コーヒーの首都シアトルにしかない、新感覚のスタバを訪問【オトナの美旅スタイル #17】

コーヒーの首都シアトルにしかない、新感覚のスタバを訪問【オトナの美旅スタイル #17】

シアトルに行ったら必ず訪れたいスタバの店舗「スターバックス・リザーブ・ロースタリー&テイスティングルーム」ほか、コーヒーの首都ともいわれるシアトルならではのコーヒーショップをご紹介。


旅するジャーナリスト小野アムスデン道子です。アメリカ北西部最大の都市シアトルは、言わずと知れたスターバックス コーヒーやタリーズコーヒーを生み出し、アメリカのコーヒーの首都と称されているほど。

■シアトル限定のスタバを訪問

最近は、独立系の個性的なコーヒーショップも数多く「チェーン店なんてね……」と思う人もいるかもしれませんが、この「スターバックス・リザーブ・ロースタリー&テイスティングルーム」は、まるでコーヒーの夢工場か遊園地のようで、他とはまったく違います。

見上げるような広い店内、驚くほど大きなロースターで焙煎されたコーヒー豆は、天井まで張り巡らされた銅のパイプを通って、オーダーを取るカウンターへと届けられます。

サイフォンがずらり並んで、いい香りの焙煎したての豆で淹れたコーヒーを楽しめます。広さは約15,000平方フィート(約1,400㎡)、スターバックスの高級コーヒー豆である「スターバックス リザーブ」を焙煎する世界で唯一のお店。

映画『チャーリーとチョコレート工場』に出て来るわくわくするような工場がイメージだそうで、広いお店を探訪するだけでとっても楽しい。

カフェにショップ、図書室、ラウンジスペース、そしてトイレはなんと男女共用。トイレの外壁にはコーヒーの豆作りの壁画が描かれていて、洗面台からも焙煎工程が見えたり。コーヒーの旅をイメージしてか、昔の空港の行き先表示のような案内板があったり。

他店にはないバラエティのスイーツの中から、ココナツクリームパイをチョイス。合わせるコーヒーは、バリスタのおすすめでココだけで飲めるというパンテオン・ブレンドのラテを。クリームパイのまったりした味とさっぱりしているのに深みを感じるコーヒーの組み合わせは最高でした。

スターバックス・リザーブ・ロースタリー&テイスティングルーム
Starbucks Reserve Roastery and Tasting Room
住所:1124 Pike Street, Seattle, WA 98101
http://roastery.starbucks.com/

■シアトルの新旧スタバを比較してみるのも楽しい

一方、全米で現存する最古の市場「パイク・プレイス・マーケット」の前にある、1971年にできたスターバックス1号店もまだまだ健在。こちらも緑のロゴではなくノスタルジックな創業当時のロゴを掲げて、多くの人が記念写真を撮っています。シアトルの新旧スタバ比較も面白いですね。

この1号店からほど近く、シアトル美術館の向かいにある地元の人々の間でもおいしいと人気のコーヒーショップが「カフェ・フォンテ」。生産量が少ない貴重な豆を焙煎してのコーヒーのおいしさもさることながら、ユニークなフレーバーのラテがこれまたいける。

最後に薔薇の香りが残るデザート・ローズ・ラテやエキゾチックでスパイシーな香りが持ち味のターキッシュ・ラテなど、ぜひ試してみて。

カフェ・フォンテ Café Fonté
住所:1321 1st Ave, Seattle, WA 98101
http://cafefonte.com

あともう1店、コーヒーショップではありませんが、花屋とベーカリーを併設して、あまりにかわいいインテリアに中東とシアトルのモダンさがミックスされたようなお料理のセンスのよさにノックアウトされたカフェ「ザ・ロンドン・プレーン」をご紹介します。

料理界のアカデミー、ジェームズ・ビアード賞受賞のシェフ、マッド・ディロンによるお料理は、中東料理にもインスパイアされて、ヒヨコ豆などの素材とスパイス使いが絶妙。パイオニアスクエアに近くて便利なところにありますので、ぜひ立ち寄ってみて。

ザ・ロンドン・プレーン The London Plane
住所:300 Occidental Ave S, Seattle, WA 98104
http://www.thelondonplaneseattle.com

取材協力/シアトル・ワシントン州観光事務所
http://www.visitseattle.jp

Text/小野アムスデン道子
世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。日本旅行作家協会会員。

この記事のライター

世界有数のトラベルガイドブック『ロンリープラネット日本語版』の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。...

