インスタ映え抜群のスタイリッシュなホテル「モクシー」が東京と大阪にオープン!

インスタ映え抜群のスタイリッシュなホテル「モクシー」が東京と大阪にオープン!

東京と大阪に同時オープンした、スタイリッシュな空間をリーズナブルに楽しむことができる注目の「モクシー・ホテル」を紹介します。


旅するジャーナリスト小野アムスデン道子です。

今回ご紹介するのは、インスタ映えする抜群のスタイリッシュさを誇るマリオットの新ブランド「モクシー ・ホテル」です。

当ホテルは、11月1日に東京と大阪に同時にオープンしました。単に泊まる場所というわけではなく、出会いや刺激に満ちたユニークな「モクシー・ホテル」の魅力とは?

(以下2枚の写真の上が東京、下が大阪)

■自撮りにぴったり、絵になる素敵なスペースだらけのラウンジ

“Moxie”は日本語に訳すと“元気”という意味。そこから「モクシー=Moxy」は、勇気とガッツのある人という意味を示しています。人生を前向きにスパイスしてくれる素敵な体験を、手頃な価格で提供してくれるホテルという感じでしょうか。

東京は錦糸町、大阪は堺筋本町というアクティブな場所にできたこのスタイリッシュなデザイナーズホテルは、宿泊料金は15000円~(/室)とお手頃価格。ラウンジ(ロビー)にある24時間オープンのバーがフロントの役目をしていて、ここでチェックインをします。

朝・昼に提供される麺や具をカスタマイズして目の前で料理してくれる「ヌードルバー」があり、サンドイッチやヘルシーなヨーグルト、フルーツ、サラダなど素敵な“Grab & Go (テイクアウト)”も揃っています。

ドリンクも充実しており、グレープフルーツジュースと焼酎を合わせた「モクシーハイ」というオリジナルカクテルをはじめ、世界の瓶ビールなどアルコールの種類も豊富に揃っています。

ラウンジとは別に静かに過ごしたり、仕事もできるライブラリーには、あちこちにコンセントが仕込まれています。

インテリアデザインや、そこここに置かれた小物もデザインが計算されていて、オープニングのイベントでは、あちこちで写真を撮っている人がいっぱい。

■椅子と机が壁に掛けられたミニマムな部屋が創造力を刺激する

スタッフではなく、クルーがきびきび働く「Café & バー」が24時間オープンなのには意味があります。
フロント兼用ということと、モクシーの部屋には冷蔵庫や湯沸かしポットなどがないのです。

部屋に向かうためエレベーターを降りると、ここは本当にホテルなの? と思ってしまうオフィスのようなドアが並んでいます。そして室内はいたってシンプル。シャワーのみのバスル―ムにツインかダブルのベッドル―ム。壁には大型のTVそして、なんと折りたたみ式の机と椅子がかかっています。

必要な人はそれをおろして使う仕組み。「スペースの使い方はご自由に」というわけです。服も壁にかける方式でクローゼットはなし。海外でひとり暮らしをしているアパートの一室にいるような感じもします。

各階には、共用のアイロンルームがあって、ドキっとするイケメンがアイロン掛けをしているのでお見逃しなく。ランドリールームもあります。フィットネスには、ストレスが解消できそうなサンドバッグが置かれています。

今、モクシーは世界で25軒、アジアでは日本の2軒含めて全部で3軒。どんどん増えているそうです。客室やメインのデザインは共通で、アートやインテリアでそのエリアの特徴を表現しています。

なにより、スタイリッシュなデザインが溢れる空間でリッチな体験ができる一方で、リーズナブルな価格設定が嬉しいですよね。刺激的な“体験”ができそうなホテルで、インスタグラムを豪華に演出してみましょう。

スタイリッシュなホテル「モクシー」の詳細はこちらから!

この記事のライター

世界有数のトラベルガイドブック『ロンリープラネット日本語版』の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。...

