「当たり前」という呪いが、私たちから「恋」を奪う

「当たり前」という呪いが、私たちから「恋」を奪う

結婚しなくちゃいけない、と思ってしまっている。結婚するために出会って、恋をして。でも、その恋は、10代や20代のときの恋よりも楽しいものだろうか。結婚するまで続く、生活のパートナー探し。


以前、お付き合いしていた男性のご両親とお会いしたときのこと。物腰が柔らかくて、笑顔を絶やさない60代半ばのお父さん。

「あなたと結婚する気がないなら、早めに別れなさいって言ってたんですよ、実は」

恋人のご両親を前にして、私もニコニコしていたけれど、頬のあたりが引きつるのがわかった。

「だってねぇ、早くしないとおばさんになっちゃうでしょ? もし30歳過ぎても結婚できなかったらあなたがかわいそうじゃないですか」

はあ、ええ、まあ、そうかもしれないですね、ええ、ええ。

■結婚できないとかわいそう?

彼のお父さんは、実は私のことが気に入らなくて、遠回しに別れさせようとしていたのか。でも、彼に聞いたところ、お父さんは歯に衣着せぬタイプらしく、本当にそう思っていたらしい。

彼に「あなたも同じ意見? もし30過ぎて結婚できなかったとしたらかわいそうだと思う?」と問いかけた。

「別にかわいそうだとは思わないけれど、親からああいうこと言われちゃうと、結婚したくなくなるなあ」

という答えが返ってきた。彼はどちらかというと、天邪鬼な男だった。

20代後半くらいから、「彼氏はいるの?」「いるなら結婚しないと」「早いほうがいいわよ!」と言われるようになったけど、そういう人たちに限って、早く結婚したらしたで、「もう結婚しちゃったの? もっと独身生活を楽しんだほうがいいんじゃない?」などと言い出す。

要はお節介な人たちなのである。お節介がひとりだけだったらいいけれど、複数人いるから、次第に呪いの言葉のように刷り込まれていく。

「早く結婚しなさい」

■上がるハードル、低くなる恋愛成就の確率

好みのタイプが年を重ねると変わっていく、と聞いたことがある。

友人の中には「働いてさえいればいい」「借金がなければいい」「暴力を振るわなければいい」といったことを挙げる人がいるけれど、それは「好きな人のタイプ」ではなくて「結婚する相手の条件」だ(でも確かに無職も借金持ちも、DVも夫にするのは嫌だ……)。

好きな人と結婚できればいいけれど、それよりも、結婚に向いている相手を探してしまう。「好き」という気持ちがあるなら許されることも、条件だけで見ていると許せないことも、一緒にいるうちに出てくるはずだ。

低くしたはずのハードルは、恋愛の足を引っ張る結果になってしまっている。

■結婚しなくてもいい、という意識を持つには

10代の頃、「大人になったら勝手に結婚できるんだ」と思い込んでいた。それがどうだろう、いざ大人になってみると、結婚することがどれだけ難しいのか身に沁みる。

恐ろしいもので「結婚をして当然」という刷り込みはすでに10代で完了していたのだ。あたかも当然のこととして。そうした刷り込みをされていたことに大人になってから気づく。

結婚って、しなくちゃいけないのかな。

仕事の打ち合わせ中に、「そこそこお金を稼いでいて、遊んでくれる異性がいて、好きな仕事をしていて趣味があったとしたら、結婚しなくてもいいんじゃないか」という話になったことがある。あとは老後と死後の準備をして、迷惑をかけないようにさえすればいいのでは?

でも、それを堂々というのはどこかはばかられる。「結婚することは当たり前」と思っている人たちが放っておいてくれないから。

誰かさんたちは、固定概念で私たちを縛ってくる。こうした呪いで、一体誰が幸せになれるというのだろうか。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


結婚

関連する投稿


「DNA婚活」なら遺伝子レベルで相性がわかる!? 変化する年収や外見より、不変のDNAで相手を選んでみるのもアリ

「DNA婚活」なら遺伝子レベルで相性がわかる!? 変化する年収や外見より、不変のDNAで相手を選んでみるのもアリ

「DNA婚活」をご存知ですか? その名の通り、DNAを用いた婚活方法。自身の遺伝子を検査し、遺伝子レベルで「相性」を調べてくれるのだとか。いま話題を集めるDNA婚活について詳しく聞いてきました。


