横森理香さんに学ぶ、人生をかろやかに生きるコツ

横森理香さんに学ぶ、人生をかろやかに生きるコツ

横森理香さんの著書『人生を踊るように生きて行こう』は、更年期を心地よく過ごすヒントが詰まった1冊。呼吸法やベリーダンスを取り入れて「踊るように生きる」をテーマに、ずっと元気に楽しく、いきいきと生きる方法を伝える本の要約や作者からのメッセージを紹介します。


DRESS世代の大人女性に役立つ新刊やロングセラー本をご紹介します。今回ピックアップするのは『人生を踊るように生きて行こう』。

■『人生を踊るように生きて行こう』内容

更年期を快適に過ごすライフスタイル読本!

若い頃はこうじゃなかったのに……。年齢とともに気分がふさぎ込み、楽しい毎日とは縁遠くなっていませんか?

いつも心身の調子がどこか悪く、仕事や日常生活も苦痛に感じてしまったり。あるいは、もういっぱいいっぱいになるまでがんばって働いて、疲れきっている方もいるかもしれません。

私自身、30代で座り仕事から来る不調からベリーダンスを始め、ついに健康法として教えるようになってから早8年。

齢53。1日1時間でも踊らないと、心身の健康レベルは一気に落ちると実感しています。

本書はそんな私と同じように更年期を迎える女性たちが、どのように生きれば「この時期」を快適に乗り切ることができるかを考える1冊です。

日々の暮らし、呼吸法、あるいはベリーダンスを取り入れて「踊るように生きる」をテーマに、何歳になっても元気に楽しく、いきいきと生きる方法を伝授します。

■著者・横森理香さんから「こんな女性に読んでほしい」

更年期を鬱々と過ごしている人、更年期を迎えることが不安な人、今の仕事に疑問を感じている人、人生をもっと軽やかに過ごしたい人、美しく齢を重ねたい人、何か新しいことを始めて見たい人、ベリーダンスに興味はあるけれど、踊るのは恥ずかしいという人……必読です。

■横森理香さんからのメッセージ

私の「ベリーダンス健康法」は、踊ったことがない、踊ろうと思ったこともないという方に、踊る楽しさとその健康効果をお伝えするものです。

本書では、誰でもおうちで実践できる「ベリーダンス健康法」のベーシックムーブをイラスト付きで紹介しながら、人生を重く暗く考えすぎるのではなく、”踊るような気持ち”でかろやかに生きていけるよう指南します。

ライフスタイルや食生活を健康的なものに変え、年齢に負けない心と体作りを目指しましょう。

生きている毎日の暮らしは一つひとつがダンスです。どんなふうに踊るかはあなた次第。

倒れる瞬間もあるかもしれません。でもまたきれいに立ち上がって踊るのです。

もうダメか、と思うこともあるでしょう。でもまた不死鳥のように蘇って生きるのですよ。

その気持ちがあれば奇跡は起こせます。魂が喜ぶ肉体の管理をし、魂が喜ぶように生きていく。

そうすれば、死ぬまで幸せに生きていくことができるのです。

■『人生を踊るように生きて行こう』目次

人生を踊るように生きて行こう―更年期なんてこわくない!

¥ 1,512

まえがき

第1章 美しく齢を重ねるライフスタイル
   1 早寝早起き、足マッサージ
   2 朝のストレッチ習慣
   3 ぎっくり腰予防法
   4 趣味、お出かけ等の健康的な生活習慣
   5 MBTでウォーキングデビュー!
   6 ゆるい健康管理と軽い運動

第2章 アンチエイジングは「食」から
   1 スーパーフードはスムージーで!
   2 流行りのグルテンフリー
   3 糖質制限
   4 若返りサプリ
   5 色とりどりの野菜&果物
   6 タンパク質と脂質

第3章 四十代からのワークバランス
   1 フルタイムからパートタイムへ
   2 夢だった仕事を始めてみる
   3 生涯現役の働き方
   4 仕事は喜びであると言えるように
   5 お金か、時間か?我慢か、自由か?
   6 結婚も仕事と考えよ

第4章 大人女子を綺麗に見せるオシャレ
   1 アラフィフからの”痛くない”オシャレのコツ
   2 歩きやすい靴とオシャレ専用靴
   3 大人女子の下着問題
   4 白髪染めはマスト
   5 ネイルサロンデビュー!
   6 ヘアメイク情報はマメにチェック

第5章 人と出会い、人生を分かち合おう!
   1 実際に会って話す、笑い合うことの大切さ
   2 「出かける場所」「自分の居場所」を作る
   3 「機会」は自ら作り、分かち合うこと
   4 体調&気分アップに出かける
   5 人に会うために仕事をする
   6 命のダンスを踊りましょう!

