別れた彼のLINE削除、あり?なし?

別れた彼のLINE削除、あり?なし?

別れた恋人のLINE IDを削除しますか? 別れた瞬間に削除する人もいれば、別れたあともずっと残しておくタイプの人もいます。今回の記事では「今後の関係」に焦点をあてながら「削除すべきタイミング」と「削除してはいけない場合」をみていきます。


■親しき仲にLINEあり

友達や家族だけでなく、恋愛でもLINEは欠かせないコミュニケーションツール。

プライベートからビジネスコミュニケーションまで連絡ツールとしても活用している人が多いLINEだからこそ悩むのは「終わった恋愛相手のIDってどうしたらいいの?」ということ。

「終わった元彼のIDを残しておくと、気持ちにふんぎりがつかなかったり、次に進めない感じがするからすっきり断捨離したいけど、それって失礼にあたる?」

「いや、元彼関係の履歴やIDはきっぱり削除して過去にすべき!」

多くの人が疑問に感じる別れた彼のLINE削除、“あり”か“なし”かについて考えてみましょう。

■「結婚はもういいわ。だけど、彼氏はほしいな」

そんなセリフが嫌味なく似合うヒロミは美魔女系ミドル40の子持ちシングル・アゲイン。

美容サロンを経営しつつママとして子供との時間も大切にするしっかり者。ヒロミが知り合ったのはIT系の会社を経営するマキヤマ氏。

アラフィフながらランニングと筋トレで鍛えた肉体と整った顔立ちのイケてる子無しバツイチ熟男。

仕事上の知り合いの紹介で知り合った二人は一目惚れに近い状態で恋に落ちました。時間を自由に調整ができ、経済的にも安定していた二人の恋の滑り出しは順調そのもの。

休みを調整してドライブをしたり、旅行に行ったり。

ヒロミはマキヤマ氏へ子供を会わせ、時には3人で食事なんて子連れデートも。

当初再婚は考えていなかったヒロミも
「この人となら再婚してもいいかもしれない」
と徐々にマキヤマ氏との結婚を意識するようになりました。

けれど、付き合いが深まるにつれマキヤマ氏の「~すべきでしょ?」や「そんなことは常識だよ」という押し付けがましいものの言い方や「あの人は好きになれない。」という子供とマキヤマ氏の相性が気になり始めたヒロミ。

「このまま付き合ってもいいけど、結婚を強く望む彼の希望には応えられない」

という結論に至ったヒロミはマキヤマ氏にその理由を告げ、二人は話し合いの結果、別れることになりました。

■マキヤマ氏は去る者追わずのモテ系熟男

揉めることなく、円満に別れた後、マキヤマ氏は知り合いの経営者から「美容系サロンで提携できるところを紹介してほしい」と相談され、ヒロミを思い出した彼はLINEで「美容系のサロンに興味を抱いている知り合いの経営者を紹介したい」と何度かメッセージを送ったところ既読にならずスルー。

「携帯のトラブルかな?」と思った彼はメールでヒロミに連絡を取り、自分のIDが削除されていたことを知りました。

ヒロミへの恋愛感情は既に冷めはいても、決して憎み合って別れたわけでもなく、ましてや迷惑をかけるような振る舞いはしていなかったマキヤマ氏にとって、自分のIDが削除されていたという事実はヒロミとの交際や自分の存在を否定されたように感じ

「傷つくっていうか、それはないだろうって思った」

とお酒の席で愚痴った結果、“ヒロミがマキヤマ氏のIDを削除した”ということが二人を紹介した共通の知り合いから仕事の関係者にも伝わり、“ヒロミは別れた恋人のIDを即刻削除するような冷たい女”であるイメージがついてしまいました。

別れた恋人のLINE IDを削除するか否かは、その彼と別れた後も“つながる可能性”があるかがポイントです。

「A」 共通の知り合いあり……主に同僚やサークル、友人・知人の紹介や仕事の関係で知り合った場合

対応:迷惑行為がない場合は削除せずに残しておきましょう。

「B」 共通の知り合いはなし……主に結婚相談所などの婚活サービスやパーティー、アウェーな場所で知り合った場合

対応: ID削除をしてもOKですが、次の一歩を踏み出す為にIDを削除するという理由と感謝をメッセージで伝えてから削除するのがマナー。

■LINEは今や恋愛でも仕事でも大切なコミュニケーションツール

別れ話のときに、互いのLINE IDをどうするかその場で決められるといいのですが、削除しようということはその場では言い出しにくいもの。

けれど、つながりを持ちつづけることは、終わった縁を引きずるようなものです。きっぱりと過去に出来る場合は“ありがとう”という感謝と共に相手の幸せを願い、新しいスタートをするために削除しましょうと提案した方が次の恋愛準備の観点からはベター。