関連する投稿


絶品カニ料理を発見! カニ味噌とスパイシーソースの組み合わせがたまらない【オトナの美旅スタイル #23】

絶品カニ料理を発見! カニ味噌とスパイシーソースの組み合わせがたまらない【オトナの美旅スタイル #23】

カニ好き&スパイシーな料理好きな方にとって、チリクラブはたまらないお料理ではないでしょうか。私も大ファンのひとり。カニが名産で、チリやペッパーなどのスパイスを使ったお料理が名物のスリランカ。今回は首都コロンボにあるチリクラブの名店を訪ねました。


世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

イタリア北西部にある5つの村、チンクエ・テッレをご存知でしょうか。ユネスコの世界遺産にも登録され、その美しい景観から世界中から観光客がやってくるスポットになっています。ミラノ在住の河見恵子さんによる日帰り旅行レポート、今回は後編をお送りします。


ターキッシュ エアラインズ、ヨーロッパ11カ国16都市行き特別運賃航空券を発売

ターキッシュ エアラインズ、ヨーロッパ11カ国16都市行き特別運賃航空券を発売

日本線就航28周年記念キャンペーン実施決定。ターキッシュ エアラインズが、日本線就航28周年を記念し、ヨーロッパ11カ国16都市行き特別運賃を発表。


世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ〜ミラノ通信#14

世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ〜ミラノ通信#14

イタリア北西部にある5つの村、チンクエ・テッレをご存知でしょうか。ユネスコの世界遺産にも登録されており、その美しい景観から世界中から観光客がやってくるスポットになっています。ミラノ在住の河見恵子さんによる日帰り旅行レポート、今回は前編をお送りします。


クルージングで楽しむ華やかな旅【高田賢三】

クルージングで楽しむ華やかな旅【高田賢三】

パリ在住の世界的ファッションデザイナー、高田賢三さんによる連載。「華やか×◯◯」をテーマに毎月1本コラムをお届けします。第10回は「華やか×旅」でその思いを綴っていただきました。高田賢三さんが考える、華やかな旅とは――。


最新の投稿


浅田真央さんのこれまでを写真で見る『moment on ice vol.2』が発売に。「THE ICE 2017」撮りおろしも

浅田真央さんのこれまでを写真で見る『moment on ice vol.2』が発売に。「THE ICE 2017」撮りおろしも

アスリートが輝く“瞬間"をキャッチするグラフ・マガジン『moment on ice vol.2』が発売に。プロスケーター浅田真央さんの、プロスケーターとしての1st Stepを記録した1冊に仕上がっています。「THE ICE 2017」完全撮りおろしのほか、真央さんの13年の軌跡を振り返る豪華な内容です。


下地に塗って、はがすだけ。ジェルネイルを簡単にオフできるベースコート

下地に塗って、はがすだけ。ジェルネイルを簡単にオフできるベースコート

面倒なジェルネイルのオフから、あなたを解放する「グランジェ ピールオフベースコート」が新登場。シールをめくるように、はがしたいときにはがすだけ。ジェルネイル用のピールオフベースコートです。


同棲中の「家事問題」で彼とうまくいきません【大人のお悩み相談室 #8】by サツキメイ

同棲中の「家事問題」で彼とうまくいきません【大人のお悩み相談室 #8】by サツキメイ

DRESS公式占い「愛を引き寄せる星占い」でもおなじみ、占い師・サツキメイさんによる連載「大人のお悩み相談室」。生き方や働き方、恋愛、結婚etc.迷える女性たちの相談にのっていただきます。お悩みを丁寧に受け止め、寄り添いながら回答してくれる、DRESS世代の占い師・サツキメイさんへのご相談、お待ちしています。


【プレゼント】静岡市美術館でデンマークのデザイン展が開催

【プレゼント】静岡市美術館でデンマークのデザイン展が開催

北欧諸国であるデンマークは、世界に誇るデザイン大国です。日本とデンマークの外交関係樹立150周年を記念した展覧会が、9月9日(土)より、静岡市美術館で開催します。こちらの招待券を5組10名様にプレゼント。


自分の“やりたいこと”を事業にする3つのポイント【大人のキャリア】

自分の“やりたいこと”を事業にする3つのポイント【大人のキャリア】

東証マザーズ上場会社の女性最年少取締役のキャリアを経て、2008年に衣食住に携わるコンサルティング会社を設立。 2014年には体験型イベント「日本女子博覧会」を発足し延べ4万人を動員。現在は日本の食文化やアニメ、アイドル市場に着眼した事業展開をするインタラクションメディアグループ取締役の東貴代さんにお話を伺いました。