恋愛を冷めさせてしまうLINEとは

恋愛を冷めさせてしまうLINEとは

年代問わず、LINE(ライン)は恋愛の主たるコミュニケーションツールになっています。しかし、文字やスタンプ、写真で伝えることは意外と難しいものです。会えないからこそLINEで育みたい恋。けれどその恋をいつの間にか冷めさせてしまうことも。そんな、恋愛を冷めさせてしまうLINEとは一体どんなものなのでしょうか。


■恋愛の賞味期限を短くしてしまうこともあるLINE

日本人はもともと白黒をはっきりさずにグレーの部分を残したコミュニケーションを好む傾向が強く、“暗黙の了解”“阿吽の呼吸”など、言語を使わず雰囲気や間でコミュニケーションをする文化を作り上げてきました。

だからこそ、スタンプの様に表情で感情を伝え、シチュエーションを想定できる画を送り、相手に“察して”と判断を促すLINEが、その日本人の感性にぴたっとはまったのでしょうが、とかく恋愛は想像力、いや妄想力が激しくなる状態。

“そんなつもりではなかった“と後悔しても、口に出してしまった言葉と送ってしまったLINEメッセージは取り返しがつきません。

それをやってはおしまいとまではいかずとも、男性の恋心を冷めさせてしまう振る舞いやメッセージを繰り返し行うと恋愛の賞味期限を短くします。

恋愛を冷めさせてしまうLINEその1:忘れる

LINEはメールと違って、短文やスタンプで頻繁にやりとりするのが特徴のメッセージツールです。

だからこそ、意外とやってしまいがちなのがこれ。以前聞いたことと同じ内容を聞いたり、同じ内容を伝えたりしてしまうと相手は一気に興ざめしてしまいます。

「以前付き合った彼女が同じ質問をしてくるんですよ。例えば、“来週はどこかで会える?”と聞かれたので送ると、週末になって“そういえば来週は?”とか。

最初は”送ったよ(笑)“と返していたんですけど、それが結構多くなってきて自分のことはあまり考えていないんだなと気持ちが冷めてしまいました」(30代男性)

男性の恋心を冷めさせないためにLINEで伝えるのは、“あなたを思っています”と“あなたに関心があります”と感じるメッセージ。

何を聞いたのか、何を送ったのか忘れてしまうことはイコール“あなたのことはどうでもいい”と受け止められてしまいます。

恋愛を冷めさせてしまうLINEその2:しつこくする

恋愛におけるLINE

男性は追われるより追う恋愛が好きです。

追われるとなんとなく逃げたくなってしまい、気持ちも冷めがち。すると勘の鋭い女性は不安になり、しつこく問いただしたり、何度もLINEを送ったりするような行為に走るケースが。しかし、それは逆効果です。

「ちょっと会議が長引いてしまって、約束した時間に連絡ができなかったんです。会議が終わったら連絡しようとスマホをマナーモードにしておいたんですね。そうしたら会議中10分おきくらいにメッセージ着信のバイブレーションが鳴ってて、会議が終わってみたら全部彼女からのLINEだったときには引きました」(40代男性)


男性は自分に関心を向けてほしいものの、束縛されることは嫌がります。

ましてや大人同士の恋愛では仕事に支障を来すようなことをする女性は、パートナーとして不合格の烙印をおされてしまいます。電話と違ってメッセージ履歴が送信時間とともに言葉やスタンプで残るLINEは、「送ったら相手からの返信を待つ」キャッチボールスタイルが基本。

一方的に、メッセージを暴投し続けることは避けましょう。

恋愛を冷めさせてしまうLINEその3:要求する

ビジネスでは要求や依頼メールを送る場合、枕詞を使ったり、押しつけがましくなったりしないよう、表現に注意しますがLINEも同じです。

「明るくて甘えてくれる性格が好きだったんですけど、LINEでああしてほしい、こうしてほしいと要求が多くて疲れてしまいました。“今度〇〇に連れてってほしい”や“誕生日は〇〇がほしい”って送られてくると、最初はかわいいなと感じて応えていましたが、要求を叶えてほしいから俺と付き合ってるのかなと、徐々に思えてきて冷めてしまいました」(40代男性)


人に何かをお願いする場合は対面が基本です。

“今度〇〇に連れてってほしいな”とLINEでお願いするより、対面で彼の顔を見ながら笑顔で“今度〇〇に連れてってほしいな”と伝える方が格段に嬉しいもの。

なぜならば、男性が彼女の要求に応えたり、要望を叶えるのは彼女の喜んだ顔を見たいから。

LINEでは“いいよ”と答えても喜んでいるスタンプや”嬉しい!”という言葉止まりですが、対面ならあなたのばぁっと明るく笑った笑顔やぎゅっと抱きつくリアクションを一緒にプレゼントできます。どちらが嬉しいかは言うまでもありません。

なので、LINEで何かを要求するときは、“お願いがあるんだけど、今度会ったときに伝えるね”と予告にとどめるくらいがベストです。

どうしても急ぐ場合は、せめて電話にしましょう。

恋愛を冷めさせてしまうLINEその4:非難

「職場が同じだったのでプライベートでも仕事の話をよくしています。彼女のアドバイスはとても参考になることが多く感謝しています。でも自分はメンタルが強い方ではないので、彼女からLINEで“そういうことは良くないと思う”や、“そうすべきじゃない”という非難めいたメッセージをもらうと落ち込みます」(30代男性)


言葉そのものに対する抵抗力は女性に比べ男性は圧倒的に弱いもの。

褒められたいというのは、非難されたくないということと同じこと。男性は “よくやったね”や“がんばってるね”と認める言葉がほしいと願っています。

その対極にあるダメ出しのような非難は、タイミングを間違えると、女性が想像する以上に男性の心を折ることになります。

LINEは相手のタイミングを確認するのが困難なコミュニケーションツールです。だからLINEで非難めいた内容を送ることは極力避け、励ますメッセージに変換して送りましょう。

恋愛を冷めさせてしまうLINEその5:失礼

いい感じで交際が進んでいたにも関わらず、なぜだかダメになってしまう人がやっているのがこれ。

非常識な時間にメッセージを送る、長文を一方的に送る、返答を求めるメッセージを何度も送り、ラリーを終わらせない、誤字脱字が多いなど常識を疑われる行為をしていませんか?

