もしも彼からの返事を待つことに疲れたら【カツセマサヒコ】

もしも彼からの返事を待つことに疲れたら【カツセマサヒコ】

好きな人からLINEの返事が来ない。それってもしかしたら、相手にとってあなたの優先順位がそれほど高くないからなのかもしれない。だから私たちは想像する。どんな話なら喜んでくれるかな、興味を持ってくれるかな、と。ライターのカツセマサヒコさんが、生きていくうえで訪れるたくさんの喜びや悲しみにそっと寄り添うエッセイ、第6回。


まだ、付き合ってはいない。
だから、督促する権利もない。

昨夜、送信前に何度も読み返して、失礼のないように(でもきちんと返事があるように)送ったメッセージは、「既読」のマークが付いてから音沙汰ないまま、早12時間が経過した。

「昨夜はきっと、酔っていたから返せなかったんだ」
「もしかしたら、まだ寝ているのかもしれない」
「電池が切れてしまって、充電できていないとか」

あなたの中に潜むポジティブな側面は、できるだけ前向きに既読スルーされた現状を分析する。

「ごめん、返せてなかった」

何に謝っているのかわからない。言い訳すら書かれていないシンプルな返事が届いたのは、そこから2日も経ってから。

それでもあなたは喜ぶ。彼のたった2行にも満たないその文章に僅かな希望を見出して、友人という平凡なカテゴリーから自分たちが抜け出すために、返信文を考える。

「ううん、大丈夫! 体調、悪かったりした?」
なんか大袈裟。たった2日だし、返事が遅いことについて言及するのはやめよう。

「ううん、大丈夫! あのさ、この前友だちと映画観にいったんだけど……」
ああ、もうちょっと考えてから送ろうかな。でも、もしかしたら今ならすぐにレスポンスがあるかもしれないし。あ、でも待って? 余裕を見せるためにあえてこっちも返事を遅らせたほうがいい……? いや、でも、駆け引きは良くないよな、もう大人だし……。

ぐるぐる、ぐるぐる、ぐるぐる。
脳内で開かれる自分会議が、今日もなかなか終わらない。

「連絡頻度の価値観が、違うんだよ」

好きな人からの返事が来ないことにヤキモキしていた僕に、異性の友人はそう言った。

「もしも私が君を好きだったら、何がなんでも一番に返事をすると思う。連絡を取ること自体が楽しいだろうから。
でも、きっと君が好きな人は、残念ながら、君を優先順位を上げて連絡すべき相手とは認めていない。だから、返事は遅い」

率直に言われた。
そして思う。じゃあ、どうしろと言うのだ。

「男女って、(1)体の相性、(2)会話のテンポ、(3)連絡の頻度が合えばそれなりにうまくやっていけるんだよ。逆に言うと、これらが合わないのはある意味、致命的だと思う。

もしも『返事が遅い』と慢性的に感じていたり、『束縛が厳しい』と感じていたりするならば、きっと2人の連絡頻度の相性はそこまで良くないってこと」


――そのうえで大切なのは、自分の気持ちをどうやって届けるかよりも、相手の気持ちをどれだけ理解して、応えてあげられるかじゃないかなと、友人は言った。

好きな人が今どんな状況で、どんな心境で、どんな言葉なら喜んで返事をくれるのか。

それを理解し、求めに応じることができれば、あなたは必然的に、好きな人にとってかけがえのない存在へとランクアップする。

それが、難しいのはわかる。
人の気持ちを100%理解することなんて、不可能だからだ。

ただ、僕らは想像することができる。

「昨夜はきっと、酔っていたから返せなかったんだ」

違う。多少酔っていても、興味のあることなら大抵は返事をする。
だから次こそは、相手が一番に返事をしたくなるような言葉を考えよう。

「これだったら興味を持つかな。こんな話なら、喜んでくれるかな」

そうやって相手のことを考える時間自体が、恋の楽しい要素のひとつだし、返事が来なかったらどうしようとネガティブにならずに済む、数少ないマインドセットの方法なのではないだろうか。

相手にとって、「そばにいたい」と思える人間になること。

LINEやメールの何気ないやりとりを、冷静に、前向きに捉えて、今日も祈るように送信ボタンを押すあなたの恋がいつか実りますように。

カツセマサヒコ 連載 バックナンバーはこちら

この記事のライター

下北沢のライター・編集者。書く・話す・企画することを中心に活動中。
趣味はツイッターとスマホの充電。

関連するキーワード


LINE 恋愛

関連する投稿


恋愛を冷めさせてしまうLINEとは

恋愛を冷めさせてしまうLINEとは

年代問わず、LINE(ライン)は恋愛の主たるコミュニケーションツールになっています。しかし、文字やスタンプ、写真で伝えることは意外と難しいものです。会えないからこそLINEで育みたい恋。けれどその恋をいつの間にか冷めさせてしまうことも。そんな、恋愛を冷めさせてしまうLINEとは一体どんなものなのでしょうか。


