恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

会えないときにふたりの気持ちをつなぎ、高めるLINE。現代の恋愛に欠かせないコミュニケーションツールとなったLINEは、相手の顔が見えない非対面コミュニケーションがゆえに、対面コミュニケーション以上に相手への気遣いが必要です。恋愛におけるLINEでは、彼がほしい言葉を察して送り、恋心を盛り上げていくことが大切。


■LINEは現代の「ラブレター」。恋愛を継続するために必要なコミュニケーションツール

皆さんが想像するより、自分に向けられた書き言葉の影響力は非常に強いもの。

ネットで悪意ある書き込みが自分に向けられたことのある有名人は、それを目にすることによる精神的ダメージが「意外なほどに大きかった」と口をそろえて言います。

書き言葉は、一切反論や言い訳ができない状態で、その言葉を一方的に受け取るようなもの。一方的に自分に向けられた悪意を込めた言葉の攻撃は、両手を縛られた状態で相手から殴られているようなものです。

けれど、逆に自分がほしい言葉を書き言葉でもらうと、嬉しくて感動したり救われた気持ちになったりした経験を持つ人は少なくないのでは? そのひとつがラブレターでしょう。

恋のラブレターだけでなく、感謝の気持ちを込めたお礼のラブレターや、子供から親、親から子供へのラブレターもほろりとさせられます。

LINEは現代のラブレターを送るツール。会えない時間に彼がほしいと思う言葉をしたためてLINEで送り、彼の恋心を盛り上げていくことは、恋愛関係を継続するために必要なコミュニケーション方法です。

今回、そんなラブレターLINEを送る際、年上彼氏、年下彼氏、同級生彼氏別に、相手が望む言葉の傾向について解説していきます(年齢差上下1歳以内は同級生と考えてください)。

年上彼氏には、自信を与える言葉と安心できる言葉を

出典:http://zexy.net/mar/edit/honne/vol61.html

ゼクシィネットによると、2歳以上の年上男性と付き合っている女性が61%を超えています。

年上彼氏がマジョリティであることに間違いはありませんが、実は年上彼氏が感じているのは年下恋人に対する「自分でいいのかな」という不安感なのです。

人間を生物として考えたとき、若い方が生命力も強く生存する時間も長い、つまり自分より強い生命力を持っている存在であると認めているからです。

そのため、年上彼氏は自分より強い生命力を持つ年下彼女に相応しくあろうと体を鍛えてみたり、見栄を張って大きく見せたり、彼女の年齢に合わせた情報を調べたりなど、いろいろとがんばっています。

だから年上彼氏には「あなたが一番」的な自信を与える言葉と、「あなたが好き」的な安心できる言葉をLINEで送るととても喜びます。

「彼女に同窓会で撮った写真をLINEで送ったら“一番かっこいいね”と返信が来て、単純ですがその日1日上機嫌でした」40代男性


「彼女が行きたがっていたレストランの予約を取ったら“覚えてくれていたの!? そういうところホントに好き”ってLINEに入っていて嬉しくなりました」30代男性 


一見強く見える男性は、言葉で否定されたり、ダメ出しされたりすると女性以上にダメージを受けます。言葉に対するメンタルの強さは女性の方が一枚も二枚も上手。だから褒めて自信をつけて、安心させながら育てていきましょう。

年上彼氏といえども、男は皆、女の体から生まれてきたか弱き生き物。自分を認めてくれて安心させてくれる女性にそばにいてほしいのです。

同級生彼氏には、絆を感じられる言葉と楽しい気持ちにさせる言葉を!

