別れた彼のLINE削除、あり?なし?

別れた彼のLINE削除、あり?なし?

別れた恋人のLINE IDを削除しますか? 別れた瞬間に削除する人もいれば、別れたあともずっと残しておくタイプの人もいます。今回の記事では「今後の関係」に焦点をあてながら「削除すべきタイミング」と「削除してはいけない場合」をみていきます。


■親しき仲にLINEあり

友達や家族だけでなく、恋愛でもLINEは欠かせないコミュニケーションツール。

プライベートからビジネスコミュニケーションまで連絡ツールとしても活用している人が多いLINEだからこそ悩むのは「終わった恋愛相手のIDってどうしたらいいの?」ということ。

「終わった元彼のIDを残しておくと、気持ちにふんぎりがつかなかったり、次に進めない感じがするからすっきり断捨離したいけど、それって失礼にあたる?」

「いや、元彼関係の履歴やIDはきっぱり削除して過去にすべき!」

多くの人が疑問に感じる別れた彼のLINE削除、“あり”か“なし”かについて考えてみましょう。

■「結婚はもういいわ。だけど、彼氏はほしいな」

そんなセリフが嫌味なく似合うヒロミは美魔女系ミドル40の子持ちシングル・アゲイン。

美容サロンを経営しつつママとして子供との時間も大切にするしっかり者。ヒロミが知り合ったのはIT系の会社を経営するマキヤマ氏。

アラフィフながらランニングと筋トレで鍛えた肉体と整った顔立ちのイケてる子無しバツイチ熟男。

仕事上の知り合いの紹介で知り合った二人は一目惚れに近い状態で恋に落ちました。時間を自由に調整ができ、経済的にも安定していた二人の恋の滑り出しは順調そのもの。

休みを調整してドライブをしたり、旅行に行ったり。

ヒロミはマキヤマ氏へ子供を会わせ、時には3人で食事なんて子連れデートも。

当初再婚は考えていなかったヒロミも
「この人となら再婚してもいいかもしれない」
と徐々にマキヤマ氏との結婚を意識するようになりました。

けれど、付き合いが深まるにつれマキヤマ氏の「~すべきでしょ?」や「そんなことは常識だよ」という押し付けがましいものの言い方や「あの人は好きになれない。」という子供とマキヤマ氏の相性が気になり始めたヒロミ。

「このまま付き合ってもいいけど、結婚を強く望む彼の希望には応えられない」

という結論に至ったヒロミはマキヤマ氏にその理由を告げ、二人は話し合いの結果、別れることになりました。

■マキヤマ氏は去る者追わずのモテ系熟男

揉めることなく、円満に別れた後、マキヤマ氏は知り合いの経営者から「美容系サロンで提携できるところを紹介してほしい」と相談され、ヒロミを思い出した彼はLINEで「美容系のサロンに興味を抱いている知り合いの経営者を紹介したい」と何度かメッセージを送ったところ既読にならずスルー。

「携帯のトラブルかな?」と思った彼はメールでヒロミに連絡を取り、自分のIDが削除されていたことを知りました。

ヒロミへの恋愛感情は既に冷めはいても、決して憎み合って別れたわけでもなく、ましてや迷惑をかけるような振る舞いはしていなかったマキヤマ氏にとって、自分のIDが削除されていたという事実はヒロミとの交際や自分の存在を否定されたように感じ

「傷つくっていうか、それはないだろうって思った」

とお酒の席で愚痴った結果、“ヒロミがマキヤマ氏のIDを削除した”ということが二人を紹介した共通の知り合いから仕事の関係者にも伝わり、“ヒロミは別れた恋人のIDを即刻削除するような冷たい女”であるイメージがついてしまいました。

別れた恋人のLINE IDを削除するか否かは、その彼と別れた後も“つながる可能性”があるかがポイントです。

「A」 共通の知り合いあり……主に同僚やサークル、友人・知人の紹介や仕事の関係で知り合った場合

対応:迷惑行為がない場合は削除せずに残しておきましょう。

「B」 共通の知り合いはなし……主に結婚相談所などの婚活サービスやパーティー、アウェーな場所で知り合った場合

対応: ID削除をしてもOKですが、次の一歩を踏み出す為にIDを削除するという理由と感謝をメッセージで伝えてから削除するのがマナー。

■LINEは今や恋愛でも仕事でも大切なコミュニケーションツール

別れ話のときに、互いのLINE IDをどうするかその場で決められるといいのですが、削除しようということはその場では言い出しにくいもの。

けれど、つながりを持ちつづけることは、終わった縁を引きずるようなものです。きっぱりと過去に出来る場合は“ありがとう”という感謝と共に相手の幸せを願い、新しいスタートをするために削除しましょうと提案した方が次の恋愛準備の観点からはベター。

けれど、別れた後もあなたと社会的なつながりがある場合、基本は削除せずに残しておくのが大人のマナーでしょう。

ただし、別れ話での削除の提案は基本的に”フラれた“場合のみ提案しましょう。

逆にあなたから別れを告げる場合、彼に多少なりともあなたへの未練があると彼の怒りを買って揉め事になる可能性大。この場合は別れてから1〜2週間の冷却期間をおいて「お互いに次の一歩を踏み出すためにIDを削除しますね。今までありがとう」とメッセージを送ってから削除してください。

