もしも彼からの返事を待つことに疲れたら【カツセマサヒコ】

もしも彼からの返事を待つことに疲れたら【カツセマサヒコ】

好きな人からLINEの返事が来ない。それってもしかしたら、相手にとってあなたの優先順位がそれほど高くないからなのかもしれない。だから私たちは想像する。どんな話なら喜んでくれるかな、興味を持ってくれるかな、と。ライターのカツセマサヒコさんが、生きていくうえで訪れるたくさんの喜びや悲しみにそっと寄り添うエッセイ、第6回。


まだ、付き合ってはいない。
だから、督促する権利もない。

昨夜、送信前に何度も読み返して、失礼のないように(でもきちんと返事があるように)送ったメッセージは、「既読」のマークが付いてから音沙汰ないまま、早12時間が経過した。

「昨夜はきっと、酔っていたから返せなかったんだ」
「もしかしたら、まだ寝ているのかもしれない」
「電池が切れてしまって、充電できていないとか」

あなたの中に潜むポジティブな側面は、できるだけ前向きに既読スルーされた現状を分析する。

「ごめん、返せてなかった」

何に謝っているのかわからない。言い訳すら書かれていないシンプルな返事が届いたのは、そこから2日も経ってから。

それでもあなたは喜ぶ。彼のたった2行にも満たないその文章に僅かな希望を見出して、友人という平凡なカテゴリーから自分たちが抜け出すために、返信文を考える。

「ううん、大丈夫! 体調、悪かったりした?」
なんか大袈裟。たった2日だし、返事が遅いことについて言及するのはやめよう。

「ううん、大丈夫! あのさ、この前友だちと映画観にいったんだけど……」
ああ、もうちょっと考えてから送ろうかな。でも、もしかしたら今ならすぐにレスポンスがあるかもしれないし。あ、でも待って? 余裕を見せるためにあえてこっちも返事を遅らせたほうがいい……? いや、でも、駆け引きは良くないよな、もう大人だし……。

ぐるぐる、ぐるぐる、ぐるぐる。
脳内で開かれる自分会議が、今日もなかなか終わらない。

「連絡頻度の価値観が、違うんだよ」

好きな人からの返事が来ないことにヤキモキしていた僕に、異性の友人はそう言った。

「もしも私が君を好きだったら、何がなんでも一番に返事をすると思う。連絡を取ること自体が楽しいだろうから。
でも、きっと君が好きな人は、残念ながら、君を優先順位を上げて連絡すべき相手とは認めていない。だから、返事は遅い」

率直に言われた。
そして思う。じゃあ、どうしろと言うのだ。

「男女って、(1)体の相性、(2)会話のテンポ、(3)連絡の頻度が合えばそれなりにうまくやっていけるんだよ。逆に言うと、これらが合わないのはある意味、致命的だと思う。

もしも『返事が遅い』と慢性的に感じていたり、『束縛が厳しい』と感じていたりするならば、きっと2人の連絡頻度の相性はそこまで良くないってこと」


――そのうえで大切なのは、自分の気持ちをどうやって届けるかよりも、相手の気持ちをどれだけ理解して、応えてあげられるかじゃないかなと、友人は言った。

好きな人が今どんな状況で、どんな心境で、どんな言葉なら喜んで返事をくれるのか。

それを理解し、求めに応じることができれば、あなたは必然的に、好きな人にとってかけがえのない存在へとランクアップする。

それが、難しいのはわかる。
人の気持ちを100%理解することなんて、不可能だからだ。

ただ、僕らは想像することができる。

「昨夜はきっと、酔っていたから返せなかったんだ」

違う。多少酔っていても、興味のあることなら大抵は返事をする。
だから次こそは、相手が一番に返事をしたくなるような言葉を考えよう。

「これだったら興味を持つかな。こんな話なら、喜んでくれるかな」

そうやって相手のことを考える時間自体が、恋の楽しい要素のひとつだし、返事が来なかったらどうしようとネガティブにならずに済む、数少ないマインドセットの方法なのではないだろうか。

