綺麗なおっぱいは、女性も魅了する

綺麗なおっぱいは、女性も魅了する

「色気がある」という言葉はよく聞くが、女性から見て色気があるのはどんな女性なのだろうか。そして、それは一朝一夕で手に入れられることなのか。色気だなんて手の届かないところにあるような気がしてしまうけれど、実は自分の中にすでにあるものなのかもしれない。


生まれてこのかた「色っぽい」「色気がある」と言われたことがない。そもそも、色っぽいの定義がわからないし、色気ってなんぞや?

異性に対しても思ったことがないし、単に人の好みなのでは……? とも思う。

メディアによく出ている女優さんに対しても感じたこともないし、「かわいい」や「美人」よりもはるかに身につけるのは難しそうだと、ぼんやり考える。

肌の露出が多いからとか、体の凹凸がはっきりとしているから、というのともまた違う。なかなか難しい……、色っぽいって。

■女性から見た”美しい女性”とは

色っぽいについて考えていたら、女性を見てうっとりしたことがあるのを思い出した。

その人自身に、ではなく、パーツに見惚れる。

綺麗な胸の形をしている人、おしりがきゅっと上がっていて程よいボリュームの人、長くてスラッとした脚の人……。

綺麗なおっぱいは女性をも魅了するんだ、と一度熱弁を奮って周りの友人たちからは眉を顰(ひそ)められた。いやらしい意味ではなくて……と弁解してみたけれど、理解してもらえなかった。

でも、綺麗な体のパーツというのは、なかなか自然にできるものではないと思う。

10代の頃なら……と思うかもしれないが、それはやっぱり発育途中であり、弾けるような若さが前に出てくるので、美しさよりも先にパワーを感じる。

うっとりするようなパーツを持っている人は、自分の体をよく知っていて、どう手入れをすればいいのか、どう鍛えればいいのかもわかっている大人の女性なのではないか、と思うのだ。

そこまでして作られた体は、一種の芸術のひとつなのではないだろうか(言いすぎかもしれない)。

■色っぽい女性は存在が芸術である

あくまで女性から見て、ということだが「品の良い色っぽさ」というのもまた、若者には出せない代物のような気がする。

自分のすべてを知り尽くしていて、どこを磨けばいいのか、伸ばせばいいのか、どのような動きをすれば美しく見えるのか。ただ動いているだけなのに、その指先の動きまで神経がぴっと行き届いている。

隙があるように見えて、でもつけ込むことはできない。

まさに完璧な女性。高嶺の花、という言葉があるがまさにそんな存在なのではないだろうか。

もちろん、すべての女性がそんなふうになりたいかというと、そうではないと思う。偶然手に入るものでもないだろうし、そこまで到達するのには相当の時間がかかる。

ただ、少しでも近づきたい、という気持ちはある。そんなときに私たちがやるべきことは、まず自分の長所と短所を見つける、という、とても地味で初歩的なことなのかもしれない。

自分の身体的長所を伸ばす、自信が持てる、それでは別の部分も磨いてみよう……と進んでいくような気がする。

あとひとつ、できることがあるとすれば、憧れる色っぽい女性を探すことだろう。意外と憧れの存在を見つけることで、自分のなりたい姿というのも見えてくるのではないだろうか。

ふんわり美しいおっぱいを目指すために――DRESS特集はこちら

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


生き方

関連する投稿


東京で幸せに生きるコツは「人と比べる」のをやめること【佐藤あつこ】

東京で幸せに生きるコツは「人と比べる」のをやめること【佐藤あつこ】

忙しすぎる日常が流れる東京。あまりにも忙しすぎて、情報が多すぎて、本当に自分が幸せなのか、不幸なのか、その基準を人と比べることによってのみ、判断するとつらくなる現状です。自分は自分、人は人。自分の幸せは自分で決める。そのスタンスで生きる人が都心での暮らしで幸せになれる人だと思います。


