本棚は脳や心と直結している。本を読むことは生きること【本棚百景#1】

本棚は脳や心と直結している。本を読むことは生きること【本棚百景#1】

本棚の中身は、持ち主の脳内や心の中を映し出していることがあります。他人の本棚や読書スタイルというものは、意外に知らないものですが、読む本の変遷は時にその人の生き方さえもあらわしています。連載【本棚百景】1回目は、筆者ナカセコエミコの本棚をご紹介します。


思い思いのスタイルで過ごす読書の時間。本棚の中身は、そのときどきの持ち主の脳内や心の中を映し出していることさえあります。

だからこそ読書とは、もしかすると生きることそのものといえるのかもしれません。連載【本棚百景】1回目は、筆者ナカセコエミコの本棚をご紹介します。

■本棚の持ち主 プロフィール

夫と共有の本棚。自分の持ち分は2段。奥にも本が詰まっている。

デスクの隅。仕事で使う資料的な本の置き場所。

個人事業主(ライター・ブックコーディネーター/物販コーディネーター)
東京都在住・女性・41歳・夫と二人暮らし

静岡県で生まれ育ち、学生時代は名古屋で一人暮らしを経験した。
その後、実家に戻って銀行に就職するも、高校時代から持ち続けていた“本や文章に携わる仕事”としての司書教員になる夢を諦めきれず、地元図書館に司書として転職。数年勤めたが、マニュアル化された作業の繰り返しに、イメージしていた司書の仕事とのギャップを感じる。
地元の一般企業でダブルワークをスタート。販売のおもしろさに目覚め、図書館を退職。やがて、地方事業所から東京本社に異動になり、住まいを東京に移した頃に結婚。20代後半で配属された部署は商品開発部。ものづくりのおもしろさにとりつかれたように仕事に没頭。異動を繰り返しつつ、30代半ばで管理職につき、キャリアを重ねていくことができた。
その頃、そもそもの志であった“本や文章に携わる仕事”を再び始めたいと考え、起業準備をスタート。40歳で、約15年勤めた会社を退職。
個人事業主でライター・コーディネーター業を開始し、半年後の今春に法人化の予定。

■幼い頃に好きだった、自分の原点となる本

『赤毛のアン』『モモ』などが大好きだった小学生時代。

体が弱かった幼少時代は母親から買ってもらった『赤毛のアン』『アンの青春』と続くアンシリーズや『若草物語』に夢中になった。

小学生になると『モモ』『はてしない物語』『チョコレート工場の秘密』などのファンタジーにどっぷりとつかっていく。

想像する無限の楽しさや、知らない世界を知る喜びを読書から学んだ子供の頃。
この頃から、大人になったら文章を書いたり、本に関わる仕事に就きたいと思うようになっていた。

■10代から20代を共に過ごし、影響を受けた本

向田邦子や江國香織から、多感な時期に影響を大きく受けた。

高校生になると、向田邦子にはまって読み漁るように。小説の中身だけではなく、孤独で美しくスタイリッシュ。そして文章が圧倒的に上手い向田邦子の生き方そのものに憧れを強く抱く。

「物書きになりたい」と思うようになるが、それは無理かもしれない……なら、本を扱う出版や司書の仕事をしてみたいと考えるようになってきた頃。

そして、学生時代は江國香織の文章の言い回しや空気感に共鳴。いつかこんな文章を書いてみたいと思った。

この二人の女流作家が、本や文章を書く仕事への憧れをかきたてたが、現実を見るようになったのもこの年頃。いつまでも夢見てばかりではいけない、と自分に言い聞かせていた。

管理職になった35歳前後はビジネス本に興味が移る。

学生時代から20代までは主に好きな小説やエッセイを読んでいた。

30代で管理職になると、小説よりもビジネス本へと一気に興味が移るようになる。必要に迫られて、ありとあらゆるリーダー論や店舗運営、書類の書き方からスピーチ術、女性の働き方などといったビジネス本を読みまくった。

