信じた道を進み続ける人の美しさ - コマエンジェル公演「幾星霜 RETURNS」を観て

信じた道を進み続ける人の美しさ - コマエンジェル公演「幾星霜 RETURNS」を観て

東京都狛江市を拠点に活動する主婦パフォーマンス集団「コマエンジェル」による公演「幾星霜 RETURNS」を観た。昨年9月に上演された「幾星霜」の再演。そして、2017年5月には「幾星霜 OKAWARI」として、コマエンジェルが銀座博品館劇場に進出する。


「幾星霜 RETURNS」という公演を観た。幾星霜(いくせいそう)とは、苦労を経た上での、長い年月を意味する。激動の昭和を生き抜き、平成の今、人生の幕を下ろすひとりの高齢女性の一生を、昭和のヒット歌謡曲とダンスで描く、笑いあり涙ありの作品だ。

■狛江市の主婦パフォーマンス集団「コマエンジェル」が演じる女の一生

ある女性の長い人生を演じるのは、以前にもDRESSで取り上げた、狛江市を拠点に活動する主婦パフォーマンス集団「コマエンジェル」。2016年に結成10週年を迎えた。13人のメンバーのほとんどが40代で、初期メンバーは50歳を迎えようとしている。

その活動は、年齢を感じさせないほどエネルギッシュ。昨年9月の初の単独公演「幾星霜」(狛江エコルマホール)には発売即チケット完売で約1100人を動員。ファンとなった人たちから「再演してほしい」という強い願いもあり、4月21日〜22日に労音大久保会館「R'sアートコート」でアンコール上演されたのが「幾星霜 RETURNS」だ。

しなやかに引き締まった体で、ときにはセクシーに、ときには恥じらいを捨てたような顔芸を加え、幅広い踊りを見せてくれるメンバーたち。彼女たちの青春時代に流行した「青い珊瑚礁」や「熱くなれ」から、映画『ムーラン・ルージュ』や『バーレスク』の妖しい音楽、ラップ調の「ババアの歌」などに合わせてステージ狭しと踊りまくる。

ハチャメチャで独特な世界観を貫くのは、昭和〜平成を駆け抜けた女性の一生だ。おかっぱ頭でやんちゃに駆け回る「子ども時代」。三つ編みを垂らし同級生とのおしゃべりに夢中になった「女学生時代」。同じカフェバーで働く女子たちと“役”を巡ってバトルした「踊り子時代」。若さやフレッシュな魅力で美しく輝いていた「戦いの時代」。

人生のパートナーと巡り合い、夢よりも結婚を選んだ「花嫁時代」、「新婚時代」。子どもに恵まれ、育児に家事に仕事にと多忙を極めた「ママ時代」。子どもが皆自立し、再び自分の人生を謳歌できるようになった「オバチャン時代」――。そんな目まぐるしい舞台転換を表現するのは、早着替えによって一人何役もこなすメンバーたちだ。

■他人からの評価に振り回されず、できることを積み重ねる美しさ

コマエンジェルは、実年齢だけで考えると「オバチャン」に分類される。人生経験を積んで進化し続けてきたメンバーたちだからこそ、その演技には説得力があった。

彼女たちの多くは学校卒業後、働き、結婚し、母になった。そのタイミングで、いわゆる「バリキャリ」として仕事をしていたメンバーも、仕事を手放したり、第一線から退いて「ゆるキャリ」を選択したりと、自らの生き方を変えた。

社会で活躍するとか、仕事を通して自己実現をするんだとか、独身時代に掲げがちな目標の代わりに、家族のために生きるようになった。家族というチームの全メンバーに目配りし、コミュニケーションを図り、全員が良いパフォーマンスを発揮できるよう、裏方として奔走する日々。

主婦を「気楽な生き方」と考える人もいれば、「女性も仕事を手放してはいけない」と主張して主婦になることを勧めない人もいる。しかし、自らを「主婦パフォーマンス集団」と名乗るコマエンジェルたちは、他人からの評価に振り回されることなく、自分でしたいことを、自分でできる範囲でコツコツと積み重ねてきたのだと思う。「幾星霜」も週に一度の稽古を2年間かけて仕上げたというから驚きだ。

選んだ道を自分の足で力強く歩み、日々一生懸命生きる。そんなコマエンジェルの個性的なメンバーは全員、舞台上で「主役」を張っていた。彼女たちの内側から放たれる自信という輝きが眩しかった。自分の生き方に責任と覚悟を持った人間の迫力としなやかさを、私はそこで目にしたのだった。

■コマエンジェルの「幾星霜 OKAWARI」が5月28日、銀座博品館劇場で公演決定!

2016年9月「幾星霜」(狛江エコルマホール)、2017年4月「幾星霜 RETURNS」(労音大久保会館)に続き、2017年5月「幾星霜 OKAWARI」として、コマエンジェルが銀座博品館劇場に進出!

場所:銀座「博品館劇場」 03-3571-1003 
 http://theater.hakuhinkan.co.jp/
    ●銀座駅から 東京メトロ 銀座線・丸の内線・日比谷線
     ⇒『銀座駅』A2出口より徒歩5分
    ●新橋駅から  JR『新橋駅』⇒銀座口より徒歩3分
      東京メトロ 銀座線『新橋駅』⇒出口1より徒歩3分

日時:2017年5月28日(日)

開演:(1)14:00(開場:13:30)公演時間約90分 休憩なし
   (2)17:00(開場:16:30)公演時間約90分 休憩なし
料金(全席指定):¥5000(一般)
         ¥3000(小・中・高校生 ※学生証、保護者確認)

【チケット販売】
●Ro-Onチケットセンター
047-365-9960(10時~18時 土日祝祭日除く)
http://www.ro-on.jp/
   
●コマエンジェル 
ommr@smail.plala.or.jp
http://ommr91.wixsite.com/komaangel
(コマエンジェルHPのメールフォームよりお申し込み)
https://www.facebook.com/komaangels/ 
(Facebookメッセージからのお申し込み)

主催:東京労音
企画制作:コマエンジェル
構成演出振り付け:荻野美和
制作協力:ユニオンアーティスト

写真/大島りんご

この記事のライター

DRESS編集長。楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは人間の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。趣味のひとつはプロレス観戦。DRESSプロレス部 部長補佐を務める。著書に『はたらく人の結...

