【オススメの育児本】子育てに少し疲れたら『あかんぼぐらし』を読んでほしい

【オススメの育児本】子育てに少し疲れたら『あかんぼぐらし』を読んでほしい

子どもは可愛いけれど、やっぱり育児は疲れるな……。自分の時間がほしいけど、なかなか休むこと決断できない……。そんな気持ちになったときに、ぜひ読んでほしいオススメの育児本をご紹介します。


小さい子どもと一緒にいると、たとえ他のことをしていても子どもの動きが気になり気付かないうちに緊張しています。さらに寒い日が続いていたりすると、余計に首や肩も凝りますよね。

「あー、マッサージで癒されたい!」なんて思っても、その思いを「ダメダメ!」と消し去っていませんか?

そういった思いがでてきたら、消し去らずに、ぜひ1度実行に移してみてください。

それは自分のためだけではなく、家族のため……。重要なことは「家族のために」という部分です。それが一体どういうことか、実体験を交えてお話しします。

■母親の気持ちが子どもに与える影響の大きさ

私も、以前は、夫に子どもを預けて、マッサージだなんて……と、どこか罪悪感を感じ、そういう思いが湧き上がっても封印していた時期がありました。

ですが、ある日疲れきったときに、思い切ってマッサージを予約してみました。

その日は朝から、1日の予定を考えながら行動し、予約時間までを過ごしました。

子どもといると、突然、色々なことが降りかかってくるので、時間を決めて行動するのは難しいですよね。それが、今日は、休憩を開始する時間だけは決まっているのです! もうそれだけでも、嬉しくて、気分も晴れやかに。家事もいつも以上にはかどります。

今まで、なんとなく後回しにしていたことも片付いたりして……。そして、どことなく私の機嫌がイイからか、娘も私の思う通りに動いてくれる気がするのです。

気分よく出かけ、気分よく帰ってくると、なんと、娘の機嫌が恐ろしく良いのです!

娘はいつも以上にニコニコしていて、なんだか楽しそう。マッサージで癒された私から、恐ろしく機嫌の良いオーラが出ていて、その影響を受けたのでしょうか。

「母親の気持ちが子どもに与える影響は大きい」と実感した瞬間でした。

子どもたちの機嫌の良い姿を見た夫もびっくりしつつ、ニコニコしていました。家族みんなが笑顔になるなんて、マッサージを予約する前には考えられなかった光景です。家族の笑顔の鍵を握っているのは、実は母親自身なのかもしれません。

この日を境に、私は一気に罪悪感を減らすようにし、マッサージに思い切って出かけるようになりました。

■とある育児本との出会い

罪悪感が減った理由はもう1つあります。

それは、松井るり子さんの「あかんぼぐらし 宝のときをたのしむ」という育児本との出会いです。

うっとうしかった髪を切るとか、
マッサージで全身をほぐすといったことで自分の身体をいたわるのは、
あまり先のばしにしてはいけない、大事な仕事だと思います。
あかんぼを持つことによってかかった負荷を、早めにゼロの状態まで持っていって、
働きやすい身体と頭を取り戻す。

この部分を読んだとき、マッサージを受けた日のことを思い出し、とても納得しました。

■疲れたときは「ゼロの状態」に戻ろう

最初から最後まで自分のやりたいことができない毎日。やっぱり子育て中であっても、1人の時間も大切な時間です! ちょっと疲れたなと思ったら、無理をせず「ゼロの状態」に戻す努力も必要な気がします。

そして「ゼロの状態」に戻ったときは、戻す協力をしてくれた家族に、声を出して「ありがとう」の感謝の気持ちを伝えると、さらに笑顔が増えるような気がします! 

<書籍情報著『あかんぼぐらし 宝のときをたのしむ』書籍情報>

著 者:松井るり子
発 行:学陽書房
発売日:2000/7
価格:1,500円+税

[公式HP]
http://www.gakuyo.co.jp/book/b175084.html

この記事のライター

1975年生まれ。新聞社のデジタル部門で企画・営業などを8年間経験したのち、フリーとなる。ライターとして絵本や児童書の紹介や、情報系webサイトでエディターとしての活動を行う。妻として、親として当たり前のことがなかなかできず...

