「当たり前」という呪いが、私たちから「恋」を奪う

「当たり前」という呪いが、私たちから「恋」を奪う

結婚しなくちゃいけない、と思ってしまっている。結婚するために出会って、恋をして。でも、その恋は、10代や20代のときの恋よりも楽しいものだろうか。結婚するまで続く、生活のパートナー探し。


以前、お付き合いしていた男性のご両親とお会いしたときのこと。物腰が柔らかくて、笑顔を絶やさない60代半ばのお父さん。

「あなたと結婚する気がないなら、早めに別れなさいって言ってたんですよ、実は」

恋人のご両親を前にして、私もニコニコしていたけれど、頬のあたりが引きつるのがわかった。

「だってねぇ、早くしないとおばさんになっちゃうでしょ? もし30歳過ぎても結婚できなかったらあなたがかわいそうじゃないですか」

はあ、ええ、まあ、そうかもしれないですね、ええ、ええ。

■結婚できないとかわいそう?

彼のお父さんは、実は私のことが気に入らなくて、遠回しに別れさせようとしていたのか。でも、彼に聞いたところ、お父さんは歯に衣着せぬタイプらしく、本当にそう思っていたらしい。

彼に「あなたも同じ意見? もし30過ぎて結婚できなかったとしたらかわいそうだと思う?」と問いかけた。

「別にかわいそうだとは思わないけれど、親からああいうこと言われちゃうと、結婚したくなくなるなあ」

という答えが返ってきた。彼はどちらかというと、天邪鬼な男だった。

20代後半くらいから、「彼氏はいるの?」「いるなら結婚しないと」「早いほうがいいわよ!」と言われるようになったけど、そういう人たちに限って、早く結婚したらしたで、「もう結婚しちゃったの? もっと独身生活を楽しんだほうがいいんじゃない?」などと言い出す。

要はお節介な人たちなのである。お節介がひとりだけだったらいいけれど、複数人いるから、次第に呪いの言葉のように刷り込まれていく。

「早く結婚しなさい」

■上がるハードル、低くなる恋愛成就の確率

好みのタイプが年を重ねると変わっていく、と聞いたことがある。

友人の中には「働いてさえいればいい」「借金がなければいい」「暴力を振るわなければいい」といったことを挙げる人がいるけれど、それは「好きな人のタイプ」ではなくて「結婚する相手の条件」だ(でも確かに無職も借金持ちも、DVも夫にするのは嫌だ……)。

好きな人と結婚できればいいけれど、それよりも、結婚に向いている相手を探してしまう。「好き」という気持ちがあるなら許されることも、条件だけで見ていると許せないことも、一緒にいるうちに出てくるはずだ。

低くしたはずのハードルは、恋愛の足を引っ張る結果になってしまっている。

■結婚しなくてもいい、という意識を持つには

10代の頃、「大人になったら勝手に結婚できるんだ」と思い込んでいた。それがどうだろう、いざ大人になってみると、結婚することがどれだけ難しいのか身に沁みる。

恐ろしいもので「結婚をして当然」という刷り込みはすでに10代で完了していたのだ。あたかも当然のこととして。そうした刷り込みをされていたことに大人になってから気づく。

結婚って、しなくちゃいけないのかな。

仕事の打ち合わせ中に、「そこそこお金を稼いでいて、遊んでくれる異性がいて、好きな仕事をしていて趣味があったとしたら、結婚しなくてもいいんじゃないか」という話になったことがある。あとは老後と死後の準備をして、迷惑をかけないようにさえすればいいのでは?

