1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 美容/健康
  3. ドロップネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

ドロップネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

Share

海面をイメージしたドロップネイル。マニキュアを使って、夏にぴったりなドロップネイルに仕上げるやり方やコツを、画像と動画を交えて詳しく紹介します。

ドロップネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

水面をイメージしたドロップネイル。

別名ラグーンネイルと言う通り、涼しげでリゾート感もある、夏にぴったりなネイルデザインです。

■ドロップネイルに必要な材料

見た目は難易度が高そうですが、実はこのドロップネイルも、特別な道具は必要ありません。

使用しているカラーはすべて100均商品なので、ぜひチャレンジしてみてください。

使用したネイルグッズです。

ドロップネイルに使うのは3色で、乳白色ホワイト・お好みのブルー・トップコートです。

今回使用したのは乳白色ホワイトが100均の「ACクイックドライ&ベースハードナー」で、ブルーがキャンドゥの「リキュールネイル(フローズン)」になります。

■マニキュアを使った、ドロップネイルのやり方

ドロップネイルをする指には、乳白色ホワイトを塗っておきます。これは今回使用するブルーの色を目立たせるため。

※濃いブルーを使う場合は必要ありません。

次に、海面イメージのブルーを塗ります。一度目は爪の真ん中あたりから、ブルーのリキュールネイルを塗ります。

二度目は、一度目よりも爪の先端側から塗り、グラデーションのようにします。

カラーが薄い場合は、これを何度か繰り返して、自分がイメージするブルーにしてください。

ちなみに、後で上からアートをするので、グラデーション部分に境目ができても気にしなくてOKです。

乾いたらここからいよいよドロップ柄を作っていきます!

先ほどベースに塗った乳白色ホワイトを、爪全体にやや厚めに塗ります。

塗ったらすぐに、トップコートを水滴のように垂らしていくとドロップ模様になります。

ドロップ模様を作っている動画です。

爪に乗せるトップコートの量が少なければ小さめなドロップに、量が多ければ大きめドロップになります。

小さいドロップにしたい場合は、ドット棒でトップコートを垂らすと小さい丸になります。

爪の根元には砂浜をイメージしてラメを散らしましたが、ラメやスタッズはお好みで。

貝殻スタッズも乗せてリゾート感をプラス。

トップコートを塗れば完成です!

■マニキュアを使ったドロップネイルのカラーバリエーション

ドロップネイルは、ベースに使うブルーを変えるとまた違うイメージに。

ドロップ柄を作るために、ブルーの上に乳白色ホワイトを塗るため、少し濃い目の色をベースに使用したほうが、イメージ通りの仕上がりになると思います。

上の画像に使用したカラーは、セリアの「濃密シリーズ」とダイソーの「エスポルール」。

使用するブルーを変えるだけで、イメージががらりと変わって楽しめます。

■やり方を覚えて素敵なドロップネイルを!

お好みのブルーと乳白色カラー、トップコートがあれば簡単にできるドロップネイル。夏にぴったりなのでぜひチャレンジしてみてください!

■セルフネイルの基本のやり方
■「マニキュアでセルフネイル」連載一覧はこちら

Share

ryo

1978年生まれのネイリスト。イタリアのインターナショナルスクール/立教大学を卒業しアパレル業界に勤務。 出産後はネイリストとしてサロンに勤務するかたわら、自宅ネイルサロンでジェルネイルを施術。またマニキュアで大人女子ネイ...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article