元彼との復縁の可能性は? 見極められる3つのポイント

元彼との復縁の可能性は? 見極められる3つのポイント

元彼との復縁を考えるとき、まず可能性があるかどうかが気になりますよね。もし可能性があるなら頑張りたいけど、さっさと次に進んだ方が良い場合もあります。復縁は相手がいてこそできるもの、元彼の態度や今後の関係についてしっかり考えましょう。今回は、復縁できる可能性を見極められる3つのポイントをご紹介します。


①あなたへの態度はどうか

一方的に別れを告げられたにせよ、こちらが振って終わったにせよ、恋人関係が解消した後は、どうしても二人の空気がぎくしゃくしてしまいます。

顔を合わせると気まずくなるのはお互い様だけど、もしあからさまに元彼が自分を避けるような態度をとってきても、「嫌われたんだ」なんて思わないこと。

元彼の方には、どんな別れ方であれあなたを傷つけた罪悪感があります。なので、たとえあなたの方は笑って話したいと思っても、そんな心の余裕をすぐには持てません。

一般的に、女性より男性の方が別れの痛みを引きずりがちです。「どんな態度をとれば良いかわからない」場合が多いので、特に別れてすぐのときは元彼の態度はあまり気にしないことが正解です。

復縁の可能性がある場合は、1ヶ月くらい時間が経てば落ち着いてきてあなたへの態度に変化が見られます。接触を嫌がらない様子があれば、まだ諦める必要はないでしょう。

逆に、望みがないのはいつまでもあなたに対して冷たい対応をするとき。目を合わせなかったり言葉をかわそうとしなかったり、明らかにつながりを絶とうとしているときは、追いかけないのが賢明です。

ですが、これは嫌われたというより元彼に「けじめをつけたい」気持ちがある可能性も。
別れた以上、親しくなれないと考える男性もいるので、あなたと距離を置くことで過去と割り切っている場合もあります。

いずれにしろ、元彼の態度が硬いままなら、復縁は考えない方が良いといえます。

別れた直後は元彼の態度を真に受けず、時間を置いて観察してみてください。

②連絡は取れるか

別れた後は、相手の連絡先は消してしまったり、喧嘩別れで終わったときなどはブロックしたりする人もいるかもしれません。
特に男性は、頭に血が上ると勢いで着信拒否など設定してしまうことが女性より多いといえます。

「別れた後も連絡が取れるかどうか」は、復縁の可能性を考えるとき重要なポイントの一つ。

もし、メールやLINEが送れる、電話もつながる状態なら、元彼はあなたとの縁を完全に切るつもりはありません。
今すぐよりを戻すことは考えていなくても、まだチャンスがある状態ですね。

逆に、メールのアドレスが変わっているなどつながらない場合は、元彼はあなたのことを「今は」忘れたがっている証拠。無理に連絡を取ろうとすると、本当に嫌われる可能性が大きいので危険です。

あなたとのつながりを断ちたいという元彼の気持ちを尊重して、しばらくは接触を避けて元彼の気持ちが落ち着くのを待ちましょう。

一度ブロックなど強い拒否を示してしまうと、解除することも勇気が必要です。
もし3ヶ月後など再度連絡してみて、通じた場合は復縁できる可能性があります。あえて解除という行動を取ることは、あなたとの縁を本当に切りたくはないということを意味します。

もし不通のままなら、今後も解除する可能性は低いといえます。嫌いじゃないけど、面倒だからそのままにしてあるという場合でも、あなたと再度つながることを望んではいないということ。

こんなときは、潔く諦めて前に進みましょう。

元彼との復縁の可能性

③新しい恋人はいるか

もっとも復縁が望めないパターンは、相手が結婚もしくは婚約をしている場合。人生の伴侶を見つけている元彼に復縁を迫っても、受け入れてもらえないばかりか迷惑をかけて嫌われることになりかねません。

その場合は、執着は捨てて、新しい人を探しましょう。

もし彼女がいる、自分以外の人に片想いをしている場合は、しばらく静観する必要があります。
元彼が本当にあなたのことを吹っ切って次の恋愛に進んだのであれば、新しいお付き合いも順調にいくかもしれません。

ですが、あなたに未練を残したままである、もしくは新しい彼女とうまくいかなかった場合は、いずれ関係が終わる可能性もあります。

ふたたび元彼が一人になったときがアプローチするチャンスです。
ほかの女性が側にいるときは近づかないのが吉。元彼があなただけに集中できるときを狙いましょう。

あなたと別れてからもずっと一人の場合は、一番復縁の可能性が高いといえます。
たとえあなたに未練がないとしても、改めてお付き合いを考えてもらえる状態なので、アタックする価値があります。

