別れた彼のLINE削除、あり?なし?

別れた彼のLINE削除、あり?なし?

別れた恋人のLINE IDを削除しますか? 別れた瞬間に削除する人もいれば、別れたあともずっと残しておくタイプの人もいます。今回の記事では「今後の関係」に焦点をあてながら「削除すべきタイミング」と「削除してはいけない場合」をみていきます。


■親しき仲にLINEあり

友達や家族だけでなく、恋愛でもLINEは欠かせないコミュニケーションツール。

プライベートからビジネスコミュニケーションまで連絡ツールとしても活用している人が多いLINEだからこそ悩むのは「終わった恋愛相手のIDってどうしたらいいの?」ということ。

「終わった元彼のIDを残しておくと、気持ちにふんぎりがつかなかったり、次に進めない感じがするからすっきり断捨離したいけど、それって失礼にあたる?」

「いや、元彼関係の履歴やIDはきっぱり削除して過去にすべき!」

多くの人が疑問に感じる別れた彼のLINE削除、“あり”か“なし”かについて考えてみましょう。

■「結婚はもういいわ。だけど、彼氏はほしいな」

そんなセリフが嫌味なく似合うヒロミは美魔女系ミドル40の子持ちシングル・アゲイン。

美容サロンを経営しつつママとして子供との時間も大切にするしっかり者。ヒロミが知り合ったのはIT系の会社を経営するマキヤマ氏。

アラフィフながらランニングと筋トレで鍛えた肉体と整った顔立ちのイケてる子無しバツイチ熟男。

仕事上の知り合いの紹介で知り合った二人は一目惚れに近い状態で恋に落ちました。時間を自由に調整ができ、経済的にも安定していた二人の恋の滑り出しは順調そのもの。

休みを調整してドライブをしたり、旅行に行ったり。

ヒロミはマキヤマ氏へ子供を会わせ、時には3人で食事なんて子連れデートも。

当初再婚は考えていなかったヒロミも
「この人となら再婚してもいいかもしれない」
と徐々にマキヤマ氏との結婚を意識するようになりました。

けれど、付き合いが深まるにつれマキヤマ氏の「~すべきでしょ?」や「そんなことは常識だよ」という押し付けがましいものの言い方や「あの人は好きになれない。」という子供とマキヤマ氏の相性が気になり始めたヒロミ。

「このまま付き合ってもいいけど、結婚を強く望む彼の希望には応えられない」

という結論に至ったヒロミはマキヤマ氏にその理由を告げ、二人は話し合いの結果、別れることになりました。

■マキヤマ氏は去る者追わずのモテ系熟男

揉めることなく、円満に別れた後、マキヤマ氏は知り合いの経営者から「美容系サロンで提携できるところを紹介してほしい」と相談され、ヒロミを思い出した彼はLINEで「美容系のサロンに興味を抱いている知り合いの経営者を紹介したい」と何度かメッセージを送ったところ既読にならずスルー。

「携帯のトラブルかな?」と思った彼はメールでヒロミに連絡を取り、自分のIDが削除されていたことを知りました。

ヒロミへの恋愛感情は既に冷めはいても、決して憎み合って別れたわけでもなく、ましてや迷惑をかけるような振る舞いはしていなかったマキヤマ氏にとって、自分のIDが削除されていたという事実はヒロミとの交際や自分の存在を否定されたように感じ

「傷つくっていうか、それはないだろうって思った」

とお酒の席で愚痴った結果、“ヒロミがマキヤマ氏のIDを削除した”ということが二人を紹介した共通の知り合いから仕事の関係者にも伝わり、“ヒロミは別れた恋人のIDを即刻削除するような冷たい女”であるイメージがついてしまいました。

別れた恋人のLINE IDを削除するか否かは、その彼と別れた後も“つながる可能性”があるかがポイントです。

「A」 共通の知り合いあり……主に同僚やサークル、友人・知人の紹介や仕事の関係で知り合った場合

対応:迷惑行為がない場合は削除せずに残しておきましょう。

「B」 共通の知り合いはなし……主に結婚相談所などの婚活サービスやパーティー、アウェーな場所で知り合った場合

対応: ID削除をしてもOKですが、次の一歩を踏み出す為にIDを削除するという理由と感謝をメッセージで伝えてから削除するのがマナー。

■LINEは今や恋愛でも仕事でも大切なコミュニケーションツール

別れ話のときに、互いのLINE IDをどうするかその場で決められるといいのですが、削除しようということはその場では言い出しにくいもの。

けれど、つながりを持ちつづけることは、終わった縁を引きずるようなものです。きっぱりと過去に出来る場合は“ありがとう”という感謝と共に相手の幸せを願い、新しいスタートをするために削除しましょうと提案した方が次の恋愛準備の観点からはベター。