特にLINEは、メール以上電話未満のようなコミュニケーションツール。

受け取ったら基本はすぐに既読するのがマナーとされているだけに、送る時間の気遣いを忘れないようにしましょう。

深夜や早朝にLINEを送るときは、”遅くにごめんなさい“や”おはよう“のように一言失礼を詫びる文言や挨拶の文言を入れるのがマナーです。最初はできていた気遣いも、付き合いが深まり、時間が経つにつれ、ついおろそかにしがち。

けれど、恋愛でも親しき仲にも礼儀ありを忘れずに。

マナーと礼儀を忘れずに、思わず愛おしくなる言葉をLINEで送ろう

LINEは会えないときでも、まるで一緒にいるかのような錯覚を起こすコミュニケーションツール。

それだけにLINEで送った言葉や振る舞いはそのまま記録として残り、あなたへのダイレクトなマイナス評価となり恋愛を短くすることに。

恋愛相手を”愛おしい”とキュンとさせる言葉を、マナーと礼儀を忘れずに送りましょう。

この記事のライター

コミュニケーションコンサルティング株式会社ループ 代表取締役社長 婚活業種の事業立案・ブランディング・PR・アライアンス・社員およびスタッフ育成等のトータルサポート・コンサルティング、コミュニケーション教育、女性向けサ...

関連するキーワード


大人のLINE術 恋愛

関連する投稿


自分に自信のない男性ほど女性を「キープ」したがる

自分に自信のない男性ほど女性を「キープ」したがる

女性をキープする、と聞くと女慣れした男性を思い浮かべる人も多いと思います。しかし、自分に自信が持てない男性も意外とやってしまうこの行為。ですが、彼らの場合は決して複数の恋愛を楽しむためではなく、自分の恋愛感情を貫けない弱さが原因。一途になりきれない理由について、お話します。


恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は趣味の音楽を通じて出会ったふたりをご紹介します。


自分の性体験を話してドン引きする男ならすぐに切りなさい

自分の性体験を話してドン引きする男ならすぐに切りなさい

社会学者の宮台真司さんとAV監督の二村ヒトシさんが、共著『どうすれば愛しあえるの』を出版。本書の発売を記念してイベントを開催。後編では、実りのある関係を結べる男性を選ぶ方法を詳しく語りました。


幸せなセックスは「与えあう」、不幸せなセックスは「要求する」

幸せなセックスは「与えあう」、不幸せなセックスは「要求する」

社会学者の宮台真司さんとAV監督の二村ヒトシさんが、共著『どうすれば愛しあえるの』を出版。本書の発売を記念して、現代人は性愛を通じて幸せになれるのか、語り尽くすイベントを取材しました。


口説かれる女にある4つの"すき"

口説かれる女にある4つの"すき"

草食な男性がスタンダード化している昨今。今回は、口説かない男性がそれでも口説きたくなる女性たちがもっている4つの“すき”について。


最新の投稿


フルラ新作バッグ「MANTRA(マントラ)」で洗練された装いに

フルラ新作バッグ「MANTRA(マントラ)」で洗練された装いに

マントラは、長年受け継がれてきたクラフトマンシップと美を掛け合わせることで、優れた作品を生み出すフルラの本質を体現したコレクションです。クオリティの高いベジタブルタンニングレザーと自然なカラー、そしてタイムレスな美しさが、本コレクションの特長です。


元カノと復縁したいけど連絡できないとき、男性が取る行動

元カノと復縁したいけど連絡できないとき、男性が取る行動

別れた彼女とやり直したいけど、連絡する勇気がない。堂々とアプローチできない男性は、嫌われたくない不安が大きく、なかなか次の一歩が踏み出せません。でも、復縁を願う気持ちは必ずどこかに現れるもの。元カノと復縁したくても連絡できないとき、男性が取りがちな行動についてご紹介します。


恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は趣味の音楽を通じて出会ったふたりをご紹介します。


1月大特集「疲れない出会い」

1月大特集「疲れない出会い」

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取りつくろったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎるのはやめてみませんか。無理することなく、自然体で過ごすなかで、素敵な出会いを手にするヒントをご紹介します。心が喜ぶ出会いを見つけよう!


出会いに疲れた女性のリアルな意見――どの自分が、本当の自分かわからなくなる

出会いに疲れた女性のリアルな意見――どの自分が、本当の自分かわからなくなる

ここでは『DRESS』読者から募った「出会い」にまつわるアンケート結果をご紹介。出会いを求めて婚活パーティーに参加しても、なかなかピンとくるような人に巡り合えず、何度も同じ会話やデートを繰り返す。マッチングアプリに登録してみたものの、膨大なメッセージのやり取りにうんざりすることも。世にあふれる疲れる出会いの実態とは?


おっぱい