妊娠しやすい体作りをしたいなら「標準体重」を目指そう【百木ゆう子 連載#6】

妊娠しやすい体作りをしたいなら「標準体重」を目指そう【百木ゆう子 連載#6】

妊娠しやすさと女性の体型・体重には密接な関係があります。妊娠しやすい体作りを目指すなら、太りすぎでも痩せすぎでもない、標準体型かつ標準体重。妊娠しやすい体作りの基本をまとめました。


■妊娠しやすい体作り、できていますか?

多くの女性が望むのはスレンダーな体型。私のサロンにもそうなりたいと願うお客様が、日々たくさん来店されます。

しかし、うち半数以上の方が、ダイエットが不要な体型です。確かに雑誌を見れば細いモデルさんばかりで、あのようになりたいという気持ちはよくわかります。

ただ、理想のスタイルと同時に、妊娠したいと望んでいる方は、まず「妊娠しやすい体作り」ができているかどうか、考える必要があると思うのです。

■痩せすぎも太りすぎもNG 一定量の「皮下脂肪」は重要

女性の正常な排卵や女性ホルモン分泌には、一定量の皮下脂肪が不可欠です。排卵を起こすための女性ホルモンはコレステロールで作られます。

短期間(1年以内)に5kgあるいは10%以上の体重減少が起こると、皮下脂肪から分泌される物質「レプチン」の不足んどから、脳内のホルモン分泌異常が起こり、卵巣機能が低下あるいはストップしてしまうのです。

これは自分の身が危機に陥ったときに生殖を犠牲にするという、命には直接影響のない生体の防御反応と考えられます。その結果、月経不順・排卵障害で無月経・無排卵になってしまうことがあるのです。

■一度止まった生理や排卵を戻すのは大変

1年間に5kg以上の体重の変動があると、月経は止まりやすくなります。また標準体重を30%以上上回っていても月経は止まってしまうことがあります。

一度失われた月経を簡単に元に戻すような薬はありませんし、体脂肪や体重を増やしても、一度低下してしまった卵巣の機能を高めるには、2~3年くらいかかるケースが多いです。

無月経や無排卵が長期にわたって起こると、子宮や卵巣が萎縮し、機能が低下してしまいます。無理なダイエットや過度の体重変動には十分に気をつけてください。

■妊娠しやすい体作りの基本は「標準体重」を意識した体型キープ

妊娠と女性の体型には密接な関係があり、妊娠力に大きな影響を与えます。もちろん、肥満・痩せすぎの女性全員が妊娠しにくい状態であるわけではなく、肥満・痩せすぎであっても妊娠しやすい人はいます。

しかし、少なくとも体型を改善することで、妊娠力を向上できるのは確かです。今後、妊娠・出産を望むのであれば、自身の体型に気遣い、なるべく体重を「標準体重」に近づけるよう心がけましょう。

繰り返しになりますが、過激なダイエットは妊娠力の低下や卵子の老化の加速を引き起こします。妊活中の女性はしっかりと食事・運動などの生活習慣を管理して、自身の体型を妊娠に適した状態にする努力が大事です。

妊娠しやすい体は一朝一夕に作れません。日々小さな習慣を積み重ねて、妊娠しやすい体作りを進めましょう。

この記事のライター

統合美療師。ボディリゾートMOKA エステティシャン。百木ゆう子エステティックアカデミー校長。日本美容技術者協会 代表理事。 1995年、エステティシャンとして活動を開始。これまでに5万人を超える顧客を迎え、数々のエステ...

関連するキーワード


妊娠

関連する投稿


海外別居婚の私が取り組んだ「妊活」

海外別居婚の私が取り組んだ「妊活」

海外別居婚の状態で、どう妊活すれば――。新婚旅行が終わったしそろそろ子どもを……と考えていた矢先に、夫がマレーシアの会社に転職することになりました。彼のキャリアアップは応援したい。でも自分は仕事を辞めたくない。子どもはいつかほしい。フィリピンからマレーシアは飛行機で片道4時間。そして私は37歳。さぁどうしよう!?