販売部門と商品開発部門の2つの部門で主任・支社長・係長を経験。最大で30人弱のスタッフを管理していく中において、読書がさまざまな知恵を与えてくれた。

しかし、一方でノマドや起業についての本も、多く目にした。いつか、組織を卒業して、起業していきたいと漠然と思い描くようになったのも本の影響。

■最近読んでいる本、何回か読み返す本

戦国時代、特に徳川家康がもともと好き。首都圏の支社長を経験したことから東京・江戸の歴史に強く興味を持つ。

ルミネやJOMOのコピーをつくったコンセプトクリエーター柴田陽子の本は何度も読み返す。

静岡県出身ということもあり、もともと徳川家康びいき。前職で東京都内5事業所を管理する首都圏支社の支社長を経験したころから、江戸や東京の歴史に興味を持つようになる。

徳川家康は、駿河・遠江・三河等の領地を治めていたが、北条氏小田原攻めの後、それと引き換えに関東8ヶ国を治めるようになる。湿地帯が広がる当時の江戸。時間をかけてインフラを整えていったその手法が丁寧に描かれている。

柴田陽子の本は、コンセプトを持って仕事をする楽しさや、独立して会社を作っていく様子などが、魅力的な言葉でいきいきと書かれている。

最初は商品開発のアイデアソースにと思って買ったが、読むうちに自分自身も起業してみたいと思うようになったきっかけの1冊。当時から、何回も読み返し、今もまた読んでいる。

■本を読む場所、夢中になる場所

自宅のソファ。

読書のお供はコーヒー。

キッチンの角っこ。

自宅リビングのソファで足をのばしながら読むことがほとんど。ただし、夢中になってくるとキッチンのコーナーに移動して、三角座りして読むと、なぜかものすごく集中できる。

コーヒーをミルクたっぷりにして、いつもそばに置いておくが、読んでいるうちに冷え切ってしまい、途中で気がついて一気飲みする。

会社員時代は電車の中でいろいろと読んでいたが、最近はカフェや自宅での読書が多い。

■本を読むことは生きること

本は増え続ける一方なので、一定の量を超えたら売りに出すようにしている。

本棚は夫と共有で、自分の棚は二段。奥行きがあるので、手前と奥で2列ずつ並べることができる。
ここ、10年でビジネス本がものすごく増えた。一方で、ファッションや美、健康に関する本も仕事に関する資料として何割かある。

主に、子供の頃はファンタジー、20代は女流小説、30代以降はビジネス本という変遷を経ているが、昔から基本的に活字は何でも読むから、そんなに食わず嫌いはない。

好きな本は変わらないが、生活や役割の変化に伴い、所有する本の種類はやっぱり大きく変化している。

だから思うのだ。本を読むことは生きることであり、その人生とつながっているのだと。今の自分に対して定点観測ができる場所、それが私にとっての本棚なのかもしれない。

この記事のライター

(株)FILAGE代表。ライター&ブックコーディネーター。女性のキャリア・ライフスタイル・書評を中心とした執筆、編集、校正等を行う。女性向けWeb媒体、企業向け各種コンテンツなどを中心に執筆中。銀行員、図書館司書、一般企業に...

関連するキーワード


読書 本棚百景

関連する投稿


夫や子がいても私は私。自立して生きる、ぬいぐるみ作家の本棚【本棚百景#9】

夫や子がいても私は私。自立して生きる、ぬいぐるみ作家の本棚【本棚百景#9】

本棚の中身は、持ち主の脳内や心の中を映し出していることがあります。他人の本棚や読書スタイルというものは、意外に知らないものですが、読む本の変遷は時にその人の生き方さえも表しています。連載【本棚百景】9回目は、東京在住ユウコさん(仮名)の本棚をご紹介します。


旅するように読む。ワーママ・イラストレーターの本棚【本棚百景#8】

旅するように読む。ワーママ・イラストレーターの本棚【本棚百景#8】

本棚の中身は、持ち主の脳内や心の中を映し出していることがあります。他人の本棚や読書スタイルというものは、意外に知らないものですが、読む本の変遷は時にその人の生き方さえも表しています。連載【本棚百景】8回目は、北海道在住ヒトミさん(仮名)の本棚をご紹介します。


