いい恋は「男捨離」が運んでくる

いい恋は「男捨離」が運んでくる

男捨離という言葉をご存じでしょうか。連作短編マンガ『男捨離のすすめ』(2013年刊)で描かれているのは「断捨離」を恋愛に応用した「男捨離」。男を断捨離する男捨離について、女性の書き手が考えるシリーズ、始まります。


男捨離とは、文字通り「男」を断捨離することだ。
DRESS編集部からこのテーマでコラムを頼まれたとき、脳裏にひとつの定義が浮かんできた。

あたし自身の恋愛を振り返ると、順調に愛を育むことができたときは、必ずその交際をオープンにしていた。公に隠さなければいけない相手のときは、恋愛そのものもグズグズな展開だった。

何よりその交際を隠しているがゆえ、ボーイフレンドに愚痴をこぼしたり、「もっとオープンにつき合える相手がいい」とよそ見してしまったり、愛を育むどころか、愛を壊すとしか思えない行動ばかりしていた。

■私にとっての男捨離は、恋人を公表することでもある

公にできない恋愛というのは、自己都合と相手都合の2パターンに分けられる。

自己都合というのは、主に彼女のいる男のセカンドになってしまった場合だ。共通の友人がいればなおのこと、ふたりがつき合っていることは秘密にしておくしかない。

相手都合というのは、いわゆる不倫の関係だ。こちらは独身だから堂々としていられても、相手が既婚者ならばリスクを考えても隠さざるを得ない。

もしくは相手が有名人の場合、たとえ互いに独身であっても、正式に公表できる関係になるまでは内密にするしかない。不倫とダブルの条件に当てはまってしまったら、もはや日陰の女を貫き通す覚悟が必要だ。

いろいろな男と恋をしたが、長くつき合ったのは周囲に公表した相手だけだった。双方の親にも公認で、友人たちにも紹介し、オープンな交際ができた男とは、後ろめたさが皆無だからか、ずっといい関係でいられた。

オープンだからといって、別れるときは当人同士の都合だから、別に気まずくなることはない。いちいち介入しないくらいには、自分も彼も周囲も皆大人だ。

あたしが交際をオープンにするのには、公認の関係になる目的だけでなく、別の側面もある。

昔からあたしは男友達が多い。健全な男友達もいれば、ボーイフレンドやセフレに属する関係の男もいる。恋人ができたことは毎回打ち明けるが、相手を公表しオープンにつき合うのは、彼らにとって違う意味を成す。

「この男と交際している」という実態を公にすることは、他の男友達と一線を引くことでもある。

健全な男友達ならば紹介するし、不健全な関係の男ならば、個別に宣言せずとも「もう会わない」のだと認識し、相手のほうから去ってくれる。

あたしにとって恋人を公表することは、ある意味「男捨離」と同義なのだ。

■男捨離は自分を大切にすること

グズグズの恋愛も何度か経験したからこそ、誰にでもオープンにできる男との交際は嬉しいと感じる。いくら物わかりのいい大人になったからといって、日陰の女でいるよりも、手をつないで日なたを歩けるほうがいいに決まってる。

友達以上恋人未満の関係も同様だ。もしかしたら恋人に進展するかもしれない相手だとしても、半端なまま時が経てば、未来に期待する気持ちも消失する。

あたしは昨年「もう日陰の女にはならない」決意をした。公表できないような相手とは、たとえ惚れても深い関係になることは自制することにしたのだ。

愛する女を大切にするのが「いい男」だ。半端な関係を続けたり、日陰に追いやるようなのは、たとえ本命の彼女にとってはいい男でも、大切にしているとは言い難い扱いをされる女にとっては、いい男のはずがない。

そんな男を断捨離するのは、自分自身を大切にすることでもある。まだ本当のいい男に巡り会っていないうちでも、決意し自制することで、女の佇まいは変わってくるだろう。

自分を大切にする女だからこそ、いい男から大切にされるのだ。自分さえ自分を大切にしないくせに「大切にされたい」と相手にばかり望むのは傲慢だ。

いい恋はきっと、男捨離をした先にある。つまらない男と満ち足りない恋愛をするほど、大人の女に無駄な時間はないのだから。

この記事のライター

作家/女豹ライター/All About恋愛ガイド。 豊富な体験と取材から得た“血肉データ”による独自の恋愛観が定評。 『人のオトコを奪る方法』『アラフォー独女の生きる道』『「アブナイ恋」を「運命の恋」に変える!』他著作多数。

