フランス女性は「自分のため」にランジェリーを選ぶ

フランス女性は「自分のため」にランジェリーを選ぶ

フランス女性はセクシーなランジェリーを身につけている。そんなイメージを持っている方もいるのでは。だとしたらそれは自分の魅力をアピールするため?  男性を誘惑するためのもの? フランス女性はどのようなデザインを好み、選んでいるのか。そこには彼女たちの「美意識」が深く関係しているようです。


フランスのランジェリーは、地味だというのを目にしたことがあります。しかし、それはショップやブランドにもよるといえそう。

まず、パリでよく行く大型スーパーの衣料品コーナーには、比較的シンプルなものが並びます。例えば、日本で人気のシームレスタイプや、肌にやさしいオーガニックコットンのものなど。

また無地のレースタイプや、花の刺繍が施されているものもあり、それらは私たちが日本の下着売り場で目にするものと変わりません。

一方、百貨店に行くと品揃えが豊富で、目移りするほどです。上品で繊細なレース使いのものがあれば、シルクやサテン素材の官能的なデザインのものも。

身につけるだけでラグジュアリーな気持ちになれそうなものから、魅せるための下着といえそうなものまでさまざまです。

■フランス女性はどんなランジェリーを好む?

では実際、フランス女性はどのようなランジェリーを好むのでしょうか。ここにも日本人が選ぶものとの違いがありそうです。

ショーツ人気上位はTバック

数年前、パリにある小さなランジェリー専門店を訪れたときのこと。素敵なレースのショーツがあったので眺めていると、スタッフが「これなんてどう?」と白のストリング(Tバック)を棚の上に広げました。

その瞬間、やはりこのタイプがおすすめなのね……と思ったのです。というのも、フランス女性はストリングを好むから。

私の友人(フランス人)も、まず選ぶのはストリング、次にタンガ(どちらもTバック)だといいます。理由は、パンツをはいたときにショーツラインが響かないからだそう。

こういうとき、日本の女性ならラインが響かないように作られている、機能的なショーツを選ぶことの方が多いのではないでしょうか。さらにパンツが白であれば、ベージュを選ぶ傾向にあると思うのです。

色は黒と白! ベージュは不人気

同時に私としては「白」を勧められたのは、とても意外に感じました。清楚な色より、魅惑的なダークカラーを真っ先に勧めてくる印象があったから。しかし、後にフランス女性は白や黒のランジェリーを好む傾向にあるのだと知ったのです。

もちろん好きな色は人それぞれ。人気のランジェリーブランドにもコーラルピンクやイエローといった鮮やかなものが揃いますよ。

それでも、全体を見ると日本人に人気のあるベージュだけは、不人気のような気がしてなりません。現にお店のスタッフも私に一度もベージュのアイテムを勧めませんでしたから。

さらに、フランス女性はランジェリー1枚の姿になったときでも、美しく見えるかどうかを大切にしていると聞いたことがあります。そうであるなら、そこには男性の存在もあるように思えてきますよね。

では、セクシーなランジェリーを身につけるのは、男性を意識しているからでもあるのでしょうか?

■フランス女性は「自分のために」ランジェリーを選ぶ

フランス人の友人に、ランジェリー選びで大切なのは何かと訪ねてみたところ、返ってきた答えはこのようなものでした。

「まずは自分自身が気に入ったものを選ぶことが重要よ。そのうえで彼が気に入ってくれるのなら、言うことないわね。美しいランジェリーを身につけることは、女性であることを強く感じさせてくれるの。それは脱毛したり、ネイルをきれいに塗ったりする作業と同じように思えるわ」

さらに続けて、

「ランジェリーは服の下につけるもの。外側からは見えないからこそセクシーであり、どのようなものを身につけているかを想像させることがエレガントなのよ。だから洋服から見えすぎているのは、とても下品だと感じるわ」

つまり、フランス女性は自分のためにランジェリーを選んでいるのです。私たちにとっては、官能的にも思えるデザインも、彼女たちにとっては美しいアイテム。

そしてそれを身につけることは、女としての喜びであり自身を高めてくれるもの。エレガントであることを常に心に留めている、フランス女性らしい美意識だと感じるのです。

この記事のライター

アパレル歴20年。フランスのメーカー勤務後、ライター業に転身。2007年初めてパリを訪れたのを機に年に1〜2回の「暮らすように旅するパリ」を経験。パリ郊外の町・ブルターニュ・プロヴァンス・アルザス・バスクなども訪れ、各土地に...

