信じた道を進み続ける人の美しさ - コマエンジェル公演「幾星霜 RETURNS」を観て

信じた道を進み続ける人の美しさ - コマエンジェル公演「幾星霜 RETURNS」を観て

東京都狛江市を拠点に活動する主婦パフォーマンス集団「コマエンジェル」による公演「幾星霜 RETURNS」を観た。昨年9月に上演された「幾星霜」の再演。そして、2017年5月には「幾星霜 OKAWARI」として、コマエンジェルが銀座博品館劇場に進出する。


「幾星霜 RETURNS」という公演を観た。幾星霜(いくせいそう)とは、苦労を経た上での、長い年月を意味する。激動の昭和を生き抜き、平成の今、人生の幕を下ろすひとりの高齢女性の一生を、昭和のヒット歌謡曲とダンスで描く、笑いあり涙ありの作品だ。

■狛江市の主婦パフォーマンス集団「コマエンジェル」が演じる女の一生

ある女性の長い人生を演じるのは、以前にもDRESSで取り上げた、狛江市を拠点に活動する主婦パフォーマンス集団「コマエンジェル」。2016年に結成10週年を迎えた。13人のメンバーのほとんどが40代で、初期メンバーは50歳を迎えようとしている。

その活動は、年齢を感じさせないほどエネルギッシュ。昨年9月の初の単独公演「幾星霜」(狛江エコルマホール)には発売即チケット完売で約1100人を動員。ファンとなった人たちから「再演してほしい」という強い願いもあり、4月21日〜22日に労音大久保会館「R'sアートコート」でアンコール上演されたのが「幾星霜 RETURNS」だ。

しなやかに引き締まった体で、ときにはセクシーに、ときには恥じらいを捨てたような顔芸を加え、幅広い踊りを見せてくれるメンバーたち。彼女たちの青春時代に流行した「青い珊瑚礁」や「熱くなれ」から、映画『ムーラン・ルージュ』や『バーレスク』の妖しい音楽、ラップ調の「ババアの歌」などに合わせてステージ狭しと踊りまくる。

ハチャメチャで独特な世界観を貫くのは、昭和〜平成を駆け抜けた女性の一生だ。おかっぱ頭でやんちゃに駆け回る「子ども時代」。三つ編みを垂らし同級生とのおしゃべりに夢中になった「女学生時代」。同じカフェバーで働く女子たちと“役”を巡ってバトルした「踊り子時代」。若さやフレッシュな魅力で美しく輝いていた「戦いの時代」。

人生のパートナーと巡り合い、夢よりも結婚を選んだ「花嫁時代」、「新婚時代」。子どもに恵まれ、育児に家事に仕事にと多忙を極めた「ママ時代」。子どもが皆自立し、再び自分の人生を謳歌できるようになった「オバチャン時代」――。そんな目まぐるしい舞台転換を表現するのは、早着替えによって一人何役もこなすメンバーたちだ。

■他人からの評価に振り回されず、できることを積み重ねる美しさ

コマエンジェルは、実年齢だけで考えると「オバチャン」に分類される。人生経験を積んで進化し続けてきたメンバーたちだからこそ、その演技には説得力があった。

彼女たちの多くは学校卒業後、働き、結婚し、母になった。そのタイミングで、いわゆる「バリキャリ」として仕事をしていたメンバーも、仕事を手放したり、第一線から退いて「ゆるキャリ」を選択したりと、自らの生き方を変えた。

社会で活躍するとか、仕事を通して自己実現をするんだとか、独身時代に掲げがちな目標の代わりに、家族のために生きるようになった。家族というチームの全メンバーに目配りし、コミュニケーションを図り、全員が良いパフォーマンスを発揮できるよう、裏方として奔走する日々。

主婦を「気楽な生き方」と考える人もいれば、「女性も仕事を手放してはいけない」と主張して主婦になることを勧めない人もいる。しかし、自らを「主婦パフォーマンス集団」と名乗るコマエンジェルたちは、他人からの評価に振り回されることなく、自分でしたいことを、自分でできる範囲でコツコツと積み重ねてきたのだと思う。「幾星霜」も週に一度の稽古を2年間かけて仕上げたというから驚きだ。

選んだ道を自分の足で力強く歩み、日々一生懸命生きる。そんなコマエンジェルの個性的なメンバーは全員、舞台上で「主役」を張っていた。彼女たちの内側から放たれる自信という輝きが眩しかった。自分の生き方に責任と覚悟を持った人間の迫力としなやかさを、私はそこで目にしたのだった。

■コマエンジェルの「幾星霜 OKAWARI」が5月28日、銀座博品館劇場で公演決定!

2016年9月「幾星霜」(狛江エコルマホール)、2017年4月「幾星霜 RETURNS」(労音大久保会館)に続き、2017年5月「幾星霜 OKAWARI」として、コマエンジェルが銀座博品館劇場に進出!

