モテる女は既読スルーを使いこなす【男性のLINEを未読放置していませんか?】

モテる女は既読スルーを使いこなす【男性のLINEを未読放置していませんか?】

男性からのLINEメッセージを「未読」のまま放置していませんか? 「既読」のままにしておくのは悪い気がする、という人もいるのでは。嫌われたくないのはわかります。しかし、モテる女は既読スルーを恐れません。だからこそモテるのです。驚きのLINEテクニックをご紹介します。


■LINEとは「現代のコミュニケーションの形」である

いまや私たちの主要なコミュニケーションツールといえば、LINEです。

昨日も、今日も、明日も、大事な人とLINEでつながっています。緑色のアイコンをタップし、さっと連絡を取り合います。もしかすると「そういえば今日はLINEしか使わなかった」なんて日もあるかもしれません——むしろ今日はどうでしたか?

そう、LINEとは「現代のコミュニケーションの形」です。

だからこそ真剣に考えなくてはなりません。なんとなくスマホをさわっているだけでは、もったいない。本来は「会話」や「ファッション」や「作法」や「メイク」について考えるのとおなじくらい「LINE」について考えるべきなのです。

もはや「LINEについて考える」とは「コミュニケーションについて考える」のと同じことなのですから。

■理由をつけて、LINEを未読放置していませんか?

ほかのツールにない、LINEの特徴として「既読機能」があります。

メールとは違って、文章を読むと、相手に「既読」と表示されます。メッセージを読んだかどうか、相手にわかってしまうわけです。

ご存知のように、これが曲者です。

・既読をつけたら、すぐ返さないと相手の機嫌を損ねそう
・内容は気になるけど、すぐ既読をつけるのが恥ずかしい
・興味のない相手に既読をつけて気をもたせたくない
・返信できないのは「読めてないから」と言い訳がほしい
・返信できる状態でないけど内容は気になる


罪深いことに、既読機能は、実に多くの現代人の悩みをつくりだしました。今日も、私たちは「このLINEに既読をつけるかどうか?」に人生の貴重な時間を費やしています。

それが特に出るのは恋愛シーンにおいてでしょう。

同性なら、気楽に考えることができます。「既読はついてるけど返事しねえなこいつ」「未読ってことは忙しいんだろうか。明日くらいに返信はくるだろう」「既読つけちゃったけど返信は面倒くさいからいいや」という感覚です。

これが異性(特に気をひきたい相手)なら話は180度変わります。「既読ついてるけどなんで返信してくれないの!」「既読つけちゃったからいますぐ返信しないと!」「メッセージが来た瞬間に既読つけちゃった!」など、阿鼻叫喚の様相を呈します。

このほとんどに隠れているのが、「既読をつけることで相手に読んだってバレるのがやだ」という心理です。いわゆる「既読スルーしたくない」問題です。

恥ずかしい、嫌われたくない、気が重い、面倒くさい……その心はさまざまでしょう。

そんなとき、私たちは、臆病になるのです。

未読放置。

全文を読むことなく、そのまま放置です。

「どうか忙しくて読めてないと思ってください……」
「私のことを嫌いにならないでください……」
「なんというか心の準備ができてないだけだから……」

いかがでしょう。これが既読機能に悩める現代人の結論「未読放置」です。少なくとも、すべてのLINEを「通知の瞬間に見る」人はいないんじゃないでしょうか。

そして、あえて言い切りましょう。

そんなことをしているうちは異性を惹きつけることができません。モテません。無難なコミュニケーションならできるかもしれませんが、それまでです。

この世には「モテる女ほど既読スルーを使いこなす」という法則があるのです。

■なぜ「モテる女は既読スルーを使いこなす」のか?

それは「媚びない」「自信がある」「芯がある」ように見えるからです。異性の目に「あ、なんか違うな!」と魅力的に映るのです。

そもそも一度読んだメッセージをすぐに返さないのは悪いことでもなんでもないのです。普通です。こちらにも都合があるのですから。罪悪感をおぼえる必要などまったくありません。

なのに、いろいろ気にして、それができないわけです。

しかし、それはつまり「未読放置」している限り、「わたしは他人の目を気にして生きています」と自己紹介しているのと同じことです。いかに画面越しとはいえ、相手だって人間です。そうと勘づきます。

だからこそ「モテる女は既読スルー」をするのです。

「読みたいときに読む」
「その結果既読がついても気にしない」
「返信したいときに返信する」
「自分の時間の使い方は自分で決める」

シンプルにいきましょう。既読をつけたいときに既読をつければいいのです。その結果、既読スルーだろうが、すぐ返信しようが、まったく気にする必要はありません。あなたの生活はあなたのものなのですから。

既読なんて発想は頭から取っ払うことです。単なるアプリの機能です。大事なのは「あなたが、いま読みたいか読みたくないか」だけです。

そうした態度が「芯のある人なんだな……」と思わせることになります。少なくとも「さっぱりした女性」に見えるでしょう。事実、そう行動しているわけですから。

難しそうでしょうか?

