1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 美容/健康
  3. 顔の日焼け対策コスメは「面倒じゃない」を基準に選ぶ

顔の日焼け対策コスメは「面倒じゃない」を基準に選ぶ

Share

「顔周りの日焼け対策をしたいけれど、面倒なのはイヤ」。そんなワガママを叶えてくれるコスメがあれば、日焼け対策が格段に楽になります。手軽に使えるにもかかわらず、高い日焼け止め効果が期待できるコスメをご紹介します。

顔の日焼け対策コスメは「面倒じゃない」を基準に選ぶ

日焼けが気になる季節ですね。特段レジャーに出かけていなくても、日々半袖を着て過ごしていると、腕が少しずつ日焼けしたり、化粧崩れを放置したせいで、頬や鼻の頭が赤くなったり……。

日焼けをしてしまってから、「きちんと日焼け対策をしておけば良かった」と反省はするものの、実際のところ、日焼け止めを塗ったり、塗り直したりするのって、けっこう面倒くさくないですか?

塗り直すのが面倒だなあと感じる私は、手軽で高い効果が期待される日焼け対策コスメを選ぶようにしています。「焼けたくない、でも面倒なのはイヤ」という、ワガママを叶えてくれるコスメがあれば、日焼け対策はとても楽になります。

今回は、私が使っている日焼け対策コスメをいくつかご紹介します。この夏、日焼け対策を楽に行うためにお役立てください。

■顔の日焼け対策、手軽さNO.1は、スプレータイプの日焼け止め

広い範囲も手を汚さず手早くつけられる

スプレータイプの日焼け止めは、全身の広い範囲に伸ばして塗るという面倒くささ、塗ったときのベタつきや重たい肌触りという不快さからも解放してくれる優れたアイテム。

ミルクタイプのように手に出す必要がないため、手が汚れることもなく、出しすぎたときに肌が白くなってしまうこともありません。日焼けしたくない場所にシューッとスプレーするだけなので、広い範囲も手早くつけられます。

私が使っているのは、「アネッサ パーフェクトエッセンスUVスプレー」と「マキアレイベル サンシールドUVスプレー50+」。

どちらもつけたときに白くならず、サラサラでライトなつけ心地。さかさにしても使えるので、首の後ろや背中にもラクにスプレーできます。

この手軽さで、「SPF50+・PA++++」という強力な紫外線をブロックしてくれる高数値。どこでも手軽にスプレーできて、何度つけてもサラサラ。快適な使用感をキープしながら、簡単に日焼け対策完了です。

メイクの上からでも使える

メイクの上からも使え、しかも鏡を見ずにつけ直しができる便利はスゴい! 顔につける場合は、スプレーをそのまま吹きかけるのではなく、一度手のひらに出してから少量ずつなじませるのがコツ。

直接スプレーできればもっと楽なのにと思ってしまいますが(笑)、白くなったり色ムラを気にしたりする必要もなく、鏡なしでもつけられるので、十分手軽ですね。

髪にも使える

顔や体だけでなく、「髪」にも使えるスプレータイプの日焼け止めは、使い勝手が抜群です。紫外線を浴び続けると髪がパサパサしてきてくるので、髪にも忘れず日焼け対策を。髪全体にスプレーする他、頭頂部や分け目など日の当たりやすい部分にも。

■美容液感覚の日焼け止め下地は、肌荒れも防いでくれる

強烈な紫外線を浴びたり、大量の汗や皮脂が出る夏場は、肌トラブルが起こりがち。私は、日差しが強い日に外出すると、鼻の頭が赤くなったり痒くなったりします。

痒くてたまらず掻いたり、気になってつい触ったりするため、メイクが取れてしまい困っていましたが、「dプログラム アレルバリア エッセンス」を使うようになってから、痒みが起こりにくくなり、とても助かっています。

「SPF40・PA+++」で紫外線から肌を守ってくれたり、花粉やちり・ほこりなどの微粒子汚れをバリアしてくれたりする効果が期待できるので、外部からの刺激で肌荒れしやすい人にもおすすめ。

ファンデーションのつきやのりを良くする化粧下地効果もあり、1本で超優秀なアイテムです。

■唇の日焼け対策には、色つきのリップトリートメントが◎

暑さのあまり体のだるさを感じると、口紅を塗るのすら面倒になることも。それに、しっかり色がつく口紅だと重くなる気がして、夏の間は使いたくないという人も中にはいらっしいますね。

そんなときは、色つきのリップトリートメントはいかがでしょうか。私は、「キールズ バタースティック リップ トリートメント」を使っています。カラーはローズです。

シアーな質感なので、見た目にみずみずしく、軽やかな印象に仕上がります。見た目をきれいにしながら、「SPF25」で紫外線から唇を守ってくれるため、一石二鳥。

夏は、エアコンや紫外線の影響で唇が乾燥しやすくなりますが、トリートメントなので唇の保湿ケアもしっかりできます。

日焼け対策は、うっかり忘れてしまったり、面倒に感じたりすることもありますが、コスメの選び方次第で、簡単なのに十分なケアができますよ。お試しくださいね。

Share

Satomi

美容ブロガー。1974年生まれ。元美容部員の経験を活かし、複数の美容ブログを運営中。 運営ブログ「美容部員は辞めました。」http://cosmebocco.blog59.fc2.com/ など複数サイト。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article