でも、それを堂々というのはどこかはばかられる。「結婚することは当たり前」と思っている人たちが放っておいてくれないから。

誰かさんたちは、固定概念で私たちを縛ってくる。こうした呪いで、一体誰が幸せになれるというのだろうか。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


結婚

関連する投稿


「それでも相手を愛せますか?」結婚で試されること【いい女.bot】

「それでも相手を愛せますか?」結婚で試されること【いい女.bot】

国籍が違う。それでも愛せますか? 宗教が違う。それでも愛せますか? 子供が産めないかもしれない、体が不自由である、何か障害を持っている、家族に問題がある……それでも愛せますか? 結婚って、それらを試すものなのかもしれません。誰にでもある“結婚の試練”について、いい女.botさんが綴ります。


子供を考えるとき、大切なのはパートナーと過ごす人生【成功する結婚#5】

子供を考えるとき、大切なのはパートナーと過ごす人生【成功する結婚#5】

結婚=「家族になること」。ふたりだけの家族になるのか、それとも子供を授かろうとするのかは、結婚生活を大きく変える重要な決断です。「実際には授かるかどうかはわからない」という不確定要素もあるテーマを、どのように考え、話し合えばいいのでしょうか。


漠然と「結婚したい」と思う前に、結婚したい理由を考えてみませんか?

漠然と「結婚したい」と思う前に、結婚したい理由を考えてみませんか?

漠然と「結婚したい」と思っているなら、まずすべきは結婚したい本当の理由を導き出すことではないでしょうか。やみくもに動いて時間をムダにする前に、「なぜ自分が結婚したいと思っているのか? 結婚してどうなりたいのか?」を、最初に考えて、本当に結婚すべきなのかどうなのか、決めるのが良いと思うのです。


夫婦になるなら、お金と真剣に向き合う【成功する結婚#4】

夫婦になるなら、お金と真剣に向き合う【成功する結婚#4】

結婚して一緒に住むということは、生活のあらゆる面を共有するということでもあります。「金銭感覚の違い」は放置しておくと結婚生活に大きなストレスをもたらすことも。プレマリッジ・セミナーでは、まずお金についての話をするときにまず知っておきたい「マネー・パーソナリティ」を紹介しています。


“輝く女性”は幸せになれたのか

“輝く女性”は幸せになれたのか

“女性が輝く社会に”安部政権が掲げたマニフェスト。 確かに稲田朋美防衛大臣や小池百合子東京都知事、蓮舫民進党代表など、政治の世界で要職に就き活躍する女性や、企業の管理職や経営者になる女性も増えました。そんな”輝く女性“のロールモデルのような存在になれた女性たちは幸せを感じているのでしょうか。3人の女性を取材しました。


最新の投稿


自分の人生は自分でデザインする - パラレルライフワークスタイルとは

自分の人生は自分でデザインする - パラレルライフワークスタイルとは

新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載がスタートします。第1回目は自己紹介とあわせて、ご自身が考えるパラレルライフワークについてお伝えします。


不倫相手と綺麗に別れるコツは「別れ話をしないこと」

不倫相手と綺麗に別れるコツは「別れ話をしないこと」

不倫関係であっても男女の仲。もう終わりにしたいと思っても、相手が引き留めたり逆上したり、なかなか綺麗に終わらせることはできないものです。上手な別れ方は、ズバリ「あえて別れ話はしないこと」。けじめをつけない終わりに見えますが、その後の気まずさを少なくするにも有効な別れ方、終わらせ方なのです。


夏の猛暑対策に! 室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズ#2

夏の猛暑対策に! 室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズ#2

お盆は過ぎましたが、まだ8月。涼しく過ごせる日を心待ちにしながら、ムシムシと蒸し暑い日本の夏を恨めしく感じている方も多いことでしょう。今回は、室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズをご紹介します。


「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

人間は何が幸せかを知っているのといないのとでは、人生の過ごし方が変わってくるはず……哲学的・学問的に「幸せ」の定義を明確にした4人の哲学者を取り上げ、読者の皆さんと一緒に幸せについて、ちょっとだけ真剣に考えるコラム、後編です。


玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

有楽町の「24/7cafe apartment」では、黒米をブレンドしたもちもちふっくらの玄米・あたたかなみそ汁、野菜たっぷりのおかずの数々に、京都の名店・藤井茶園から取り寄せた上質なほうじ茶を添えた「至福のごはん」の提供を開始。ごはん、お味噌汁、ほうじ茶はおかわり自由です。