けれど、別れた後もあなたと社会的なつながりがある場合、基本は削除せずに残しておくのが大人のマナーでしょう。

ただし、別れ話での削除の提案は基本的に”フラれた“場合のみ提案しましょう。

逆にあなたから別れを告げる場合、彼に多少なりともあなたへの未練があると彼の怒りを買って揉め事になる可能性大。この場合は別れてから1〜2週間の冷却期間をおいて「お互いに次の一歩を踏み出すためにIDを削除しますね。今までありがとう」とメッセージを送ってから削除してください。

元彼との復縁の可能性は? 見極められる3つのポイント

https://p-dress.jp/articles/3328

元彼との復縁を考えるとき、まず可能性があるかどうかが気になりますよね。もし可能性があるなら頑張りたいけど、さっさと次に進んだ方が良い場合もあります。復縁は相手がいてこそできるもの、元彼の態度や今後の関係についてしっかり考えましょう。今回は、復縁できる可能性を見極められる3つのポイントをご紹介します。

元彼とのLINEで復縁を目指すなら「心機一転」が重要な理由

https://p-dress.jp/articles/3212

簡単にメッセージを送ることができるLINE。もし元彼とのやり取りで利用できるなら、復縁に向けてぜひ効果的な言葉を送りたいですよね。元彼の中に恋心を呼び戻すには、付き合っていた過去を引きずらないことが何より重要。それには、新しい気持ちで臨むのが何より大切なことです。

元彼と復縁したいときに会うのはNG! まずはメールやLINEから

https://p-dress.jp/articles/3255

別れた元彼とどうしてもよりを戻したい。そんな気持ちが高ぶると、つい焦って極端な行動に出てしまいがち。一方的な気持ちを押し付けると、復縁どころか嫌われてしまいます。その中でも一番やってはいけないことって、何なのでしょうか? 冷静に彼の気持ちを引き寄せる方法とは。

この記事のライター

コミュニケーションコンサルティング株式会社ループ 代表取締役社長 婚活業種の事業立案・ブランディング・PR・アライアンス・社員およびスタッフ育成等のトータルサポート・コンサルティング、コミュニケーション教育、女性向けサ...

関連するキーワード


大人のLINE術 恋愛

関連する投稿


相性のいい相手が事前にわかる! 「疲れにくい合コン」体験記

相性のいい相手が事前にわかる! 「疲れにくい合コン」体験記

『DRESS』では1月、「疲れない出会い」特集を展開しました。疲れない出会いの場や機会を探すうちに見つけたのが、“誕生日”で相性が良い相手を見繕って引き合わせてくれる合コンです。実際に体験してきた、30代前半女性のレポートをご紹介します。


元彼がLINEをブロックする5つの理由

元彼がLINEをブロックする5つの理由

別れたあとで、元カレにLINEやメールなどをブロックされたことのある女性は多いのではないでしょうか。拒否されることはショックですが、男性が別れた女性の連絡先をブロックする心理は複雑で、単純に嫌いになったからとは言い切れません。本当は未練を抱えた状態でも、ブロックしてしまう男性の気持ちについてお話しします。


「不倫」を「恋愛関係」と呼ぶ小泉今日子

「不倫」を「恋愛関係」と呼ぶ小泉今日子

小泉今日子さんが2月1日、自身のサイト上でかねてから恋愛報道があった、俳優の豊原功補さんとの「恋愛関係」を認め、さらに豊原さんは離婚しておらず、いまも家族がいることを報告したことがニュースになっている。実質的には不倫関係にあると考えられるが、そこに「不倫」の文字はなかった。


「モチベーションの自家発電」に苦しむ前に逃げてしまおう【疲れる出会いを生み出す3つの原因】

「モチベーションの自家発電」に苦しむ前に逃げてしまおう【疲れる出会いを生み出す3つの原因】

恋愛における出会いの中で、疲れを感じたことのある『DRESS』読者は約半数。何故疲れてしまうのか? 恋バナ収集ユニット「桃山商事」清田代表に伺う「疲れる出会い」の生まれ方。第三回目は疲れる原因「ピンとこない男性との出会い」についてお話を伺いました。


悪意のない周りからのプレッシャーに疲れていませんか? 【疲れる出会いを生み出す3つの原因】

悪意のない周りからのプレッシャーに疲れていませんか? 【疲れる出会いを生み出す3つの原因】

恋愛における出会いの中で、疲れを感じたことのある『DRESS』読者は約半数。何故疲れてしまうのか? 恋バナ収集ユニット「桃山商事」清田代表に伺う「疲れる出会い」の生まれ方。第二回目は疲れる原因「親や周囲からのプレッシャー」についてお話を伺いました。


最新の投稿


鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESS編集長の池田園子さんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第6回では、子育て中のイライラを解消する方法について解説してもらいます。


化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回は基礎化粧品の選び方を見直します。ライン使いはマスト、と考える方もいるかもしれませんが、実際は化粧水と乳液さえあればOK!?


「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

抽選で50名様限定! 人気イラストレーター“マリー・アセナ”さんデザインのボトルが当たります。世界中で親しまれている果汁100%のスパークリングジュース「アップルタイザー」のさくらデザインボトル、プレゼントキャンペーンを3月8日まで実施中です。


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。