結婚を考えていない彼と結ばれたい! そのためにやるべき3つのこと

結婚を考えていない彼と結ばれたい! そのためにやるべき3つのこと

「30代になった。そろそろ結婚を……」女性がそう思っていても、彼は同じように考えてくれているのか? むしろ、結婚なんてしたくないと否定的かもしれない。そんな彼に「結婚したい」と思わせるための方法を3つアドバイスします。


居心地が悪い空間があれば、今すぐそこから逃げていい

居心地が悪い空間があれば、今すぐそこから逃げていい

不倫研究家、恋愛実務家の私が日々思っていること、女としての生きづらさや苦難を語ります。今回は、すれ違いから親友をふたり失ってしまった話をもとに、現代の女性の価値観を理解し合うことの難しさについて考えてみました。


「産もうが産むまいが、幸せになれる」――とことん考えた自分の“選択”を信じること【犬山紙子さん×ハヤカワ五味さん】

「産もうが産むまいが、幸せになれる」――とことん考えた自分の“選択”を信じること【犬山紙子さん×ハヤカワ五味さん】

結婚、妊娠、出産、育児。自分の人生を考えるとき、多くの女性の頭をよぎるキーワードではないでしょうか。先日、そんなテーマで対談を実施した犬山紙子さん×ハヤカワ五味さん。おふたりのお話を踏まえつつ、さまざまな“選択”をした女性たちの声を聞きました。


【MBA的恋愛学#6】「男を見る目」は必要ない~「現在価値」で見極める結婚相手

【MBA的恋愛学#6】「男を見る目」は必要ない~「現在価値」で見極める結婚相手

「MBA的恋愛講座」では、知っておくとちょっとモテる、経営学仕込みの恋愛テクニックを披露します。今回ご紹介するvol.6はファイナンスの「現在価値」という考え方を使用した、長くお付き合いしているのに結婚してくれなそうな彼の見極め方についてです。


最新の投稿


浮気する男性の5つの特徴~女性関係がミルフィーユな男性の正体

浮気する男性の5つの特徴~女性関係がミルフィーユな男性の正体

パートナーにするなら、自分だけを大切にしてくれる男性! というのはすべての女性の願い。ただ残念ながら世の中には、浮気を繰り返す男性がいます。今回は浮気する男性の特徴を調査しました!


痛くない、肌に栄養を与えるブラジリアンワックス脱毛でデリケートゾーンを美しく

痛くない、肌に栄養を与えるブラジリアンワックス脱毛でデリケートゾーンを美しく

ブラジリアンワックスは脱毛法のひとつとして、成熟した大人の女性にこそおすすめしたい施術です。とくにアンダーヘアをワックス脱毛するとメリットがいっぱい。世界的にワックス後進国だった日本で、2010年頃の黎明期からブラジリアンワックスブームを支えてきたワックスメーカー代表の著者が、ワックス脱毛についてお届けする連載です。


『フリンジマン』第3話あらすじ - 愛人関係成立まであと一歩!?

『フリンジマン』第3話あらすじ - 愛人関係成立まであと一歩!?

『フリンジマン』第3話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは板尾創路、大東駿介、淵上泰史、森田甘路など。デート先のレストランで妻と背中合わせになった田斉。気になる3話の展開は――。


10年後のあなたの姿がわかる心理テスト

10年後のあなたの姿がわかる心理テスト

「未来はどうなるんだろう……?」と、未来の自分を空想したことはありませんか? 人には、それぞれ生き方がありますが、最終的には「”自分らしい幸せ”にたどり着きたい」という願いを持っているかと思います。あなたは10年後、どのような人生を送っているのでしょうか? 今回は、10年後の姿を心理テストで探っていきます。


鎌倉発のアロマ生チョコレート専門店「ca ca o」湘南エリア2店目がオープン

鎌倉発のアロマ生チョコレート専門店「ca ca o」湘南エリア2店目がオープン

鎌倉発のアロマ生チョコレート専門店「ca ca o大船ルミネウィング店」が11月9日に新規オープン。コロンビア産カカオによる“香りの高さ“、水分量の多さによる“口どけの良さ”、カカオ純度 100%による喉に残らない“爽やかな後味”にこだわった絶品チョコをお届けします。


おっぱい