1. DRESS [ドレス]トップ
  2. グルメ
  3. ご飯の美味しさが引き立つ! 巾着卵とシラス丼【パリから届いた料理#1】

ご飯の美味しさが引き立つ! 巾着卵とシラス丼【パリから届いた料理#1】

Share

【パリから届いた料理】では、フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ中山豊光さんが、日本の食材を使って簡単に作れるおしゃれなレシピを紹介。今回はご飯の美味しさが引き立つ「巾着卵とシラス丼」です。

ご飯の美味しさが引き立つ! 巾着卵とシラス丼【パリから届いた料理#1】

■手間いらずで、美味しいご飯を食べるなら「巾着卵とシラス丼」

材料 (2名分)

・白飯 2膳分
・釜揚げシラス 適量
・焼きのり 適量
・卵 1個
・薄あげ 1枚
・ゴマ油 少々
・ショウガ 少々
・塩 少々
・醤油 少々

作り方

まずは、巾着卵をつくります。

①薄あげを半分にカットして、中に卵を入れます。

②フライパンにゴマ油少々をひき、淵に立てかけるようにして、焼き上げます。

③焼きあがった巾着卵におろし生姜を。そして白飯に釜揚げシラスを適量、巾着卵、焼きのりの順に盛り付け、お好みで塩少々、もしくはお醤油少々で完成です。

お料理の締めのとき、

少しお腹が空いたとき、

昨日のご飯が余っているとき。

あらゆる場面で、「ご飯」という食材は、さまざまな形に変わり、順応します。

TOYOでは、お料理の締めとして「ご飯」をお出しすることも多々ございます。その中でも、ひと際手間いらずで、ご飯の美味しさが引き立つレシピがこちらの「巾着卵とシラス丼」です。

実家に帰省した際や、友人宅でふるまうのにも、持ってこいのお料理だと思います。
あまり味わったことのない締めの「ご飯」として、ご活用いただければ嬉しいです。

Text/中山豊光(なかやま・とよみつ)

フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ。1971年生まれで1994年に渡仏。パリのフレンチレストランと日本料理店で経験を積んだ後、髙田賢三(デザイナー)の専属料理人を経て独立し、2009年12月にパリ6区にRestaurant TOYOをオープン、人気のレストランとなる。

2018年3月「RESTAURANT TOYO」東京ミッドタウン日比谷出店

パリで注目されている中山豊光シェフが手掛ける「TOYO」の 日本初店舗が2018年の3月29日に東京ミッドタウン日比谷にオープンする。

パリの本店同様、オープンキッチンでフレンチでは珍しいカウンターも据え、新鮮でかつ旬な食材にこだわりを持つ。懐石料理の美意識が存在し、西洋と東洋の融合を感じさせる「TOYO」では、唯一無二の究極のフレンチを提供する。また、料理をフレンチカウンターで味わうこともできる。


http://toyojapan.jp/

Share

DRESS編集部

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article