綺麗なおっぱいは、女性も魅了する

綺麗なおっぱいは、女性も魅了する

「色気がある」という言葉はよく聞くが、女性から見て色気があるのはどんな女性なのだろうか。そして、それは一朝一夕で手に入れられることなのか。色気だなんて手の届かないところにあるような気がしてしまうけれど、実は自分の中にすでにあるものなのかもしれない。


生まれてこのかた「色っぽい」「色気がある」と言われたことがない。そもそも、色っぽいの定義がわからないし、色気ってなんぞや?

異性に対しても思ったことがないし、単に人の好みなのでは……? とも思う。

メディアによく出ている女優さんに対しても感じたこともないし、「かわいい」や「美人」よりもはるかに身につけるのは難しそうだと、ぼんやり考える。

肌の露出が多いからとか、体の凹凸がはっきりとしているから、というのともまた違う。なかなか難しい……、色っぽいって。

■女性から見た”美しい女性”とは

色っぽいについて考えていたら、女性を見てうっとりしたことがあるのを思い出した。

その人自身に、ではなく、パーツに見惚れる。

綺麗な胸の形をしている人、おしりがきゅっと上がっていて程よいボリュームの人、長くてスラッとした脚の人……。

綺麗なおっぱいは女性をも魅了するんだ、と一度熱弁を奮って周りの友人たちからは眉を顰(ひそ)められた。いやらしい意味ではなくて……と弁解してみたけれど、理解してもらえなかった。

でも、綺麗な体のパーツというのは、なかなか自然にできるものではないと思う。

10代の頃なら……と思うかもしれないが、それはやっぱり発育途中であり、弾けるような若さが前に出てくるので、美しさよりも先にパワーを感じる。

うっとりするようなパーツを持っている人は、自分の体をよく知っていて、どう手入れをすればいいのか、どう鍛えればいいのかもわかっている大人の女性なのではないか、と思うのだ。

そこまでして作られた体は、一種の芸術のひとつなのではないだろうか(言いすぎかもしれない)。

■色っぽい女性は存在が芸術である

あくまで女性から見て、ということだが「品の良い色っぽさ」というのもまた、若者には出せない代物のような気がする。

自分のすべてを知り尽くしていて、どこを磨けばいいのか、伸ばせばいいのか、どのような動きをすれば美しく見えるのか。ただ動いているだけなのに、その指先の動きまで神経がぴっと行き届いている。

隙があるように見えて、でもつけ込むことはできない。

まさに完璧な女性。高嶺の花、という言葉があるがまさにそんな存在なのではないだろうか。

もちろん、すべての女性がそんなふうになりたいかというと、そうではないと思う。偶然手に入るものでもないだろうし、そこまで到達するのには相当の時間がかかる。

ただ、少しでも近づきたい、という気持ちはある。そんなときに私たちがやるべきことは、まず自分の長所と短所を見つける、という、とても地味で初歩的なことなのかもしれない。

自分の身体的長所を伸ばす、自信が持てる、それでは別の部分も磨いてみよう……と進んでいくような気がする。

あとひとつ、できることがあるとすれば、憧れる色っぽい女性を探すことだろう。意外と憧れの存在を見つけることで、自分のなりたい姿というのも見えてくるのではないだろうか。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


生き方

関連する投稿


絵本作家ターシャ・テューダーの「喜び」を見つめる生き方

絵本作家ターシャ・テューダーの「喜び」を見つめる生き方

「人生は短いのよ、何があっても『生きること』を楽しんで」――アメリカを代表する絵本作家にしてイラストレーターであり、農婦で酪農家で4人の子供を育て上げたシングルマザーのターシャ・テューダーの生涯から、勇気をくれる言葉とターシャの庭を訪問するための情報をご紹介します。


ヨガ八支則を応用して、幸せな人生を手に入れる【長谷川朋美 連載 #12】

ヨガ八支則を応用して、幸せな人生を手に入れる【長谷川朋美 連載 #12】

ヨガの八支則から学ぶ、真の豊かさと幸せを手に入れるための方法を長谷川朋美さんが紹介します。


ラッキーな人になるためにすべきこと【カツセマサヒコ 連載 #4】

ラッキーな人になるためにすべきこと【カツセマサヒコ 連載 #4】

ラッキーな人を見ると法則があるような気がする。たとえば、やりたいことに素直で、アンラッキーなときのやり過ごし方を心得ていて、とびきりポジティブシンキング。ラッキーな人は大抵そうだ。ライターのカツセマサヒコさんが、生きていくうえで訪れるたくさんの喜びや悲しみにそっと寄り添うエッセイ、第4回。


疲れた、何もしたくない。がんばりすぎた日は「自分をやさしく許す」こと

疲れた、何もしたくない。がんばりすぎた日は「自分をやさしく許す」こと

疲れた、何もしたくない――どうしても元気が出ない日がある。仕事に、家事に、恋愛に……わたしたちの毎日は忙しい。どれも大切にしたいから、いつだって全力投球。だからこそ、たまには力を抜いてみることで、疲れた何もしたくない状態から抜け出そう。がんばりすぎたあなたへ届けたいショートストーリーです。


「疲れた」と思わず口に漏れてしまったときに、自分のためにしたいこと【カツセマサヒコ 連載 #2】

「疲れた」と思わず口に漏れてしまったときに、自分のためにしたいこと【カツセマサヒコ 連載 #2】

「疲れた」と口にしてしまうことありませんか? 素敵な異性と出会うこともあれば、長く付き合っていた人と別れることもある。仕事で大きなプロジェクトが成功することもあれば、入社以来一番大きなミスをしてしまうことも。ライターのカツセマサヒコさんが、生きていくなかで訪れるたくさんの喜びや悲しみにそっと寄り添うエッセイ、第二回。


最新の投稿


自分の人生は自分でデザインする - パラレルライフワークスタイルとは

自分の人生は自分でデザインする - パラレルライフワークスタイルとは

新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載がスタートします。第1回目は自己紹介とあわせて、ご自身が考えるパラレルライフワークについてお伝えします。


不倫相手と綺麗に別れるコツは「別れ話をしないこと」

不倫相手と綺麗に別れるコツは「別れ話をしないこと」

不倫関係であっても男女の仲。もう終わりにしたいと思っても、相手が引き留めたり逆上したり、なかなか綺麗に終わらせることはできないものです。上手な別れ方は、ズバリ「あえて別れ話はしないこと」。けじめをつけない終わりに見えますが、その後の気まずさを少なくするにも有効な別れ方、終わらせ方なのです。


夏の猛暑対策に! 室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズ#2

夏の猛暑対策に! 室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズ#2

お盆は過ぎましたが、まだ8月。涼しく過ごせる日を心待ちにしながら、ムシムシと蒸し暑い日本の夏を恨めしく感じている方も多いことでしょう。今回は、室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズをご紹介します。


「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

人間は何が幸せかを知っているのといないのとでは、人生の過ごし方が変わってくるはず……哲学的・学問的に「幸せ」の定義を明確にした4人の哲学者を取り上げ、読者の皆さんと一緒に幸せについて、ちょっとだけ真剣に考えるコラム、後編です。


玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

有楽町の「24/7cafe apartment」では、黒米をブレンドしたもちもちふっくらの玄米・あたたかなみそ汁、野菜たっぷりのおかずの数々に、京都の名店・藤井茶園から取り寄せた上質なほうじ茶を添えた「至福のごはん」の提供を開始。ごはん、お味噌汁、ほうじ茶はおかわり自由です。