「当たり前」という呪いが、私たちから「恋」を奪う

「当たり前」という呪いが、私たちから「恋」を奪う

結婚しなくちゃいけない、と思ってしまっている。結婚するために出会って、恋をして。でも、その恋は、10代や20代のときの恋よりも楽しいものだろうか。結婚するまで続く、生活のパートナー探し。


以前、お付き合いしていた男性のご両親とお会いしたときのこと。物腰が柔らかくて、笑顔を絶やさない60代半ばのお父さん。

「あなたと結婚する気がないなら、早めに別れなさいって言ってたんですよ、実は」

恋人のご両親を前にして、私もニコニコしていたけれど、頬のあたりが引きつるのがわかった。

「だってねぇ、早くしないとおばさんになっちゃうでしょ? もし30歳過ぎても結婚できなかったらあなたがかわいそうじゃないですか」

はあ、ええ、まあ、そうかもしれないですね、ええ、ええ。

■結婚できないとかわいそう?

彼のお父さんは、実は私のことが気に入らなくて、遠回しに別れさせようとしていたのか。でも、彼に聞いたところ、お父さんは歯に衣着せぬタイプらしく、本当にそう思っていたらしい。

彼に「あなたも同じ意見? もし30過ぎて結婚できなかったとしたらかわいそうだと思う?」と問いかけた。

「別にかわいそうだとは思わないけれど、親からああいうこと言われちゃうと、結婚したくなくなるなあ」

という答えが返ってきた。彼はどちらかというと、天邪鬼な男だった。

20代後半くらいから、「彼氏はいるの?」「いるなら結婚しないと」「早いほうがいいわよ!」と言われるようになったけど、そういう人たちに限って、早く結婚したらしたで、「もう結婚しちゃったの? もっと独身生活を楽しんだほうがいいんじゃない?」などと言い出す。

要はお節介な人たちなのである。お節介がひとりだけだったらいいけれど、複数人いるから、次第に呪いの言葉のように刷り込まれていく。

「早く結婚しなさい」

■上がるハードル、低くなる恋愛成就の確率

好みのタイプが年を重ねると変わっていく、と聞いたことがある。

友人の中には「働いてさえいればいい」「借金がなければいい」「暴力を振るわなければいい」といったことを挙げる人がいるけれど、それは「好きな人のタイプ」ではなくて「結婚する相手の条件」だ(でも確かに無職も借金持ちも、DVも夫にするのは嫌だ……)。

好きな人と結婚できればいいけれど、それよりも、結婚に向いている相手を探してしまう。「好き」という気持ちがあるなら許されることも、条件だけで見ていると許せないことも、一緒にいるうちに出てくるはずだ。

低くしたはずのハードルは、恋愛の足を引っ張る結果になってしまっている。

■結婚しなくてもいい、という意識を持つには

10代の頃、「大人になったら勝手に結婚できるんだ」と思い込んでいた。それがどうだろう、いざ大人になってみると、結婚することがどれだけ難しいのか身に沁みる。

恐ろしいもので「結婚をして当然」という刷り込みはすでに10代で完了していたのだ。あたかも当然のこととして。そうした刷り込みをされていたことに大人になってから気づく。

結婚って、しなくちゃいけないのかな。

仕事の打ち合わせ中に、「そこそこお金を稼いでいて、遊んでくれる異性がいて、好きな仕事をしていて趣味があったとしたら、結婚しなくてもいいんじゃないか」という話になったことがある。あとは老後と死後の準備をして、迷惑をかけないようにさえすればいいのでは?