先ほどのデータによると、5人に1人が同級生と付き合っています。

同級生彼氏は、パートナーや友達、仲間としても付き合っていきたいと願う傾向が高く、その多くが“友達カップル”や“友達夫婦”と呼ばれるような関係を望んでいるのも特徴。実際に同じ学校や職場など、日常環境から付き合いに発展した同級生カップルが多いのです。

同級生彼氏は彼女との共通話題や共有できることが多く、それを一緒に楽しむようなLINEのやりとりをします。他の年の差カップルに比べ、LINEでチャットのようなやりとりが一番多いのも特徴です。

ロマンチックなLOVEメッセージよりも「面白い動画見つけた」や「こんな記事あったよ」という情報交換のようなやりとりも大好きです。

「お互いに猫が好きなので、猫関係の動画や情報を見つけてはLINEで送っています。猫の話で盛り上がると、会っているような気持ちになって楽しいです」40代男性


「同じ学校だったので共有の友達が多く、“あいつ結婚するってさ”とか、“付き合っているらしい”みたいな友達ゴシップネタを彼女とLINEでよくやりとりします。彼女は恋人兼親友みたいな存在です」30代男性


同級生彼氏には熱く重い言葉よりも、「やっぱり私たちってホントに気が合うよね」的な絆を感じさせる言葉や相手が「ホントに楽しい!」という明るい言葉をLINEで送りましょう。

年下彼氏には、優しい言葉と包容力を感じる言葉を!

5歳以上年下の恋人を持つ女性たちは、やはりただ者ではない印象。皆さん年齢よりもはるかに若い見た目と、年下男性を惹きつける色気のようなものをまとっています。

データにも表れている通り、日本男性は基本的に自分よりも年下=若い女性を好みますが、最近は年下彼氏と年上彼女のカップルは、他の組み合わせに比べ圧倒的に増加率が高いです。

今はいくつになっても”おばさん“ととても呼べない艶やかな女性が増えました。それが年下彼氏と年上彼女のカップルが増えている一番の要因でしょう。

けれど、まだまだマイノリティである年下彼氏。年下彼女ではなく、同級生でもなく、年上彼女を好む男性は、末っ子気質の甘えん坊傾向が強いという特徴があります。

そのため、女性に甘えられるのが苦手。甘えるのではなく甘えたい願望が強い年下男性には、優しい言葉と女性の包容力を感じさせる言葉を送りましょう。

「情けないんですが、メンタルが弱いのですぐに落ち込むんです。そんなときは、彼女にLINEで愚痴を聞いてもらって励ましてもらっています(笑)。年下の彼女だと、愚痴LINEを送ってもスタンプ返しでスルーされましたが、年上の今の彼女は丁寧に返信してくれるし、励まし上手で優しいです」30代男性


「仕事が忙しくて、約束していたデートをキャンセルしなくてはならなくなったとき、LINEで、“がんばってきた姿を見てきたから、結果が出てきて私も嬉しい! デートはいつでもできるから心配しないでね。ガンバレ!”とメッセージをもらって、彼女の懐の大きさを感じて嬉しかったです」20代男性


年齢を重ねていくに比例して強まっていく母性本能。若いときは、”頼りない“と一蹴したくなるような年下男性も、”子犬のようにかわいい“と思えてくるから不思議です。

社会的に成功した男性が、若い女性と結婚することをがんばってきた自分へのトロフィーになぞらえて、”トロフィーワイフ“と呼びますが、これからは"トロフィーハズバンド"、もしくは"トロフィーボーイフレンド"なんて言葉が定着するかもしれませんね。

LINEで、相手がほしい言葉をプレゼントする!

「言葉」の持つ力は絶大です。

これからますます非対面コミュニケーションが主流となっていくことは間違いありません。一方的に投げかけられ、一方的に投げかける言葉の数々。

LINEの中で交わされる言葉は、記憶だけでなく記録として残っていきます。何気ないLINEのやりとりの中でも、相手が望む言葉のプレゼントで、会えない時間の恋を育むLINEは、恋愛に欠かせないラブレターツールです。

皆さんも大切なパートナーに、LINEで言葉のプレゼントをしてみては。

この記事のライター

コミュニケーションコンサルティング株式会社ループ 代表取締役社長 婚活業種の事業立案・ブランディング・PR・アライアンス・社員およびスタッフ育成等のトータルサポート・コンサルティング、コミュニケーション教育、女性向けサ...