関連するキーワード


国内旅行 SNS

関連する投稿


『いとも優雅な意地悪の教本』で知る“品のいい意地悪”術

『いとも優雅な意地悪の教本』で知る“品のいい意地悪”術

『いとも優雅な意地悪の教本』という書籍をご存知ですか。SNSで見知らぬ誰かから投げかけられる、心ないコメントや意地の悪い反応――SNSを使っている人の中には、そんな負の感情をぶつけられたことがある方もいるのでは? 意地悪するのもやり返すのも、どうせなら優雅にやってみる、というのはいかがでしょうか。


泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」5店舗目が新宿に18年春オープン

泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」5店舗目が新宿に18年春オープン

2015年11月に池袋にOPENした、泊まれる本屋がコンセプトの宿泊施設「BOOK AND BED TOKYO」新宿店が、新宿コマ劇前広場に2018年春オープン。「寝る瞬間」に至福の体験を用意するホステルです。


【SNSストレス】「つながる」ことに疲れていませんか?

【SNSストレス】「つながる」ことに疲れていませんか?

SNSで「つながる」という行為自体に疲れてはいませんか? いつでもどこでも誰かとつながっていられる良さや便利さがある一方、その「つながっていること」に義務感をおぼえ、心の負担になっている方もいるかもしれません。SNSとの付き合い方についての記事をご紹介します。


2017年、世間を騒がせた4組の結婚発表

2017年、世間を騒がせた4組の結婚発表

2017年ももうすぐ終わり。今年も、世間を騒がせた結婚発表が多数あった。今回は、ネット女子たちの間で話題になった結婚報道を、彼女たちのリアルな声と共に振り返っていこう。


2017年、世間を騒がせた6人の女たち

2017年、世間を騒がせた6人の女たち

2017年ももうすぐ終わり。今年もたくさんのニュースが世間を騒がせましたね。今回は、ニュースの主役になった女性たちにフォーカス。それに対するネット女性たちの反応と共に、振り返っていきましょう。


最新の投稿


甘酒処方のスキンケアでもっちり、うっとりな美人肌に

甘酒処方のスキンケアでもっちり、うっとりな美人肌に

巷で大人気の甘酒がスキンケアアイテムに。メイクアップが、「甘美透酒オールインワン化粧水&オールインワン乳液」を新発売。オリジナルの甘酒処方でスキンケアを完了できる便利なアイテムです。化粧水・乳液の2種を展開しています。


7種のプチシュータワーにあたたかチョコソースをかけた“ひやあつ”スイーツ

7種のプチシュータワーにあたたかチョコソースをかけた“ひやあつ”スイーツ

温かいチョコレートソースをかけて。撮ってもシェアしても楽しい、新作“ひやあつ”デザートが銀座コージーコーナーに登場! 1月19日より、限定店舗で、創業70周年記念デザート「苺のプチシュータワー~7色のアイス~」を期間限定販売します。


2000円の恋、そして結婚【疲れない出会い】

2000円の恋、そして結婚【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は共通の知人を介して出会ったふたりをご紹介します。


あなたを美しく魅せる「色」を見つける――流行にとらわれない大人のコスメ術

あなたを美しく魅せる「色」を見つける――流行にとらわれない大人のコスメ術

今回ご紹介するのは、”その人に似合う色”を診断する「パーソナルカラー診断」と、おすすめのコスメアイテムたち。流行の色を追いかけるのも良いけれど、自分に合う色を知ることで、さらに気分を上げることができるはず。


友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

『DRESS』1月特集は「トモダチってナニ?」。ときどき「大人になると友だちができない」という声を聞きます。友だちがほしいのにできない――そんな方は本特集にヒントがあります。友だち論や新しい友だちを増やせそうなスポットの紹介、友だちと一緒に過ごさないひとり時間など、友だちにまつわるあれこれを取り上げます。


おっぱい