ひとり旅で自己成長する方法【長谷川朋美】

ひとり旅で自己成長する方法【長谷川朋美】

国内外問わず、旅をすることが大好きです。中でもひとり旅は、人生における挑戦にとても似ていて、ひとり旅をすることが人生で起こる出来事のトレーニングになると感じています。今回はひとり旅を自己成長につなげる方法をご紹介します。


こんにちは、長谷川朋美です。

近年、旅好き女子がとても増えたように思いますが、私も国内海外問わず、旅をすることが大好きです。

中でもひとり旅は、人生でのチャレンジにとても似ていて、ひとり旅をすることが人生で起こる出来事のトレーニングになると思っています。

今回はひとり旅を通じて自己成長するための方法について書かせていただきます。

■チャレンジすることへの免疫を高める

ひとり旅はすべてがチャレンジであり、冒険。

まだ行ったことのない場所へのひとり旅は、すべてが初めての経験で、普段使っていない脳を活性化します。

場所だけでなく、いつもと違う人と会う、いつもと違う文化に触れる、いつもと違う言語を聞く……など、どれもが刺激であり学びになります。

ひとり旅に慣れるまでは、それらはある意味でストレスに感じるかもしれませんが、こうしたストレスは自分が成長する上で必要なステップです。

日常に置き換えてみてください。

ステップアップするとき、必ず変化を体験するでしょう。職場が変わる、住む家が変わる、パートナーが変わる……など、人生は変化の連続ですが、その変化に対する適応能力が高い人ほど、状況に流されて落ち込んだりせず、人生をより楽しむことができるでしょう。

■自分の知らない自分に出会える

人は変化を恐る生き物で、放っておくといつもの安心した場所に戻ろうとしてしまいますが、変化を恐れずにチャレンジしていくその先には、自分でも知らない自分や新たな視点、可能性や才能と出会うチャンスがあります。

ひとり旅をしていると、いつもの環境とまったく違う非日常のため、いろいろな自分を見ることになるでしょう。

例えば私の場合、
・意外と積極的に知らない人に話しかけられるものだ
(そうでもしないと特に海外の場合どうにもならないことが多いので)

・英語を話すと、語彙が少ないぶん、表現がストレートになるためか、少し大胆な自分になれる。日本語のように回りくどくない、シンプルな会話になる。大胆な自分でいると、相手側の反応もこんなに変わるんだ!

など。

■視点が変わる、広がる

いつもの環境にいると一定の方向からしか見られなくても、環境を変えることによって、まったく違う視点を持てたり、問題解決の糸口が見つかったりします。

特に何かに行き詰まったり、人生の選択で迷ったりすることがあると、私は必ずひとり旅に出ます。

旅をしている間は、自分や自分の日常を俯瞰でき、第三者的な目線で見られるのです。すると、自ずと冷静な判断ができるようになります。

また、旅をすることで普段使わない五感や脳をフル活用するせいか、思わぬところからアイデアが湧いたり、普段見えないものが見えたり聞こえたりしてとても新鮮です。

私はそのひらめく瞬間や、点と点が線につながる瞬間をひとり旅で何度も経験しているせいか、直感を磨きたいときや、クリエイティブな感覚になりたいときもよくひとり旅をします。

■自己対話をすることで、自分とより仲良くなれる

ひとり旅をしている間は、ずっと自分自身とふたりきりのような感覚です。

友人や彼と旅をしていると、つい相手に気を使ったり、相手に合わせる場面が出てきたりしますが、ひとり旅のときは常に自己対話によって物事を判断します。

判断力が磨かれるのに加え、自分と対話する機会が多くなるため、自分と仲良くなるチャンスです。

私はさらにそれをセルフコーチングに応用して、旅の間にノートとペンを持って自分にたくさん質問し、その答えを書き出していく作業を至るところでします。

なにも旅じゃなくてもできるだろう……とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。もちろんこれは日常的にもしていることですが、旅の間にすることによって、よりリラックスしたり、ワクワクした状態で自分と向き合うことができます。

日常にいると、頭の中が忙しい状態なので余計なことを考えがちです。自分や人生において、本当に大切な選択や決断は、頭でなくハートの選択や決断です。

■小さなことで悩まなくなる。ポジティブになる

ひとり旅をしていると楽しいことがたくさんあります。

もちろん寂しいこともあるかもしれませんが、ひとりで寂しいときは、普段そばにいる人に対し、より感謝の念が湧きます。

いつも一緒にいる彼がふとしばらく会えないと、会ったときにより大切に思い、好きになるのと一緒で、当たり前の日常が愛おしく感じます。

よく日本を離れると日本の良さが身にしみるのと一緒ですね。

また、世界各地を旅すると、日本では当たり前のことがまったく当たり前ではない国がたくさんあり、日本に生まれたことへの感謝と、今この国に生まれたからこそできることをしようと前向きな気持ちになります。

このようにひとり旅には、成長の種がたくさん。

いきなり海外でなくてもいいので、まずは週末一泊国内のひとり旅でもしてみるのはいかがでしょうか?

