断捨離ができない! 片付けが苦手な人もできる「断捨離」のコツ<実践編2>

断捨離ができない! 片付けが苦手な人もできる「断捨離」のコツ<実践編2>

不要なものを処分し、部屋も気持ちも一新して新たな暮らしを手に入れようと「断捨離」を決行しようとしている方にお届けする「断捨離」コラムシリーズ。今回は、キッチンやリビングなどパーツごとの「断捨離」方法について解説していきます。


いま初めてこのコラムシリーズをお読みになった方は、ぜひ下記の「断捨離」シリーズコラムの「心得編」からご覧ください。

断捨離ができない! 片付けが苦手な人でもできる「断捨離」のコツ<心得編>

今回は、キッチン、リビング、クローゼットの順番で断捨離の方法についてご紹介します。

■キッチンを断捨離

断捨離実践編

テフロンの剥げたフライパン、1年以上使用していないミキサーやたこ焼き器などの調理機器、山積みのタッパーや使わなくなった弁当箱などは思い切って捨てましょう。

取っておいても、きっと永久に使いません。どんどん古ぼけていくだけです。

食器類も、よほど来客の多い家庭でない限り、大量に必要ないはず。茶碗、汁椀、取り皿、大皿、サラダボウルなど、普段使い以外の食器は処分しましょう。

コンビニなどでもらった割り箸やストロー、プラスチック製のフォークやスプーンなどのストックもゴミ箱へ。引き出物などでもらった高級だけど使わない食器は、リサイクルショップに持っていきましょう。

調味料や食品類は、賞味期限を目安に処分。「まだ食べられるから」と取っておいた結果、腐っていた、干からびていた、逆に固まっていた、または虫がわいていた……なんてことにならないよう、この機会に一掃を。

冷蔵庫は別の日に

断捨離実践編

冷蔵庫内の「断捨離」は1日がかりの作業になりやすいので、別の日に行います。

冷蔵庫内も、冷蔵室、野菜室、冷凍室それぞれ1カ所ずつ、全部取り出してから要・不要を分けます。しかし、庫内は謎のベタベタした液体がこびりついている可能性が大。大抵の冷蔵庫は、ポケットなどそれぞれのパーツが取り外せますので、すべて取り外して洗います。

■リビングを断捨離

薬

まず、家族の私物は一旦各自の部屋に戻してしまいましょう。その上で、家族みんなが共用する物を整理していきます。

文房具は必要最低限の物だけ取っておきましょう。インクの切れかかったマジックや切れ味の悪いハサミなどは思い切って処分。「まだ使えるから」と取っておいても、きっと使いません。

薬類は、まず使用期限が切れた物は捨てます。そして必ず1カ所にまとめてください。絆創膏や頭痛薬、虫刺され薬など「あったかもしれないけど、なかったら困るから」と無駄に購入してしまうことを防ぐためです。

書類は、手紙、取扱説明書、伝票などジャンルごとに分けます。そして、捨てても良いかどうか悩むものが発生しがちなので「一時保存ファイル」も作っておきましょう。そのファイルは約半年~1年ごとに中身をチェックし、1年経って使わなかった書類は捨てます。

収納場所も、この機会に再考しましょう。テレビを見ながら爪を切ることが多ければ、グルーミンググッズはテレビ台の下に。洗面所で薬を飲むことが多いなら、薬品類は洗面所の引き出しの中に。文房具やメモ帳類は誰でも手が届くよう、ウォールポケットに……など、家族の動線を考えた収納場所に入れておきます。

■クローゼットを断捨離

断捨離実践編

「着られなくなった服」とは、概ねサイズが合わなくなった服か、着古した感があるか、流行遅れの服であり、「まったく着られない服」ではないため捨てづらいもの。

しかし、「自分は着ないけど、いつか誰かが着るかも」という思いは捨て、2年に渡って着なかった服は思い切って捨ててください。

着物やドレスなど、高級かつ思い入れのある服でも、きっとあなたは二度と袖を通すことはないはず。ゴミ袋に入れられなければ、リサイクルショップなどへ持っていき、第二の人生を歩んでもらいましょう。

また「誰も見ないから」と、くたびれた下着を身に着けていませんか?

そのような古い下着を着けていると、気の巡りが悪くなり、健康にも悪影響を及ぼす恐れが。「断捨離」を機会に下着も一新してみてください。

小さなお子さんがいらっしゃる家庭では、子ども服の処分に悩む方も多いでしょう。近所の人や親戚にお下がりを譲れる場合は良いですが、そうでない場合はリサイクルショップへ。

思い入れのある子ども服も、時間の経過とともに食べこぼしなどのシミが浮き上がってくるので、早い段階でリサイクルに出した方が賢明です。

■断捨離は、今「必要」か「不要」かが基準

「断捨離」を着実に進めるコツは、単純に今「必要」か「不要」かを整理すること。

「捨てるのはもったいない」
「いつか使うかも」
「面倒くさい」

という感情を横に置かなければ進まない作業です。

とはいえ、思い出の品や、どうしても捨てられないものもありますよね。そういったものを無理に処分する必要はありません。一時保管用スペースを作って、そこにまとめておきましょう。

ただ、取っておいたところで自分以外の人に有益か無益か……という観点を持つことも必要です。万が一あなたに何かあったとき、あなたの家族が遺品整理で大変な思いをするのは、あなたにとっても本望ではないはず。

前回のコラムの通り、ダイエットも「断捨離」も、あなたの決意次第。やれることは今のうちにやって、ご自分の人生に新鮮な風を取り入れてみませんか?

