横森理香さんに学ぶ、人生をかろやかに生きるコツ

横森理香さんに学ぶ、人生をかろやかに生きるコツ

横森理香さんの著書『人生を踊るように生きて行こう』は、更年期を心地よく過ごすヒントが詰まった1冊。呼吸法やベリーダンスを取り入れて「踊るように生きる」をテーマに、ずっと元気に楽しく、いきいきと生きる方法を伝える本の要約や作者からのメッセージを紹介します。


DRESS世代の大人女性に役立つ新刊やロングセラー本をご紹介します。今回ピックアップするのは『人生を踊るように生きて行こう』。

■『人生を踊るように生きて行こう』内容

更年期を快適に過ごすライフスタイル読本!

若い頃はこうじゃなかったのに……。年齢とともに気分がふさぎ込み、楽しい毎日とは縁遠くなっていませんか?

いつも心身の調子がどこか悪く、仕事や日常生活も苦痛に感じてしまったり。あるいは、もういっぱいいっぱいになるまでがんばって働いて、疲れきっている方もいるかもしれません。

私自身、30代で座り仕事から来る不調からベリーダンスを始め、ついに健康法として教えるようになってから早8年。

齢53。1日1時間でも踊らないと、心身の健康レベルは一気に落ちると実感しています。

本書はそんな私と同じように更年期を迎える女性たちが、どのように生きれば「この時期」を快適に乗り切ることができるかを考える1冊です。

日々の暮らし、呼吸法、あるいはベリーダンスを取り入れて「踊るように生きる」をテーマに、何歳になっても元気に楽しく、いきいきと生きる方法を伝授します。

■著者・横森理香さんから「こんな女性に読んでほしい」

更年期を鬱々と過ごしている人、更年期を迎えることが不安な人、今の仕事に疑問を感じている人、人生をもっと軽やかに過ごしたい人、美しく齢を重ねたい人、何か新しいことを始めて見たい人、ベリーダンスに興味はあるけれど、踊るのは恥ずかしいという人……必読です。

■横森理香さんからのメッセージ

私の「ベリーダンス健康法」は、踊ったことがない、踊ろうと思ったこともないという方に、踊る楽しさとその健康効果をお伝えするものです。

本書では、誰でもおうちで実践できる「ベリーダンス健康法」のベーシックムーブをイラスト付きで紹介しながら、人生を重く暗く考えすぎるのではなく、”踊るような気持ち”でかろやかに生きていけるよう指南します。

ライフスタイルや食生活を健康的なものに変え、年齢に負けない心と体作りを目指しましょう。

生きている毎日の暮らしは一つひとつがダンスです。どんなふうに踊るかはあなた次第。

倒れる瞬間もあるかもしれません。でもまたきれいに立ち上がって踊るのです。

もうダメか、と思うこともあるでしょう。でもまた不死鳥のように蘇って生きるのですよ。

その気持ちがあれば奇跡は起こせます。魂が喜ぶ肉体の管理をし、魂が喜ぶように生きていく。

そうすれば、死ぬまで幸せに生きていくことができるのです。

■『人生を踊るように生きて行こう』目次

人生を踊るように生きて行こう―更年期なんてこわくない!

¥ 1,512

まえがき

第1章 美しく齢を重ねるライフスタイル
   1 早寝早起き、足マッサージ
   2 朝のストレッチ習慣
   3 ぎっくり腰予防法
   4 趣味、お出かけ等の健康的な生活習慣
   5 MBTでウォーキングデビュー!
   6 ゆるい健康管理と軽い運動

第2章 アンチエイジングは「食」から
   1 スーパーフードはスムージーで!
   2 流行りのグルテンフリー
   3 糖質制限
   4 若返りサプリ
   5 色とりどりの野菜&果物
   6 タンパク質と脂質

第3章 四十代からのワークバランス
   1 フルタイムからパートタイムへ
   2 夢だった仕事を始めてみる
   3 生涯現役の働き方
   4 仕事は喜びであると言えるように
   5 お金か、時間か?我慢か、自由か?
   6 結婚も仕事と考えよ

第4章 大人女子を綺麗に見せるオシャレ
   1 アラフィフからの”痛くない”オシャレのコツ
   2 歩きやすい靴とオシャレ専用靴
   3 大人女子の下着問題
   4 白髪染めはマスト
   5 ネイルサロンデビュー!
   6 ヘアメイク情報はマメにチェック

第5章 人と出会い、人生を分かち合おう!
   1 実際に会って話す、笑い合うことの大切さ
   2 「出かける場所」「自分の居場所」を作る
   3 「機会」は自ら作り、分かち合うこと
   4 体調&気分アップに出かける
   5 人に会うために仕事をする
   6 命のダンスを踊りましょう!

