ヘルシードレッシングを、マグロを使った海鮮サラダと合わせてみました【パリから届いた料理#3】

ヘルシードレッシングを、マグロを使った海鮮サラダと合わせてみました【パリから届いた料理#3】

【パリから届いた料理】では、フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ中山豊光さんが、日本の食材を使って簡単に作れるおしゃれなレシピを紹介。今回は、TOYOオリジナルのヘルシードレッシングを組み合わせた「マグロを使った海鮮サラダ」です。


■素材の味を活かした時短レシピ「マグロを使った海鮮サラダ」

材料

「卵をほとんど使っていないドレッシング」の材料
・卵白 卵1個分
・マスタード 大さじ1
・赤ワイン酢もしくはシェリー酢(飲めるお酢) 大さじ1
・米油(飲める油) 大さじ6
・黒ニンニク 1片(熟成したペースト状になったニンニク)

「マグロを使った海鮮サラダ」の材料
・マグロ切身
・アボカド 1個
・柿 1/2個
・みょうが
・塩 少々

作り方

はじめに、ドレッシングを作ります。

①卵白を泡立てメレンゲを作ります

②メレンゲの泡のみを取り除きます

③ボウルに残った卵白に、マスタード、黒ニンニク、お酢(赤ワイン酢もしくはシェリー酢)、米油を加えよく混ぜ合わせます

続いて、マグロの海鮮サラダです。

④マグロ切身を食べやすい大きさにカットします

⑤柿、アボカド、を食べやすい大きさにカット、みょうがを縦にスライスします

⑥お皿にドレッシングを敷き、その上にカットした食材を置き、塩をパラパラと振りかけます

⑦その上にさらにドレッシングをかけ、最後にみょうがをのせて完成です

このオリジナルドレッシングは、卵をほとんど使っていないので、体にも優しく、さまざまな食材との相性も良い万能なドレッシングです。作り置きをしておけば、茹でた筍や、カットしたお野菜などに、手軽に使えて、さらに美味しく召し上がれます。

今回のマグロの海鮮サラダは、工程も、カットしたり、混ぜ合わせたりと、いたってシンプルなので、時間がないときにおすすめです。後片付けも簡単なので、一度お試しくださいませ。

TOYOとして、「素材の味を活かした美味しさ」×「つくるのも後片付けも楽」=「簡単レシピ」と考えており、まさにこの一品も「簡単レシピ」と言えるものかと思います。

Text/中山豊光(なかやま・とよみつ)

フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ。1971年生まれで1994年に渡仏。パリのフレンチレストランと日本料理店で経験を積んだ後、髙田賢三(デザイナー)の専属料理人を経て独立し、2009年12月にパリ6区にRestaurant TOYOをオープン、人気のレストランとなる。

2018年3月「RESTAURANT TOYO」東京ミッドタウン日比谷出店

パリで注目されている中山豊光シェフが手掛ける「TOYO」の 日本初店舗が2018年の3月29日に東京ミッドタウン日比谷にオープンする。

パリの本店同様、オープンキッチンでフレンチでは珍しいカウンターも据え、新鮮でかつ旬な食材にこだわりを持つ。懐石料理の美意識が存在し、西洋と東洋の融合を感じさせる「TOYO」では、唯一無二の究極のフレンチを提供する。また、料理をフレンチカウンターで味わうこともできる。

http://toyojapan.jp/

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード


レシピ

関連する投稿


スイーツからグラタンまで! 豆腐で作れるヘルシーレシピたち

スイーツからグラタンまで! 豆腐で作れるヘルシーレシピたち

高たんぱく、中脂質、低糖質の食材、豆腐。ボリュームもあるため、お腹が満たされやすく、食べてもいい量が限られてくるダイエット時には嬉しい味方です。今回はそんな豆腐を使ったおかずや、スイーツを3品ご紹介します。


パンケーキなのにヘルシー! もちっ・さくっな食感に感動【天然酵母のパンレシピ#10】

パンケーキなのにヘルシー! もちっ・さくっな食感に感動【天然酵母のパンレシピ#10】

自家製天然酵母パンとフランス菓子の教室「MINAMINA(ミナミナ)」を主宰する山田美奈さんによる、自宅で気軽に作れる天然酵母のパンレシピを紹介する連載。第10回目は保存容器で簡単準備、そして食物繊維もたっぷりの“もちっとさくっと食感”のパンケーキのご紹介です。


お気に入りのお酒とともに「里芋とタコの温製タパス」を召し上がれ【パリから届いたレシピ#4】

お気に入りのお酒とともに「里芋とタコの温製タパス」を召し上がれ【パリから届いたレシピ#4】

【パリから届いた料理】では、フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ中山豊光さんが、日本の食材を使って簡単に作れるおしゃれなレシピを紹介。今回は「里芋とタコの温製タパス」のレシピをご紹介。


ダイエットの味方「カッテージチーズ」を使ったレシピ3品

ダイエットの味方「カッテージチーズ」を使ったレシピ3品

少々意外かもしれませんが、カッテージチーズは最強ともいえるダイエット食材のひとつです。高たんぱくで低糖質・低脂質。持ち運びできてそのまま食べられます。今回はそんなカッテージチーズに一手間加えたおいしいレシピを3品ご紹介します。


もうすぐバレンタイン! 準備してなくても材料3つですぐ作れる「サクサクチョコレートパイ」

もうすぐバレンタイン! 準備してなくても材料3つですぐ作れる「サクサクチョコレートパイ」

バレンタインの準備をしていない! という方にぴったりな、材料3つでとても簡単に作れるチョコレートパイのレシピです。


最新の投稿


鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESS編集長の池田園子さんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第6回では、子育て中のイライラを解消する方法について解説してもらいます。


化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回は基礎化粧品の選び方を見直します。ライン使いはマスト、と考える方もいるかもしれませんが、実際は化粧水と乳液さえあればOK!?


「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

抽選で50名様限定! 人気イラストレーター“マリー・アセナ”さんデザインのボトルが当たります。世界中で親しまれている果汁100%のスパークリングジュース「アップルタイザー」のさくらデザインボトル、プレゼントキャンペーンを3月8日まで実施中です。


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。