男性が不倫する理由は性欲だけじゃない。既婚者だけが知る飢餓感とは

男性が不倫する理由は性欲だけじゃない。既婚者だけが知る飢餓感とは

既婚の男性の不倫する理由なんて、どうせ性欲だけなんでしょ? と思う女性は多いですが、実際は切実な思いで女性を求めている人もいます。もちろん不倫は許されることではありませんが、なぜ妻以外の女性を求めてしまうのか、そこには家庭があっても満たされない「飢餓感」がありました。


■男性が不倫する理由の例:「実家依存」の妻

「2年付き合って結婚した妻は、昔から実家が好きで、付き合っている頃もよく泊まりに帰っていました。家族の仲が良くて、俺が遊びに行ったときも皆で一緒にご飯を食べたりして、良い関係だったと思います。

俺の方は実家が県外で滅多に帰ることはなく、その分妻の実家にお世話になる機会も多かった。結婚してからも、俺が残業のときは実家にご飯を食べに帰る妻に不満を感じたことはありません。お義母さんが作ってくれたご飯を持って帰ってくれて、妻も働いているから正直とても助かっていました。

嫌だなと感じるのは喧嘩をしたとき。すぐ『もういい』と話し合いを放棄して実家に帰り、一晩泊まってくるなんてこともしょっちゅうで、こっちも実家まで追いかけるのは気が引けるので、いつも妻の帰りをひとりで待つような感じです。

正直、彼女の親から『うちにいるから心配しなくていい』と連絡をもらうのも情けなかった。でも、何度『ふたりで話したい』と言っても意見が衝突するとすぐに妻は出ていってしまう。それだけがストレスでした。

あるとき、お互いもう30歳だしそろそろ子どもを作りたい、と妻に提案したら『まだ仕事をしていたい』という返事が返ってきました。

それはいいんだけど、『お父さんとお母さんに訊いてみる』という言葉が飛び出したとき、思わずカッとして"はぁ!?"と大声を上げてしまって。

ふたりの子どもなのに、何を自分の親に尋ねるのか、どうして自分の意思で決められないのか、そのとき初めて「実家依存」という言葉が頭に浮かびました。

妻に対する怒りを自覚してからは、以前のように接することができなくなりました。

何かあればすぐ実家を頼る姿にも今さらのように嫌悪感が湧いてきて、喧嘩しそうになると『どうせ家に帰るんだろ』とつい嫌味を口にしてしまい、妻の方も俺が変わったことを感じて不機嫌を隠そうともしません。

今は、妻は週の3日は実家で過ごしています。俺は残業を増やして、なるべく家で過ごさないようにしています。

まだ離婚までは考えていないけど、子どもも作れないならこのままふたりで過ごす人生に意味があるのかと悩んでいます」(30歳/営業)

「俺のしていることは異常なんだろうか」と打ち明けられたとき、彼には独身の彼女がいました。もちろん肉体関係があり、不倫をしている、妻を裏切っているという自覚は十分あります。ですが、「寂しくてたまらなかった」と彼は言いました。

「異常というか、まぁまともじゃないよね」と素っ気なく返しながら、私は昔から真面目でギャンブルも一切手を出さない、キャバクラなども行かないこの友人の苦しみについて考えていました。

奥さんが家庭を顧みないほど仕事に打ち込んでいるとか、男遊びがひどい女性なら、不倫を考えてしまうのもわかる。そうではなくて、妻が「実家依存」であることが結婚生活をつまずかせている。彼が抱えていたのは、「自分を尊重してほしい」という飢餓感でした。

■結婚しても家庭に居場所がない既婚男性の気持ち

子どもを作ろうと提案するまでは、まだ彼の方は奥さんの振る舞いを許していました。

喧嘩する度に実家に逃げ帰っても、「親に説得されたのか」帰宅する頃には機嫌も直っていて、ちゃんと問題を解決しようとする気持ちが見えたからです。

でも、許してはいても、彼の中には小さなわだかまりが積もっていきます。

結婚しても実家の力を借りないと喧嘩もままならない、妻がいつまで経ってもひとりで自分と向き合おうとしない姿勢は、彼に寂しさを与えるものでした。

ひとりぼっちでふたりの家に残される彼の心は、孤独感でいっぱい。
でも、それを妻にぶつけることは夫としてのプライドが許さない。

彼が子どもを作ることを提案したのは、そんな妻の気持ちを自分の元に引き留めたかったからです。

・ふたりの子どもがいれば、もっと妻として、母親としての自覚を持ってくれるかもしれない。
・実家から切り離されて、本当の家族になれるかもしれない。


そんな希望を彼は持っていました。

ですが、妻から返ってきたのは「お父さんとお母さんに訊いてみる」という彼の気持ちを真正面から裏切る言葉。このとき、彼は「今まで溜まっていた怒りを一気に自覚した」と言います。

