もしも彼からの返事を待つことに疲れたら【カツセマサヒコ】

もしも彼からの返事を待つことに疲れたら【カツセマサヒコ】

好きな人からLINEの返事が来ない。それってもしかしたら、相手にとってあなたの優先順位がそれほど高くないからなのかもしれない。だから私たちは想像する。どんな話なら喜んでくれるかな、興味を持ってくれるかな、と。ライターのカツセマサヒコさんが、生きていくうえで訪れるたくさんの喜びや悲しみにそっと寄り添うエッセイ、第6回。


まだ、付き合ってはいない。
だから、督促する権利もない。

昨夜、送信前に何度も読み返して、失礼のないように(でもきちんと返事があるように)送ったメッセージは、「既読」のマークが付いてから音沙汰ないまま、早12時間が経過した。

「昨夜はきっと、酔っていたから返せなかったんだ」
「もしかしたら、まだ寝ているのかもしれない」
「電池が切れてしまって、充電できていないとか」

あなたの中に潜むポジティブな側面は、できるだけ前向きに既読スルーされた現状を分析する。

「ごめん、返せてなかった」

何に謝っているのかわからない。言い訳すら書かれていないシンプルな返事が届いたのは、そこから2日も経ってから。

それでもあなたは喜ぶ。彼のたった2行にも満たないその文章に僅かな希望を見出して、友人という平凡なカテゴリーから自分たちが抜け出すために、返信文を考える。

「ううん、大丈夫! 体調、悪かったりした?」
なんか大袈裟。たった2日だし、返事が遅いことについて言及するのはやめよう。

「ううん、大丈夫! あのさ、この前友だちと映画観にいったんだけど……」
ああ、もうちょっと考えてから送ろうかな。でも、もしかしたら今ならすぐにレスポンスがあるかもしれないし。あ、でも待って? 余裕を見せるためにあえてこっちも返事を遅らせたほうがいい……? いや、でも、駆け引きは良くないよな、もう大人だし……。

ぐるぐる、ぐるぐる、ぐるぐる。
脳内で開かれる自分会議が、今日もなかなか終わらない。

「連絡頻度の価値観が、違うんだよ」

好きな人からの返事が来ないことにヤキモキしていた僕に、異性の友人はそう言った。

「もしも私が君を好きだったら、何がなんでも一番に返事をすると思う。連絡を取ること自体が楽しいだろうから。
でも、きっと君が好きな人は、残念ながら、君を優先順位を上げて連絡すべき相手とは認めていない。だから、返事は遅い」

率直に言われた。
そして思う。じゃあ、どうしろと言うのだ。

「男女って、(1)体の相性、(2)会話のテンポ、(3)連絡の頻度が合えばそれなりにうまくやっていけるんだよ。逆に言うと、これらが合わないのはある意味、致命的だと思う。

もしも『返事が遅い』と慢性的に感じていたり、『束縛が厳しい』と感じていたりするならば、きっと2人の連絡頻度の相性はそこまで良くないってこと」


――そのうえで大切なのは、自分の気持ちをどうやって届けるかよりも、相手の気持ちをどれだけ理解して、応えてあげられるかじゃないかなと、友人は言った。

好きな人が今どんな状況で、どんな心境で、どんな言葉なら喜んで返事をくれるのか。

それを理解し、求めに応じることができれば、あなたは必然的に、好きな人にとってかけがえのない存在へとランクアップする。

それが、難しいのはわかる。
人の気持ちを100%理解することなんて、不可能だからだ。

ただ、僕らは想像することができる。

「昨夜はきっと、酔っていたから返せなかったんだ」

違う。多少酔っていても、興味のあることなら大抵は返事をする。
だから次こそは、相手が一番に返事をしたくなるような言葉を考えよう。

「これだったら興味を持つかな。こんな話なら、喜んでくれるかな」

そうやって相手のことを考える時間自体が、恋の楽しい要素のひとつだし、返事が来なかったらどうしようとネガティブにならずに済む、数少ないマインドセットの方法なのではないだろうか。

相手にとって、「そばにいたい」と思える人間になること。

LINEやメールの何気ないやりとりを、冷静に、前向きに捉えて、今日も祈るように送信ボタンを押すあなたの恋がいつか実りますように。

この記事のライター

下北沢のライター・編集者。書く・話す・企画することを中心に活動中。
趣味はツイッターとスマホの充電。

関連するキーワード


LINE 恋愛

関連する投稿


元彼と復縁したい。風水で運命の人と出会う

元彼と復縁したい。風水で運命の人と出会う

今回のテーマは「復縁」。少し前に取引先の社員から「復縁の秘策はないですか?」と相談を受けたときのお話です(実話に基づいているため、プライバシーへの配慮で一部変更してお届けしています)。