あとがき

■横森理香(よこもり りか)さんプロフィール

作家、エッセイスト。山梨県生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科映像デザインコース卒。
卒業後、映画評、美術・トレンドのコラムから執筆活動を開始。その後ニューヨークに2年滞在し、
現地のカルチャー情報を日本の雑誌に寄稿するかたわら、小説を書き始める。
29歳のときに『ニューヨーク・ナイト・トリップ』で作家デビュー。
ほかにも『地味めしダイエット』『愛しの筋腫ちゃん』『横森式おしゃれマタニティ』などの、
女性の生き方をテーマにしたエッセイも定評があり、近著『40代大人女子のためのお年頃読本』(アスペクト)はベストセラーとなった。

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード


人生

関連する投稿


生きづらい世の中だけど、自分のために堂々と生きる人になりたい

生きづらい世の中だけど、自分のために堂々と生きる人になりたい

生き方や働き方、もっと身近なもので言うと、ファッションやメイクもそうだ。どんなことでも、他人に迷惑をかけない範囲ならば、何を選んだっていい。生きづらい世の中、他人に無関心になる優しさを誰もが持てば、皆が少しずつ生きやすくなるんじゃないかと思う。


専業主婦という生き方の何が悪い? 非難はスルーして自分の選択に自信を

専業主婦という生き方の何が悪い? 非難はスルーして自分の選択に自信を

生き方や働き方は誰もが自由に選択できる、はずなのに……。何を選んでも何かしら非難される気がするのは、気のせい? 特に昨今否定されがちな専業主婦という生き方に注目し、本当に「ダメな選択」なのか、考えてみたい。


信じた道を進み続ける人の美しさ - コマエンジェル公演「幾星霜 RETURNS」を観て

信じた道を進み続ける人の美しさ - コマエンジェル公演「幾星霜 RETURNS」を観て

東京都狛江市を拠点に活動する主婦パフォーマンス集団「コマエンジェル」による公演「幾星霜 RETURNS」を観た。昨年9月に上演された「幾星霜」の再演。そして、2017年5月には「幾星霜 OKAWARI」として、コマエンジェルが銀座博品館劇場に進出する。


地元の田舎で押しつけられる「普通」が苦しい。だから東京で生きている

地元の田舎で押しつけられる「普通」が苦しい。だから東京で生きている

どこで生きるか。それは、何の仕事をするか、誰と生きるか、といった課題と並んで大きく人生を左右する選択。自分の価値観にあった望む生き方ができる場所はどこだろう? それに悩んだ女性は、何を思い、どういう結論を出したのか……?


『赤毛のアン』という物語が教えてくれた心の痛みの癒し方

『赤毛のアン』という物語が教えてくれた心の痛みの癒し方

いよいよ春ですね。桜とともに過ごすこの季節は、私たちの生活に多くの「変化」を運んできます。そうした変化の中において、もしかしたらあなたの心はちょっぴりくたびれているかもしれません。今日はそんなあなたに、花咲く季節にふさわしいある物語から、心の中の「傷ついた少女」を癒してくれる優しい言葉をお届けします。


最新の投稿


伊勢参りに行くなら、服装を「正装」にするのもおすすめ

伊勢参りに行くなら、服装を「正装」にするのもおすすめ

2016年に初めて伊勢参りをしてきました。服装は「正装」です。ジャケットに黒のワンピース、パンプスでお参りしたときの気持ちを振り返りつつ、鳥羽と合わせて巡った伊勢参りの旅レポ、そして、赤福の喫茶併設店舗で、夏季限定でいただける「赤福氷」の思い出もお届けします。


ボタニカルネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

ボタニカルネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

現在流行中の「ボタニカル柄」をネイルに落とし込んだボタニカルネイル。マニキュアを使って、トレンド感あふれるボタニカルネイルに仕上げるやり方やコツを、豊富な画像で詳しく紹介します。


「離婚後の姓」どうするか問題。弁護士に聞いてみた

「離婚後の姓」どうするか問題。弁護士に聞いてみた

離婚後に考えなくてはならないのは、姓をどうするかという問題。離婚後に元夫の姓を名乗り続けるか、子どもの姓はどうするか……。離婚後の姓を考えるにあたり、複雑に感じられる方も多いかもしれません。今回、離婚後の姓について、アディーレ法律事務所の弁護士に聞いてみました。


H&Mのノースリーブブラウスは超優秀インナー。4つのコーデで証明します

H&Mのノースリーブブラウスは超優秀インナー。4つのコーデで証明します

H&Mで1990円で買ったノースリーブブラウスは、何通りにも着回せる超優秀なインナーでした。新しいアイテムを招き入れるか悩んだときは、「3パターン以上のコーデが考えられるもの」を基準に選んでくださいね。


木村瞳さんがきれいのために夜していること

木村瞳さんがきれいのために夜していること

美容鍼灸サロンコスメティックミューズ代表/美容鍼灸師の木村瞳さん。きれいのために夜していることは何ですか?