関連するキーワード


ランジェリー

関連する投稿


SALON by PEACH JOHNからオフショルダーのブラトップが新発売

SALON by PEACH JOHNからオフショルダーのブラトップが新発売

良いものを知り、妥協しない世代へ贈るプレミアムブランド SALON by PEACH JOHN。今秋、オフショルダーのブラトップを新発売。60年代を思わせる上質なランジェリーに仕上がっています。


Fカップで4枚、Cカップで6枚入る。ブラのまとめ洗いが叶う洗濯ネット

Fカップで4枚、Cカップで6枚入る。ブラのまとめ洗いが叶う洗濯ネット

Fカップなら4枚、Cカップなら6枚のブラジャーをまとめて洗える「ダイヤ ブラネットシェル型」がダイヤコーポレーションから9月15日より発売に。大きいサイズ化が進むブラジャーのまとめ洗いニーズに応える洗濯ネットです。


ユリの“香り“をデザインしたランジェリー「Lys Gracieux」

ユリの“香り“をデザインしたランジェリー「Lys Gracieux」

“香り“をデザインした、新発想のランジェリー「Lys Gracieux(リス・グラシュー)コレクション」が発売となりました。気品に満ちた上品なユリの香りを色やデザインで表現しています。


美しいランジェリーで、わたしは自由になった

美しいランジェリーで、わたしは自由になった

結婚、出産を経て、あるとき鏡で自分を目にして、痩せ細った体にショックを受けたゆりこさん。学生時代に心を奪われた美しいランジェリーを思い出します。30代を過ぎて初めて身に着けた、上質で美しいランジェリーが、自分は自分なんだと思えるパワーをくれて――。ランジェリーで人生がより良くなった女性によるシリーズ・コラムです。 


老け胸解消を目指ず大人向けブラ「胸 不二子ブラ」F、Gカップが新登場

老け胸解消を目指ず大人向けブラ「胸 不二子ブラ」F、Gカップが新登場

「デコルテの削げ」や「老け胸」の解消に着目した大人のブラ「胸 不二子ブラ」にF、Gカップが新登場。「老け胸」に悩む30代・40代女性のための機能性ブラジャーにグラマーサイズを含む8サイズが追加に。


最新の投稿


美人度を上げる、ブラウンアイシャドウパレットの選び方

美人度を上げる、ブラウンアイシャドウパレットの選び方

ブラウンアイシャドウパレットはメイクの定番品。使いやすく、メイクもキマるように思えるけれど、顔色がくすんで見えたり、お疲れ顔に見えたり、単なる地味な人になってしまったり……。「私ってブラウンメイクが似合わない」と思うことはありませんか? 話題の「瞳の色診断」で、自分にベストなブラウンを見つましょう。


【MBA的恋愛学#6】「男を見る目」は必要ない~「現在価値」で見極める結婚相手

【MBA的恋愛学#6】「男を見る目」は必要ない~「現在価値」で見極める結婚相手

「MBA的恋愛講座」では、知っておくとちょっとモテる、経営学仕込みの恋愛テクニックを披露します。今回ご紹介するvol.6はファイナンスの「現在価値」という考え方を使用した、長くお付き合いしているのに結婚してくれなそうな彼の見極め方についてです。


フェードアウトしていった男性と復縁したいなら"プライド"を利用する

フェードアウトしていった男性と復縁したいなら"プライド"を利用する

付き合っていると思っていたのに、いつの間にか距離を置かれてしまった……。理由もわからず離れていかれるのは悲しいことですが、そこには男性のずるい下心があります。復縁したいなら、そんな男性のプライドを上手に刺激して、ふたたび手に入れたいと思わせるのがポイントです。


【おしゃれびとスナップ #16】素材と柄を変えるだけで、たちまち秋コーデに

【おしゃれびとスナップ #16】素材と柄を変えるだけで、たちまち秋コーデに

夏をまだひきずった天気でも、素材や柄を工夫すれば、秋らしい装いに。連載「おしゃれびとスナップ」2017年9月第3週は「夏から秋のスライドコーデ」をテーマにお届けします。


手帳は究極の“引き寄せ”ツール。自分が心からやりたいこと・なりたいものを見つけよう

手帳は究極の“引き寄せ”ツール。自分が心からやりたいこと・なりたいものを見つけよう

ヨガスタジオを経営する傍ら、手帳で夢を叶える“CITTA式メソッド”を考案し、手帳ライフコーディネーターとしても活動する青木千草さん。理想のものがなかなか見つからなかったため、自身で開発したという青木さんの手帳は、口コミが口コミを呼んでベストセラーに。このヨガマインドを活かした“夢を叶える”手帳術を教えてもらいました。


おっぱい

DRESS部活