きっと何かしら、発見や気づきがあるはずです。

この記事のライター

美LIFEクリエイター長谷川朋美 株式会社ルミエール代表 22歳で起業し、8年間述べ6店舗のトータルビューティーサロンを経営を経て現在は、全国・世界中を旅しながら、15年間の東京生活にピリオドを打ち、ナチュラルライフ...

関連するキーワード


海外旅行 国内旅行

関連する投稿


ピンク色に染まる春の月を楽しむ。星野リゾートの「ロマンティック ロゼステイ」プラン

ピンク色に染まる春の月を楽しむ。星野リゾートの「ロマンティック ロゼステイ」プラン

「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」では、ピンク色に染まる春の月を楽しめる宿泊プラン「ロマンティック ロゼステイ」を3月1日より販売決定。氷を浮かべる 「ロゼムーンのルームサービス」やピンクの野菜を合わせる「ピンクのマリアージュディナー」など、山梨県・長野県のロゼワインをロマンティックに味わえます。


魅惑の街フィレンツェの旅 後編 〜ミラノ通信#24

魅惑の街フィレンツェの旅 後編 〜ミラノ通信#24

フィレンツェの街歩きでは絶景のバールや、レストランなど、ぜひご自身で体験していただきたい魅力的なスポットがたくさん。ミラノ在住の河見恵子さんにレポートしていただくフィレンツェの旅、後編です。


魅惑の街フィレンツェの旅 前編 〜ミラノ通信#23

魅惑の街フィレンツェの旅 前編 〜ミラノ通信#23

古いものをきちんと残しながらも、上手に進化している花の都フィレンツェ。大聖堂や美術館から、美味しいものが揃うメルカートまで、ミラノ在住の河見恵子さんにレポートしていただくフィレンツェの旅、前編です。


【実践検証】クルーズ船での家族旅行。良かったこと・悪かったこと

【実践検証】クルーズ船での家族旅行。良かったこと・悪かったこと

年末にブラジルに住む家族とマイアミで落ち合い、クリスマスを含む1週間のカリブ海クルーズに行ってきました。下は7歳、上は75歳という年齢差のある全10名みんなが楽しく過ごせるはずだ、と選んだクルーズ船での旅。今回は、実体験を元にその長所と短所を検証します。


幸運を呼ぶ!? ヘミングウェイ家の6本指の猫たち

幸運を呼ぶ!? ヘミングウェイ家の6本指の猫たち

年末にフロリダ旅行をしてきました。訪れたキーウェストには、アメリカの文豪、アーネスト・ヘミングウェイの家があります。ここには50匹以上もの猫が暮らし、その半数以上が「6本指」を持っているのだとか。今回は、「幸運を呼ぶ」と言われるこの猫たちについてご紹介します。


最新の投稿


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


医師が教える、肌の調子を悪くする「ストレス」の和らげ方

医師が教える、肌の調子を悪くする「ストレス」の和らげ方

『DRESS』2月特集は「美人は肌から」。自分が機嫌よく過ごせて、メイク時もすっぴんのときも、自信を持てる「お気に入りの肌」を手に入れるための、ストレスとの向き合い方をご紹介。解説してくださるのは「ブレインケアクリニック」院長、今野裕之先生。ストレスと上手く付き合って、肌に悪影響を与えない日常を過ごすアイデアをお届け。


お肌の調子が悪いときは、とにかく肌表面の保護を優先【わたしを助けてくれる肌ケア】

お肌の調子が悪いときは、とにかく肌表面の保護を優先【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESSコラムニストの猫川舐子さんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


肌に負担をかけず、メイクを落とし切る「正しいクレンジング」をおさらい

肌に負担をかけず、メイクを落とし切る「正しいクレンジング」をおさらい

『DRESS』2月特集「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回はメイクをする人に欠かせない「クレンジング」を見直します。大人の素肌を美しく保つ、正しいクレンジングとは。


新発想「スクラブ×バーム×ティント」の“3in1”リップ

新発想「スクラブ×バーム×ティント」の“3in1”リップ

“スクラブ×バーム×ティント”の新発想“3in1”リップ「ヌードアップ リンクルリップス」が2月20日に新発売に。米国の先行発売で週間ランキング1位を獲得した注目のコスメです。