ひとり旅で自己成長する方法【長谷川朋美】

ひとり旅で自己成長する方法【長谷川朋美】

国内外問わず、旅をすることが大好きです。中でもひとり旅は、人生における挑戦にとても似ていて、ひとり旅をすることが人生で起こる出来事のトレーニングになると感じています。今回はひとり旅を自己成長につなげる方法をご紹介します。


こんにちは、長谷川朋美です。

近年、旅好き女子がとても増えたように思いますが、私も国内海外問わず、旅をすることが大好きです。

中でもひとり旅は、人生でのチャレンジにとても似ていて、ひとり旅をすることが人生で起こる出来事のトレーニングになると思っています。

今回はひとり旅を通じて自己成長するための方法について書かせていただきます。

■チャレンジすることへの免疫を高める

ひとり旅はすべてがチャレンジであり、冒険。

まだ行ったことのない場所へのひとり旅は、すべてが初めての経験で、普段使っていない脳を活性化します。

場所だけでなく、いつもと違う人と会う、いつもと違う文化に触れる、いつもと違う言語を聞く……など、どれもが刺激であり学びになります。

ひとり旅に慣れるまでは、それらはある意味でストレスに感じるかもしれませんが、こうしたストレスは自分が成長する上で必要なステップです。

日常に置き換えてみてください。

ステップアップするとき、必ず変化を体験するでしょう。職場が変わる、住む家が変わる、パートナーが変わる……など、人生は変化の連続ですが、その変化に対する適応能力が高い人ほど、状況に流されて落ち込んだりせず、人生をより楽しむことができるでしょう。

■自分の知らない自分に出会える

人は変化を恐る生き物で、放っておくといつもの安心した場所に戻ろうとしてしまいますが、変化を恐れずにチャレンジしていくその先には、自分でも知らない自分や新たな視点、可能性や才能と出会うチャンスがあります。

ひとり旅をしていると、いつもの環境とまったく違う非日常のため、いろいろな自分を見ることになるでしょう。

例えば私の場合、
・意外と積極的に知らない人に話しかけられるものだ
(そうでもしないと特に海外の場合どうにもならないことが多いので)

・英語を話すと、語彙が少ないぶん、表現がストレートになるためか、少し大胆な自分になれる。日本語のように回りくどくない、シンプルな会話になる。大胆な自分でいると、相手側の反応もこんなに変わるんだ!

など。

■視点が変わる、広がる

いつもの環境にいると一定の方向からしか見られなくても、環境を変えることによって、まったく違う視点を持てたり、問題解決の糸口が見つかったりします。

特に何かに行き詰まったり、人生の選択で迷ったりすることがあると、私は必ずひとり旅に出ます。

旅をしている間は、自分や自分の日常を俯瞰でき、第三者的な目線で見られるのです。すると、自ずと冷静な判断ができるようになります。

また、旅をすることで普段使わない五感や脳をフル活用するせいか、思わぬところからアイデアが湧いたり、普段見えないものが見えたり聞こえたりしてとても新鮮です。

私はそのひらめく瞬間や、点と点が線につながる瞬間をひとり旅で何度も経験しているせいか、直感を磨きたいときや、クリエイティブな感覚になりたいときもよくひとり旅をします。

■自己対話をすることで、自分とより仲良くなれる

ひとり旅をしている間は、ずっと自分自身とふたりきりのような感覚です。

友人や彼と旅をしていると、つい相手に気を使ったり、相手に合わせる場面が出てきたりしますが、ひとり旅のときは常に自己対話によって物事を判断します。

判断力が磨かれるのに加え、自分と対話する機会が多くなるため、自分と仲良くなるチャンスです。

私はさらにそれをセルフコーチングに応用して、旅の間にノートとペンを持って自分にたくさん質問し、その答えを書き出していく作業を至るところでします。

なにも旅じゃなくてもできるだろう……とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。もちろんこれは日常的にもしていることですが、旅の間にすることによって、よりリラックスしたり、ワクワクした状態で自分と向き合うことができます。

日常にいると、頭の中が忙しい状態なので余計なことを考えがちです。自分や人生において、本当に大切な選択や決断は、頭でなくハートの選択や決断です。

■小さなことで悩まなくなる。ポジティブになる

ひとり旅をしていると楽しいことがたくさんあります。

もちろん寂しいこともあるかもしれませんが、ひとりで寂しいときは、普段そばにいる人に対し、より感謝の念が湧きます。

いつも一緒にいる彼がふとしばらく会えないと、会ったときにより大切に思い、好きになるのと一緒で、当たり前の日常が愛おしく感じます。

よく日本を離れると日本の良さが身にしみるのと一緒ですね。

また、世界各地を旅すると、日本では当たり前のことがまったく当たり前ではない国がたくさんあり、日本に生まれたことへの感謝と、今この国に生まれたからこそできることをしようと前向きな気持ちになります。

このようにひとり旅には、成長の種がたくさん。

いきなり海外でなくてもいいので、まずは週末一泊国内のひとり旅でもしてみるのはいかがでしょうか?

