いい恋は「男捨離」が運んでくる

いい恋は「男捨離」が運んでくる

男捨離という言葉をご存じでしょうか。連作短編マンガ『男捨離のすすめ』(2013年刊)で描かれているのは「断捨離」を恋愛に応用した「男捨離」。男を断捨離する男捨離について、女性の書き手が考えるシリーズ、始まります。


男捨離とは、文字通り「男」を断捨離することだ。
DRESS編集部からこのテーマでコラムを頼まれたとき、脳裏にひとつの定義が浮かんできた。

あたし自身の恋愛を振り返ると、順調に愛を育むことができたときは、必ずその交際をオープンにしていた。公に隠さなければいけない相手のときは、恋愛そのものもグズグズな展開だった。

何よりその交際を隠しているがゆえ、ボーイフレンドに愚痴をこぼしたり、「もっとオープンにつき合える相手がいい」とよそ見してしまったり、愛を育むどころか、愛を壊すとしか思えない行動ばかりしていた。

■私にとっての男捨離は、恋人を公表することでもある

公にできない恋愛というのは、自己都合と相手都合の2パターンに分けられる。

自己都合というのは、主に彼女のいる男のセカンドになってしまった場合だ。共通の友人がいればなおのこと、ふたりがつき合っていることは秘密にしておくしかない。

相手都合というのは、いわゆる不倫の関係だ。こちらは独身だから堂々としていられても、相手が既婚者ならばリスクを考えても隠さざるを得ない。

もしくは相手が有名人の場合、たとえ互いに独身であっても、正式に公表できる関係になるまでは内密にするしかない。不倫とダブルの条件に当てはまってしまったら、もはや日陰の女を貫き通す覚悟が必要だ。

いろいろな男と恋をしたが、長くつき合ったのは周囲に公表した相手だけだった。双方の親にも公認で、友人たちにも紹介し、オープンな交際ができた男とは、後ろめたさが皆無だからか、ずっといい関係でいられた。

オープンだからといって、別れるときは当人同士の都合だから、別に気まずくなることはない。いちいち介入しないくらいには、自分も彼も周囲も皆大人だ。

あたしが交際をオープンにするのには、公認の関係になる目的だけでなく、別の側面もある。

昔からあたしは男友達が多い。健全な男友達もいれば、ボーイフレンドやセフレに属する関係の男もいる。恋人ができたことは毎回打ち明けるが、相手を公表しオープンにつき合うのは、彼らにとって違う意味を成す。

「この男と交際している」という実態を公にすることは、他の男友達と一線を引くことでもある。

健全な男友達ならば紹介するし、不健全な関係の男ならば、個別に宣言せずとも「もう会わない」のだと認識し、相手のほうから去ってくれる。

あたしにとって恋人を公表することは、ある意味「男捨離」と同義なのだ。

■男捨離は自分を大切にすること

グズグズの恋愛も何度か経験したからこそ、誰にでもオープンにできる男との交際は嬉しいと感じる。いくら物わかりのいい大人になったからといって、日陰の女でいるよりも、手をつないで日なたを歩けるほうがいいに決まってる。

友達以上恋人未満の関係も同様だ。もしかしたら恋人に進展するかもしれない相手だとしても、半端なまま時が経てば、未来に期待する気持ちも消失する。

あたしは昨年「もう日陰の女にはならない」決意をした。公表できないような相手とは、たとえ惚れても深い関係になることは自制することにしたのだ。

愛する女を大切にするのが「いい男」だ。半端な関係を続けたり、日陰に追いやるようなのは、たとえ本命の彼女にとってはいい男でも、大切にしているとは言い難い扱いをされる女にとっては、いい男のはずがない。

そんな男を断捨離するのは、自分自身を大切にすることでもある。まだ本当のいい男に巡り会っていないうちでも、決意し自制することで、女の佇まいは変わってくるだろう。

自分を大切にする女だからこそ、いい男から大切にされるのだ。自分さえ自分を大切にしないくせに「大切にされたい」と相手にばかり望むのは傲慢だ。

いい恋はきっと、男捨離をした先にある。つまらない男と満ち足りない恋愛をするほど、大人の女に無駄な時間はないのだから。

この記事のライター

作家/女豹ライター/All About恋愛ガイド。 豊富な体験と取材から得た“血肉データ”による独自の恋愛観が定評。 『人のオトコを奪る方法』『アラフォー独女の生きる道』『「アブナイ恋」を「運命の恋」に変える!』他著作多数。