相手にとって、「そばにいたい」と思える人間になること。

LINEやメールの何気ないやりとりを、冷静に、前向きに捉えて、今日も祈るように送信ボタンを押すあなたの恋がいつか実りますように。

カツセマサヒコ 連載 バックナンバーはこちら

この記事のライター

下北沢のライター・編集者。書く・話す・企画することを中心に活動中。
趣味はツイッターとスマホの充電。

関連するキーワード


大人のLINE術 恋愛

関連する投稿


忙しさを理由に女と別れる男はいない。男性の心を離すのは「エネルギー泥棒」

忙しさを理由に女と別れる男はいない。男性の心を離すのは「エネルギー泥棒」

LINEやメッセンジャーで伝わっているのは文面ではなく、根底にある女性の気持ちです。もしメッセージのやりとりで、忙しい彼や気になる男性と上手くいかないなと感じているなら、あなたは無意識に態度や言葉は重くない風を演じているけど、心の中がすごく重い女性=「エネルギー泥棒」になっているかもしれません。


LINEのやりとりで見抜く男性の危ない気質

LINEのやりとりで見抜く男性の危ない気質

“つながり”を断つことが難しい時代だからこそ、気をつけたいのは“つながってはいけない人たち”とつながること。LINEのやりとりに現れる、サイコパスやモラハラ、ストーカー男性の傾向とは?


頭で考えない、心で感じる恋愛のすすめ【植村絵里×竹中功 対談#3】

頭で考えない、心で感じる恋愛のすすめ【植村絵里×竹中功 対談#3】

「DRESS」コラムニストとしてもおなじみの植村絵里さん、元よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役で、『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』など著書も多い竹中功さんによる対談企画。#3では「頭で考えすぎず、心で楽しむ恋愛」をテーマにお話ししていただきました。


過激なベッドシーンに目を奪われるー大人の純愛映画『ナラタージュ』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#23

過激なベッドシーンに目を奪われるー大人の純愛映画『ナラタージュ』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#23

『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督が、10年近く映画化企画を温め続けた『ナラタージュ』が、いよいよ今週末に公開となります。「この恋愛小説がすごい!」第1位に輝いた、島本理生の同名小説を原作に、松本潤・有村架純・坂口健太郎の切なく、苦しい三角関係が描かれる本作は、大人の女性にこそ楽しんで欲しいラブストーリーです。


引き留めないのは、プライドが邪魔をするから。別れを受け入れる男性の心理とは

引き留めないのは、プライドが邪魔をするから。別れを受け入れる男性の心理とは

意を決して別れ話を切り出したのに、何だか彼はあまりショックを受けていない様子……。そんなとき、「愛されてなかった」とショックを受ける女性は多いですが、男性だって大きな悲しみを感じています。引き留めないのは「男のプライド」があるから。別れを受け入れるしかない男性の心理についてお話します。


最新の投稿


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談。今年1月、貴子さんは乳がんの宣告を受け、手術・治療中であることを告白した。妻が乳がんをわずらうと、思い詰めてしまう夫もいる。川崎夫妻はどのようにして乗り越えてきたのだろうか。


私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

ヴィンテージ腕時計についての、ロマンを感じる物語をお届けします――。新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第3回目の今回は中里さんが身につけている、思い入れのあるヴィンテージ時計について綴っていただきました。


秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

夏が残していった紫外線ダメージ。秋が連れてくる無慈悲な乾燥。そして、カサカサどんより冴えない肌。さあ、悩めるくすみ肌をいたわり、透明感を取り戻すお手入れに注力する時がやってきました。ご用意したのは6つのメニュー。脱ぐ、満たす、補う、包む、巡らせる、うるおす。肌とじっくり向き合って、効果的にお手入れを組み合わせてみて。


クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第2回では、フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ、中山豊光さんをお招きしました。


女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

10月22日に投開票される第48回衆議院議員総選挙。選挙ポスターに込められたメッセージ、同じ女性であり、中には母親業と両立する候補者の活動が気になる、という木村えりなさん。自身も働く女性で、ふたりの娘さんのお母さん。今回の選挙をどう見て、考えて、政治を通じてどんな未来を望んでいるのか。率直な思いを綴っていただきました。


おっぱい

MENU

DRESS部活