「疲れた、仕事辞めたい」心折れそうになる前に思い出してほしいこと

「疲れた、仕事辞めたい」心折れそうになる前に思い出してほしいこと

「疲れた、仕事辞めたい」。がんばって働いていても、ふと不安になるときがある。そんなときに心の中で「疲れた、仕事辞めたい」とつぶやくわたしがいる。わたしの仕事は、わたしの代わりに誰でもできるのでは。今のままでいいのかな。この仕事、辞めたいかも……そんなあなたへ届けたいショートストーリーです。


■疲れた。事務の仕事辞めたい

32歳、事務職。

入社して数年、仕事にも慣れてきた。職場にはやさしい人が多いし、給料は高くないけどもらえる。それなりにやって、なんとなく続けてきた。

ただ、不安だ。

手渡された資料にただひたすらホチキスをとめて、人生を終えていくのかな。頼まれた内容をエクセルに打ち込んで、稟議書を作って。わたしがここからいなくなっても、他の誰かでもできるような仕事をして。

仕事に真面目に向き合ってはきたけれど、もっとやりたいことがあるような気がする。でも、わたしには何もない。自慢できるようなスキルも経験も、ないと思う。

営業の人を見ていると、うらやましい。スーツを着て高めのヒールで歩く姿に、同じ女でもいつも見惚れてしまう。バリバリのキャリアウーマンって感じがしてカッコいい。きっと自分の仕事に誇りを持ってやっているんだろうな。


仕事、疲れた。辞めたい。

■疲れた。営業の仕事辞めたい

34歳、営業職。

気づいたら立派な30代。仕事でもいつのまにか中堅になっていて、担当するクライアントは多くなった。得意先だって持てるようになった。


ただ、不安だ。


毎日外回りして、相手の話にうまく相づちを打って。「それは違う」と言いたいことも、売上やノルマのために、喉の奥にしまうことがある。元気がないときだって笑顔を作る。だって、わたしは営業マンだから。そう何度も言い聞かせてきた。

仕事は嫌いじゃないけれど、この忙しい日々の先に何があるのだろう。今日も疲れたなぁってひとりつぶやいて、終電近くの電車に揺られて。また明日もバタバタと駆け回って。

結婚しているあの子が、うらやましい。夫と子供がいて、家庭があって、落ち着いて。女としての幸せを手に入れた。わたしの未来はまったく見えなくて、怖い。


仕事、疲れた。辞めたい。

■疲れた。専業主婦という仕事辞めたい

35歳、専業主婦。

結婚して、子どもが生まれて、仕事を辞めた。手放したものもあるけれど、家族がいる。穏やかな日常は、十分幸せなのかもしれない。


ただ、不安だ。


洗濯をして、掃除機をかけて、ゴミ出しをして。献立を考えて、買い出しをして、料理の後には洗い物をして。毎日ほとんど同じことの繰り返し。欠かさずこなしたところで、褒めてくれる人なんていない。

主婦は、給料なんて出ない。休憩もない。いつだって子供と夫のことに全力だ。それでも、「してあたりまえ」「主婦はラクでいい」と思われることがある。

仕事に励んでいるみんなが、うらやましい。社会に居場所があって、うらやましい。家族を愛してはいるけれど、このまま家事だけで人生の時間を埋め尽くしていくのかな。わたしの仕事も認めてほしい。


主婦、疲れた。辞めたい。

そんなことを考えながら……。


今日も、目の前のエクセルに集中していたら、声をかけられた。「いつもわかりやすく入力してくれてありがとう。営業するとき、助かってる。」


今日も、資料をたくさん持ってクライアント先に足を運んだら、言われた。「寒いし、雨も降っているし、大変だったでしょう。でもね、電話やメールで済まさずに顔を出してくれる君だから、お願いしようと思ったんだよ。」


今日も、買い出しをして帰宅して、ぱたぱたと慌ただしく台所に立つと、「今日の夕ごはん、なあに?お母さんが作るごはん、ぜんぶおいしい!」エプロンの裾をつかんで、にっこり笑う小さな息子。


……わたしの仕事、ちゃんと、見てくれていたんだ。

■一人ひとりの仕事は誰かのためになっている、と思い出して

どんな仕事にだって不安があって、
これでいいのかと、悩むときがある。

うらやましく思える、あの人の仕事にも
悩みや、葛藤がある。


どんな仕事も、誰にも見られていなくて、
でも、自分の役割をしっかり果たしていれば、
どんな仕事も、誰かが見てくれている。


「疲れた。仕事辞めたい」。
そうつぶやいたときは、思い出してほしい。

周りには、味方がいる。
わたしたちの仕事は、誰かの支えになっている。

この記事のライター

ライター/物書き

1988年生まれ。 「仕事」「生き方」についてよく書きます。 言葉をつむぐことで、日々の温度をすこしあげられたら。 空を眺めることとお散歩が好き。

関連するキーワード


働き方

関連する投稿


発信者は「万人に好かれよう」と思わなくていい【ジルデコchihiRo×渋木さやか 対談】

発信者は「万人に好かれよう」と思わなくていい【ジルデコchihiRo×渋木さやか 対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第5回では、ヨガライフアドバイザーの渋木さやかさんをお招きしました。


【誰でもできる、本業で社会貢献】#4 実践編~LIXIL

【誰でもできる、本業で社会貢献】#4 実践編~LIXIL

「誰でもできる、普段の仕事を通じた社会貢献」について解説する連載【誰でもできる、本業で社会貢献】第4回目からは、実際に本業で社会貢献に取り組んでいる日本企業を見ていきます。今回登場するのは開発途上国にトイレを贈るプロジェクトを行っているLIXILです。


東京のまちでコーヒーをタダでふるまってみた。趣味から始めるまちづくり【ジルデコchihiRo×田中元子 対談】

東京のまちでコーヒーをタダでふるまってみた。趣味から始めるまちづくり【ジルデコchihiRo×田中元子 対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第4回では、まちづくりに関わるいろいろなことを手がける田中元子さんをお招きしました。


いまよりもっと仕事が楽しくなる! 「職場での振る舞い」4つのポイント

いまよりもっと仕事が楽しくなる! 「職場での振る舞い」4つのポイント

職場の人間関係で悩んでいる人、多いかもしれません。しかし、人間関係のお悩みは解決するコツがあるのです。あなたのはたらきかけで、今の職場環境がよりよいものになるかもしれません。今回は職場での上手な振る舞いについてご紹介します。


2018年、プロレス界の「最高男」宮原健斗を観にいこう

2018年、プロレス界の「最高男」宮原健斗を観にいこう

宮原健斗さんは、全日本プロレスに所属するプロレスラー。1989年生まれの28歳。団体の顔として、全日本プロレスの人気再燃に貢献してきました。DRESSプロレス部 部長補佐の池田が注目する、プロレス界で輝く若手エースのひとりでもあります。宮原選手のインタビューをお届けします。


最新の投稿


鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESS編集長の池田園子さんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第6回では、子育て中のイライラを解消する方法について解説してもらいます。


化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回は基礎化粧品の選び方を見直します。ライン使いはマスト、と考える方もいるかもしれませんが、実際は化粧水と乳液さえあればOK!?


「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

抽選で50名様限定! 人気イラストレーター“マリー・アセナ”さんデザインのボトルが当たります。世界中で親しまれている果汁100%のスパークリングジュース「アップルタイザー」のさくらデザインボトル、プレゼントキャンペーンを3月8日まで実施中です。


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。