人生を楽しみ尽くす人は、夢中になれるモノ、コトと出会っている――『プ女子日和』に見る

人生を楽しみ尽くす人は、夢中になれるモノ、コトと出会っている――『プ女子日和』に見る

プロレスファンの女性、プ女子が増えている昨今。コミックエッセイ『プ女子日和』著者の早蕨たまおさんもそのひとり。プロレスという好きなモノと出会って、人生を楽しみ尽くす日々が描かれています。


人生、なかなか思い通りにいかない。だって、それが生きるということだから。

何でもかんでも願いのままに、完ぺきに進んでいく人生なんて、誰ひとり歩んでいないはず。皆、それなりに楽しく生きながらも、日々つらさや悲しみ、疲れ……程度の差はあれど、そういった負の感情と付き合っている。

そんなマイナスの一切合切を「ストレス」とまとめるなら、ストレスを一気に吹き飛ばしてくれたり、明日を元気に過ごすエネルギーを与えてくれたりするのが、愛してやまないモノやコトではないか。

心がポキッと折れそうになったとき、夢中になっているモノやコトに接すると、乾燥してひび割れそうになった大地に、恵みの水がじわじわとやさしく染み込んでいく。そんな感覚がある。

■プロレス好きな女性の日常を描く『プ女子日和』

大好きなモノやコトは、基本的には地味な日常を、鮮やかに彩ってくれる存在。改めてそう感じさせてくれるのが、コミックエッセイ『プ女子日和』(早蕨たまお著)。

本書の主人公は、プロレス好きな女性(プ女子)のたまおさん。何をしていてもプロレスのことを考えてしまうほど、愛してやまないプロレスとともに生きる(?)、ひとりのプ女子の日常を描いている。

プロレスでなくてもいい。アイドルや歌劇、ミュージカル、遊園地……何かに一度でも深くハマった経験のある人ならわかると思うが、日常の何でもないワンシーンに、その業界用語やルールがふっと登場してしまうことはないだろうか。

たまおさんも例に漏れず、たとえば仕事を超高速で処理しているとき、心の中に「リングアナウンサー(プロレスやボクシングなどの格闘技の試合で、リング上で選手を紹介したり、試合結果のアナウンスをしたりする人物。リングアナとも呼ばれる)」が登場する。

「30分1本勝負!」などとアナウンスされ、それによって気持ちが引き締まり、仕事に集中して取り組むことができるという。なんとプラスな効果だろう。

手をつけている案件が佳境を迎えたタイミングでは、「仕事がフィニッシュ・ホールド(プロレスラーの決め技。それが出ると決着がつく可能性が高くなる)を決めた!」と、脳内で盛り上がって言語化。

■プロレスに限らず、何かに夢中になっている人なら超共感!?

筆者もプ女子ゆえ、気持ちがわかる。愛しているからこそ、専門用語や関連用語、ルールが日常に自然な形で持ち込まれる。

たとえば、仕事で気持ちが急いてしまい、良くないなと感じるときは、脳内で「トランキーロ、あっせんなよ」とつぶやく。このセリフは新日本プロレスの内藤哲也選手が、業界内で流行らせたスペイン語で、「静かに、落ち着け」などの意味がある。

好きなモノ、コトとふれることで、なんともいえない幸せな感覚になれるのは間違いない。平凡な時間すら、面白く、愛おしくなる……大袈裟ではなく。

本書にはプロレスファンの女性のみならず、何かにハマっている女性、ハマったことのある女性の共感を誘う内容が詰まっている。

また、今は何も夢中になっているものがない女性にも、好きなモノ、コトを見つけると今よりもちょっと幸福度が上がることを教えてくれる1冊だ。

プ女子日和 私たちプロレス女子です (コミックエッセイの森)

¥ 1,188

【DRESSプロレス部 キックオフ】ランズエンド6 新木場大会にご招待します!

https://p-dress.jp/articles/2968

DRESSプロレス部 キックオフは、プロレスラー崔領二選手率いるプロレス団体「ランズエンド」大会観戦。3月1日(水)19:00〜開演の大会に2名様をご招待します。

DRESS部活に、ついにプロレス部が登場! キックオフはDRESS池田編集長と行く、「ランズエンド大会観戦」です。詳細・ご応募は上記リンクをチェック。

この記事のライター

DRESS編集長。楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは人間の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。趣味のひとつはプロレス観戦。DRESSプロレス部 部長補佐を務める。著書に『はたらく人の結...