関連するキーワード


育児 ブックレビュー 家族

関連する投稿


1日3杯の緑茶で美くびれに!? 和食でアンチエイジングを説いた本【積読を崩す夜 #7】

1日3杯の緑茶で美くびれに!? 和食でアンチエイジングを説いた本【積読を崩す夜 #7】

連載【積読を崩す夜】7回目は、『和食の食べ方を知れば、女性はもっと美しくなる』(著:エリカ・アンギャル)をご紹介します。ミス・ユニバース・ジャパンの栄養コンサルタントとして一躍注目を集めたエリカ・アンギャルの最新刊。日本の和食がテーマとなっています。


フォトジェニックな写真をあなたに。プロのカメラマンが同行して撮影する「Lovegraph」が新プランを発表

フォトジェニックな写真をあなたに。プロのカメラマンが同行して撮影する「Lovegraph」が新プランを発表

プロのカメラマンが同行し、恋人や友達、家族写真などを撮影してくれるサービス「Lovegraph(ラブグラフ)」をご存知でしょうか? 今回ラブグラフが「より多くの方に気軽に体験してもらう」ことを目的とした新プランを発表。 夏の思い出作りにいかがですか?


子どもの夏休みの宿題、手伝う? 手伝わない?

子どもの夏休みの宿題、手伝う? 手伝わない?

楽しいことばかりじゃないのが夏休み……。例えば、「夏休みの宿題」は子ども本人だけでなく、親にとってもネックなのではないでしょうか。特に自由研究の課題に悩まされている親は多いと思います。子どもの夏休みの宿題と親との関わり方をデータでお伝えするとともに、自由研究に役立つアイデアをご紹介します。


神棚の向きや祀り方は? 自宅で神棚を祀る「神様とつながる暮らし方」

神棚の向きや祀り方は? 自宅で神棚を祀る「神様とつながる暮らし方」

神社で御神札をいただいても、神棚に祀っていない、そもそも神棚の祀り方や適切な向きがわからない……なんて方は多いのでは。正しい参拝方法のほか、自宅に神棚を祀る詳しい方法を取り上げた『神様とつながる暮らし方』から、今すぐ実践できる方法を一部ご紹介します。


一流の人は劣等感を認めて、エネルギーに変える - 『劣等感』(関本大介)を読んで

一流の人は劣等感を認めて、エネルギーに変える - 『劣等感』(関本大介)を読んで

関本大介というプロレスラーを初めて生で見たときの衝撃は忘れられない。厚い筋肉で覆われた頑丈な体ですさまじい試合を見せてくれた。そんな関本選手の自伝『劣等感』をご紹介する。


最新の投稿


「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

人間は何が幸せかを知っているのといないのとでは、人生の過ごし方が変わってくるはず……哲学的・学問的に「幸せ」の定義を明確にした4人の哲学者を取り上げ、読者の皆さんと一緒に幸せについて、ちょっとだけ真剣に考えるコラム、後編です。


玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

有楽町の「24/7cafe apartment」では、黒米をブレンドしたもちもちふっくらの玄米・あたたかなみそ汁、野菜たっぷりのおかずの数々に、京都の名店・藤井茶園から取り寄せた上質なほうじ茶を添えた「至福のごはん」の提供を開始。ごはん、お味噌汁、ほうじ茶はおかわり自由です。


不倫話を聞きすぎて、結婚しても不倫されるのではと不安【大人のお悩み相談室 #7】by サツキメイ

不倫話を聞きすぎて、結婚しても不倫されるのではと不安【大人のお悩み相談室 #7】by サツキメイ

DRESS公式占い「愛を引き寄せる星占い」でもおなじみ、占い師・サツキメイさんによる連載「大人のお悩み相談室」。生き方や働き方、恋愛、結婚etc.迷える女性たちの相談にのっていただきます。お悩みを丁寧に受け止め、寄り添いながら回答してくれる、DRESS世代の占い師・サツキメイさんへのご相談、お待ちしています。


信頼される人に共通する特徴は「口が堅い」こと

信頼される人に共通する特徴は「口が堅い」こと

信頼される人の特徴は? そう聞かれて思いつくのは、口の堅さではないでしょうか。その人と接していると、安心感と信頼感を感じ取れるはず。今回は信頼される人の共通点であり、条件ともいえる口の堅さをテーマにコラムをお届け。口が堅い人がどうしてそういられるのか、その理由を考えてみましょう。


世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

イタリア北西部にある5つの村、チンクエ・テッレをご存知でしょうか。ユネスコの世界遺産にも登録され、その美しい景観から世界中から観光客がやってくるスポットになっています。ミラノ在住の河見恵子さんによる日帰り旅行レポート、今回は後編をお送りします。


DRESS部活