横森理香さんに学ぶ、人生をかろやかに生きるコツ

横森理香さんに学ぶ、人生をかろやかに生きるコツ

横森理香さんの著書『人生を踊るように生きて行こう』は、更年期を心地よく過ごすヒントが詰まった1冊。呼吸法やベリーダンスを取り入れて「踊るように生きる」をテーマに、ずっと元気に楽しく、いきいきと生きる方法を伝える本の要約や作者からのメッセージを紹介します。


DRESS世代の大人女性に役立つ新刊やロングセラー本をご紹介します。今回ピックアップするのは『人生を踊るように生きて行こう』。

■『人生を踊るように生きて行こう』内容

更年期を快適に過ごすライフスタイル読本!

若い頃はこうじゃなかったのに……。年齢とともに気分がふさぎ込み、楽しい毎日とは縁遠くなっていませんか?

いつも心身の調子がどこか悪く、仕事や日常生活も苦痛に感じてしまったり。あるいは、もういっぱいいっぱいになるまでがんばって働いて、疲れきっている方もいるかもしれません。

私自身、30代で座り仕事から来る不調からベリーダンスを始め、ついに健康法として教えるようになってから早8年。

齢53。1日1時間でも踊らないと、心身の健康レベルは一気に落ちると実感しています。

本書はそんな私と同じように更年期を迎える女性たちが、どのように生きれば「この時期」を快適に乗り切ることができるかを考える1冊です。

日々の暮らし、呼吸法、あるいはベリーダンスを取り入れて「踊るように生きる」をテーマに、何歳になっても元気に楽しく、いきいきと生きる方法を伝授します。

■著者・横森理香さんから「こんな女性に読んでほしい」

更年期を鬱々と過ごしている人、更年期を迎えることが不安な人、今の仕事に疑問を感じている人、人生をもっと軽やかに過ごしたい人、美しく齢を重ねたい人、何か新しいことを始めて見たい人、ベリーダンスに興味はあるけれど、踊るのは恥ずかしいという人……必読です。

■横森理香さんからのメッセージ

私の「ベリーダンス健康法」は、踊ったことがない、踊ろうと思ったこともないという方に、踊る楽しさとその健康効果をお伝えするものです。

本書では、誰でもおうちで実践できる「ベリーダンス健康法」のベーシックムーブをイラスト付きで紹介しながら、人生を重く暗く考えすぎるのではなく、”踊るような気持ち”でかろやかに生きていけるよう指南します。

ライフスタイルや食生活を健康的なものに変え、年齢に負けない心と体作りを目指しましょう。

生きている毎日の暮らしは一つひとつがダンスです。どんなふうに踊るかはあなた次第。

倒れる瞬間もあるかもしれません。でもまたきれいに立ち上がって踊るのです。

もうダメか、と思うこともあるでしょう。でもまた不死鳥のように蘇って生きるのですよ。

その気持ちがあれば奇跡は起こせます。魂が喜ぶ肉体の管理をし、魂が喜ぶように生きていく。

そうすれば、死ぬまで幸せに生きていくことができるのです。

■『人生を踊るように生きて行こう』目次

人生を踊るように生きて行こう―更年期なんてこわくない!

¥ 1,512

まえがき

第1章 美しく齢を重ねるライフスタイル
   1 早寝早起き、足マッサージ
   2 朝のストレッチ習慣
   3 ぎっくり腰予防法
   4 趣味、お出かけ等の健康的な生活習慣
   5 MBTでウォーキングデビュー!
   6 ゆるい健康管理と軽い運動

第2章 アンチエイジングは「食」から
   1 スーパーフードはスムージーで!
   2 流行りのグルテンフリー
   3 糖質制限
   4 若返りサプリ
   5 色とりどりの野菜&果物
   6 タンパク質と脂質

第3章 四十代からのワークバランス
   1 フルタイムからパートタイムへ
   2 夢だった仕事を始めてみる
   3 生涯現役の働き方
   4 仕事は喜びであると言えるように
   5 お金か、時間か?我慢か、自由か?
   6 結婚も仕事と考えよ

第4章 大人女子を綺麗に見せるオシャレ
   1 アラフィフからの”痛くない”オシャレのコツ
   2 歩きやすい靴とオシャレ専用靴
   3 大人女子の下着問題
   4 白髪染めはマスト
   5 ネイルサロンデビュー!
   6 ヘアメイク情報はマメにチェック

第5章 人と出会い、人生を分かち合おう!
   1 実際に会って話す、笑い合うことの大切さ
   2 「出かける場所」「自分の居場所」を作る
   3 「機会」は自ら作り、分かち合うこと
   4 体調&気分アップに出かける
   5 人に会うために仕事をする
   6 命のダンスを踊りましょう!