関連するキーワード


演劇 人生

関連する投稿


誰かにとっての幸せな生き方に口を挟まないで。信じるものは人それぞれ

誰かにとっての幸せな生き方に口を挟まないで。信じるものは人それぞれ

どんな生き方が幸せなのか、どんな価値観やライフスタイルを「好き」「大切」と思うのかは、それぞれの自由。自分が信じる幸せを追求する権利があります。でも、その自分の信念の取り扱いを間違えると、誰かを傷つけてしまうことも。


人生とは「自分を楽しませること」。世間の幸せ指標を基準にしない【植村絵里】

人生とは「自分を楽しませること」。世間の幸せ指標を基準にしない【植村絵里】

他人の評価を過度に意識したり、他人に自分の価値観を強制したりするのではなく、自分が今この瞬間を楽しく生きることを通じて、そのエネルギーを周囲にシェアしていこう。人生とは、自分を楽しませること。そして、好き勝手に人生を楽しんでいる自分の姿を見て、人々の希望になれたら最高ではないかと思うのです。


戦争という時代にも笑いを生み出そうとした人間の喜劇「円生と志ん生」

戦争という時代にも笑いを生み出そうとした人間の喜劇「円生と志ん生」

昭和の大名人といわれた噺家、円生と志ん生。満州巡業に出かけたものの、終戦の混乱で帰国できず、異国の地で苦楽を共にすることに。性格も芸風も異なるふたりだが、笑いをつくり出すのが噺家と、貧乏も悲しみも笑いに変えていく……。難しいことをやさしく、深く、面白く描いた井上ひさしの音楽劇「円生と志ん生」の魅力をお届けします。


浅田真央さんのこれまでを写真で見る『moment on ice vol.2』が発売に。「THE ICE 2017」撮りおろしも

浅田真央さんのこれまでを写真で見る『moment on ice vol.2』が発売に。「THE ICE 2017」撮りおろしも

アスリートが輝く“瞬間"をキャッチするグラフ・マガジン『moment on ice vol.2』が発売に。プロスケーター浅田真央さんの、プロスケーターとしての1st Stepを記録した1冊に仕上がっています。「THE ICE 2017」完全撮りおろしのほか、真央さんの13年の軌跡を振り返る豪華な内容です。


私らしく生きるために必要なのは「美意識」を鍛えるトレーニング

私らしく生きるために必要なのは「美意識」を鍛えるトレーニング

美意識、鍛えていますか? 『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」』を読んで気づいたのは、私らしさを出すためにも、仕事とのより良い向き合い方にも、美意識が欠かせないということでした。


最新の投稿


スキニーフレンチネイルの簡単なやり方【マニュキュアでセルフネイル】

スキニーフレンチネイルの簡単なやり方【マニュキュアでセルフネイル】

スキニーフレンチネイルが今季、大人気です。マニキュアを使って簡単に挑戦できます。細いラインが繊細で洗練されたイメージ。そんなスキニーフレンチを、スキンカラーに合わせて上品なデザインに仕上げました。オフィスでも浮かない上品なスキニーフレンチのやり方を豊富な画像を交えて解説します。


相手に見返りを期待するような恋に先はない

相手に見返りを期待するような恋に先はない

気持ちの入った料理が食卓に並ぶとつい頬が緩む。「結婚の決め手は彼女の手料理!」はなにも男性ばかりでない。疲れているときに、「今日は僕が料理するね」とラーメンを作ってくれたことに、とても癒されたのを今でも覚えている。ただ、胃袋を掴むつもりが、逆に相手を遠ざけてしまうときもあって……。


フルーツをテーマにしたビュッフェ、ワークショップが銀座で開催

フルーツをテーマにしたビュッフェ、ワークショップが銀座で開催

GINZA PLACE 3F common ginza内にある、美と健康をテーマに旬のフルーツを楽しめるカフェ「RAMO FRUTAS CAFE」が2017年9月24日にオープン1周年を迎えます。これを記念したスペシャルイベント「1st Anniversary Weekend Party」が開催されます。


「自分の言葉で語れるくらい好きなこと」で結果を出せたら、チームみんなが幸せになる【ナンバー2の仕事術#1】

「自分の言葉で語れるくらい好きなこと」で結果を出せたら、チームみんなが幸せになる【ナンバー2の仕事術#1】

組織やチームの二番手として活躍する人の仕事術に迫る【ナンバー2の仕事術】。第1回目は、月間3000万人以上の読者が訪れるウェブメディア『東洋経済オンライン』の副編集長・吉川明日香さんに話を伺った。


美バストになるには「背中を整える」ことが欠かせない

美バストになるには「背中を整える」ことが欠かせない

美バストになるには背中を整える必要があります。バストケアをした直後は、ふわふわの柔らかいバストを手に入れることができても、しばらくするとバストが背中や脇に流れるのは、背面の「癖」が原因です。姿勢や筋肉の癖がバストアップの妨げになっている可能性が高いのです。


おっぱい