ひんやり美味しい赤ワインの見つけ方! 夏の赤ワインは冷やして召しあがれ 

ひんやり美味しい赤ワインの見つけ方! 夏の赤ワインは冷やして召しあがれ 

日本の夏は蒸し暑い……だからこそ、ビールや白ワインがおいしい季節でもあります。ですが今回ご紹介したいのは、冷やしておいしい赤ワインの見つけ方。常温で飲むのが普通の赤ワインですが、冷やすことでより味わい深くなる赤ワインもあるんです。


夏は蒸し暑くてビールや白ワインがおいしい季節ではありますが、赤ワイン好きには厳しい季節でもあります。

赤ワインは常温で、とはいうものの、この蒸し暑さでは赤ワインもすぐにぬるくなってしまいます。

そこで今回は、冷やしても美味しい赤ワインの見つけ方をご紹介します。夏のイベントであるバーベキューやキャンプなどでも役立つ情報もあるので、参考にしてみてくださいね。

どうして「赤ワインは常温で」飲むのが良いの?

そもそも、「赤ワインは常温で」といいますが、そのことが最初に言われ始めたのは17世紀頃のフランス。

日本より緯度も高く、気温も低い地域において、貴族がお城で飲んでいたときに作られた言葉です。石造りのお城では温度も低く、室内はひんやりとしていました。当然、夏も”蒸し暑い”というよりも”カラっとした暑さ”です。

それに比べて日本の夏は湿度が高く、蒸し暑い。ワインを常温で置いておくとぬるくなってしまいます。つまり、我が国において、「赤ワインは常温で」というのはそのまま放置しておけばよい、ということではないのです。

レストランでも、常温というよりは軽めのワインなら14~16度、重めなら16~18度くらいがちょうど良いとされています。

■間違いないのは赤のスパークリングワイン

たまに見かけるのがランブルスコなどの赤のスパークリングワイン。

産地でいうと、イタリアやオーストラリアでつくられているものが多いです。赤のスパークリングワインは、冷やして飲むほうがおいしいんですよ。

グラスはシャンパングラスでも良いですし、普通のワイングラスやタンブラーのようなものでもおいしく飲めます。

ちなみに、ランブルスコはイタリアのエミリア・ロマーニャ州を主な産地とする微発砲の赤ワイン。

サラミやハム、パルミジャーノ・レッジャーノ、そしてバルサミコ酢などが有名な地域です。酸味と渋味が同居する赤のスパークリングは脂っこいお料理を洗い流してくれますし、ピザなどのジャンキーなお食事ともよく合います。

■「軽め、フルーティ」と言われるワインを冷やしてみる

「赤ワインも飲みたい……でも暑い……」そんなときには「軽め・フルーティ」と言われるワインを冷やすとちょうどよくなります。

ワインの主な成分は「甘味」「酸味」「渋味」。

赤ワインの場合は「渋味」が重要ですが、渋味は温度が低い(冷やす)と強く感じてしまいます。逆に「甘味」は温度が低いほうが感じにくくなります。いわゆる「軽め」「ライト」なワインは渋味が控え目なので冷やしても美味しく飲めます。

また、フルーティーなもの、少し甘味のある赤ワインもおすすめ。冷やして飲みたいときは、「軽め・フルーティ」と書かれているものを選ぶようにしましょう。

■おすすめのブドウ品種

やはりブドウ品種も「軽めでフルーティ」なものが良いです。

・ピノ・ノワール
高級なものは渋味がしっかりあるタイプもありますが、低価格なものは比較的フルーティ。冷やして飲んでもおいしく楽しめます。

・ガメイ
ボジョレー・ヌーヴォーで使われているブドウです。フレッシュでタンニンが柔らかいのが特徴。夏ではなくても低めの温度で提供されます。

・テンプラニーリョ
こちらも価格帯にもよりますが、チェリー系のフルーティーなタイプに仕上がっているものも多いです。そういったものは冷やして飲むと美味しく感じられます。

お店で買うときには最初から「冷やしても飲みやすいものを」とリクエストすると良いです。お店のソムリエさんが冷やして飲みやすいものを選んでくれます。

夏でも赤ワインを飲みたいシチュエーションはあると思います。

クーラーの効いた部屋で赤ワインも良いですが、とくに外で飲むときなどは冷やしておいしく飲めたら嬉しいですよね。

「赤ワインは常温で」というヨーロッパで作られた言葉に惑わされず、冷やしてもおいしいワインを見つけて日本の夏を楽しみましょう。

この記事のライター

ソムリエ。ワイン輸入会社。日本の女性にもっとワインを飲んでもらいたくワイン会や執筆活動を行っています。女性全員が、アルコール含めて口に入れるものすべてを自分の意思で選べるような社会が目標。モットーはおいしく楽しく食べて幸せを...