その気持もわかります。しかし、他人の目を気にしていては、いつまで経っても「くよくよした」「自信がない」「気にしいの」「まわりに流される」という印象しか与えられません。まずは行動してみることです。

これを「自分を変えるためにも、まず行動から変えてみる」と捉えることもできます。

例えばどんなに落ち込んでいても、無理矢理ワルツを踊っていると、いやでも気分が晴れてくるというものです。行動から心を変えることはできます。これは心理療法の分野である「認知行動療法」の発想です。

つまり「モテる女」の行動をすることで、「モテる女」の心構えが身につく、ということです。

とはいえ、これは、あくまでフラットな関係での話です。はじめに「LINEは現代のコミュニケーションの形である」といいました。人と人とのつながりです。そこに、駆け引きはあっても失礼があってはいけません。互いの立場や、気持、大人としての礼儀は尊重しましょう。

その場合も颯爽とモードを切り替えてみせるのも「モテる女」というものです。

なかには気をもたせるために、あえて「既読スルー」する女性もいます。数日や、1週間ほど「おあずけ」して男心をやきもきさせるわけです。そして自分の価値を高めるという高等テクニックでしょうけれど、それはちょっとワルすぎかもしれません。

この記事のライター

マジシャン。日本催眠心理協会認定 心理療法士。いつも「クリームたっぷりのウインナー珈琲を飲みたいな」とか考えながらコミュニケーションについて書いてます。

関連するキーワード


大人のLINE術

関連する投稿


元彼がLINEをブロックする5つの理由

元彼がLINEをブロックする5つの理由

別れたあとで、元カレにLINEやメールなどをブロックされたことのある女性は多いのではないでしょうか。拒否されることはショックですが、男性が別れた女性の連絡先をブロックする心理は複雑で、単純に嫌いになったからとは言い切れません。本当は未練を抱えた状態でも、ブロックしてしまう男性の気持ちについてお話しします。


わたしは愛される実験をはじめた。第6話「なぜモテる女は既読スルーを使いこなすのか?」

わたしは愛される実験をはじめた。第6話「なぜモテる女は既読スルーを使いこなすのか?」

【読むだけでモテる恋愛実験小説6話】30代で彼氏にふられ、合コンの男にLINEは無視されて……そんな主人公が“愛される女”をめざす奮闘記。「あんたはモテないのを出会いがないと言い訳してるだけよ」と、ベニコさんが、あまえた“パンケーキ女”に渇を入れまくります。恋愛認知学という禁断のモテテクを学べます。


彼とのLINEのやりとりから見極める「疲れない恋愛」

彼とのLINEのやりとりから見極める「疲れない恋愛」

精根尽き果てる様な、疲れる恋愛になりそうな男性。LINEのやりとりに現れる、その特徴について解説します。


男性がキュンとなるLINE。短いフレーズで疲れない出会いを

男性がキュンとなるLINE。短いフレーズで疲れない出会いを

新しい恋を予感する男性と出会ったあと、LINEのやりとりで使える短いけれど相手の男性をキュンとさせるおすすめフレーズをご紹介します。


LINEで好きな人にメッセージを送るときに注意したい事まとめ

LINEで好きな人にメッセージを送るときに注意したい事まとめ

LINEで好きな人にメッセージを送るときに気をつけていることはありますか? 自分が良いと思って送った内容が、実は逆効果だった、なんてこともあるかもしれません。また、相手から送られてきたメッセージを必要以上にネガティブに捉え、チャンスを逃してしまっている場合も。LINEでのやりとりで注意したいポイントをご紹介します。


最新の投稿


マグロの切り落としが主役のレシピで、ダイエット中もお腹満足

マグロの切り落としが主役のレシピで、ダイエット中もお腹満足

マグロの切り落としを使った満足感のあるレシピを3品ご紹介。マグロはお寿司屋さんで食べられるだけでなく、スーパーでも気軽に手に入る魚のひとつです。今回は最も入手しやすいマグロの切り落としが主役。それだけでも美味しく食べられますが、一手前加えてアレンジしてみてはいかがでしょうか。


2018年トレンドカラー「ピンク」で作るハンサムネイル【マニキュアでセルフネイル】

2018年トレンドカラー「ピンク」で作るハンサムネイル【マニキュアでセルフネイル】

今春、絶対に外せないトレンドカラーのひとつは「ピンク」。定番ネイルカラーであるだけに、普通に使ってしまうと、いつもと代わり映えしないネイルになってしまいます。そんなピンクネイルを今年らしく仕上げてみませんか。甘すぎないハンサムネイルのやり方を詳しくご紹介します。


ふっくら丸いおでこを手に入れて、横顔美人度を上げてみる

ふっくら丸いおでこを手に入れて、横顔美人度を上げてみる

目を大きく見開くと、おでこの横ジワがくっきり現れたり、怒っているわけではないのに眉間のシワが気になったり。それは骨格の癖、筋肉の緊張・衰えのせいかもしれません。おでこがゴツゴツすると、目が疲れやすくなる、瞼が重たくなる、顔の印象までも悪くなるなど、いいことなし。ふっくら丸いおでこを手に入れるメリットをご紹介します。


大人に「観光+ちょこっと英語留学」のススメ

大人に「観光+ちょこっと英語留学」のススメ

13カ国以上の留学経験をもつ「留学ジャーナリスト」の著者が、語学留学のメリットや国ごとの特徴を徹底解説した『世界13カ国 英語留学ガイド』では、現地に行かないと絶対にわからない「生の情報」を紹介しています。「旅行だけじゃ物足りない」と感じている大人に「観光+ちょこっと英語留学」をご提案。


平岡祐太さんとのハワイデートにときめいちゃう。没入感たっぷりの360°動画

平岡祐太さんとのハワイデートにときめいちゃう。没入感たっぷりの360°動画

「キリン 午後の紅茶 アサイ-ヨーグルティー」×「ポッキー<バナナブラン>」がALOHAなコラボ! 俳優・平岡祐太さんとのハワイデートを疑似体験してみませんか。没入感あふれる360°ムービーで、思わず照れてしまう全8種の期間限定胸キュンストーリーを楽しんで。