「疲れた、仕事辞めたい」心折れそうになる前に思い出してほしいこと

「疲れた、仕事辞めたい」心折れそうになる前に思い出してほしいこと

「疲れた、仕事辞めたい」。がんばって働いていても、ふと不安になるときがある。そんなときに心の中で「疲れた、仕事辞めたい」とつぶやくわたしがいる。わたしの仕事は、わたしの代わりに誰でもできるのでは。今のままでいいのかな。この仕事、辞めたいかも……そんなあなたへ届けたいショートストーリーです。


■疲れた。事務の仕事辞めたい

32歳、事務職。

入社して数年、仕事にも慣れてきた。職場にはやさしい人が多いし、給料は高くないけどもらえる。それなりにやって、なんとなく続けてきた。

ただ、不安だ。

手渡された資料にただひたすらホチキスをとめて、人生を終えていくのかな。頼まれた内容をエクセルに打ち込んで、稟議書を作って。わたしがここからいなくなっても、他の誰かでもできるような仕事をして。

仕事に真面目に向き合ってはきたけれど、もっとやりたいことがあるような気がする。でも、わたしには何もない。自慢できるようなスキルも経験も、ないと思う。

営業の人を見ていると、うらやましい。スーツを着て高めのヒールで歩く姿に、同じ女でもいつも見惚れてしまう。バリバリのキャリアウーマンって感じがしてカッコいい。きっと自分の仕事に誇りを持ってやっているんだろうな。


仕事、疲れた。辞めたい。

■疲れた。営業の仕事辞めたい

34歳、営業職。

気づいたら立派な30代。仕事でもいつのまにか中堅になっていて、担当するクライアントは多くなった。得意先だって持てるようになった。


ただ、不安だ。


毎日外回りして、相手の話にうまく相づちを打って。「それは違う」と言いたいことも、売上やノルマのために、喉の奥にしまうことがある。元気がないときだって笑顔を作る。だって、わたしは営業マンだから。そう何度も言い聞かせてきた。

仕事は嫌いじゃないけれど、この忙しい日々の先に何があるのだろう。今日も疲れたなぁってひとりつぶやいて、終電近くの電車に揺られて。また明日もバタバタと駆け回って。

結婚しているあの子が、うらやましい。夫と子供がいて、家庭があって、落ち着いて。女としての幸せを手に入れた。わたしの未来はまったく見えなくて、怖い。


仕事、疲れた。辞めたい。

■疲れた。専業主婦という仕事辞めたい

35歳、専業主婦。

結婚して、子どもが生まれて、仕事を辞めた。手放したものもあるけれど、家族がいる。穏やかな日常は、十分幸せなのかもしれない。


ただ、不安だ。


洗濯をして、掃除機をかけて、ゴミ出しをして。献立を考えて、買い出しをして、料理の後には洗い物をして。毎日ほとんど同じことの繰り返し。欠かさずこなしたところで、褒めてくれる人なんていない。

主婦は、給料なんて出ない。休憩もない。いつだって子供と夫のことに全力だ。それでも、「してあたりまえ」「主婦はラクでいい」と思われることがある。

仕事に励んでいるみんなが、うらやましい。社会に居場所があって、うらやましい。家族を愛してはいるけれど、このまま家事だけで人生の時間を埋め尽くしていくのかな。わたしの仕事も認めてほしい。


主婦、疲れた。辞めたい。

そんなことを考えながら……。


今日も、目の前のエクセルに集中していたら、声をかけられた。「いつもわかりやすく入力してくれてありがとう。営業するとき、助かってる。」


今日も、資料をたくさん持ってクライアント先に足を運んだら、言われた。「寒いし、雨も降っているし、大変だったでしょう。でもね、電話やメールで済まさずに顔を出してくれる君だから、お願いしようと思ったんだよ。」


今日も、買い出しをして帰宅して、ぱたぱたと慌ただしく台所に立つと、「今日の夕ごはん、なあに?お母さんが作るごはん、ぜんぶおいしい!」エプロンの裾をつかんで、にっこり笑う小さな息子。


……わたしの仕事、ちゃんと、見てくれていたんだ。

■一人ひとりの仕事は誰かのためになっている、と思い出して

どんな仕事にだって不安があって、
これでいいのかと、悩むときがある。

うらやましく思える、あの人の仕事にも
悩みや、葛藤がある。


どんな仕事も、誰にも見られていなくて、
でも、自分の役割をしっかり果たしていれば、
どんな仕事も、誰かが見てくれている。


「疲れた。仕事辞めたい」。
そうつぶやいたときは、思い出してほしい。

周りには、味方がいる。
わたしたちの仕事は、誰かの支えになっている。

この記事のライター

ライター/物書き

1988年生まれ。 「仕事」「生き方」についてよく書きます。 言葉をつむぐことで、日々の温度をすこしあげられたら。 空を眺めることとお散歩が好き。

関連するキーワード


働き方

関連する投稿


7万円のブーツは高いかもしれない。でも、金額を下げなかった理由【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#1】

