「パパよりママ派」の子が8割!パパの育児参画のきっかけを考える

「パパよりママ派」の子が8割!パパの育児参画のきっかけを考える

株式会社オークローンマーケティング(ショップジャパン)でアンケートを取ったところ、自分の子どもが「パパよりママ派」だと感じている方が約8割。父の日を前に、パパが今よりもっと子どもと良い関係を築くためのきっかけとなるイベントを実施しました。その模様をレポートします。


6月18日は父の日でした。皆さんはどんな風にお過ごしになりましたか?

■パパには耳の痛いアンケート結果

家族で楽しい時間を過ごされた方も多いと思いますが、私が勤めるショップジャパンで、全国の0~15歳の子どもをもつ父母を対象に、「子どもとの関係」に関するアンケートを実施したところ、パパにとって非常に残念な結果が出てしまいました……。

例えば、自分の子どもが「パパよりママ派」だと感じている方は79%!

父の日を意識して、父の日関連の質問もしてみたのですが、「父の日よりも、母の日の方が子どもにとって重要視されている」と感じている方は64%と、こちらもパパにとって悲しい結果に。

そして、「父の日に何もしない」子どもたちは48.1%と、ふたりにひとりが該当する結果となりました。ちなみに、子どもの性別で比較すると、息子より娘の方が、「ママ派」が多いことがわかりました
(娘:ママ派81.5%/パパ派18.3%、息子:ママ派76.5%/パパ派23.8%)。

確かに……。私自身も父の日は忘れがちで、我が家では母の日と一緒にまとめてやっております(苦笑)。

この結果は、「子どもと一緒に過ごす時間の長さ」が関係しているということもわかりました。

もちろんママたちにとっても、夫が家事や育児に積極的に参加してくれることが望ましいのですが、私は、それ以上に将来、娘が、パパに無関心な子になったり、男性観や父親像が希薄なものになってしまったりするのは悔やまれるなと感じました。

≪調査概要≫ 
調査名:子どもとの関係に関する調査
調査主体:株式会社オークローンマーケティング(ショップジャパン)
調査対象:全国の20~50代 0~15歳の子どもを持つ男女800名
調査期間:2017年6月
調査方法:インターネット調査

■悩めるパパたちのためにイベントを開催しました

パパたちに子どもたちと過ごす時間にもっと関心を持ってもらいたい。今よりもっと良い親子関係を築くきっかけを持ってもらいたい。そんな想いで、6月の某金曜日の夜、ショップジャパンでパパを対象にしたイベントを実施しました。

その名も、ショップジャパン presents 「娘のためのパパ家事スクール」!

そのときどきの状況に応じて、柔軟に生きられる社会を目指す「秘密結社 主夫の友」とコラボレーションし、会員約20名をご招待して実施しました。

同イベントでは、子どもとの関係構築に役立つ3つの講座を開講しました。

ポニーテールを作る「ヘアアレンジ講座」、「トイレ掃除講座」、そして仕上げは娘のサマースカートを縫う「お裁縫講座」です。

どれもパパにとってはなかなかハードルが高い家事や育児の分野ではないでしょうか。その中から「お裁縫講座」の内容を、皆さんにも少しシェアさせていただきますね。

■コンパクトミシン“ヌエッタ”を使った「お裁縫講座」 

ショップジャパンのコンパクトミシン“ヌエッタ”を使って、パパたちに娘さんのスカートの作り方をレクチャーしました。

ミシンに触るのが家庭科の授業以来の参加者も多く、縫い始めは緊張しているようでしたが、思ったよりも簡単だったようで、楽しくお裁縫をされていました。

今回、参加した皆さんが作ったのは“ラクラク夏スカート” 。

準備するものは、ショップジャパンのコンパクトミシン「ヌエッタ」とお好きな生地、ゴムのみです。

ちなみにヌエッタは、販売台数20万台を突破した当社の人気商品を、お客様の声を元により使いやすく改良した、お裁縫素人さんにとっても、操作がとにかく簡単なミシン。コードレスで2.3kgのコンパクトサイズなので、使うときもしまうときも邪魔になりません。

縫い方も難しいことは一切なく、2枚の布を合わせて端を縫って、ゴムを通すだけでOK。娘さんと一緒に買い物に行って、好きな柄を選んでもらうのも良いかもしれないなあと思いながら、パパたちが盛り上がっているのを眺めていました。

娘がまだ小さいからといってあなどってはいけません。小さなお子様ももう立派な女の子です。

かわいい生地でパパがお洋服を作ってくれるなんて、娘さんにとって最高の思い出になるでしょう。「大人の夏休みの課題」にするのも良さそうです。

ラクラク夏スカートの作り方

http://www.oaklawn.co.jp/news/2017061580-presents.html

ご参考までにこちらに、作り方があるので、是非ご覧ください! ※ページの下の方にあります!

