横森理香さんに学ぶ、人生をかろやかに生きるコツ

横森理香さんに学ぶ、人生をかろやかに生きるコツ

横森理香さんの著書『人生を踊るように生きて行こう』は、更年期を心地よく過ごすヒントが詰まった1冊。呼吸法やベリーダンスを取り入れて「踊るように生きる」をテーマに、ずっと元気に楽しく、いきいきと生きる方法を伝える本の要約や作者からのメッセージを紹介します。


DRESS世代の大人女性に役立つ新刊やロングセラー本をご紹介します。今回ピックアップするのは『人生を踊るように生きて行こう』。

■『人生を踊るように生きて行こう』内容

更年期を快適に過ごすライフスタイル読本!

若い頃はこうじゃなかったのに……。年齢とともに気分がふさぎ込み、楽しい毎日とは縁遠くなっていませんか?

いつも心身の調子がどこか悪く、仕事や日常生活も苦痛に感じてしまったり。あるいは、もういっぱいいっぱいになるまでがんばって働いて、疲れきっている方もいるかもしれません。

私自身、30代で座り仕事から来る不調からベリーダンスを始め、ついに健康法として教えるようになってから早8年。

齢53。1日1時間でも踊らないと、心身の健康レベルは一気に落ちると実感しています。

本書はそんな私と同じように更年期を迎える女性たちが、どのように生きれば「この時期」を快適に乗り切ることができるかを考える1冊です。

日々の暮らし、呼吸法、あるいはベリーダンスを取り入れて「踊るように生きる」をテーマに、何歳になっても元気に楽しく、いきいきと生きる方法を伝授します。

■著者・横森理香さんから「こんな女性に読んでほしい」

更年期を鬱々と過ごしている人、更年期を迎えることが不安な人、今の仕事に疑問を感じている人、人生をもっと軽やかに過ごしたい人、美しく齢を重ねたい人、何か新しいことを始めて見たい人、ベリーダンスに興味はあるけれど、踊るのは恥ずかしいという人……必読です。

■横森理香さんからのメッセージ

私の「ベリーダンス健康法」は、踊ったことがない、踊ろうと思ったこともないという方に、踊る楽しさとその健康効果をお伝えするものです。

本書では、誰でもおうちで実践できる「ベリーダンス健康法」のベーシックムーブをイラスト付きで紹介しながら、人生を重く暗く考えすぎるのではなく、”踊るような気持ち”でかろやかに生きていけるよう指南します。

ライフスタイルや食生活を健康的なものに変え、年齢に負けない心と体作りを目指しましょう。

生きている毎日の暮らしは一つひとつがダンスです。どんなふうに踊るかはあなた次第。

倒れる瞬間もあるかもしれません。でもまたきれいに立ち上がって踊るのです。

もうダメか、と思うこともあるでしょう。でもまた不死鳥のように蘇って生きるのですよ。

その気持ちがあれば奇跡は起こせます。魂が喜ぶ肉体の管理をし、魂が喜ぶように生きていく。

そうすれば、死ぬまで幸せに生きていくことができるのです。

■『人生を踊るように生きて行こう』目次

人生を踊るように生きて行こう―更年期なんてこわくない!

¥ 1,512

まえがき

第1章 美しく齢を重ねるライフスタイル
   1 早寝早起き、足マッサージ
   2 朝のストレッチ習慣
   3 ぎっくり腰予防法
   4 趣味、お出かけ等の健康的な生活習慣
   5 MBTでウォーキングデビュー!
   6 ゆるい健康管理と軽い運動

第2章 アンチエイジングは「食」から
   1 スーパーフードはスムージーで!
   2 流行りのグルテンフリー
   3 糖質制限
   4 若返りサプリ
   5 色とりどりの野菜&果物
   6 タンパク質と脂質

第3章 四十代からのワークバランス
   1 フルタイムからパートタイムへ
   2 夢だった仕事を始めてみる
   3 生涯現役の働き方
   4 仕事は喜びであると言えるように
   5 お金か、時間か?我慢か、自由か?
   6 結婚も仕事と考えよ

第4章 大人女子を綺麗に見せるオシャレ
   1 アラフィフからの”痛くない”オシャレのコツ
   2 歩きやすい靴とオシャレ専用靴
   3 大人女子の下着問題
   4 白髪染めはマスト
   5 ネイルサロンデビュー!
   6 ヘアメイク情報はマメにチェック

第5章 人と出会い、人生を分かち合おう!
   1 実際に会って話す、笑い合うことの大切さ
   2 「出かける場所」「自分の居場所」を作る
   3 「機会」は自ら作り、分かち合うこと
   4 体調&気分アップに出かける
   5 人に会うために仕事をする
   6 命のダンスを踊りましょう!

