1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. トレンドを活かしたコート選びで冬のおしゃれは10倍楽しくなる

トレンドを活かしたコート選びで冬のおしゃれは10倍楽しくなる

Share

コートは毎年買い替えるアイテムではないかもしれません。でもトレンドを少し意識してコートを選ぶと、冬のおしゃれが間違いなく楽しくなります。2017年冬のコートの旬シルエットや素材、各コートの着こなしをご紹介します。

トレンドを活かしたコート選びで冬のおしゃれは10倍楽しくなる

コートが手放せない季節になりましたね。お気に入りのコートは見つかりましたか?

コートは長く着るのを前提で購入に踏み切るため、毎年必ず買い換えなくても良いアイテムです。とはいえコートも毎年少しずつ傾向が変化するので、ファッションの仕事をしていると、わずかな変化にも敏感になり、チェンジしたくなります。

今回は、今年のコートの旬シルエットをお伝えします。今年のコートはまだ購入していない、という方にとって、少しでも参考になると嬉しいです。

今年の旬コートの特徴は
・ボア素材
・フェイクムートン
・ゆったりシルエット
・リバーシブル
です。

まず、ボア素材とは、羊の毛のようにモコモコした綿の集まりです。保湿性があり、寒い冬には身につけたい素材ですね。

フェイクムートンは羊の毛皮風素材のこと。どの素材も保温性があり、身につけたくなる着心地の良さが特徴。また、羽織るだけで上品にかわいらしくなるのでおすすめです。

上記の情報を踏まえ、今冬わたしが愛用しているコートをご紹介します。

◼︎今年のコートは「ゆったり着る」のがトレンド

スタニングルアーのフェイクムートンコートで上品に

フェイクムートン素材で表がボアになっているスタニングルアーのコート。こちらはコクーンシルエットで、ゆったり着るデザインになっています。

色がベージュなので、上品な雰囲気に仕上げたい日には特にぴったり。ボアだとカジュアルな感じになりますが、ロング丈のコクーンシルエットは、上品カジュアルを作れる万能な1枚です。

コクーンシルエットとは、ウエストが絞られるデザインとは逆で、ウエスト位置にかけ丸みを出すシルエットのこと。ゆったり着ることで、リラックス感を楽しみながら羽織れます。

ゆったりシルエットの特徴で、肩のラインも下がります。今年の秋ごろからよく、「バックシャン」というキーワードを耳にしませんか?

「抜き襟」をして、後ろ姿も意識して女性らしさを楽しむスタイルを指します。コートでの着こなしも襟元をゆったりしたシルエットの「バックシャン」にして楽しむのが、今年のコートスタイルのトレンド。

ミラ・オーウェンのダッフルコートで上品に

続いて愛用しているのがミラ・オーウェンのダッフルコートです。真っ白過ぎないオフホワイトは大人の肌にも馴染んで自然。

通常のダッフルコートよりビッグシルエットな点も今年風です。さらに、サイドにスリットが入っているのも、今季らしいデザイン。

このサイドスリットは、ワイドパンツを履いた日などに効いてきます。スリットからワイドパンツがチラ見えし、足元がすっきりした印象になります。

コートを羽織ると着膨れしてしまいがちですが、スリットが入るだけで立体感が生まれます。これも「女性らしい」と「シンプルテイスト」を楽しめるミラ・オーウェンならではです。

今年は丈の長さが「膝の少し下あたり」の長めなタイプが人気のよう。

この丈感であれば、ミモレ丈やアンクル丈のボトムスでも、バランス良くすっきり着ることができます。

◼︎旬コートは「素材感」を楽しんで選ぶ

もう1点愛用しているのは、フェイクムートンのリバーシブルのコート。ボアとムートンの素材感どちらも楽しめるスタニングルアーのショートコートです。

カジュアルな雰囲気を楽しみたいときはボア。ラグジュアリー感を楽しみたい日はムートン。という感じで、両面の素材感を楽しんでいます。

ベーシックなチェスターコートやガウンコートと合わせて、素材を楽しめるコートがもう1枚あると、より一層使い分けができます。

さらにリバーシブルコートは1枚でふたつの雰囲気が楽しめるため、クローゼットもすっきりしますし、お財布にも嬉しいですよね。

コートはファッションの仕上げ。毎年必ず買い足さなくても良いアイテムですが、旬コートを身につけると確実にワクワク感が上がります。

「素材感」に着目しながら、お気に入りの1枚を見つけてみてはいかがですか?

Share

木村 えりな

パーソナルコーディネーター®。1978年生まれ。CHANELのファッションブティックにてファッションアドバイザーとして勤務。2児の母。現在はパーソナルコーディネーター®として起業家女性のスタイリングやおしゃれをもっと自由に楽...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article