元彼との復縁の可能性は? 見極められる3つのポイント

https://p-dress.jp/articles/3328

元彼との復縁を考えるとき、まず可能性があるかどうかが気になりますよね。もし可能性があるなら頑張りたいけど、さっさと次に進んだ方が良い場合もあります。復縁は相手がいてこそできるもの、元彼の態度や今後の関係についてしっかり考えましょう。今回は、復縁できる可能性を見極められる3つのポイントをご紹介します。

元彼とのLINEで復縁を目指すなら「心機一転」が重要な理由

https://p-dress.jp/articles/3212

簡単にメッセージを送ることができるLINE。もし元彼とのやり取りで利用できるなら、復縁に向けてぜひ効果的な言葉を送りたいですよね。元彼の中に恋心を呼び戻すには、付き合っていた過去を引きずらないことが何より重要。それには、新しい気持ちで臨むのが何より大切なことです。

元彼と復縁したいときに会うのはNG! まずはメールやLINEから

https://p-dress.jp/articles/3255

別れた元彼とどうしてもよりを戻したい。そんな気持ちが高ぶると、つい焦って極端な行動に出てしまいがち。一方的な気持ちを押し付けると、復縁どころか嫌われてしまいます。その中でも一番やってはいけないことって、何なのでしょうか? 冷静に彼の気持ちを引き寄せる方法とは。

この記事のライター

コミュニケーションコンサルティング株式会社ループ 代表取締役社長 婚活業種の事業立案・ブランディング・PR・アライアンス・社員およびスタッフ育成等のトータルサポート・コンサルティング、コミュニケーション教育、女性向けサ...

関連するキーワード


大人のLINE術 恋愛

関連する投稿


忙しさを理由に女と別れる男はいない。男性の心を離すのは「エネルギー泥棒」

忙しさを理由に女と別れる男はいない。男性の心を離すのは「エネルギー泥棒」

LINEやメッセンジャーで伝わっているのは文面ではなく、根底にある女性の気持ちです。もしメッセージのやりとりで、忙しい彼や気になる男性と上手くいかないなと感じているなら、あなたは無意識に態度や言葉は重くない風を演じているけど、心の中がすごく重い女性=「エネルギー泥棒」になっているかもしれません。


LINEのやりとりで見抜く男性の危ない気質

LINEのやりとりで見抜く男性の危ない気質

“つながり”を断つことが難しい時代だからこそ、気をつけたいのは“つながってはいけない人たち”とつながること。LINEのやりとりに現れる、サイコパスやモラハラ、ストーカー男性の傾向とは?


頭で考えない、心で感じる恋愛のすすめ【植村絵里×竹中功 対談#3】

頭で考えない、心で感じる恋愛のすすめ【植村絵里×竹中功 対談#3】

「DRESS」コラムニストとしてもおなじみの植村絵里さん、元よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役で、『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』など著書も多い竹中功さんによる対談企画。#3では「頭で考えすぎず、心で楽しむ恋愛」をテーマにお話ししていただきました。


過激なベッドシーンに目を奪われるー大人の純愛映画『ナラタージュ』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#23

過激なベッドシーンに目を奪われるー大人の純愛映画『ナラタージュ』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#23

『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督が、10年近く映画化企画を温め続けた『ナラタージュ』が、いよいよ今週末に公開となります。「この恋愛小説がすごい!」第1位に輝いた、島本理生の同名小説を原作に、松本潤・有村架純・坂口健太郎の切なく、苦しい三角関係が描かれる本作は、大人の女性にこそ楽しんで欲しいラブストーリーです。


引き留めないのは、プライドが邪魔をするから。別れを受け入れる男性の心理とは

引き留めないのは、プライドが邪魔をするから。別れを受け入れる男性の心理とは

意を決して別れ話を切り出したのに、何だか彼はあまりショックを受けていない様子……。そんなとき、「愛されてなかった」とショックを受ける女性は多いですが、男性だって大きな悲しみを感じています。引き留めないのは「男のプライド」があるから。別れを受け入れるしかない男性の心理についてお話します。


最新の投稿


『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

綾野剛主演の人気ドラマ『コウノドリ』第1話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。産科医療の現場をリアルに描くドラマです。号泣必至なので、見るときはハンカチを用意しましょう。


誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

これから結婚を考えている女性の皆さま、不倫をするかもしれない男性とは結婚したくないですよね。今回は私の体験をもとに不倫をしない男性を見抜く方法をお伝えしたいと思います。


職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

人間の悩みの大半は「人間関係」から生まれます。中でも、職場の人間関係に悩む人は多いもの。今回は、節電で照明を暗くしたことで、オフィスの人間関係が悪化した会社に風水を取り入れたお話です。


なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

SNSを使いこなしている若い人と違って、よくわからないまま、なんとなくSNSを使っている大人の方もいるのでは。とくにTwitter、Facebookの次に広まったインスタにその傾向があるように思います。もし使い方がわからない、と感じているなら読んでほしいおすすめの本をご紹介します。


手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

ラスベガスで起きた銃乱射事件から数週間。奇しくも今月、全米の銃規制法案を巡る攻防を描いた『女神の見えざる手』が公開されます。『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー主演女優賞にノミネートされた実力派女優ジェシカ・チャステインが、銃規制法案に賛成の立場をとる陣営を支援するロビイストを熱演。思わぬ展開にぐっと引き込まれます。


おっぱい