きっと何かしら、発見や気づきがあるはずです。

この記事のライター

長谷川朋美(はせがわ ともみ) 美LIFEクリエイター、ホリスティック美容家、株式会社ルミエール代表。 東京・青山を中心に、美容・健康・ライフスタイル・マインド・ビジネス・女性の生き方など、さまざまな内容の講演・執筆活動...

関連するキーワード


海外旅行 国内旅行

関連する投稿


夏は海へ。イタリア人の過ごし方〜ミラノ通信#16

夏は海へ。イタリア人の過ごし方〜ミラノ通信#16

日焼けが大好きなイタリア人は、夏はビーチへバカンスに出かけます。パラソルと透き通った海、新鮮な魚介類など、のんびり日焼けしながら過ごすバカンスは優雅ながらとても人間らしい時間ではないでしょうか。ミラノ在住の河見恵子さんにレポートしていただきました。


移動式アウトドアホテル”The Caravan”9〜10月の予約受付をスタート

移動式アウトドアホテル”The Caravan”9〜10月の予約受付をスタート

日本の四季と旬を求めて、東から西、北から南へお客様と旅をする移動式アウトドアホテル”The Caravan”が、2017年9〜10月の予約受付開始しました。自然のもたらす「何もない贅沢」を味わいにお越しください。


「紅葉ふたり占め滞在プラン」他、秋の特別プランが新登場【星野リゾート 界 鬼怒川】

「紅葉ふたり占め滞在プラン」他、秋の特別プランが新登場【星野リゾート 界 鬼怒川】

栃木県日光市に位置する「星野リゾート 界 鬼怒川」に、施設内で景色が最も美しく見える特別室のテラスでもみじ狩りを楽しむ「紅葉ふたり占めプラン」と、人力車で鬼怒川の紅葉スポットを巡る「紅葉人力車プラン」が登場。


絶品カニ料理を発見! カニ味噌とスパイシーソースの組み合わせがたまらない【オトナの美旅スタイル #23】

絶品カニ料理を発見! カニ味噌とスパイシーソースの組み合わせがたまらない【オトナの美旅スタイル #23】

カニ好き&スパイシーな料理好きな方にとって、チリクラブはたまらないお料理ではないでしょうか。私も大ファンのひとり。カニが名産で、チリやペッパーなどのスパイスを使ったお料理が名物のスリランカ。今回は首都コロンボにあるチリクラブの名店を訪ねました。


世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

イタリア北西部にある5つの村、チンクエ・テッレをご存知でしょうか。ユネスコの世界遺産にも登録され、その美しい景観から世界中から観光客がやってくるスポットになっています。ミラノ在住の河見恵子さんによる日帰り旅行レポート、今回は後編をお送りします。


最新の投稿


ハーゲンダッツ、人気の「ほうじ茶ラテ」が再発売に

ハーゲンダッツ、人気の「ほうじ茶ラテ」が再発売に

ハーゲンダッツ ジャパンは、ほうじ茶の香り高い味わいを楽しめるハーゲンダッツ ミニカップ「ほうじ茶ラテ」を期間限定で、10月31日より全国で発売します。


美人度を上げる、ブラウンアイシャドウパレットの選び方

美人度を上げる、ブラウンアイシャドウパレットの選び方

ブラウンアイシャドウパレットはメイクの定番品。使いやすく、メイクもキマるように思えるけれど、顔色がくすんで見えたり、お疲れ顔に見えたり、単なる地味な人になってしまったり……。「私ってブラウンメイクが似合わない」と思うことはありませんか? 話題の「瞳の色診断」で、自分にベストなブラウンを見つましょう。


【MBA的恋愛学#6】「男を見る目」は必要ない~「現在価値」で見極める結婚相手

【MBA的恋愛学#6】「男を見る目」は必要ない~「現在価値」で見極める結婚相手

「MBA的恋愛講座」では、知っておくとちょっとモテる、経営学仕込みの恋愛テクニックを披露します。今回ご紹介するvol.6はファイナンスの「現在価値」という考え方を使用した、長くお付き合いしているのに結婚してくれなそうな彼の見極め方についてです。


フェードアウトしていった男性と復縁したいなら"プライド"を利用する

フェードアウトしていった男性と復縁したいなら"プライド"を利用する

付き合っていると思っていたのに、いつの間にか距離を置かれてしまった……。理由もわからず離れていかれるのは悲しいことですが、そこには男性のずるい下心があります。復縁したいなら、そんな男性のプライドを上手に刺激して、ふたたび手に入れたいと思わせるのがポイントです。


【おしゃれびとスナップ #16】素材と柄を変えるだけで、たちまち秋コーデに

【おしゃれびとスナップ #16】素材と柄を変えるだけで、たちまち秋コーデに

夏をまだひきずった天気でも、素材や柄を工夫すれば、秋らしい装いに。連載「おしゃれびとスナップ」2017年9月第3週は「夏から秋のスライドコーデ」をテーマにお届けします。


おっぱい