1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. モテる女は既読スルーを使いこなす【男性のLINEを未読放置していませんか?】

モテる女は既読スルーを使いこなす【男性のLINEを未読放置していませんか?】

Share

男性からのLINEメッセージを「未読」のまま放置していませんか? 「既読」のままにしておくのは悪い気がする、という人もいるのでは。嫌われたくないのはわかります。しかし、モテる女は既読スルーを恐れません。だからこそモテるのです。驚きのLINEテクニックをご紹介します。

モテる女は既読スルーを使いこなす【男性のLINEを未読放置していませんか?】

■LINEとは「現代のコミュニケーションの形」である

いまや私たちの主要なコミュニケーションツールといえば、LINEです。

昨日も、今日も、明日も、大事な人とLINEでつながっています。緑色のアイコンをタップし、さっと連絡を取り合います。もしかすると「そういえば今日はLINEしか使わなかった」なんて日もあるかもしれません——むしろ今日はどうでしたか?

そう、LINEとは「現代のコミュニケーションの形」です。

だからこそ真剣に考えなくてはなりません。なんとなくスマホをさわっているだけでは、もったいない。本来は「会話」や「ファッション」や「作法」や「メイク」について考えるのとおなじくらい「LINE」について考えるべきなのです。

もはや「LINEについて考える」とは「コミュニケーションについて考える」のと同じことなのですから。

■理由をつけて、LINEを未読放置していませんか?

ほかのツールにない、LINEの特徴として「既読機能」があります。

メールとは違って、文章を読むと、相手に「既読」と表示されます。メッセージを読んだかどうか、相手にわかってしまうわけです。

ご存知のように、これが曲者です。

・既読をつけたら、すぐ返さないと相手の機嫌を損ねそう
・内容は気になるけど、すぐ既読をつけるのが恥ずかしい
・興味のない相手に既読をつけて気をもたせたくない
・返信できないのは「読めてないから」と言い訳がほしい
・返信できる状態でないけど内容は気になる


罪深いことに、既読機能は、実に多くの現代人の悩みをつくりだしました。今日も、私たちは「このLINEに既読をつけるかどうか?」に人生の貴重な時間を費やしています。

それが特に出るのは恋愛シーンにおいてでしょう。

同性なら、気楽に考えることができます。「既読はついてるけど返事しねえなこいつ」「未読ってことは忙しいんだろうか。明日くらいに返信はくるだろう」「既読つけちゃったけど返信は面倒くさいからいいや」という感覚です。

これが異性(特に気をひきたい相手)なら話は180度変わります。「既読ついてるけどなんで返信してくれないの!」「既読つけちゃったからいますぐ返信しないと!」「メッセージが来た瞬間に既読つけちゃった!」など、阿鼻叫喚の様相を呈します。

このほとんどに隠れているのが、「既読をつけることで相手に読んだってバレるのがやだ」という心理です。いわゆる「既読スルーしたくない」問題です。

恥ずかしい、嫌われたくない、気が重い、面倒くさい……その心はさまざまでしょう。

そんなとき、私たちは、臆病になるのです。

未読放置。

全文を読むことなく、そのまま放置です。

「どうか忙しくて読めてないと思ってください……」
「私のことを嫌いにならないでください……」
「なんというか心の準備ができてないだけだから……」

いかがでしょう。これが既読機能に悩める現代人の結論「未読放置」です。少なくとも、すべてのLINEを「通知の瞬間に見る」人はいないんじゃないでしょうか。

そして、あえて言い切りましょう。

そんなことをしているうちは異性を惹きつけることができません。モテません。無難なコミュニケーションならできるかもしれませんが、それまでです。

この世には「モテる女ほど既読スルーを使いこなす」という法則があるのです。

■なぜ「モテる女は既読スルーを使いこなす」のか?

それは「媚びない」「自信がある」「芯がある」ように見えるからです。異性の目に「あ、なんか違うな!」と魅力的に映るのです。

そもそも一度読んだメッセージをすぐに返さないのは悪いことでもなんでもないのです。普通です。こちらにも都合があるのですから。罪悪感をおぼえる必要などまったくありません。

なのに、いろいろ気にして、それができないわけです。

しかし、それはつまり「未読放置」している限り、「わたしは他人の目を気にして生きています」と自己紹介しているのと同じことです。いかに画面越しとはいえ、相手だって人間です。そうと勘づきます。

だからこそ「モテる女は既読スルー」をするのです。

「読みたいときに読む」
「その結果既読がついても気にしない」
「返信したいときに返信する」
「自分の時間の使い方は自分で決める」

シンプルにいきましょう。既読をつけたいときに既読をつければいいのです。その結果、既読スルーだろうが、すぐ返信しようが、まったく気にする必要はありません。あなたの生活はあなたのものなのですから。

既読なんて発想は頭から取っ払うことです。単なるアプリの機能です。大事なのは「あなたが、いま読みたいか読みたくないか」だけです。

そうした態度が「芯のある人なんだな……」と思わせることになります。少なくとも「さっぱりした女性」に見えるでしょう。事実、そう行動しているわけですから。

難しそうでしょうか?

その気持もわかります。しかし、他人の目を気にしていては、いつまで経っても「くよくよした」「自信がない」「気にしいの」「まわりに流される」という印象しか与えられません。まずは行動してみることです。

これを「自分を変えるためにも、まず行動から変えてみる」と捉えることもできます。

例えばどんなに落ち込んでいても、無理矢理ワルツを踊っていると、いやでも気分が晴れてくるというものです。行動から心を変えることはできます。これは心理療法の分野である「認知行動療法」の発想です。

つまり「モテる女」の行動をすることで、「モテる女」の心構えが身につく、ということです。

とはいえ、これは、あくまでフラットな関係での話です。はじめに「LINEは現代のコミュニケーションの形である」といいました。人と人とのつながりです。そこに、駆け引きはあっても失礼があってはいけません。互いの立場や、気持、大人としての礼儀は尊重しましょう。

その場合も颯爽とモードを切り替えてみせるのも「モテる女」というものです。

なかには気をもたせるために、あえて「既読スルー」する女性もいます。数日や、1週間ほど「おあずけ」して男心をやきもきさせるわけです。そして自分の価値を高めるという高等テクニックでしょうけれど、それはちょっとワルすぎかもしれません。

Share

浅田 悠介

マジシャン。日本催眠心理協会認定 心理療法士。いつも「ウインナー珈琲を飲みたいな」とか考えながらコミュニケーションについて書いてます。おかげさまで「最近なにしてるの?」「愛について考えてるよ」が鉄板の返しです。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article