目をそらしていたストレスが、逃げ場をなくした瞬間でした。

自分たちの子どものことまで、親の意見がないと決められない。それは、彼にとって「夫」という立場を失う、男としての自信を喪失するに十分なものです。

どうして妻は俺より実家の親を優先するんだろう。俺の存在ってこの家で何なんだろう。何のために結婚しているんだろう。真面目な男性ほど、一度そんな苦しみを抱えてしまうとなかなか抜け出せなくなります。

これまで浮気もせず、奥さん一筋で仕事もがんばってきて、記念日にはお祝いも欠かさない。そうやって妻に、家庭のために尽くしてきたからこそ、こんな妻の裏切りは堪えます。

自分の気持ちが何も報われていない惨めさを、彼は目の当たりにしたのですね。

■「男として」必要とされたい寂しさ

そんな彼の不倫相手は、仕事で取引のある会社の女性。

長年顔を合わせてきたので気心も知れていて、普段から気軽に缶コーヒーを差し入れし合うような間柄でした。

ですが、個人的な連絡先を交換する距離感ではなく、あくまで仕事としての付き合いを続けてきたと彼は言います。

食事に誘いたくなるような男女の雰囲気は皆無で、だからこそ「どうしてこうなったのかわからない」のも、彼の悩みです。

関係が動いたきっかけは、彼女の方から「元気ないね? どうかした?」と言葉をかけてくれたから。妻のことで憔悴していた彼は、つい「気が緩んでしまって」彼女に事情を打ち明けたそうです。

そんな話なら、仕事が終わってからゆっくり聞きたい、と彼女が提案してくれて、初めてふたりは食事に行く時間を持ちます。「後ろめたくなかった?」と尋ねると、「それより誰かに聞いてほしかった」と疲れた顔で彼は答えました。

初めて、他人に家庭の事情を話したとき、彼は誰かに相談することを思いつかなかった自分に気づいたと言います。

家庭で抱えるストレスをどう表現すれば良いか考えるうちに、寂しかった自分を自覚し、妻をなじる言葉も、これからどうすれば良いかわからない苦しみも、どんどん口にしていました。

彼女の方は、「大変だったね」と言う以外は、黙って聞いてくれていたそうです。特にアドバイスをするようなこともなく、それがかえって彼の気持ちを楽にしました。

この時間が、彼の心を解放する引き金になったのではないかと思います。「こうすればいいんじゃない?」とか「離婚しちゃえば」など、安易なことを言わない彼女への信頼感が、彼の「男として必要とされたい」欲望を刺激しました。

「話を聞いてくれたお礼に」彼女を次の食事に誘い、またふたりで過ごし、気がつけば週に一度は約束を交わすような関心を彼は彼女に寄せていました。

決して性欲が先走ったわけじゃない。ただ、寂しかったから。

彼女は、俺のことを男として見てくれたから。

彼が抱えていた飢餓感を満たしてくれる相手が、たまたま彼女だった。それが、彼の言う不倫のきっかけです。

■いつか決断を迫られる日まで

ホテルに行くまで2ヶ月の間、彼は彼女とそういう関係にはならないように自制していたそうです。

抱きたいと感じる瞬間があっても、それは彼女に失礼だからと、必死に目をそらしてきた。でも、彼女も同じ気持ちだとわかったときは、もう止められなかった。自分が既婚者であることは十分わかっていたけど、彼女に甘えてしまった。

飢餓感は、彼女を抱くことで満たされた。

一度肉体関係を結んでしまえば、あとは留まるすべを知らずに、彼女との時間にどんどんはまり込んでしまう。妻への苦しみもそのときは紛れるし、それより彼女への愛しさを感じることで幸せな気持ちになる。

忘れていた恋愛感情が、彼の衝動を突き動かしていました。

ですが「これからどうするの? 彼女と続けるの?」と尋ねると、彼は首を振って「彼女は独身だし、いつまでも不倫なんかできない」ときっぱり答えました。

どれだけ一緒にいても、自分が離婚しない限り、彼女と本当の意味で幸せになれないことは、彼が一番よくわかっています。その決断ができない自分のずるさが、今度は彼にとって新しい悩みとなりました。

いつか決断を迫られる日まで、彼女と過ごしていたい。家庭では満たされない飢餓感をまた目の当たりにすることへの恐怖が、彼女との別れをためらわせています。

■関係の放置は無責任であると気づくこと

不倫のきっかけは人それぞれですが、家庭では満たされない寂しさを抱える既婚男性の場合、相手との別れは簡単ではありません。

再び家庭に、妻のもとに戻る決意は、それが正しい道だとわかっていても、また苦しみをひとりで背負うことになるからです。

彼の場合も、彼女のために別れなければいけないとわかっていながら、妻との関係をどうすれば良いか考えるのが嫌で逃げている状態。本当は、まず彼がしなければいけないのは、「今後の結婚生活をどうするか、彼女の実家に乗り込んでいってでも妻と話し合う」ことです。

時間が経てば経つほど、別れの痛みは彼女を傷つけるでしょう。自分の都合だけで関係を続けてしまうのは、彼女にとって無責任であることに気がつかなければいけません。

彼が、結婚生活にも、不倫相手の彼女との関係にも、きちんと向き合う勇気を持てるように願ってやみません。

この記事のライター

37歳で出産、夫と子どもの三人暮らし。何歳になっても恋愛ネタ大好物。恋愛相談家としてこれまで多くの男女から話を聞いてきた経験を活かし、復縁についてのアドバイスや不倫などさまざまな「愛のカタチ」について書いていきます。 人生...

