1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. 【おしゃれびとスナップ #2】"女っぽデニム”はふわっ×タイトで品良く仕上げる

【おしゃれびとスナップ #2】"女っぽデニム”はふわっ×タイトで品良く仕上げる

Share

誰しも持っているデニムのコーディネートは、まさに腕の見せどころ。カジュアルにも、ドレッシーにも着られるから、シルエット選びや合わせるアイテムが重要です。連載「おしゃれびとスナップ」2017年6月第3週は「デニムを女っぽく着こなす人」をテーマにお届けします。

【おしゃれびとスナップ #2】"女っぽデニム”はふわっ×タイトで品良く仕上げる

シンプルで上質、自分のスタイルを大事にした、大人のファッション。街ゆくそんな女性のスナップをご紹介。

2017年6月第3週のテーマは「デニムを女っぽく着こなす人」です。さわやかな白の変形トップスと合わせれば、ストレートデニムがぐっと女性らしく。

■DRESS世代は、デニムをどう着る?

着る年代を問わず、さまざまなシーンで活躍するデニム。2017年春夏は、大胆なワイドタイプやダメージ加工、切りっぱなしのデニムが流行しています。

ブームに乗るのも、トレンドを押さえた着こなしができていいけれど、どんなお出かけにも使えるのは、やはり定番の細身タイプ。シルエットが美しいストレートやスキニーのデニムなら、品良く素敵にまとまります。

■街で見つけた「女っぽデニム」を着こなす人

デニムを女性らしく着こなすコツは、やはり美しいシルエットを作ること。福世さんは細身のストレートデニムをロールアップして、華奢な足首をチラ見せしていました。太もものほどよいウォッシュ加工も、脚をすっきり見せてくれます。

ふわふわしたプリーツの袖や、裾の遊びがかろやかな変形トップスも、普段のデニムを格上げしてくれるアイテム。ドレッシーな白が効いて、ぐっとレディライクにまとまっています。

「流行中のガウチョパンツを合わせたら、ずいぶんカジュアルに見えてしまって……代わりに細身のデニムを履くことに。上はふんわり、下はタイトなシルエットに整えてみました」(福世さん)

小物類は、さわやかなブルーで統一。ギフトでいただいたという小さなお花のネックレスと、ノーヒールのパンプスを合わせました。

「身長は低めですが、あまりヒールを履くことがないんです。だからこそ、バランスよく見えるコーディネートをいつも心がけています」(福世さん)

@中目黒
福世 妙子さん(53歳)
身長:154cm

TOPS:Web Shop
SKIRT:―
BAG:LOUIS VUITTON
SHOES:NUOVO
NECKLACE:GIFT

Share

菅原 さくら

1987年の早生まれ。ライター/編集者/雑誌「走るひと」副編集長。 パーソナルなインタビューや対談が得意です。ライフスタイル誌や女性誌、Webメディアいろいろ、 タイアップ記事、企業PR支援、キャッチコピーなど、さまざま...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article