関連する投稿


ぴよととなつきさんの『#ピヨトト家』が面白かった【おすすめ育児本】

ぴよととなつきさんの『#ピヨトト家』が面白かった【おすすめ育児本】

ぴよととなつきさんといえば、インスタグラムで育児日記をアップしたら、フォロワー10万人と大人気になり、ついに書籍化に至った、あの「なつきママ」。なつきママが子育て絵日記本『#ピヨトト家〜うちのアホかわ男子たち〜』で描く3歳と1歳のふたりの男の子は、アホでかわいくて、子育て中のママ&パパなら、誰もが思わず笑っちゃうはず。


おしゃれに悩んだら素の自分を活かす - 『おしゃれの幸福論』から得たヒント

おしゃれに悩んだら素の自分を活かす - 『おしゃれの幸福論』から得たヒント

『おしゃれの幸福論』(著:光野桃)を取り上げます。ワンツーコーデが流行っている今、人とはかぶらないけれど、浮くわけでもない、自分らしいワンツーコーデがしたい。そう思った桜井真砂美さんが手に取ったのは『おしゃれの幸福論』。本書から得たヒントを紹介してくれました。


好きな場所で幸せに働く 図書館司書の本棚【本棚百景#6】

好きな場所で幸せに働く 図書館司書の本棚【本棚百景#6】

本棚の中身は、持ち主の脳内や心の中を映し出していることがあります。他人の本棚や読書スタイルというものは、意外に知らないものですが、読む本の変遷は時にその人の生き方さえも表しています。連載【本棚百景】6回目は、東京都在住ユイさん(仮名)の本棚をご紹介します。


慶大→博報堂のエリートコースから外れて。プロレスラー・三富政行の選択

慶大→博報堂のエリートコースから外れて。プロレスラー・三富政行の選択

慶大、博報堂出身という、異色の経歴を持つプロレスラー・三富政行。「安定」「エリート」の道を手放し、あえて「普通」ではない道へ進んでいった彼をインタビュー。自分らしい生き方を選択し、今どう感じ、どう生きているのか迫りました。


ふたりとも本好き。のんびり共働き夫婦の本棚【本棚百景#5】

ふたりとも本好き。のんびり共働き夫婦の本棚【本棚百景#5】

本棚の中身は、持ち主の脳内や心の中を映し出していることがあります。他人の本棚や読書スタイルというものは、意外に知らないものですが、読む本の変遷は時にその人の生き方さえも表しています。連載【本棚百景】5回目は、静岡県在住カオリさん(仮名)の本棚をご紹介します。


最新の投稿


【おしゃれびとスナップ #4】カラートップスを主役に同系色でまとめたやさしげコーデ

【おしゃれびとスナップ #4】カラートップスを主役に同系色でまとめたやさしげコーデ

街中で目を惹く、主張の強いカラー。そんなトップスを自然に着こなすには、トータルコーディネートがものをいいます。連載「おしゃれびとスナップ」2017年6月第5週は「印象的なカラートップスを着こなす人」をテーマにお届けします。


ふるさと納税活用法! 自宅にいながら日本全国の食を楽しむ

ふるさと納税活用法! 自宅にいながら日本全国の食を楽しむ

お金の相談を受けたときには、必ず「ふるさと納税は利用していますか?」と聞くようにしています。「聞いたことはあるけど、利用したことはありません」という人も多く、そんな人には、「手続きは10分もあればできるから、利用してみて」とお伝えします。今回は、ふるさと納税の魅力について解説します。


メイクが下手な人(下手に見える人)が雑にしがちな4つのポイント

メイクが下手な人(下手に見える人)が雑にしがちな4つのポイント

この人メイクが下手なのかな? そう思う相手のメイクを観察すると、自分では気づきにくいファンデーションの塗り忘れやムラなどの雑なメイクになっていることが往々にしてあります。雑になりやすいメイクの4つのポイントを押さえて、外出前にしっかりチェックして。


「パパよりママ派」の子が8割!パパの育児参画のきっかけを考える

「パパよりママ派」の子が8割!パパの育児参画のきっかけを考える

株式会社オークローンマーケティング(ショップジャパン)でアンケートを取ったところ、自分の子どもが「パパよりママ派」だと感じている方が約8割。父の日を前に、パパが今よりもっと子どもと良い関係を築くためのきっかけとなるイベントを実施しました。その模様をレポートします。


ハーゲンダッツ新作は完熟バナナ×ほろ苦チョコ

ハーゲンダッツ新作は完熟バナナ×ほろ苦チョコ

夏に美味しいシェイクをイメージした期間限定フレーバーが登場。芳醇な完熟バナナの味わいとほろ苦いチョコレートの絶妙なバランスを堪能して。ハーゲンダッツミニカップ「バナナショコラータ」が6月27日より発売となります。


DRESS部活