あとがき

■横森理香(よこもり りか)さんプロフィール

作家、エッセイスト。山梨県生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科映像デザインコース卒。
卒業後、映画評、美術・トレンドのコラムから執筆活動を開始。その後ニューヨークに2年滞在し、
現地のカルチャー情報を日本の雑誌に寄稿するかたわら、小説を書き始める。
29歳のときに『ニューヨーク・ナイト・トリップ』で作家デビュー。
ほかにも『地味めしダイエット』『愛しの筋腫ちゃん』『横森式おしゃれマタニティ』などの、
女性の生き方をテーマにしたエッセイも定評があり、近著『40代大人女子のためのお年頃読本』(アスペクト)はベストセラーとなった。

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード


生き方

関連する投稿


自分が信じるものを、自分で決める――『サラバ!』が教えてくれた大切なこと

自分が信じるものを、自分で決める――『サラバ!』が教えてくれた大切なこと

西加奈子さんの作家生活10周年記念作品『サラバ!』(西加奈子/小学館文庫)の文庫版が、今秋発売されました。上中下3巻に渡る長編ながら、読みやすい文章と鮮やかな人間描写で、ワクワクしながら読み進められる作品です。現代を生きる私たちに訴えかけてくる、作品からの力強いメッセージをご紹介します。


男性は、好みの女性を“消費“する行為に慣れている【漫画家・鳥飼茜さんインタビュー】

男性は、好みの女性を“消費“する行為に慣れている【漫画家・鳥飼茜さんインタビュー】

鳥飼茜先生が描く『ロマンス暴風域』は、さえない非常勤美術教師の「サトミン」が風俗嬢の「せりか」と恋に落ちるストーリー。特にラストの展開はハラハラが止まらない。今回は、男女の性の差について切り込む作品の多い鳥飼さんに、男性が風俗に行く理由や、男性はなぜあざとい女性に夢見がちなのかを聞いた。


結婚に焦りを感じたときの対処法~結婚適齢期という枠組みは捨てる

結婚に焦りを感じたときの対処法~結婚適齢期という枠組みは捨てる

結婚への焦りを感じる女性は数多くいるかと思います。しかし、そうした焦燥感は、結婚への道のりをより遠くしてしまうのです。今回は、結婚への不安を感じるあなたに「焦り」との向き合い方をお伝えいたします。


「女」を捨てた女が「受付嬢」として働いたらこうなった

「女」を捨てた女が「受付嬢」として働いたらこうなった

アイデンティティと言う言葉がある。自己同一性と訳されるが、自分は何者であるかという自覚。自覚をして、どう生きていくか。個人的にいうと、私は「女」としてのアイデンティティが強い。つい10年前までは、「女を捨てたキャラ」だった私が、あることで「女としての自覚」を手にした。きっかけは、「受付嬢」として働いたことだった。


挑戦する人生は面白い。アメリカ永住権が当選した家族に聞く「移住の理由」

挑戦する人生は面白い。アメリカ永住権が当選した家族に聞く「移住の理由」

もしアメリカの永住権が得られるグリーンカードが当選したら、あなたはどうしますか? アメリカに移住すれば、今の生活がガラリと変化することは間違いありません。永住権抽選プログラムの当選を機に、家族4人で2年前にポートランドへやってきた高木家の挑戦とは。


最新の投稿


ゴッホの夢とは、死の真相とは? 天才画家の謎に迫る3つのメディア

ゴッホの夢とは、死の真相とは? 天才画家の謎に迫る3つのメディア

わずか37年の生涯に2000点以上もの作品を残した画家、フィンセント・ファン・ゴッホ。天才とも狂気の人とも言われるその生涯は、多くの謎や伝説に彩られています。鮮やかな色彩に潜む思いとは? 「耳切り事件」の真相は? 本当に自殺だったのか? 秋から冬は、ゴッホの謎に新たな光を当てる映画・ノンフィクション・美術展に注目です。


7歳の天才少女・メアリーの演技に泣く! 心温まる感動作『gifted/ギフテッド』- 古川ケイの「映画は、微笑む。」#29

7歳の天才少女・メアリーの演技に泣く! 心温まる感動作『gifted/ギフテッド』- 古川ケイの「映画は、微笑む。」#29

全米で5週連続トップ10入りのヒットを記録した映画『gifted/ギフテッド』がついに公開されます。生まれて間もなく母を亡くし、叔父のフランクに育てられた7歳のメアリー。彼女には突出した才能があって……。『(500)日のサマー』のマーク・ウェブ監督による最新作は、家族の素晴らしさを描いたハートフルな感動作です。


家事テクを知ってもっと楽しく効率良く! エアコンをキレイに保つ掃除の方法

家事テクを知ってもっと楽しく効率良く! エアコンをキレイに保つ掃除の方法

吐く息が白い季節になりました。エアコンを冷房から暖房に切り替えて使い始めた方も多いと思います。久しぶりにエアコンのスイッチを「ピ」と押したとき、少し気になるのが、エアコンから出る空気がキレイかどうかということ。ホコリっぽいとか、カビくさいにおいを感じたら、エアコン内部が汚れている可能性大……。


書道家「海老原露巌」の今日の一文字「天」

書道家「海老原露巌」の今日の一文字「天」

墨アーティストで書道家の海老原露巌(えびはらろげん)先生に、漢字「一文字」を書いていただき、『DRESS』読者にその漢字の意味やメッセージをいただくコーナー。第三弾の漢字は「天」。


手首周りをおしゃれに。自分だけのブレスレットができるスタータセット

手首周りをおしゃれに。自分だけのブレスレットができるスタータセット

リンクス オブ ロンドンから、ブランドのアイコン商品「スウィーティー」ブレスレットに、お好きなアルファベットチャームとスタイリッシュなミニブレスレットをセレクトしてパーソナライズする、スターターセットが限定発売に。


おっぱい

MENU

DRESS部活