フォトジェニックな写真をあなたに。プロのカメラマンが同行して撮影する「Lovegraph」が新プランを発表

フォトジェニックな写真をあなたに。プロのカメラマンが同行して撮影する「Lovegraph」が新プランを発表

プロのカメラマンが同行し、恋人や友達、家族写真などを撮影してくれるサービス「Lovegraph(ラブグラフ)」をご存知でしょうか? 今回ラブグラフが「より多くの方に気軽に体験してもらう」ことを目的とした新プランを発表。 夏の思い出作りにいかがですか?


大國魂神社(府中) - 恋愛運・人脈運にご利益があるパワースポット

大國魂神社(府中) - 恋愛運・人脈運にご利益があるパワースポット

大國魂(おおくにたま)神社は、武蔵国(現在の東京都大部分と神奈川県一部、埼玉県全域)の総社です。総社とは、地域内(ここでは武蔵国)の神社にいる神さまを一カ所に集めた神社のこと。そんな武蔵国の総社である大國魂神社は、恋愛運や人脈運でご利益を得るには東京でも屈指のパワースポットです。


恋愛リベンジを避ける方法〜愛する人との上手な別れかた【経沢香保子】

恋愛リベンジを避ける方法〜愛する人との上手な別れかた【経沢香保子】

最近、ネットでのリベンジがすごい。まさに、そこは修羅場と化し、誰も幸せにならない。どうにか止まらなければ、どちらかが社会的に抹殺されるまでのデスゲームだ。一度はともに生きることをきめ、安全地帯となったお互いが心も体も別れるのは身を切る以上に辛いものだ。でも、だからこそ、人間としての魅力や強さが試される時期でもある。


恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

会えないときにふたりの気持ちをつなぎ、高めるLINE。現代の恋愛に欠かせないコミュニケーションツールとなったLINEは、相手の顔が見えない非対面コミュニケーションがゆえに、対面コミュニケーション以上に相手への気遣いが必要です。恋愛におけるLINEでは、彼がほしい言葉を察して送り、恋心を盛り上げていくことが大切。


最新の投稿


「直塗りスティックタイプ」がUVカットコスメのトレンドに!?

「直塗りスティックタイプ」がUVカットコスメのトレンドに!?

日本未上陸の最新韓国コスメが到着。美白大国・韓国でトレンドのUVコスメは「直塗りスティックタイプ」!? ETUDE HOUSE、MISSHAなど、人気韓国ブランドが こぞって発売しているスティックコスメに注目です。


夏の終わりのノスタルジア - 大人の読書感想文

夏の終わりのノスタルジア - 大人の読書感想文

少女時代、『西の魔女が死んだ』(梨木香歩)を手に取ったことがある方は少なくないのでは。大人になった今、偶然読み返す機会がありました。気づけば8月も残り10日余り。読書感想文に気を重くしていたあの頃に懐かしさを感じます。夏の終わり、若い頃に読んだ本をもう一度読んでみては?


最新作から限定品まで揃う。ジバンシイ リップスティック イベント

最新作から限定品まで揃う。ジバンシイ リップスティック イベント

ジバンシイファンはもちろん、ジバンシイ製品をまだ利用したことのない方でも、 ジバンシイの魅力と世界観を存分に体感できるイベントをジェイアール名古屋タカシマヤにて開催。


『ウチの夫は仕事ができない』第7話あらすじ - 男はツラいよ? 女もツラい。皆それぞれ大変なのだ

『ウチの夫は仕事ができない』第7話あらすじ - 男はツラいよ? 女もツラい。皆それぞれ大変なのだ

『ウチの夫は仕事ができない』第7話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。仕事と家庭の両面から見たレビューです。キャストは錦戸亮、松岡茉優ほか。第7話では司の父が突然上京してきて、小林家に滞在することになる。


料理が楽しくなる。レモン果汁とオリーブオイルの万能調味料

料理が楽しくなる。レモン果汁とオリーブオイルの万能調味料

カルパッチョやサラダ、肉・魚料理にも。レモン果汁とオリーブオイルの万能調味料「塩とレモンとオリーブオイル」が8月21日より全国で新発売。かけるだけで美味しい一品に。


DRESS部活