いい恋は「男捨離」が運んでくる

いい恋は「男捨離」が運んでくる

男捨離という言葉をご存じでしょうか。連作短編マンガ『男捨離のすすめ』(2013年刊)で描かれているのは「断捨離」を恋愛に応用した「男捨離」。男を断捨離する男捨離について、女性の書き手が考えるシリーズ、始まります。


男捨離とは、文字通り「男」を断捨離することだ。
DRESS編集部からこのテーマでコラムを頼まれたとき、脳裏にひとつの定義が浮かんできた。

あたし自身の恋愛を振り返ると、順調に愛を育むことができたときは、必ずその交際をオープンにしていた。公に隠さなければいけない相手のときは、恋愛そのものもグズグズな展開だった。

何よりその交際を隠しているがゆえ、ボーイフレンドに愚痴をこぼしたり、「もっとオープンにつき合える相手がいい」とよそ見してしまったり、愛を育むどころか、愛を壊すとしか思えない行動ばかりしていた。

■私にとっての男捨離は、恋人を公表することでもある

公にできない恋愛というのは、自己都合と相手都合の2パターンに分けられる。

自己都合というのは、主に彼女のいる男のセカンドになってしまった場合だ。共通の友人がいればなおのこと、ふたりがつき合っていることは秘密にしておくしかない。

相手都合というのは、いわゆる不倫の関係だ。こちらは独身だから堂々としていられても、相手が既婚者ならばリスクを考えても隠さざるを得ない。

もしくは相手が有名人の場合、たとえ互いに独身であっても、正式に公表できる関係になるまでは内密にするしかない。不倫とダブルの条件に当てはまってしまったら、もはや日陰の女を貫き通す覚悟が必要だ。

いろいろな男と恋をしたが、長くつき合ったのは周囲に公表した相手だけだった。双方の親にも公認で、友人たちにも紹介し、オープンな交際ができた男とは、後ろめたさが皆無だからか、ずっといい関係でいられた。

オープンだからといって、別れるときは当人同士の都合だから、別に気まずくなることはない。いちいち介入しないくらいには、自分も彼も周囲も皆大人だ。

あたしが交際をオープンにするのには、公認の関係になる目的だけでなく、別の側面もある。

昔からあたしは男友達が多い。健全な男友達もいれば、ボーイフレンドやセフレに属する関係の男もいる。恋人ができたことは毎回打ち明けるが、相手を公表しオープンにつき合うのは、彼らにとって違う意味を成す。

「この男と交際している」という実態を公にすることは、他の男友達と一線を引くことでもある。

健全な男友達ならば紹介するし、不健全な関係の男ならば、個別に宣言せずとも「もう会わない」のだと認識し、相手のほうから去ってくれる。

あたしにとって恋人を公表することは、ある意味「男捨離」と同義なのだ。

■男捨離は自分を大切にすること

グズグズの恋愛も何度か経験したからこそ、誰にでもオープンにできる男との交際は嬉しいと感じる。いくら物わかりのいい大人になったからといって、日陰の女でいるよりも、手をつないで日なたを歩けるほうがいいに決まってる。

友達以上恋人未満の関係も同様だ。もしかしたら恋人に進展するかもしれない相手だとしても、半端なまま時が経てば、未来に期待する気持ちも消失する。

あたしは昨年「もう日陰の女にはならない」決意をした。公表できないような相手とは、たとえ惚れても深い関係になることは自制することにしたのだ。

愛する女を大切にするのが「いい男」だ。半端な関係を続けたり、日陰に追いやるようなのは、たとえ本命の彼女にとってはいい男でも、大切にしているとは言い難い扱いをされる女にとっては、いい男のはずがない。

そんな男を断捨離するのは、自分自身を大切にすることでもある。まだ本当のいい男に巡り会っていないうちでも、決意し自制することで、女の佇まいは変わってくるだろう。

自分を大切にする女だからこそ、いい男から大切にされるのだ。自分さえ自分を大切にしないくせに「大切にされたい」と相手にばかり望むのは傲慢だ。

いい恋はきっと、男捨離をした先にある。つまらない男と満ち足りない恋愛をするほど、大人の女に無駄な時間はないのだから。

この記事のライター

作家/女豹ライター/All About恋愛ガイド。 豊富な体験と取材から得た“血肉データ”による独自の恋愛観が定評。 『人のオトコを奪る方法』『アラフォー独女の生きる道』『「アブナイ恋」を「運命の恋」に変える!』他著作多数。

関連するキーワード


男捨離 恋愛

関連する投稿


元彼と復縁したい。風水で運命の人と出会う

元彼と復縁したい。風水で運命の人と出会う

今回のテーマは「復縁」。少し前に取引先の社員から「復縁の秘策はないですか?」と相談を受けたときのお話です(実話に基づいているため、プライバシーへの配慮で一部変更してお届けしています)。