けれど、別れた後もあなたと社会的なつながりがある場合、基本は削除せずに残しておくのが大人のマナーでしょう。

ただし、別れ話での削除の提案は基本的に”フラれた“場合のみ提案しましょう。

逆にあなたから別れを告げる場合、彼に多少なりともあなたへの未練があると彼の怒りを買って揉め事になる可能性大。この場合は別れてから1〜2週間の冷却期間をおいて「お互いに次の一歩を踏み出すためにIDを削除しますね。今までありがとう」とメッセージを送ってから削除してください。

この記事のライター

1968年生まれ横浜市出身。株式会社ループ 代表取締役社長。 短大卒業後モデル、MC、テレビレポーターとして活動後、大手電器 メーカーの法人営業部門で13年間勤務。 その後、年間四十万人以上を動...

関連するキーワード


LINE 元彼 恋愛

関連する投稿


結婚を意識しない年下彼氏と過ごす日々

結婚を意識しない年下彼氏と過ごす日々

今年40歳の私と9歳年下彼氏は結婚しない選択をした交際2年目のカップル。結婚を意識しないで一緒にいるふたりの日常、思うことは――。


年下男性に不評な、年上女性からのLINEメッセージ

年下男性に不評な、年上女性からのLINEメッセージ

今回は、年下男性に不評なLINEメッセージはどんなものなのかを知って、知らぬ間にマイナスな印象を与えていないか振り返ってみましょう。年下男性好きな大人女性だけでなく、年下男性とのLINEのやりとりが多い大人女性は必見です!


喧嘩別れを止めるには、「自分を守る」ことをやめてみる

喧嘩別れを止めるには、「自分を守る」ことをやめてみる

好きな人なのに喧嘩別れになってしまう。その原因のひとつに、「自分を守る」ことで相手の本心を見抜けないというのがあります。怒りの下にある本当の気持ちは、どちらかが冷静にならないとわからないものです。喧嘩別れを止めるには、まず「彼のことが好き」という自分の気持ちを信じることが重要です。


死んだと思わせて婚約者の元を去った卑怯男 - そのとき彼女がとった行動

死んだと思わせて婚約者の元を去った卑怯男 - そのとき彼女がとった行動

ハッピーな国際恋愛をしていた女性にある日届いた、婚約者を襲った悲劇のニュース。そのとき彼女の取った勇気ある行動とその結末にとても感銘を受けました。


喧嘩別れを繰り返す男性の心理。自信を持たせてあげることで痛みを回避できる

喧嘩別れを繰り返す男性の心理。自信を持たせてあげることで痛みを回避できる

喧嘩別れを繰り返してしまう男性には、「自分に自信がない」という特徴があります。つい相手を攻撃してしまい、取り返しのつかない状態に進んでしまってからやっと後悔するのですが、やはりまた同じことをしてしまう。そんな男性には、「違う部分があってもいいんだよ」という自信を持たせることが大切です。


最新の投稿


ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ワインを飲んでも太らないパリジェンヌのようになりたい! そう憧れている人も多いはず。美食家の女性の中には毎日のように外食していてお酒も飲んで、運動なんてしていなさそうなのに痩せている人もいますよね。運動も大切ですが、太らないように食事をするコツを彼女たちから学んでみます。


『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

史上5人目となる中学生プロデビューを果たし、最年少プロ棋士となった藤井聡太四段が、羽生善治王位に勝利したニュースが将棋界で話題に。将棋をテーマにした映画『3月のライオン』は、将棋好きはもちろん「ルールすらよくわからない……」という人にも自信を持っておすすめしたい、人間ドラマの傑作です。


【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

昨年好評につき約1カ月で完売した夏の限定シャンプー「ボタニカル リフレッシュシャンプー17(モイスト/スムース)」が、使用感はそのままに、夏のヘアケアに注目したボタニカル成分を配合して今年も登場。


VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

パリやベルリンで注目を集める野菜のお寿司「VEGESUSHI」が日本に。寿司アート集団hoxai kitchen(ホクサイ キッチン)による 初のレシピ本が発売!


ビールを飲むならコレがおすすめ! 簡単おつまみレシピ3品

ビールを飲むならコレがおすすめ! 簡単おつまみレシピ3品

暖かくなってきて、ますますビールが美味しくなる季節ですね。今回は、ビールがより美味しくなるおすすめのおつまみレシピを3品ご紹介します。おうちでのひとり晩酌はもちろん、家族や友人との団欒のひとときに作りたいレシピです。