失われた青春を同窓会ラブで取り戻せ【恋愛難民、王子様を探す】第1話

失われた青春を同窓会ラブで取り戻せ【恋愛難民、王子様を探す】第1話

男日照り暦5年のOL・鎌谷素子は男慣れしておらず、恋愛にも消極的。そんな素子に対して攻撃的な態度を崩さない天敵・高山聡子が、ある日突拍子もない提案をぶつけてくる。恋愛難民と化した女は、無事運命の王子様を見つけて失われた青春を取り戻せるのか? 連載「恋愛難民、王子様を探す」#1をお届けします。


「いい男は結婚している」のはあたりまえ。だから私たちがすべきこと

「いい男は結婚している」のはあたりまえ。だから私たちがすべきこと

「いい男は結婚している」「結婚したいけど出会いがない」と不満を言う女性、素敵な男性と付き合って、ますます成熟していく女性――両者の違いは何か? なぜ、いい男は皆結婚しているのか? どうすれば素敵な独身男性と出会い、パートナーになれるのかを紐解いていきます。


”あなたのことはそれほど婚”と”あなたのことはこれほど婚”、既婚男性どちらが幸せ?

”あなたのことはそれほど婚”と”あなたのことはこれほど婚”、既婚男性どちらが幸せ?

テレビで話題のドラマ『あなたのことはそれほど』。女性にとって愛される方と愛する方,どちらが幸せなのかは永遠のテーマです。今回は、結婚歴15年以上の”あなたのことはそれほど婚”と”あなたのことはこれほど婚”をした男性ふたりにインタビュー。結婚して15年以上経った今、どちらが幸せなのでしょうか?


映画『おとなの恋の測り方』感想。「オトコの価値は、何で決まる?」突極の選択に、彼女が出した答えとは?

映画『おとなの恋の測り方』感想。「オトコの価値は、何で決まる?」突極の選択に、彼女が出した答えとは?

アカデミー賞俳優ジャン・デュジャルダンが贈る”逆身長差”フレンチ・ラブストーリー映画『おとなの恋の測り方』が6月17日(土)より全国で公開されます。【シネマの時間】第8回は、監督のローラン・ティラール氏にアートディレクターの諸戸佑美さんがインタビュー! 制作秘話や魅力を語っていただきました。


最新の投稿


エスニックネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

エスニックネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

夏に人気のエスニックネイル。実は簡単にできます。マニキュアとプチプラ商品だけで素敵なエスニックネイルに仕上げる簡単なやり方やコツを、豊富な画像で詳しく紹介します。今季エスニックネイルは特に人気で、100均でもたくさんのエスニックネイル風パーツが売られているので、チェックしてみてください。


“水”にも注意!? 美髪を作る正しいシャンプーの方法

“水”にも注意!? 美髪を作る正しいシャンプーの方法

美髪になりたい方へ。まずはシャンプーの方法を見直してみませんか。美しく健康的な髪を作るには、髪の毛のみならず、地肌からのケアが欠かせません。むしろ地肌のケアこそ、とても大事です。美髪へ近づく第一歩として、シャンプーの正しいやり方をお伝えします。


映画『20センチュリー・ウーマン』感想。1979年、僕たちの特別な夏が始まる!

映画『20センチュリー・ウーマン』感想。1979年、僕たちの特別な夏が始まる!

映画『人生はビギナーズ』で世界中から大絶賛を浴びたマイク・ミルズ監督の最新作『20センチュリー・ウーマン』が6月3日より公開中です! サンタバーバラを舞台に3人の女性とのさまざまな経験を経て大人へと成長していく少年のひと夏を描いた物語。今回は映画の魅力と感想を、アートディレクターの諸戸佑美さんに語っていただきました。


脚がむくみやすい人の傾向と対策

脚がむくみやすい人の傾向と対策

脚がむくみやすい、と感じる方は多いのでは。実際、女性の半数以上が脚のむくみを感じているとするデータもあります。むくみは美脚の天敵でもあり、巡りが悪い状態は健康にもよくありません。脚がむくみやすい人の5つの傾向と、むくみを取り除く対策を具体的にお伝えします。


運がいい人の共通点は「5つの感謝」

運がいい人の共通点は「5つの感謝」

運がいい人には共通点があります。そのひとつは、いつも「感謝をしている」こと。それも、驚くほどに細かく、たくさんのことに対して心からの感謝をしています。今日は運がいい人になる、一番の近道となる「感謝」について考えてみましょう。


DRESS部活