失われた青春を同窓会ラブで取り戻せ【恋愛難民、王子様を探す】第1話

失われた青春を同窓会ラブで取り戻せ【恋愛難民、王子様を探す】第1話

男日照り暦5年のOL・鎌谷素子は男慣れしておらず、恋愛にも消極的。そんな素子に対して攻撃的な態度を崩さない天敵・高山聡子が、ある日突拍子もない提案をぶつけてくる。恋愛難民と化した女は、無事運命の王子様を見つけて失われた青春を取り戻せるのか? 連載「恋愛難民、王子様を探す」#1をお届けします。


「いい男は結婚している」のはあたりまえ。だから私たちがすべきこと

「いい男は結婚している」のはあたりまえ。だから私たちがすべきこと

「いい男は結婚している」「結婚したいけど出会いがない」と不満を言う女性、素敵な男性と付き合って、ますます成熟していく女性――両者の違いは何か? なぜ、いい男は皆結婚しているのか? どうすれば素敵な独身男性と出会い、パートナーになれるのかを紐解いていきます。


”あなたのことはそれほど婚”と”あなたのことはこれほど婚”、既婚男性どちらが幸せ?

”あなたのことはそれほど婚”と”あなたのことはこれほど婚”、既婚男性どちらが幸せ?

テレビで話題のドラマ『あなたのことはそれほど』。女性にとって愛される方と愛する方,どちらが幸せなのかは永遠のテーマです。今回は、結婚歴15年以上の”あなたのことはそれほど婚”と”あなたのことはこれほど婚”をした男性ふたりにインタビュー。結婚して15年以上経った今、どちらが幸せなのでしょうか?


もしも彼からの返事を待つことに疲れたら【カツセマサヒコ】

もしも彼からの返事を待つことに疲れたら【カツセマサヒコ】

好きな人からLINEの返事が来ない。それってもしかしたら、相手にとってあなたの優先順位がそれほど高くないからなのかもしれない。だから私たちは想像する。どんな話なら喜んでくれるかな、興味を持ってくれるかな、と。ライターのカツセマサヒコさんが、生きていくうえで訪れるたくさんの喜びや悲しみにそっと寄り添うエッセイ、第6回。


最新の投稿


【セルフネイル】マニキュア専用ブラシ「CURE BRUSH」

【セルフネイル】マニキュア専用ブラシ「CURE BRUSH」

世界初のマニキュア(ネイルポリッシュ)専用に作られたブラシ「CURE BRUSH(キュアブラシ)」が7月下旬より販売開始に。爪の大きな人向け、爪の小さな人向けそれぞれに対応したブラシをご用意。セルフネイル=マニキュアが塗りづらい、というお悩みから解放されそうです。


元鈴木さん式コルセットダイエットをスタートしてみた(個人的な体験談)

元鈴木さん式コルセットダイエットをスタートしてみた(個人的な体験談)

コルセットダイエットをご存知ですか? そもそもコルセットとは、肋骨の開きを引き締めてくびれを作ることで、骨格から変えていくアイテム。それを利用したコルセットダイエットという方法がネット上で話題になっています。私もコルセットを購入して始めてみました。始めたばかりですが、どうやって取り組むのか、具体的にご紹介します。


祖母から孫娘へ。時を超えて受け継がれるジュエリーの魅力

祖母から孫娘へ。時を超えて受け継がれるジュエリーの魅力

亡き祖母は、若かりし頃にジュエリーデザイナーをしていました。祖母の想いが込められたジュエリーは、宝飾品という概念を超え、かけがえのない宝物として、祖母から母へ、母から私へと受け継がれています。ジュエリーを用いたファッションやジュエリーのメンテナンス、収納方法などをお伝えします。


40代以上でも結婚したいと望まれる女たち

40代以上でも結婚したいと望まれる女たち

40歳を過ぎても「結婚したい」と望まれる女性の特徴とは一体なんなのか。結婚という決断を下さずに、女性との恋愛関係を続ける男性が多い中、40歳以上で結婚をした女性たちの何が男性の心を掴んだのでしょうか。40歳を過ぎてから結婚した、3人の大人女性にお話をお聞きしました。


【おしゃれびとスナップ #4】カラートップスを主役に同系色でまとめたやさしげコーデ

【おしゃれびとスナップ #4】カラートップスを主役に同系色でまとめたやさしげコーデ

街中で目を惹く、主張の強いカラー。そんなトップスを自然に着こなすには、トータルコーディネートがものをいいます。連載「おしゃれびとスナップ」2017年6月第5週は「印象的なカラートップスを着こなす人」をテーマにお届けします。


DRESS部活