関連するキーワード


男捨離 恋愛

関連する投稿


忙しさを理由に女と別れる男はいない。男性の心を離すのは「エネルギー泥棒」

忙しさを理由に女と別れる男はいない。男性の心を離すのは「エネルギー泥棒」

LINEやメッセンジャーで伝わっているのは文面ではなく、根底にある女性の気持ちです。もしメッセージのやりとりで、忙しい彼や気になる男性と上手くいかないなと感じているなら、あなたは無意識に態度や言葉は重くない風を演じているけど、心の中がすごく重い女性=「エネルギー泥棒」になっているかもしれません。


頭で考えない、心で感じる恋愛のすすめ【植村絵里×竹中功 対談#3】

頭で考えない、心で感じる恋愛のすすめ【植村絵里×竹中功 対談#3】

「DRESS」コラムニストとしてもおなじみの植村絵里さん、元よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役で、『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』など著書も多い竹中功さんによる対談企画。#3では「頭で考えすぎず、心で楽しむ恋愛」をテーマにお話ししていただきました。


過激なベッドシーンに目を奪われるー大人の純愛映画『ナラタージュ』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#23

過激なベッドシーンに目を奪われるー大人の純愛映画『ナラタージュ』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#23

『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督が、10年近く映画化企画を温め続けた『ナラタージュ』が、いよいよ今週末に公開となります。「この恋愛小説がすごい!」第1位に輝いた、島本理生の同名小説を原作に、松本潤・有村架純・坂口健太郎の切なく、苦しい三角関係が描かれる本作は、大人の女性にこそ楽しんで欲しいラブストーリーです。


引き留めないのは、プライドが邪魔をするから。別れを受け入れる男性の心理とは

引き留めないのは、プライドが邪魔をするから。別れを受け入れる男性の心理とは

意を決して別れ話を切り出したのに、何だか彼はあまりショックを受けていない様子……。そんなとき、「愛されてなかった」とショックを受ける女性は多いですが、男性だって大きな悲しみを感じています。引き留めないのは「男のプライド」があるから。別れを受け入れるしかない男性の心理についてお話します。


大人の女性は甘えない。男性から「甘やかしたい」と賢く言わせよう。

大人の女性は甘えない。男性から「甘やかしたい」と賢く言わせよう。

甘え方がわからないけれど、大好きな人に甘えたい! 話を聞いてほしい! ずっと一緒にいたい! けれど、ちっとも男性はその気持をわかろうとしてくれません。ここでは「そもそも甘えとは?」を学ぶことで、男女の恋愛観を考えます。大人らしく「賢く甘える」秘訣もご紹介します。


最新の投稿


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談。今年1月、貴子さんは乳がんの宣告を受け、手術・治療中であることを告白した。妻が乳がんをわずらうと、思い詰めてしまう夫もいる。川崎夫妻はどのようにして乗り越えてきたのだろうか。


私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

ヴィンテージ腕時計についての、ロマンを感じる物語をお届けします――。新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第3回目の今回は中里さんが身につけている、思い入れのあるヴィンテージ時計について綴っていただきました。


秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

夏が残していった紫外線ダメージ。秋が連れてくる無慈悲な乾燥。そして、カサカサどんより冴えない肌。さあ、悩めるくすみ肌をいたわり、透明感を取り戻すお手入れに注力する時がやってきました。ご用意したのは6つのメニュー。脱ぐ、満たす、補う、包む、巡らせる、うるおす。肌とじっくり向き合って、効果的にお手入れを組み合わせてみて。


クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第2回では、フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ、中山豊光さんをお招きしました。


女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

10月22日に投開票される第48回衆議院議員総選挙。選挙ポスターに込められたメッセージ、同じ女性であり、中には母親業と両立する候補者の活動が気になる、という木村えりなさん。自身も働く女性で、ふたりの娘さんのお母さん。今回の選挙をどう見て、考えて、政治を通じてどんな未来を望んでいるのか。率直な思いを綴っていただきました。


おっぱい

MENU

DRESS部活