■復縁を願うなら、辛抱強く待つことも大切

元彼にしっかりと向き合ってもらうためには、あなたの方にも覚悟が必要です。
中途半端な愛情で近づくことは、元彼の気持ちをないがしろにすることになります。一度終わった恋愛をやり直すのは、初めて付き合うことより難しいと理解しましょう。

時には辛抱強く待つ姿勢も、復縁を成功させるためには必要です。焦らず元彼の様子を見極めて、自分が進む道を決めてくださいね。

この記事のライター

37歳で出産、夫と子どもの三人暮らし。何歳になっても恋愛ネタ大好物。恋愛相談家としてこれまで多くの男女から話を聞いてきた経験を活かし、復縁についてのアドバイスや不倫などさまざまな「愛のカタチ」について書いていきます。 人生...

関連するキーワード


元彼との復縁 恋愛

関連する投稿


忙しさを理由に女と別れる男はいない。男性の心を離すのは「エネルギー泥棒」

忙しさを理由に女と別れる男はいない。男性の心を離すのは「エネルギー泥棒」

LINEやメッセンジャーで伝わっているのは文面ではなく、根底にある女性の気持ちです。もしメッセージのやりとりで、忙しい彼や気になる男性と上手くいかないなと感じているなら、あなたは無意識に態度や言葉は重くない風を演じているけど、心の中がすごく重い女性=「エネルギー泥棒」になっているかもしれません。


頭で考えない、心で感じる恋愛のすすめ【植村絵里×竹中功 対談#3】

頭で考えない、心で感じる恋愛のすすめ【植村絵里×竹中功 対談#3】

「DRESS」コラムニストとしてもおなじみの植村絵里さん、元よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役で、『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』など著書も多い竹中功さんによる対談企画。#3では「頭で考えすぎず、心で楽しむ恋愛」をテーマにお話ししていただきました。


過激なベッドシーンに目を奪われるー大人の純愛映画『ナラタージュ』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#23

過激なベッドシーンに目を奪われるー大人の純愛映画『ナラタージュ』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#23

『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督が、10年近く映画化企画を温め続けた『ナラタージュ』が、いよいよ今週末に公開となります。「この恋愛小説がすごい!」第1位に輝いた、島本理生の同名小説を原作に、松本潤・有村架純・坂口健太郎の切なく、苦しい三角関係が描かれる本作は、大人の女性にこそ楽しんで欲しいラブストーリーです。


引き留めないのは、プライドが邪魔をするから。別れを受け入れる男性の心理とは

引き留めないのは、プライドが邪魔をするから。別れを受け入れる男性の心理とは

意を決して別れ話を切り出したのに、何だか彼はあまりショックを受けていない様子……。そんなとき、「愛されてなかった」とショックを受ける女性は多いですが、男性だって大きな悲しみを感じています。引き留めないのは「男のプライド」があるから。別れを受け入れるしかない男性の心理についてお話します。


大人の女性は甘えない。男性から「甘やかしたい」と賢く言わせよう。

大人の女性は甘えない。男性から「甘やかしたい」と賢く言わせよう。

甘え方がわからないけれど、大好きな人に甘えたい! 話を聞いてほしい! ずっと一緒にいたい! けれど、ちっとも男性はその気持をわかろうとしてくれません。ここでは「そもそも甘えとは?」を学ぶことで、男女の恋愛観を考えます。大人らしく「賢く甘える」秘訣もご紹介します。


最新の投稿


『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

綾野剛主演の人気ドラマ『コウノドリ』第1話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。産科医療の現場をリアルに描くドラマです。号泣必至なので、見るときはハンカチを用意しましょう。


誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

これから結婚を考えている女性の皆さま、不倫をするかもしれない男性とは結婚したくないですよね。今回は私の体験をもとに不倫をしない男性を見抜く方法をお伝えしたいと思います。


職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

人間の悩みの大半は「人間関係」から生まれます。中でも、職場の人間関係に悩む人は多いもの。今回は、節電で照明を暗くしたことで、オフィスの人間関係が悪化した会社に風水を取り入れたお話です。


なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

SNSを使いこなしている若い人と違って、よくわからないまま、なんとなくSNSを使っている大人の方もいるのでは。とくにTwitter、Facebookの次に広まったインスタにその傾向があるように思います。もし使い方がわからない、と感じているなら読んでほしいおすすめの本をご紹介します。


手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

ラスベガスで起きた銃乱射事件から数週間。奇しくも今月、全米の銃規制法案を巡る攻防を描いた『女神の見えざる手』が公開されます。『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー主演女優賞にノミネートされた実力派女優ジェシカ・チャステインが、銃規制法案に賛成の立場をとる陣営を支援するロビイストを熱演。思わぬ展開にぐっと引き込まれます。


おっぱい