関連するキーワード


ワイン

関連する投稿


美味しいワインと気軽なおつまみがあればいい。フランス流「アペロ・ディナトワール」のすすめ

美味しいワインと気軽なおつまみがあればいい。フランス流「アペロ・ディナトワール」のすすめ

フランス人が大好きなアぺリティフ(通称アぺロ)。食事の前のひとときとはいえ、ワインを片手に弾むおしゃべりは一体いつまで続くのかと思うほど。だけどそれは彼らのかけがえのない時間。また、ざっくばらんに楽しめる「アぺロ・ディナトワール」も人気。何気ない集まりも華やかになる、フランス流の楽しみ方をご紹介します。


パーティーシーズンにぴったりな、プレミアムな“カヴァ”がU2000円

パーティーシーズンにぴったりな、プレミアムな“カヴァ”がU2000円

スペインを代表するスパークリングワイン“カヴァ”。成城石井 創業90周年の特別商品「アケオ カヴァ ブリュットナチュレ レゼルヴァ 2011」が11月より数量限定で新発売に。


フランス産の正統派スパークリングワイン「ポール・ルイ」が新登場

フランス産の正統派スパークリングワイン「ポール・ルイ」が新登場

サッポロビールからスパークリングワイン「ポール・ルイ」が新発売に。ポップなイメージが海外で人気の1本です。本格的な味わいでパーティーシーズンを盛り上げます。


大人の女子旅は「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」で上質なひとときを

大人の女子旅は「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」で上質なひとときを

今回、DRESS読者の方々に提案したい旅行先は、2017年4月22日にリニューアルオープンした「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」です。総工費15億円をかけて行われた改装のコンセプトは「ワインリゾートの更なる進化」。今回は、日常から離れて、ゆったりと過ごす女子旅1泊2日の内容をお届け。


絶品&簡単! 赤ワインに合うおつまみ4選

絶品&簡単! 赤ワインに合うおつまみ4選

今回ご紹介するのは赤ワインに合うおいしいおつまみ。まだまだ日本の家庭には馴染みきっていないワイン。簡単にすぐ用意できるものでもおつまみになるし、簡単なのにおしゃれなものもたくさんあります。前回の白ワイン編に続きこちらもおしゃれ晩酌に活用してみてくださいね。


最新の投稿


東京で幸せに生きるコツは「人と比べる」のをやめること【佐藤あつこ】

東京で幸せに生きるコツは「人と比べる」のをやめること【佐藤あつこ】

忙しすぎる日常が流れる東京。あまりにも忙しすぎて、情報が多すぎて、本当に自分が幸せなのか、不幸なのか、その基準を人と比べることによってのみ、判断するとつらくなる現状です。自分は自分、人は人。自分の幸せは自分で決める。そのスタンスで生きる人が都心での暮らしで幸せになれる人だと思います。


LINEのやりとりに現れる彼の本気度〜大人の男性編

LINEのやりとりに現れる彼の本気度〜大人の男性編

“いいな”と感じた大人の男性とのLINEのやりとり。“これってその気になってもいいの?”と思わせる言葉や意味深なスタンプ。けれど、意外なところに本音が現れるのがLINE。彼のあなたへの本気度をチェックしてみましょう。


ファンケルから至福の暖かさを追求したソックスが登場

ファンケルから至福の暖かさを追求したソックスが登場

ファンケルから、足元の2大冷えポイント“すね”と“足底”を徹底保温する、至福の極暖「足底とスネの幸せソックス」が数量限定で発売に。カラー展開は新年に向けて縁起が良い「赤」「紺」「金」の3色です。


きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

モデルでヨガインストラクターの雅也さんによるヨガ連載【#3分MASAYOGA】。毎日朝でも晩でもOK。たった3分で取り組めて、心身を解きほぐすヨガポーズをご紹介します。第4回目では背中やお腹周り、腿などを引き締めるヨガポーズ「椅子のポーズ」を取り上げます。体全体の筋肉をバランスよく使うポーズです。


不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

自分たちはバレていないと思っても、思わぬきっかけで不倫中であることを周囲に気づかれる場合があります。相手に意識が向いていると、どうしても言動に不自然さが出てしまうものですが、実際に周りの人たちはどんな瞬間に不倫を確信したのでしょうか。実際のエピソードをご紹介します。


おっぱい