着床前診断からわかることと問題点

着床前診断からわかることと問題点

意義のある検査ながら問題点も議論される着床前診断。PGD(着床前遺伝子診断)と現在は禁止されているPGS(着床前遺伝子スクリーニング)の2種類があります。それぞれの診断内容や問題点、課題について、山中智哉医師が解説します。


新型出生前診断とは? メリットや問題点、他の診断との違いを知ろう

新型出生前診断とは? メリットや問題点、他の診断との違いを知ろう

新型出生前診断(NIPT)を通じてわかること、検査の方法、メリット、リスク、他の診断方法(羊水染色体検査や絨毛染色体検査など)との違いなどを山中智哉医師が解説します。


リスクもある高齢出産。でも、デメリットばかりじゃない

リスクもある高齢出産。でも、デメリットばかりじゃない

35歳以上で初めて出産することを高齢出産といいます。今では高齢出産は珍しくなくなりましたが、リスクがあることには変わりありません。二児の母で内科医の筆者からみた高齢出産のメリットと、心にとどめておきたいリスク(デメリット)を解説します。


超音波検査より詳しい「羊水染色体検査」でわかることは?検査方法、メリット、リスクも知って

超音波検査より詳しい「羊水染色体検査」でわかることは?検査方法、メリット、リスクも知って

羊水染色体検査を通じてわかること、検査の方法、メリット、リスクなどを山中智哉医師が解説します。さらに、1990年代以降行われるようになった、母体血清マーカーテストについても後半で説明します。


最新の投稿


上質な眠りで爽やかな朝を迎えられるピローミスト

上質な眠りで爽やかな朝を迎えられるピローミスト

ニールズヤードから、質の良い睡眠をサポートするためのグッドナイト ピローミストが8月1日に新登場。マンダリンの甘いシトラスの香りが穏やかな気持ちにさせ、ラベンダーやカモミールのハーバルな香りが心身にリラックス感を与える製品です。


バツイチ女性、年下男性の気持ちが知りたい【大人のお悩み相談室 #4】by サツキメイ

バツイチ女性、年下男性の気持ちが知りたい【大人のお悩み相談室 #4】by サツキメイ

DRESS公式占い「愛を引き寄せる星占い」でもおなじみ、占い師・サツキメイさんによる連載「大人のお悩み相談室」。生き方や働き方、恋愛、結婚etc.迷える女性たちの相談にのっていただきます。お悩みを丁寧に受け止め、寄り添いながら回答してくれる、DRESS世代の占い師・サツキメイさんへのご相談、お待ちしています。


集中ケアで、ほしい素肌を手に入れる。私が愛用するフェイスマスク

集中ケアで、ほしい素肌を手に入れる。私が愛用するフェイスマスク

フェイスマスク、使っていますか? 肌の状態を良好に保ち、平日という「本番」に備えたい。そんな私はフェイスマスクをいくつか愛用しています。美容トレンドレポート「Beauty Trend 2017」によると、日米仏の3カ国で「フェイスマスク」がトレンドアイテムだそう。今回はフェイスマスクをテーマにお届けします。


女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器に悩みやコンプレックスを持つ女性は、何を機にそれらを深刻化させてしまったのでしょうか。今回は、身近な人や信頼している人からかけられた「ヒダ、ビラビラが大きい」など何気ない一言がグサリと刺さって、「私の女性器は普通じゃないのでは……」と悩むようになった例をご紹介します。


見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味なんてまったくない。SNSで見栄をはるためだけに無理にブランド物を買ったり、高級レストランへいったりする人がいます。女同士のくだらない見栄の張り合いをする時間があれば、自分磨きに時間をかけよう。自分に自信をつけることが一番大切なことだから。