感性豊かな暮らしのアイデアを本からもらう。本嫌いだったデザイナーの本棚【本棚百景#7】

感性豊かな暮らしのアイデアを本からもらう。本嫌いだったデザイナーの本棚【本棚百景#7】

本棚の中身は、持ち主の脳内や心の中を映し出していることがあります。他人の本棚や読書スタイルというものは、意外に知らないものですが、読む本の変遷は時にその人の生き方さえも表しています。連載【本棚百景】7回目は、栃木県在住ミカさん(仮名)の本棚をご紹介します。


好きな場所で幸せに働く 図書館司書の本棚【本棚百景#6】

好きな場所で幸せに働く 図書館司書の本棚【本棚百景#6】

本棚の中身は、持ち主の脳内や心の中を映し出していることがあります。他人の本棚や読書スタイルというものは、意外に知らないものですが、読む本の変遷は時にその人の生き方さえも表しています。連載【本棚百景】6回目は、東京都在住ユイさん(仮名)の本棚をご紹介します。


本が読めない、と悩んでいる方へ。「忘れて当たり前」と考えれば読書はもっと楽になる

本が読めない、と悩んでいる方へ。「忘れて当たり前」と考えれば読書はもっと楽になる

本が読めない、読書が難しいと感じている、とお悩みの方もいるのでは。作家・書評家で、最新刊『世界一やさしい読書習慣定着メソッド』(大和書房)を上梓した印南敦史さんに、読書習慣を身につけるためのアイデアを、数回の連載で教えていただきます。本が読めない=読書へのアプローチを変えれば、本を読めるようになることでもあるのです。


最新の投稿


マウンティング男子は「さしすせそ」で撃破すべし

マウンティング男子は「さしすせそ」で撃破すべし

男はマウンティングの生物です。俺はすごいんだぞ、お前より優位にいるんだぞ、こんなに上にいるんだぞ……ああ自慢ばかりめんどくさい! けれど嫌がれているのに気づかないのも、男という哀しい生物の性なのです。今回は、そんな「マウンティング男子」と遭遇したときの必殺テクニックを紹介します。


ヘアカラー後の気になる黄味をおさえる、自宅髪色ケアアイテム「髪色サプリ」

ヘアカラー後の気になる黄味をおさえる、自宅髪色ケアアイテム「髪色サプリ」

花王は「リーゼプリティア 髪色サプリ」を9月30日より、全国のドラッグストアなどの店頭で発売。ヘアカラー後しばらくすると、色が抜けて黄味がかって明るくなったり、金髪っぽくなったり……そんな悩みを自宅ケアで解決。「週1~2回塗って流すだけ」の新しい髪色ケア習慣の提案です。


セックスへの積極的度心理テスト~誘うときは自分から? 彼から?

セックスへの積極的度心理テスト~誘うときは自分から? 彼から?

今回はセックスへの積極度を診断する心理テストをご紹介します。パートナーと愛し合う大切な時間に、あなたはどんな誘い方をしますか? 積極的に誘う人、とにかく待つ人、誘わせるよう仕向ける人など、さまざまかと思います。このテストで、そんなあなたの深層心理が見えてくるかも。


表面カリカリ、中モチモチ。ハワイ発のマラサダドーナツ店が関東初上陸

表面カリカリ、中モチモチ。ハワイ発のマラサダドーナツ店が関東初上陸

ハワイ発のマラサダドーナツ店が浅草に10月15日よりオープンします。注文を受けてから手づくりで提供されるドーナツは、もっちり感をその場で味わえるのが魅力。10月10日からの3日間はプレオープン期間として、マラサダドーナツの無料提供も。


男だけの美しいコメディ・バレエ「トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団」が来日!

男だけの美しいコメディ・バレエ「トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団」が来日!

ニューヨーク発の大人気コメディ・バレエ団「トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団」が30回目となるジャパンツアーを開催中! 格式高いと敬遠されがちなクラシックバレエを明るく笑えるものに変え、世界を魅了したそのテクニックと芸術性は、単なる女装バレエにとどまりません。一度は観たい、彼らの舞台の魅力に迫ります。


おっぱい

MENU

DRESS部活