7万円のブーツは高いかもしれない。でも、金額を下げなかった理由【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#1】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマにあれこれ語らう対談企画#1では、シューズブランド「JUCO.」のデザイナー、ジュコさんをお招きしました。


スキルがないから無理、なんて諦めない。地域初のWebメディアを自力で立ち上げた話

スキルがないから無理、なんて諦めない。地域初のWebメディアを自力で立ち上げた話

新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第2回目は知識や技術がゼロのなか、独学で身につけたWeb制作スキルの話、最近立ち上げた地元・飯能のローカルWebメディアの話をもとに、自分の限界を決めつけないことの大切さを綴っていただきました。


チェコで働く、フリーランスの現場より

チェコで働く、フリーランスの現場より

チェコの片田舎で、3人の娘を抱えながらのフリーランス生活。リビングの片隅にあるスタンディングデスクがマイポジション!


今こそ「自分はなにがしたいのか」を考える必要がある――シェアガールが提案する新しいライフスタイル

今こそ「自分はなにがしたいのか」を考える必要がある――シェアガールが提案する新しいライフスタイル

内閣官房シェアリングエコノミー伝道師「シェアガール」の肩書で普及活動をする石山アンジュさん。複数の肩書を持ち「限りなくフリーランスに近い、社員」という新しい形のパラレルキャリアを実現されています。自分のビジョンを実現するために必要な視点の持ち方など、多様化する社会で活躍し続けるためのヒントを伺いました。


21世紀を生きる女性のためのコワーキングスペース「SHEworks」に行ってみた

21世紀を生きる女性のためのコワーキングスペース「SHEworks」に行ってみた

先日オープンした、21世紀を生きる女性のための会員制コワーキングスペース「SHEworks」。「お互いを高め合える仲間との出会い」と「ライフスタイルサポート」のふたつの特徴を持つ新感覚のワーキングスペースです。スペースのレポートと創業者インタビューをDRESS編集部がお届けします。


最新の投稿


ヘアカラー後の気になる黄味をおさえる、自宅髪色ケアアイテム「髪色サプリ」

ヘアカラー後の気になる黄味をおさえる、自宅髪色ケアアイテム「髪色サプリ」

花王は「リーゼプリティア 髪色サプリ」を9月30日より、全国のドラッグストアなどの店頭で発売。ヘアカラー後しばらくすると、色が抜けて黄味がかって明るくなったり、金髪っぽくなったり……そんな悩みを自宅ケアで解決。「週1~2回塗って流すだけ」の新しい髪色ケア習慣の提案です。


セックスへの積極的度心理テスト~誘うときは自分から? 彼から?

セックスへの積極的度心理テスト~誘うときは自分から? 彼から?

今回はセックスへの積極度を診断する心理テストをご紹介します。パートナーと愛し合う大切な時間に、あなたはどんな誘い方をしますか? 積極的に誘う人、とにかく待つ人、誘わせるよう仕向ける人など、さまざまかと思います。このテストで、そんなあなたの深層心理が見えてくるかも。


表面カリカリ、中モチモチ。ハワイ発のマラサダドーナツ店が関東初上陸

表面カリカリ、中モチモチ。ハワイ発のマラサダドーナツ店が関東初上陸

ハワイ発のマラサダドーナツ店が浅草に10月15日よりオープンします。注文を受けてから手づくりで提供されるドーナツは、もっちり感をその場で味わえるのが魅力。10月10日からの3日間はプレオープン期間として、マラサダドーナツの無料提供も。


男だけの美しいコメディ・バレエ「トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団」が来日!

男だけの美しいコメディ・バレエ「トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団」が来日!

ニューヨーク発の大人気コメディ・バレエ団「トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団」が30回目となるジャパンツアーを開催中! 格式高いと敬遠されがちなクラシックバレエを明るく笑えるものに変え、世界を魅了したそのテクニックと芸術性は、単なる女装バレエにとどまりません。一度は観たい、彼らの舞台の魅力に迫ります。


【100万円のオンナ貯金#5】お金を増やすことが習慣化する! お金を貯めるクセをつけよう

【100万円のオンナ貯金#5】お金を増やすことが習慣化する! お金を貯めるクセをつけよう

「継続は力なり」という言葉があります。これはスポーツや勉強だけに限らず、貯金も同じこと。少額でもいいので、少しでも長くお金を貯めた方がいいのです。でも継続するって、難しい。そんなあなたのために、今回の【100万円のオンナ貯金】ではお金を貯めることをクセにする方法をご紹介します。


おっぱい

MENU

DRESS部活