あとがき

■横森理香(よこもり りか)さんプロフィール

作家、エッセイスト。山梨県生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科映像デザインコース卒。
卒業後、映画評、美術・トレンドのコラムから執筆活動を開始。その後ニューヨークに2年滞在し、
現地のカルチャー情報を日本の雑誌に寄稿するかたわら、小説を書き始める。
29歳のときに『ニューヨーク・ナイト・トリップ』で作家デビュー。
ほかにも『地味めしダイエット』『愛しの筋腫ちゃん』『横森式おしゃれマタニティ』などの、
女性の生き方をテーマにしたエッセイも定評があり、近著『40代大人女子のためのお年頃読本』(アスペクト)はベストセラーとなった。

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード


人生

関連する投稿


地元の田舎で押しつけられる「普通」が苦しい。だから東京で生きている

地元の田舎で押しつけられる「普通」が苦しい。だから東京で生きている

どこで生きるか。それは、何の仕事をするか、誰と生きるか、といった課題と並んで大きく人生を左右する選択。自分の価値観にあった望む生き方ができる場所はどこだろう? それに悩んだ女性は、何を思い、どういう結論を出したのか……?


『赤毛のアン』という物語が教えてくれた心の痛みの癒し方

『赤毛のアン』という物語が教えてくれた心の痛みの癒し方

いよいよ春ですね。桜とともに過ごすこの季節は、私たちの生活に多くの「変化」を運んできます。そうした変化の中において、もしかしたらあなたの心はちょっぴりくたびれているかもしれません。今日はそんなあなたに、花咲く季節にふさわしいある物語から、心の中の「傷ついた少女」を癒してくれる優しい言葉をお届けします。


生き方上手な人は「本音の私」と「普段の私」ふたりの自分とうまく付き合える

生き方上手な人は「本音の私」と「普段の私」ふたりの自分とうまく付き合える

人生がうまくいくコミュニケーションの基本は、他人との付き合い方より、自分自身との付き合い方。皆さんは「本音の私」と「普段の私」、両方とうまく付き合えていますか?


購入か賃貸か問題 - 独身30代オンナの迷い

購入か賃貸か問題 - 独身30代オンナの迷い

購入か賃貸か。賃貸マンションに住み続けて十数年、購入と賃貸どっちがいいのか――30代は悩み始める年頃。でも、なんとなく賃貸住まいを続ける、という選択はそろそろやめませんか? 住まいを選び、決めるのは自分。もっと自由に考えてもいいのでは。ユキ・クリヤマさんが自身の不動産選びを連載コラムを通してお届けします。


自分の価値を高める人は、一生お金に困らない

自分の価値を高める人は、一生お金に困らない

自分の価値を高めるための学び、していますか? 時代は移り変わり、求められる能力やスキルは刻々と変わっています。気づくと自分がアップデートされず、古くなっていた……となると、お金に困ることも。お金が貯まらない、お金がないという悩みを解消すべく、「自分の価値を高める学び」に賢く投資しましょう。


最新の投稿


『はらぺこあおむし』に会いに行こう! -「エリック・カール展 The Art of Eric Carle」

『はらぺこあおむし』に会いに行こう! -「エリック・カール展 The Art of Eric Carle」

『はらぺこあおむし』や『パパ、お月さまとって!』でおなじみの絵本作家、エリック・カールさんの世界を堪能できる「エリック・カール展」の情報をお届けします。


バストの下垂、原因は加齢だけじゃなかった!

バストの下垂、原因は加齢だけじゃなかった!

バストの下垂は歳を重ねると自然と起きてしまうこと、避けられないこと、と諦めないで。バストの下垂は日々の細かい努力で防ぐことができます。バストの下垂を予防し、何歳になっても美しいバストを保つ習慣をご紹介します。


頭皮のたるみは顔のたるみに……今日からやりたい美容師に聞く「頭皮ケア」

頭皮のたるみは顔のたるみに……今日からやりたい美容師に聞く「頭皮ケア」

加齢による頭皮の変化のひとつに「たるみ」があります。頭皮も顔と同じようにたるみ対策をすることでエイジングケアに効果が期待できます。毎日手軽にできる頭皮ケアをご紹介します。


5月発売のコスメをチェック!【今月の「推しコス暦」】

5月発売のコスメをチェック!【今月の「推しコス暦」】

パンピューリからは天然素材のフットマスクが登場。サンセット クルーズ アイ パレットはメイクをランクアップさせてくれそう。紫外線ケアはヘアもお忘れなく! アヴェダのスカルプラインをチェックして。ジュリークのローズミストが数量限定で発売。エスティ ローダーのリップスティックの刻印サービスは使ってみたい!


不倫は「一番大切なもの」を奪っていく【いい女.bot 連載】

不倫は「一番大切なもの」を奪っていく【いい女.bot 連載】

不倫をすると私たちにとって「一番大切なもの」がなくなってしまいます。それはなぜなのか、なくすとどうなるのか。いい女.botさんが寄稿します。