この記事のライター

ライター兼ソーシャルワーカー。都内で二人の子と黒猫と暮らす。 取材で遠征したり、一日中パソコンに向かったり、高齢者に体操を教えたり、小学生に読み聞かせをしたりと、常にじっとしていない40代。酒と肉が好きで、発言は直球、笑い...

関連するキーワード


断捨離 インテリア

関連する投稿


断捨離で運気アップ! 整理整頓で生活をもっと輝かせる

断捨離で運気アップ! 整理整頓で生活をもっと輝かせる

皆さん断捨離をしたことはありますか? 断捨離は不要なものを捨てる行為のことを指しますが、自分にとって大切なものを見直す機会にもなります。本当に必要なものだけを持つことで運気アップにもつながります。新しい年を迎える前に、断捨離をしてみてはいかがでしょうか。


磨く、潤す……新年を心地よく迎えるためにしたい5つのこと

磨く、潤す……新年を心地よく迎えるためにしたい5つのこと

もうすぐ新しい年。すっきりした気持ちで2018年を迎えるために、捨てる、磨く、潤すなど、年内に5つのことを済ませておきませんか。


簡単、すぐできる。アロマディフューザーの作り方

簡単、すぐできる。アロマディフューザーの作り方

部屋を良い香りで満たしてくれるアロマディフューザー。最近は、インテリアアイテムとしても使える、お洒落なスティックタイプのリードディフューザーも定番になってきています。自分好みの香りでできる、簡単なアロマリードディフューザーの作り方をアロマコーディネーターがご紹介します。


「好き」を集める。心安らぐ部屋の作り方

「好き」を集める。心安らぐ部屋の作り方

心安らぐ自分の部屋、リラックスして自分を弛めることができる場所は、現代を生きる私たちにとってとても大切です。空間デザインのプロフェッショナルから、気軽にできる自分の空間づくりについて、アドバイスをいただいてきました。


偏愛アイテムはあえて出す。“大好き”に囲まれた心地よい暮らし#2【輪湖もなみ】

偏愛アイテムはあえて出す。“大好き”に囲まれた心地よい暮らし#2【輪湖もなみ】

自らが「心地よい」と感じる住まいで暮らす方に、お部屋やインテリア、暮らし方を紹介していただくシリーズ。第2回目はDRESSコラムニストのひとり、輪湖もなみさんに登場いただきました。前後編のコラム、後編では自室のインテリアや好きなものをしまいこまないことで始まった、新たな仕事についても綴っていただきました。


最新の投稿


フルラ新作バッグ「MANTRA(マントラ)」で洗練された装いに

フルラ新作バッグ「MANTRA(マントラ)」で洗練された装いに

マントラは、長年受け継がれてきたクラフトマンシップと美を掛け合わせることで、優れた作品を生み出すフルラの本質を体現したコレクションです。クオリティの高いベジタブルタンニングレザーと自然なカラー、そしてタイムレスな美しさが、本コレクションの特長です。


元カノと復縁したいけど連絡できないとき、男性が取る行動

元カノと復縁したいけど連絡できないとき、男性が取る行動

別れた彼女とやり直したいけど、連絡する勇気がない。堂々とアプローチできない男性は、嫌われたくない不安が大きく、なかなか次の一歩が踏み出せません。でも、復縁を願う気持ちは必ずどこかに現れるもの。元カノと復縁したくても連絡できないとき、男性が取りがちな行動についてご紹介します。


恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は趣味の音楽を通じて出会ったふたりをご紹介します。


1月大特集「疲れない出会い」

1月大特集「疲れない出会い」

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取りつくろったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎるのはやめてみませんか。無理することなく、自然体で過ごすなかで、素敵な出会いを手にするヒントをご紹介します。心が喜ぶ出会いを見つけよう!


出会いに疲れた女性のリアルな意見――どの自分が、本当の自分かわからなくなる

出会いに疲れた女性のリアルな意見――どの自分が、本当の自分かわからなくなる

ここでは『DRESS』読者から募った「出会い」にまつわるアンケート結果をご紹介。出会いを求めて婚活パーティーに参加しても、なかなかピンとくるような人に巡り合えず、何度も同じ会話やデートを繰り返す。マッチングアプリに登録してみたものの、膨大なメッセージのやり取りにうんざりすることも。世にあふれる疲れる出会いの実態とは?


おっぱい