関連するキーワード


男捨離 恋愛

関連する投稿


女の幸せに、クリスマスは邪魔なだけ【植村絵里】

女の幸せに、クリスマスは邪魔なだけ【植村絵里】

恋人や夫の有無を世間から問われている気がしてしまうイベントのひとつ、クリスマス。でも、彼女や妻、恋人といった役割がすべてじゃない。自分は自分という役割をやりきるために生きている。自立と自由を自分の手で獲得する人が、役割にとらわれず、周りも自分も軽やかにハッピーに生きる人生を手に入れるのだと思います。


「失恋しました」【経沢香保子】

「失恋しました」【経沢香保子】

失恋はつらくて苦しくてしんどい。でも、失恋を乗り越えたあなたが身につけるものはたくさんある。人の心を無理にコントロールしようとしない品格、愛する人に通じるすべてのもの受け入れる「愛の作法」、現実を受け入れる忍耐力など。そんな大きな愛を持つあなたを周囲は放っておかない。失恋を通じてあなたの人としての器は大きくなるのだ。


男性が未練がましくなるのは、別れに納得していないから

男性が未練がましくなるのは、別れに納得していないから

別れたあとも元カノのことを忘れられずに苦しむ男性は大勢います。別れ際に本音を言えなかったり、愛情が残ったままであったり、別れたことに納得していない場合、男性側のほうが未練を引きずることが多く見られます。未練がましい男性にはどんな特徴があるのか、またどう対応すれば良いのか、お話します。


LINEで彼の本気スイッチをいれるテクニック

LINEで彼の本気スイッチをいれるテクニック

気になる彼とのLINEのやりとり。恋愛初期のLINEのやりとりは楽しくて、仕事中もLINEが気になって仕方ないもの。大人同士の恋愛はスマホの中で育まれるものなのかもしれません。今回はそんなやりとりで彼の本気スイッチをONにするLINEについて。


クリスマスまでに攻略したい! 算命学で知る彼の好みと効果的なプレゼント

クリスマスまでに攻略したい! 算命学で知る彼の好みと効果的なプレゼント

そろそろ街がクリスマスの雰囲気に包まれてきました。今年のクリスマスはどんな風に過ごすか、狙った彼と甘い時間を過ごせるか――ここからが勝負ですね。でも彼の好みってどんな人? どうやったら彼の心に響くの? もうあまりゆっくりしている時間はありません。算命学で効果的な戦略を立てて、きっちり仕留めていきましょう。


最新の投稿


きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

モデルでヨガインストラクターの雅也さんによるヨガ連載【#3分MASAYOGA】。毎日朝でも晩でもOK。たった3分で取り組めて、心身を解きほぐすヨガポーズをご紹介します。第4回目では背中やお腹周り、腿などを引き締めるヨガポーズ「椅子のポーズ」を取り上げます。体全体の筋肉をバランスよく使うポーズです。


不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

自分たちはバレていないと思っても、思わぬきっかけで不倫中であることを周囲に気づかれる場合があります。相手に意識が向いていると、どうしても言動に不自然さが出てしまうものですが、実際に周りの人たちはどんな瞬間に不倫を確信したのでしょうか。実際のエピソードをご紹介します。


結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなるとマンネリ化する、と考える人は少なくないようです。確かに、恋人でも夫婦でも、長い付き合いになるとお互いのことがわかってきて楽な反面、それが退屈に感じられることも。でも、相手との向き合い方をちょっと変えるだけで、「マンネリだ」なんて思わずに済むかも。結婚7年目直前に起きたある出来事で気づきました。


『美しくなる判断がどんな時もできる』から美人になる術を学ぶ【積読を崩す夜 #13】

『美しくなる判断がどんな時もできる』から美人になる術を学ぶ【積読を崩す夜 #13】

【積読を崩す夜】13回目は、『美しくなる判断がどんな時もできる』をご紹介します。知っていて、実践すれば美が底上げされて、「どんなに大変な日」でも安心なテクニックの数々。「このメイクは、何でするのか」という、メイクの理由を具体的に教えてくれる、手元に置いておきたい1冊です。


食べて健康に、きれいになるレシピ集

食べて健康に、きれいになるレシピ集

スリムな人を見ると羨ましく思えますが、単に「痩せ=美」というわけでもありません。過度な痩せはかえって美から遠ざかってしまいます。健康的にダイエットしたいあなたにオススメのレシピをご紹介。


おっぱい