1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 実は楽しいクリぼっちの過ごし方【Drまあや】

実は楽しいクリぼっちの過ごし方【Drまあや】

Share

クリスマスにひとりで過ごすのが確定。それが寂しいと感じるなら、「クリぼっち」の戦略として、ひとりで過ごすクリスマスを楽しむ方法を考えて、ふたりで過ごす以上にもっと素敵な思い出を作ってみてはいかがでしょう。いくつかアイデアを提案します。

実は楽しいクリぼっちの過ごし方【Drまあや】

日本には、相手がいないと過ごしにくいイベントがいくつかあります。そのひとつは「クリスマスイブ」。

近年は直前に「ハロウィーン」があり、そちらの盛り上がりが目立つものの、街のイルミネーション、店のディスプレイ、商品がクリスマス一色になっているのを見ると、「今年はどうしよう……」と考えることもありますよね。

■クリスマスにひとりが寂しいなら、「クリぼっちを楽しくする」方法を開発しよう

そもそも、35歳を超えると、独身の寂しさを感じる機会がどんどん増えます。なんだかんだで、友人と夜に食事や飲みにいく機会も減ります。

多くの人が家庭を持ち始め、家族と過ごしているところに水を差すのは申し訳ないと思い、誘うのをためらったり、飲み会に誘われる機会も減ってしまったりで、新しい出会いもなくなり、ひとりで過ごすことが当たり前になる。

「さみしい」と感じるのは、クリスマスに楽しい思い出があると、ついつい過去の思い出が蘇る、というのがあるかもしれませんね。私のような誰とも付き合うことなく、いつもひとりでいる人だと、もはやクリスマスにさみしいという感情すら湧きません。そもそもクリスマスが楽しいと思ったことがないから……。

でも、「クリぼっち」という言葉が生まれることを考えると、意外とひとりで過ごす方が多いのではないでしょうか。であれば、「クリぼっち」の戦略として、ひとりで過ごすクリスマスを楽しむ方法を開発して、ふたりで過ごす以上にもっとすごい思い出を作ってみてはいかがでしょう。

「クリぼっちは、実は楽しいんだ!」と“思い出アップデート”したらいいんです。以下にいくつか案をご紹介します。

ゴージャスコース〜海外編

(今から航空機やホテルを押さえるのは大変かもしれませんが)一足早く冬休みを取って、クリスマスの本場、ヨーロッパに行き、存分に味わう。パリ、ドイツなどの教会に行き、世界平和を祈ってみる。

ただし、日本のクリスマスの感じとは違います。教会で行われるのは宗教の儀式なので、かなり厳粛な雰囲気ではあります。

しかも、25日は完全にお店はどこもお休み……。街の中はかなり静かな状況で、ショッピングなどが楽しめないこともあるのでご注意を。

逆に、南半球へ行き、「夏」を経験するのもいいのでは? オーストラリアはこれから夏! ということで、クリスマスなのに暖かい、というのを経験するのも面白いかな、と思います。

ゴージャスコース〜日本編

温泉でひとりしっぽり、なんていうのもいいですよね。

週末ひとり旅で、今年を振り返ってみる。うまいものを豪勢に平らげて、よかったこと、悪かったこと、思い出しつつ、来年に向けて心の清算をする日にする。

遠出するのがめんどくさい場合、都内の高級ホテルにひとりで泊まるのもアリです。ただ、非日常を味わえて楽しい一方で、バブル時代を引きずったカップルに遭遇して、寂しさを倍増させてしまうかも!?

やっぱりクリぼっちなんて嫌! 人の迷惑を顧みず、相手をしてくれる相手(男女問わず)、募集!

最近は、相席居酒屋があったり、クリスマスでもいろいろなイベントが行われていたりしますよね。どうしてもひとりが嫌なら、参加するしかない。

どうせ参加するなら、これもちょっと面白そうな、普段自分が行かないであろうエリアで参加してみると新鮮です。思い切って、「クリスマス婚活パーティー」も選択肢に入れてみては。

日本で慎ましく……

実は、クリスマスを充実した1日にする、なんてのはバブル時代の話なのでは?

お金を使うことがストレスになる方もいらっしゃいますよね。そんな方は何も特別なことはせず、いつも通りに過ごすのが一番。

ケーキもしくはテンションの上がる食べ物、お酒を楽しんでもいいと思いますが、今日は「クリスマス」という日であることを忘れる。

そして、翌日はいつも通り仕事へ。会社も含めて、今さらクリスマスがどうこう言う人も少ないのでは?

「クリぼっち」なんて言葉も使わず、むしろクリスマスの話をしていること自体、「ダッセーなっ! いちいちイベントに反応してんじゃねーよ」と心の中でつぶやけば良いのでは。

■脳外科医のクリスマスは毎年ほぼ仕事です

ちなみに、まったく参考にならない例をお話しすると、脳外科医は冬、特に年末年始はハイシーズン。寒くなって脳卒中が増えるのに付け加え、忘年会、クリスマスパーティーなどの飲酒の機会が増えることによる頭部外傷が増え、救急外来に運ばれてくる患者さんが多いのです。

そのため、クリスマスに当直していることが多いんです。忙しすぎて、寂しさすら感じさせてくれません。

しかも、男女間のトラブルで運ばれてくる患者さんもいたりして、凄惨な悲劇を間近に見て、「女性にとって、イベントって大事だね……」と感慨にふけってしまうことも。

そんな私のプライベートで一番のクリスマスの思い出は、1度だけ、年末年始働く代わりに、クリスマス前後になんとか5日間休みを取って、ヨーロッパサッカーの最高峰、FCバルセロナーレアル・マドリードの試合(通称:クラシコ)をバルセロナのカンプ・ノウスタジアムにひとりで観に行ったこと。

これは、カップルで過ごす思い出なんかより、かなりいい経験ができているのでは! と勝手に思っています。そんな感じで過ごしているオンナもおりますよ!

Share

Drまあや

脳外科医兼デザイナー/1975年東京生まれ・岩手県北上市育ち 岩手医科大学医学部卒業後、慶應義塾大学脳神経外科医局入局。2010年ロンドンのCentral Saint Martins に留学し、デザインの勉強する。帰国後、...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article