を客観的に見て、理想を細分化・具体化し、スケジュールに落とし込んでいく。こうして見てみると意外とチャレンジできそうな気がしませんか?

この記事のライター

都内で働く金融系20代OL。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、キャリアやお金、結婚・恋愛のことなどいろんな女性の悩みに向き合う。現代日本に生きる働きすぎな女性にエールを送る記事をお送りします。

関連するキーワード


生き方

関連する投稿


産む? 産まない? 子を持たない女性たちの声にふれたら、考えが揺れました

産む? 産まない? 子を持たない女性たちの声にふれたら、考えが揺れました

多くの女性が対峙する、子どもを産む・産まない問題。産んだ人の体験談はたくさん聞くけれど、産まなかった人の話って意外と聞かないような……? とふと思いました。子どもを持たない人生を送る女性たちのリアルな声を聞ける本『誰も教えてくれなかった 子どものいない人生の歩き方』と出会い、考えたこと、感じたこと――。


今日から人生が変わる。人生を好転させる秘訣、集めました

今日から人生が変わる。人生を好転させる秘訣、集めました

人生を好転させる秘訣をさまざまな視点からご紹介します。今の状態を逆転させたい。将来こうなっていたい。など人生を変えたいと思ったことはありませんか。人生を良い方向に持っていくために必要なこととは――。


おひとりさま女性の老後=孤独、とは限らない

おひとりさま女性の老後=孤独、とは限らない

「独身だと老後が孤独」とは本当でしょうか。診察を通じて多くの高齢おひとりさま女性と接している内科医の私。その考えは違うのでは、と思うようになりました。配偶者がいようといまいと、最後はひとりになる女性が多いです。生涯おひとりさまでいる女性のなかにも、人に囲まれ、大切にされる方も少なくないからです。彼女たちの共通項とは。


「家で働く。」――暮らし方の選択肢を増やす連載始めます

「家で働く。」――暮らし方の選択肢を増やす連載始めます

イラストレーター/アートディレクターの兎村彩野さんが2018年1月から新連載「家で働く。」をスタート。連載前に「家で働く。」をテーマに選んだ背景や「家で働く。」を実践してきた日々を振り返ります。


「プチ依存先」を増やせば孤独を受け入れられる【生き方は多様化してきたけど、やっぱりひとりは寂しい?】

「プチ依存先」を増やせば孤独を受け入れられる【生き方は多様化してきたけど、やっぱりひとりは寂しい?】

文筆家の小野美由紀さん、フランスで活躍しているラブジャーナリストの中村綾花さんが「女性がひとりで生きていく」をテーマに対談をスタート。最終回では「ひとりで生きていくためには」を中心に話していきます。


最新の投稿


未練がましい男性ほど、次の行動を元カノに取らせたがる

未練がましい男性ほど、次の行動を元カノに取らせたがる

別れた元カレから突然謝罪の連絡が来るけど、それっきり。「どうすれば良いの?」と悩む女性もいるでしょう。未練がましい男性ほど、本音を隠して次の行動を元カノに取らせようとします。素直に復縁したいと言えない男心と、どんな対応をすれば良いかについてお話しします。


産む? 産まない? 子を持たない女性たちの声にふれたら、考えが揺れました

産む? 産まない? 子を持たない女性たちの声にふれたら、考えが揺れました

多くの女性が対峙する、子どもを産む・産まない問題。産んだ人の体験談はたくさん聞くけれど、産まなかった人の話って意外と聞かないような……? とふと思いました。子どもを持たない人生を送る女性たちのリアルな声を聞ける本『誰も教えてくれなかった 子どものいない人生の歩き方』と出会い、考えたこと、感じたこと――。


幸せを呼ぶ京都・開運旅へ! 新春におすすめの1泊2日モデルプラン

幸せを呼ぶ京都・開運旅へ! 新春におすすめの1泊2日モデルプラン

日本国内だけでなく、外国人観光客からも多くの支持を集める京都。そんな京都には悠久の時を超え、今も残る寺社や、晴れやかな気持ちになる雅な美食まで、パワーをもらえるスポットがたくさん。今回は新春におすすめな、開運京都旅のモデルプランをご紹介いたします。


”衝撃の40分”から目が離せない! 『デトロイト』が描く歴史に埋もれた戦慄の一夜 古川ケイの「映画は、微笑む。」#35

”衝撃の40分”から目が離せない! 『デトロイト』が描く歴史に埋もれた戦慄の一夜 古川ケイの「映画は、微笑む。」#35

イラクを舞台に米軍爆発物処理班の兵士たちを描いた『ハート・ロッカー』、オサマ・ビンラディンの捜索に執念を燃やすCIA女性分析官を描いた『ゼロ・ダーク・サーティ』など、センセーショナルな題材選びに定評のあるキャスリン・ビグロー監督。新作『デトロイト』は、米国デトロイト暴動で起きた戦慄の一夜を映画化した、必見の衝撃作です。


フランス女性は風邪予防&対策に「ハーブと野菜」を取り入れてる

フランス女性は風邪予防&対策に「ハーブと野菜」を取り入れてる

冷えや寒さから体調を崩しがちな冬、ちょっと調子が悪いなと感じたとき、どのようなケアを取り入れていますか? 早めに薬を飲むという手段もあるけれど、できればそれ以外で回復させたいもの。今回はフランス女性による風邪予防と対策法をご紹介します。


おっぱい