関連するキーワード


不倫 既婚者

関連する投稿


不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

自分たちはバレていないと思っても、思わぬきっかけで不倫中であることを周囲に気づかれる場合があります。相手に意識が向いていると、どうしても言動に不自然さが出てしまうものですが、実際に周りの人たちはどんな瞬間に不倫を確信したのでしょうか。実際のエピソードをご紹介します。


不倫相手が本気になったとき、独身女性がとるべき道とは

不倫相手が本気になったとき、独身女性がとるべき道とは

自分は遊びのつもりだったのに、不倫相手のほうが本気になってしまった。勝手に離婚なんかされても困るし、どうしよう……。既婚者がのぼせ上がると暴走しやすく、独身女性のほうは一方的に表舞台に引っ張り出される危険性もあります。そんな事態になったら、何とかして彼から一度距離を取る方法を考えましょう。


不倫の対象になりやすいかがわかる心理テスト

不倫の対象になりやすいかがわかる心理テスト

「不倫の対象になりやすいか」がわかる心理テストをご紹介します。人倫に反する行為でありながらも、どこか甘美で人の心を惑わす「不倫」。自分だけは絶対にない! と思っている女性ほど、実は不倫にハマってしまうことも。あなたは大丈夫ですか……? 


愛されたいのに、愛されない女のセックス事情

愛されたいのに、愛されない女のセックス事情

セックスだけを特別視する男女関係に、幸せはやってくるのだろうか。作家の大泉りかさんは、「セックスの相性が良くて別れられないと漏らす女性は、自分だけを愛してくれない男性に不満を持つ人ばかりだ」と話します。では、そこから脱するためにはどうすれば良いのでしょうか――。


既婚女性が不倫で失ったものは、夫ではなく自分の居場所だった

既婚女性が不倫で失ったものは、夫ではなく自分の居場所だった

不倫していることを簡単に他人に話してしまうのは危険です。秘密を守ると言っても、口の軽い人は罪悪感を抱くことなく、ほかの人に話してしまいます。不倫を嫌悪している人に知られてしまえば、それは友情だけでなく居場所までを失う危機に。ある女性は、不倫をしていることが仲間に知られたことで、大切な空間をなくしました。


最新の投稿


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用シャツとネクタイの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用シャツとネクタイの常識

ビジネスシーンに最もふさわしくクラシカルなドレスシャツは、綿100%の白無地と言われているのをご存知ですか。男性用シャツの歴史を知ると、TPOに合ったシャツ選びができるようになります。シャツの正しい知識を押さえて、ビジネスシーンにふさわしいシャツ選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


冬の老け顔をメイクで“なかったことにする”方法

冬の老け顔をメイクで“なかったことにする”方法

老け顔をメイクで“なかったことにする”方法をご紹介します。寒い冬は、顔や手足が冷えて全身の血流が悪くなり、顔色が冴えなかったり、疲れているように見えたりと、老け顔になりがち。目元や口周りなど、気になるポイントを押さえて、メイクでささっとカバーしてしまいましょう。


LINEの返信が遅い彼にイライラ……怒りを生み出しているのは自分かも【大人の上手な怒り術#2】

LINEの返信が遅い彼にイライラ……怒りを生み出しているのは自分かも【大人の上手な怒り術#2】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第2回ではパートナーとのLINEのやりとりでイラッとしたときの、怒りとの付き合い方をご紹介します。


【GINZA SIX限定】フランク ミュラー×極上森伊蔵の2018年正月限定セット

【GINZA SIX限定】フランク ミュラー×極上森伊蔵の2018年正月限定セット

GINZA SIXの「フランク ミュラー ジュネーブ」では、FRANCK MULLER×極上森伊蔵 霧島切子セット<2018年正月限定>を発売中。1日1本限定で、全30本のご用意になります。高い美的感覚と最高の品質を貫くフランク ミュラーに共鳴する極上森伊蔵 霧島切子セットとGINZA SIXで出会ってください。


大人上品なブラウンヘアに仕上がる、おしゃれな白髪染め

大人上品なブラウンヘアに仕上がる、おしゃれな白髪染め

植物ヘアカラーのイメージ「染まらない」「髪色が合わない」「使いにくい」を払拭した画期的な商品「エコーレア ブラウン」(頭髪用化粧品)が、自然派化粧品エコーレアから新登場。高品質のヘナ色素とインディゴをブレンドした初めての方にも使いやすいヘナカラーです。


おっぱい