同性に愛されるしなやかな人とは

同性に愛されるしなやかな人とは

できれば誰からも嫌われたくない。いろんな人から好かれたい、と思う。しかし、どうすればいいのか。同性に好かれるような人になるために必要なことは実はとても簡単なことなのだと思う。


「いい年して年甲斐もなく」という時代遅れな言葉が人を老化させる

「いい年して年甲斐もなく」という時代遅れな言葉が人を老化させる

「いい年して年甲斐もなく」この言葉を周りの人から言われるのではないかと、したいことをできずにいる人は多いのではないだろうか? 年相応に生きることを世間に強いられていると感じる人も多いだろう。しかしその言葉こそが人の可能性を封じ込めて、人を老けさせてしまっているように思う。


自分が信じるものを、自分で決める――『サラバ!』が教えてくれた大切なこと

自分が信じるものを、自分で決める――『サラバ!』が教えてくれた大切なこと

西加奈子さんの作家生活10周年記念作品『サラバ!』(西加奈子/小学館文庫)の文庫版が、今秋発売されました。上中下3巻に渡る長編ながら、読みやすい文章と鮮やかな人間描写で、ワクワクしながら読み進められる作品です。現代を生きる私たちに訴えかけてくる、作品からの力強いメッセージをご紹介します。


男性は、好みの女性を“消費“する行為に慣れている【漫画家・鳥飼茜さんインタビュー】

男性は、好みの女性を“消費“する行為に慣れている【漫画家・鳥飼茜さんインタビュー】

鳥飼茜先生が描く『ロマンス暴風域』は、さえない非常勤美術教師の「サトミン」が風俗嬢の「せりか」と恋に落ちるストーリー。特にラストの展開はハラハラが止まらない。今回は、男女の性の差について切り込む作品の多い鳥飼さんに、男性が風俗に行く理由や、男性はなぜあざとい女性に夢見がちなのかを聞いた。


最新の投稿


ソーシャルレンディングとは - 新しい投資のカタチ

ソーシャルレンディングとは - 新しい投資のカタチ

ソーシャルレンディングとは何かご紹介します。最近話題の、インターネットを使った資金調達方法のクラウドファンディング。その中でもとくに旬なのがソーシャルレンディング。株や債券など、今まであった投資対象に加えて、これを機にあなたも新しい投資を始めてみませんか?


東京で幸せに生きるコツは「人と比べる」のをやめること【佐藤あつこ】

東京で幸せに生きるコツは「人と比べる」のをやめること【佐藤あつこ】

忙しすぎる日常が流れる東京。あまりにも忙しすぎて、情報が多すぎて、本当に自分が幸せなのか、不幸なのか、その基準を人と比べることによってのみ、判断するとつらくなる現状です。自分は自分、人は人。自分の幸せは自分で決める。そのスタンスで生きる人が都心での暮らしで幸せになれる人だと思います。


LINEのやりとりに現れる彼の本気度〜大人の男性編

LINEのやりとりに現れる彼の本気度〜大人の男性編

“いいな”と感じた大人の男性とのLINEのやりとり。“これってその気になってもいいの?”と思わせる言葉や意味深なスタンプ。けれど、意外なところに本音が現れるのがLINE。彼のあなたへの本気度をチェックしてみましょう。


ファンケルから至福の暖かさを追求したソックスが登場

ファンケルから至福の暖かさを追求したソックスが登場

ファンケルから、足元の2大冷えポイント“すね”と“足底”を徹底保温する、至福の極暖「足底とスネの幸せソックス」が数量限定で発売に。カラー展開は新年に向けて縁起が良い「赤」「紺」「金」の3色です。


きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

モデルでヨガインストラクターの雅也さんによるヨガ連載【#3分MASAYOGA】。毎日朝でも晩でもOK。たった3分で取り組めて、心身を解きほぐすヨガポーズをご紹介します。第4回目では背中やお腹周り、腿などを引き締めるヨガポーズ「椅子のポーズ」を取り上げます。体全体の筋肉をバランスよく使うポーズです。


おっぱい