1. DRESS [ドレス]トップ
  2. カルチャー/エンタメ
  3. 12歳のピュアで可愛い恋にほっこり! 『はじまりの*ボーイミーツガール』- 古川ケイの「映画は、微笑む。」#31

12歳のピュアで可愛い恋にほっこり! 『はじまりの*ボーイミーツガール』- 古川ケイの「映画は、微笑む。」#31

Share

フランスでベストセラーを記録したパスカル・ルテールの原作小説を、『赤ちゃんに乾杯!』などで俳優としても活躍するミシェル・ブジュナー監督が映画化した『はじまりの*ボーイミーツガール』。12歳の少年ヴィクトールが想いを寄せる優等生マリーには誰にも言えない秘密があって…。ふたりの小さな恋の行方に、心が温まる作品です。

12歳のピュアで可愛い恋にほっこり! 『はじまりの*ボーイミーツガール』- 古川ケイの「映画は、微笑む。」#31

◼︎フランスのベストセラー青春小説を映画化!

この映画で描かれるのは、12歳の劣等生の少年ヴィクトールと彼の憧れの優等生マリー、ふたりの恋と、彼女が抱える”ある秘密”についてです。

本作の原作である、フランスの小説家パスカル・ルテールの処女作は、2012年に発表されるとベストセラーを記録し、主人公ふたりの”3年前”と”4年後”をそれぞれ書いた2作の続編も発表されました。

ミシェル・ブジュナー監督は本作を映画化した理由について「シンプルで、とても美しい物語だよ。すっかり虜になった。私にとって映画とは、大衆を感動させることのできる物語でなくてはならない。私の夢は良い意味で大衆的な作品を作ることなので、まさにピッタリの小説だった」と語ります。

◼︎『はじまりの*ボーイミーツガール』ストーリー

自動車修理工の父親(パスカル・エルベ)とふたり暮らしの12歳のヴィクトール(ジャン=スタン・デュ・パック)は、同じクラスで成績も品行も優れたマリー(アリックス・ヴァイヨ)に密かに想いを寄せていた。

ある日、数学のテスト中に答えがさっぱりわからないヴィクトールに、マリーが答えを書いた紙をそっと渡してくれる。だが、カンニングがバレてしまったヴィクトールは、先生にこっぴどく叱られてしまう。

マリーからお詫びに「勉強を手伝う」と提案されたヴィクトールは、彼女の自宅に通うように。いつも一緒に過ごすうちに、ふたりの心の距離は日に日に縮まっていくのだった。

ヴィクトールの悩みは、彼の母の死を認められず「母さんは出て行った」と言い張っている父のこと。友人には話せないような悩みも、マリーには話すことができるのだった。

マリーもまた、自宅でヴィクトールにチェロの演奏を聞かせ、国立音楽院へ行ってプロのチェリストになることが夢だと彼に教える。だが、彼女にはもうひとつ、誰にも言えない秘密があった……。

春休みに入り、湖の秘密基地へマリーをデートに誘ったヴィクトールは、桟橋の途中で動けなくなったマリーにしがみつかれ、一緒に湖に落ちてしまう。

必死に岸へとたどり着いたとき、ヴィクトールはマリーから”ある秘密”を打ち明けられる。

隠し事をされていたことに一度は怒りをあらわにするヴィクトールだったが、マリーと彼女の夢の実現のために、ある一大決心をして――。

◼︎ヴィクトールとマリー。主演ふたりのカップルが可愛い

本作の魅力は、なんと言っても主人公ヴィクトールとマリーを演じた子役の可愛さです!

ヴィクトール役のジャン=スタン・デュ・パックは、俳優の父親を持ち、フランスの演技学校で3年間お芝居を学んだ実力派。

本作の役どころについて「頭のいい女の子を好きになる劣等生だよ。そこが、気に入ったんだ。冗談を言ってばかりいる悪い生徒だけど、本当は感受性が豊かで、とても優しいんだ」と語ります。

ヒロインのマリー役を演じたアリックス・ヴァイヨは、幼少時からヴァイオリンを始め、地元の音楽学校に通いながら歌やピアノ、サーカスまでも習う音楽家です。

6歳から14歳までの子どもだけで構成される交響オーケストラに入団したり、2015年にはマルタ国際音楽コンペティションで2席を獲得すると、2016年にパリ国立高等音楽・舞踏学校に入学しました。

チェロ奏者であるヒロイン・マリーの役どころについて「プロの音楽家になるためには、大きな決意が必要よ。自分に自信がなければ、前に進むのはとても難しい。私たちは音楽に対して同じ愛情を持っているわね」と語ります。

ヴィクトールとマリー、ふたりの大きな決断は、物語が進むにつれて、周りの大人たちをも動かしていきます。

「誰かを愛したり、人生の大きな決断をするのに年齢は関係ない」ということに気づかせてくれる『はじまりの*ボーイミーツガール』は、12/16(土)より全国順次公開です。

◼︎『はじまりの*ボーイミーツガール』公開情報

『はじまりの*ボーイミーツガール』
12/16(土)、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMA ほか、全国順次ロードショー
監督:ミシェル・ブジュナー
出演:アリックス・ヴァイヨ、ジャン=スタン・デュ・パック、シャルル・ベルリング、 パスカル・エルべ
配給:キノフィルムズ
上映時間:89分
公式サイト:www.hajimari-bmg.com
© 2016 GAUMONT - AJOZ FILMS - NEXUS FACTORY

Share

古川 ケイ

映画ライター。新作映画情報サイト「木曜日のシネマ」運営。 大学卒業後、インディペンデント系映画配給会社に入社し、映画業界誌の編集・ライター業務に従事したのち、宣伝部にて洋・邦映画作品の宣伝を手がける。その後テーマパーク運営...

関連記事

Latest Article