実際、参加されたパパたちからは、自分で裾上げをできるようにしたいという声が多数あがっていました。

ヌエッタ(ショップジャパン公式サイト)

7月3日(月)9:59まで、ご購入の皆様に、夏に大活躍の保冷トートバッグがもれなくもらえるプレゼントキャンペーンを開催中です!

■最後に

大げさに思うかもしれませんが、実際に、ミシンが気軽に使えるようになると生活が変わります。

私の場合、娘が1歳の誕生日に一升餅を背負うリュックサックを探したものの、なかなか良いものが見つからなかったため、セレクトショップでお買い物をした際に渡されたエコバックで簡単に作りました。

娘のたくましい立ち姿と両親の驚いた顔(いつもなんでも買って済ませていたので……)と共に、もうひとつの家族の良い思い出です。

この記事のライター

(株)オークローンマーケティング ショップジャパン広報部部長。 新卒にて外資系広告代理店に勤務した後、外資系ラグジュアリーブランド、オンライン通販会社の広報部に所属。2014年秋より現職に。 プライベートでは結婚15年を...

関連するキーワード


育児

関連する投稿


子育てはひとりじゃできない。だから、助けを求めてほしい

子育てはひとりじゃできない。だから、助けを求めてほしい

今年も、市区町村から認可保育園施設の選考結果が発表され、中には落選した人も出ています。子育てをひとりで抱えて、どうしようもなく不安なお母さんへ。すべて自分で背負いこまずに、誰かに甘えてください。


完璧な親なんていない。「怒り」をコントロールする方法

完璧な親なんていない。「怒り」をコントロールする方法

子供の喧嘩や娘の反抗的な態度に、すぐ怒る自分が嫌になることがあります。何か良い解決策はないかと、子育て講習会に参加しました。今回は、そこで教えてもらった「怒り」との付き合い方をご紹介します。


絵本の読み聞かせは、子どもと仲直りするチャンス【本棚百景#12】

絵本の読み聞かせは、子どもと仲直りするチャンス【本棚百景#12】

本棚の中身は、持ち主の脳内や心の中を映し出していることがあります。他人の本棚や読書スタイルというものは、意外に知らないものですが、読む本の変遷は時にその人の生き方さえも表しています。連載【本棚百景】最終回となる12回目は、東京在住キョウコさん(仮名)の本棚をご紹介します。


『コウノドリ』第7話~「母にならない人生」だって“仲間”がいれば幸せになれる

『コウノドリ』第7話~「母にならない人生」だって“仲間”がいれば幸せになれる

産科が舞台の医療ドラマ『コウノドリ』第7話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。ペルソナのムードメーカーである助産師・小松が迎えた、女性としての人生の転機を描いていました。


育児に専念する道を選んだ女性たちが、再び就労しやすい環境作りを【佐藤あつこ】

育児に専念する道を選んだ女性たちが、再び就労しやすい環境作りを【佐藤あつこ】

子育てに専念する道を選び、一度退職したお母さんたち。これからの時代、彼女たちが、自らの希望で再び、就労の機会を得るための、自治体独自の施策推進が求められている――。自らの経験を生かして支援を進めていきたい、と佐藤あつこさんが綴ります。


最新の投稿


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


医師が教える、肌の調子を悪くする「ストレス」の和らげ方

医師が教える、肌の調子を悪くする「ストレス」の和らげ方

『DRESS』2月特集は「美人は肌から」。自分が機嫌よく過ごせて、メイク時もすっぴんのときも、自信を持てる「お気に入りの肌」を手に入れるための、ストレスとの向き合い方をご紹介。解説してくださるのは「ブレインケアクリニック」院長、今野裕之先生。ストレスと上手く付き合って、肌に悪影響を与えない日常を過ごすアイデアをお届け。


お肌の調子が悪いときは、とにかく肌表面の保護を優先【わたしを助けてくれる肌ケア】

お肌の調子が悪いときは、とにかく肌表面の保護を優先【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESSコラムニストの猫川舐子さんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


肌に負担をかけず、メイクを落とし切る「正しいクレンジング」をおさらい

肌に負担をかけず、メイクを落とし切る「正しいクレンジング」をおさらい

『DRESS』2月特集「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回はメイクをする人に欠かせない「クレンジング」を見直します。大人の素肌を美しく保つ、正しいクレンジングとは。


新発想「スクラブ×バーム×ティント」の“3in1”リップ

新発想「スクラブ×バーム×ティント」の“3in1”リップ

“スクラブ×バーム×ティント”の新発想“3in1”リップ「ヌードアップ リンクルリップス」が2月20日に新発売に。米国の先行発売で週間ランキング1位を獲得した注目のコスメです。