場所:銀座「博品館劇場」 03-3571-1003 
 http://theater.hakuhinkan.co.jp/
    ●銀座駅から 東京メトロ 銀座線・丸の内線・日比谷線
     ⇒『銀座駅』A2出口より徒歩5分
    ●新橋駅から  JR『新橋駅』⇒銀座口より徒歩3分
      東京メトロ 銀座線『新橋駅』⇒出口1より徒歩3分

日時:2017年5月28日(日)

開演:(1)14:00(開場:13:30)公演時間約90分 休憩なし
   (2)17:00(開場:16:30)公演時間約90分 休憩なし
料金(全席指定):¥5000(一般)
         ¥3000(小・中・高校生 ※学生証、保護者確認)

【チケット販売】
●Ro-Onチケットセンター
047-365-9960(10時~18時 土日祝祭日除く)
http://www.ro-on.jp/
   
●コマエンジェル 
ommr@smail.plala.or.jp
http://ommr91.wixsite.com/komaangel
(コマエンジェルHPのメールフォームよりお申し込み)
https://www.facebook.com/komaangels/ 
(Facebookメッセージからのお申し込み)

主催:東京労音
企画制作:コマエンジェル
構成演出振り付け:荻野美和
制作協力:ユニオンアーティスト

写真/大島りんご

この記事のライター

DRESS編集長。楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは人間の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。趣味のひとつはプロレス観戦。DRESSプロレス部 部長補佐を務める。著書に『はたらく人の結...

関連するキーワード


演劇 人生

関連する投稿


生きづらい世の中だけど、自分のために堂々と生きる人になりたい

生きづらい世の中だけど、自分のために堂々と生きる人になりたい

生き方や働き方、もっと身近なもので言うと、ファッションやメイクもそうだ。どんなことでも、他人に迷惑をかけない範囲ならば、何を選んだっていい。生きづらい世の中、他人に無関心になる優しさを誰もが持てば、皆が少しずつ生きやすくなるんじゃないかと思う。


専業主婦という生き方の何が悪い? 非難はスルーして自分の選択に自信を

専業主婦という生き方の何が悪い? 非難はスルーして自分の選択に自信を

生き方や働き方は誰もが自由に選択できる、はずなのに……。何を選んでも何かしら非難される気がするのは、気のせい? 特に昨今否定されがちな専業主婦という生き方に注目し、本当に「ダメな選択」なのか、考えてみたい。


地元の田舎で押しつけられる「普通」が苦しい。だから東京で生きている

地元の田舎で押しつけられる「普通」が苦しい。だから東京で生きている

どこで生きるか。それは、何の仕事をするか、誰と生きるか、といった課題と並んで大きく人生を左右する選択。自分の価値観にあった望む生き方ができる場所はどこだろう? それに悩んだ女性は、何を思い、どういう結論を出したのか……?


『赤毛のアン』という物語が教えてくれた心の痛みの癒し方

『赤毛のアン』という物語が教えてくれた心の痛みの癒し方

いよいよ春ですね。桜とともに過ごすこの季節は、私たちの生活に多くの「変化」を運んできます。そうした変化の中において、もしかしたらあなたの心はちょっぴりくたびれているかもしれません。今日はそんなあなたに、花咲く季節にふさわしいある物語から、心の中の「傷ついた少女」を癒してくれる優しい言葉をお届けします。


生き方上手な人は「本音の私」と「普段の私」ふたりの自分とうまく付き合える

生き方上手な人は「本音の私」と「普段の私」ふたりの自分とうまく付き合える

人生がうまくいくコミュニケーションの基本は、他人との付き合い方より、自分自身との付き合い方。皆さんは「本音の私」と「普段の私」、両方とうまく付き合えていますか?


最新の投稿


いくつになってもスタイルがいい女性に共通する4つの習慣

いくつになってもスタイルがいい女性に共通する4つの習慣

いくつになってもスタイルがいい女性を見て、いいなと思う方もいるのでは。確かに年を重ねるにつれ、太りやすく・痩せにくくなるのは事実。しかし、スタイルがいい女性たちの習慣を取り入れることで、美しいスタイルを長く維持できるようになるはず。彼女たちに共通する習慣をご紹介します。


フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<収入編>

フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<収入編>

フリーランスという自由な働き方が気になる方もいるのでは? そんな方に知ってほしい「お金の話」シリーズ。フリーランス歴13年目で、ファイナンシャルプランナーでもある筆者が、「フリーランスはどれくらい収入があれば良いか」を解説します。


あなたにおすすめのコーヒー豆は? 自分好みの味に出会う

あなたにおすすめのコーヒー豆は? 自分好みの味に出会う

今回ご紹介するのはおすすめのコーヒー豆について。日々の生活に欠かせないコーヒー。せっかくなら自分好みの味を見つけたいですよね。コーヒーは豆の種類や加工方法で大きく味が変わります。豆の違いを知って、自分好みの味を見つけてみませんか。


現代東京のリアルな空気を感じる -『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#11

現代東京のリアルな空気を感じる -『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#11

2016年5月に発売され、現代詩集としては異例の27000部の売り上げを記録した詩人・最果タヒによる詩集「夜空はいつでも最高密度の青色だ」。この詩集を、映画『舟を編む』の石井裕也監督が実写化。2017年現在の東京を舞台に、不器用ながらもひたむきに生きる二人の男女の孤独と希望が、観る者の胸を切なく、静かに打ちます。


かるくて、ぜいたく、はなやかなBAKEの「生どら焼き」

かるくて、ぜいたく、はなやかなBAKEの「生どら焼き」

BAKE初の和菓子ブランド。新食感の生どら焼き専門店「DOU(ドウ)」が誕生。