でも、それを堂々というのはどこかはばかられる。「結婚することは当たり前」と思っている人たちが放っておいてくれないから。

誰かさんたちは、固定概念で私たちを縛ってくる。こうした呪いで、一体誰が幸せになれるというのだろうか。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


結婚

関連する投稿


結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなるとマンネリ化する、と考える人は少なくないようです。確かに、恋人でも夫婦でも、長い付き合いになるとお互いのことがわかってきて楽な反面、それが退屈に感じられることも。でも、相手との向き合い方をちょっと変えるだけで、「マンネリだ」なんて思わずに済むかも。結婚7年目直前に起きたある出来事で気づきました。


結婚式をミニマルに、ふたりらしく。シンプルで上質な式を叶える「minimal WEDDING」

結婚式をミニマルに、ふたりらしく。シンプルで上質な式を叶える「minimal WEDDING」

茂木商事株式会社が2018年2月1日にオープンする、少人数婚に向けた結婚式場紹介カウンター「minimal WEDDING(ミニマルウェディング)」。新郎新婦が考える、おふたりらしい、より上質で洗練された結婚式を叶えます。


選択の思考停止が、結婚を”人生の墓場”にする

選択の思考停止が、結婚を”人生の墓場”にする

なんとなく、結婚は恋愛のゴールと思ってしまうところがあるけれど、結婚のゴールはどこだろうか? 死だろうか。そう考えてしまうと元も子もないが、ゴールに向かうまでに私たちはいくつかの選択肢が用意されている。


女性の結婚のタイミングを考える。男女で異なる婚期を逃す理由

女性の結婚のタイミングを考える。男女で異なる婚期を逃す理由

女性が活躍できる機会も増え始め、結婚のタイミングが掴めないという方もたくさんいるのではないでしょうか? この記事では、世の働いている女性はどのように結婚のタイミングを見計らっているのかについてご紹介していきます。


結婚するために貯金はいくらあればいい? リアルなお金事情を紹介します

結婚するために貯金はいくらあればいい? リアルなお金事情を紹介します

結婚の現実的な問題として貯金、つまり「お金」があります。結婚式の資金やこれから生活していく上でのお金、新婚旅行。さまざまなところで費用がかかります。では、結婚前の資金としてどのくらい貯めておけばよいのでしょうか? 男女別に分けて詳しくご紹介していきます。


最新の投稿


ソーシャルレンディングとは - 新しい投資のカタチ

ソーシャルレンディングとは - 新しい投資のカタチ

ソーシャルレンディングとは何かご紹介します。最近話題の、インターネットを使った資金調達方法のクラウドファンディング。その中でもとくに旬なのがソーシャルレンディング。株や債券など、今まであった投資対象に加えて、これを機にあなたも新しい投資を始めてみませんか?


東京で幸せに生きるコツは「人と比べる」のをやめること【佐藤あつこ】

東京で幸せに生きるコツは「人と比べる」のをやめること【佐藤あつこ】

忙しすぎる日常が流れる東京。あまりにも忙しすぎて、情報が多すぎて、本当に自分が幸せなのか、不幸なのか、その基準を人と比べることによってのみ、判断するとつらくなる現状です。自分は自分、人は人。自分の幸せは自分で決める。そのスタンスで生きる人が都心での暮らしで幸せになれる人だと思います。


LINEのやりとりに現れる彼の本気度〜大人の男性編

LINEのやりとりに現れる彼の本気度〜大人の男性編

“いいな”と感じた大人の男性とのLINEのやりとり。“これってその気になってもいいの?”と思わせる言葉や意味深なスタンプ。けれど、意外なところに本音が現れるのがLINE。彼のあなたへの本気度をチェックしてみましょう。


ファンケルから至福の暖かさを追求したソックスが登場

ファンケルから至福の暖かさを追求したソックスが登場

ファンケルから、足元の2大冷えポイント“すね”と“足底”を徹底保温する、至福の極暖「足底とスネの幸せソックス」が数量限定で発売に。カラー展開は新年に向けて縁起が良い「赤」「紺」「金」の3色です。


きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

モデルでヨガインストラクターの雅也さんによるヨガ連載【#3分MASAYOGA】。毎日朝でも晩でもOK。たった3分で取り組めて、心身を解きほぐすヨガポーズをご紹介します。第4回目では背中やお腹周り、腿などを引き締めるヨガポーズ「椅子のポーズ」を取り上げます。体全体の筋肉をバランスよく使うポーズです。


おっぱい