関連するキーワード


大人のLINE術 恋愛

関連する投稿


「愛されたい症候群」な男性の特徴

「愛されたい症候群」な男性の特徴

愛するより愛されたい。常に先に求められないと恋愛できないのが「愛されたい症候群」です。特に男性の場合は、プライドが邪魔するせいで余計に愛情を伝えることができません。もしこんな男性を好きになってしまったら、良い関係を築くためにはどうすれば良いのでしょうか。「愛されたい症候群」な男性の特徴についてお話しします。


相性のいい相手が事前にわかる! 「疲れにくい合コン」体験記

相性のいい相手が事前にわかる! 「疲れにくい合コン」体験記

『DRESS』では1月、「疲れない出会い」特集を展開しました。疲れない出会いの場や機会を探すうちに見つけたのが、“誕生日”で相性が良い相手を見繕って引き合わせてくれる合コンです。実際に体験してきた、30代前半女性のレポートをご紹介します。


元彼がLINEをブロックする5つの理由

元彼がLINEをブロックする5つの理由

別れたあとで、元カレにLINEやメールなどをブロックされたことのある女性は多いのではないでしょうか。拒否されることはショックですが、男性が別れた女性の連絡先をブロックする心理は複雑で、単純に嫌いになったからとは言い切れません。本当は未練を抱えた状態でも、ブロックしてしまう男性の気持ちについてお話しします。


「不倫」を「恋愛関係」と呼ぶ小泉今日子

「不倫」を「恋愛関係」と呼ぶ小泉今日子

小泉今日子さんが2月1日、自身のサイト上でかねてから恋愛報道があった、俳優の豊原功補さんとの「恋愛関係」を認め、さらに豊原さんは離婚しておらず、いまも家族がいることを報告したことがニュースになっている。実質的には不倫関係にあると考えられるが、そこに「不倫」の文字はなかった。


「モチベーションの自家発電」に苦しむ前に逃げてしまおう【疲れる出会いを生み出す3つの原因】

「モチベーションの自家発電」に苦しむ前に逃げてしまおう【疲れる出会いを生み出す3つの原因】

恋愛における出会いの中で、疲れを感じたことのある『DRESS』読者は約半数。何故疲れてしまうのか? 恋バナ収集ユニット「桃山商事」清田代表に伺う「疲れる出会い」の生まれ方。第三回目は疲れる原因「ピンとこない男性との出会い」についてお話を伺いました。


最新の投稿


【海外で、産む】緊急帝王切開で産み、4泊で退院した私の経験談

【海外で、産む】緊急帝王切開で産み、4泊で退院した私の経験談

マレーシアで第一子を出産しました。無痛分娩で出産するつもりでしたが、諸事情で緊急帝王切開となりました。入院期間はたったの4泊。薬を飲む際は水ではなくてミロ(Milo)。そんな海外出産体験をご紹介します。


顔の疲れや乾燥が気になるときの「スペシャルケア」【わたしを助けてくれる肌ケア】

顔の疲れや乾燥が気になるときの「スペシャルケア」【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESSのコラムニスト中野ゆうこさんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


大人の語学留学先にセブ島がおすすめな理由

大人の語学留学先にセブ島がおすすめな理由

語学留学先として近年注目されるセブ島。13カ国以上の留学経験をもつ「留学ジャーナリスト」の著者が、数ある学校の中から実際の体験によって選び抜いた「”本当に使える英語"が身につく語学学校ベスト13校」を紹介した『セブ島英語留学完全ガイド』から、セブ島での語学留学の魅力をお伝えします。


「なんでわかってくれないの」原因は相手じゃなくて、自分にあることが大半

「なんでわかってくれないの」原因は相手じゃなくて、自分にあることが大半

仕事やプライベートで、「なんでわかってくれないの?」「私言ったのに!」ということはよくあることだと思います。最近、周りにわかってくれない人が増えてきた、という方。果たして、悪いのはわかってくれない相手なのでしょうか? それとも……?


日中の「乳液保湿」で、うるおいと肌ツヤが回復する【簡単美容#3】

日中の「乳液保湿」で、うるおいと肌ツヤが回復する【簡単美容#3】

朝晩のスキンケアでしっかり保湿しているつもりでも、日中に乾燥した室内で過ごしたり、保湿をしないでいると、肌からうるおいが失われていきます。だからこそ日中もこまめに「プチ」保湿を。おすすめはミスト化粧水よりも乳液!? その理由と使い方や得られるメリットをご紹介します。