あとがき

■横森理香(よこもり りか)さんプロフィール

作家、エッセイスト。山梨県生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科映像デザインコース卒。
卒業後、映画評、美術・トレンドのコラムから執筆活動を開始。その後ニューヨークに2年滞在し、
現地のカルチャー情報を日本の雑誌に寄稿するかたわら、小説を書き始める。
29歳のときに『ニューヨーク・ナイト・トリップ』で作家デビュー。
ほかにも『地味めしダイエット』『愛しの筋腫ちゃん』『横森式おしゃれマタニティ』などの、
女性の生き方をテーマにしたエッセイも定評があり、近著『40代大人女子のためのお年頃読本』(アスペクト)はベストセラーとなった。

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード


人生

関連する投稿


松岡修造さんの「考えろ! 考えるな!」実践で、生きやすくなった

松岡修造さんの「考えろ! 考えるな!」実践で、生きやすくなった

松岡修造さんの名言「考えろ! 考えるな!」をご存知ですか。自ら努力してどうにかなるものは、とことん考えて取り組みたい。一方、相手の気持ちや考えなど、自分の努力やコントロールが及ばないものは、考えても仕方がない。くよくよするくらいなら、ほかのことに時間を割こう。生きるのが楽になる、そんな考え方を筆者の経験と共にご紹介。


一流の人は劣等感を認めて、エネルギーに変える - 『劣等感』(関本大介)を読んで

一流の人は劣等感を認めて、エネルギーに変える - 『劣等感』(関本大介)を読んで

関本大介というプロレスラーを初めて生で見たときの衝撃は忘れられない。厚い筋肉で覆われた頑丈な体ですさまじい試合を見せてくれた。そんな関本選手の自伝『劣等感』をご紹介する。


不甲斐ない自分でもいい。自ら愛を与えられる人でありたい

不甲斐ない自分でもいい。自ら愛を与えられる人でありたい

ナイフでえぐられた心の傷は深部にまで達した。受け入れてもらえなかった自分。言いたいことが言えなかった自分。そして成熟していなかった自分を認めざるを得ない状況に呆然とする。でも悲しみを噛みしめたら一歩前に歩き出してみよう。自分から笑顔をふりまける人になったとき、人生が好転していく気がするのです。


これからは「裏側」を見られる女性になる

これからは「裏側」を見られる女性になる

優しさには2種類ある。「見えているものへの優しさ」と「見えていないものへの優しさ」。悩んでいるときに「大丈夫?」と気にかけてもらったり、励ましてもらったり、そういう見えている優しさにはすぐに気づくことができる。でも、見えていないところにも優しさは存在していて……。


こじらせた大人たちへ、「曲がっていくのは個性」だと捉えよう

こじらせた大人たちへ、「曲がっていくのは個性」だと捉えよう

こじらせた人は多い、というより、皆何かしらこじらせて、それでも生きている。それを見ていると、ずっと真っ直ぐ育っていける人なんて、いないと思う。真っ直ぐ伸びているつもりでも、気づけば曲がっている。曲がるのも個性だし、曲がりながら伸びることもまた成長だ。


最新の投稿


JUMII TOKYO代表・前島ゆみさんがきれいのために夜していること

JUMII TOKYO代表・前島ゆみさんがきれいのために夜していること

オトナのための爪に優しいネイルポリッシュブランド「JUMII TOKYO(ジュミートウキョウ)」代表で、ビューティプロダクトプランナーの前島ゆみさん。きれいのために夜していることは何ですか?


コンドームを「メイクラブの小道具」に

コンドームを「メイクラブの小道具」に

コンドームを着けない男性に対し、「着けて」と言えない女性は少なくない。厳しい言い方かもしれないが、性病や妊娠を望まない相手とのセックスにおいてコンドームを着用しないのは、「自分の体を大事にしない」行為でもある。考え方を変えて、コンドームをセックスを楽しむ小道具にしてみてはどうか。作家の島田佳奈さんによる提案だ。


女性向けデリケートゾーン専用ソープ「iroha INTIMATE WASH」のポップアップストア

女性向けデリケートゾーン専用ソープ「iroha INTIMATE WASH」のポップアップストア

女性向けデリケートゾーン専用ソープ「iroha INTIMATE WASH(イロハ インティメート ウォッシュ)」のポップアップストアが8月15日~8月31日の間、新宿マルイアネックス館1階にてオープンします。天然精油の香りが配合された、iroha INTIMATE WASHの泡立ちやテクスチャを試せるコーナーも。


恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

会えないときにふたりの気持ちをつなぎ、高めるLINE。現代の恋愛に欠かせないコミュニケーションツールとなったLINEは、相手の顔が見えない非対面コミュニケーションがゆえに、対面コミュニケーション以上に相手への気遣いが必要です。恋愛におけるLINEでは、彼がほしい言葉を察して送り、恋心を盛り上げていくことが大切。


シリコンバレー式プログラミングブートキャンプでキャリアチェンジ

シリコンバレー式プログラミングブートキャンプでキャリアチェンジ

プログラミングといえば男性の職業。そんなイメージがあるかもしれませんが、2017年の7月に日本で初めて開催されたシリコンバレー式のプログラミングスクール「コードクリサリス」の講師・受講生の半分は女性。ミッションのひとつに「女性のエンジニアを増やす」「業界を動かす先駆者になる」と掲げる彼らの思いとは。