人生を楽しみ尽くす人は、夢中になれるモノ、コトと出会っている――『プ女子日和』に見る

人生を楽しみ尽くす人は、夢中になれるモノ、コトと出会っている――『プ女子日和』に見る

プロレスファンの女性、プ女子が増えている昨今。コミックエッセイ『プ女子日和』著者の早蕨たまおさんもそのひとり。プロレスという好きなモノと出会って、人生を楽しみ尽くす日々が描かれています。


人生、なかなか思い通りにいかない。だって、それが生きるということだから。

何でもかんでも願いのままに、完ぺきに進んでいく人生なんて、誰ひとり歩んでいないはず。皆、それなりに楽しく生きながらも、日々つらさや悲しみ、疲れ……程度の差はあれど、そういった負の感情と付き合っている。

そんなマイナスの一切合切を「ストレス」とまとめるなら、ストレスを一気に吹き飛ばしてくれたり、明日を元気に過ごすエネルギーを与えてくれたりするのが、愛してやまないモノやコトではないか。

心がポキッと折れそうになったとき、夢中になっているモノやコトに接すると、乾燥してひび割れそうになった大地に、恵みの水がじわじわとやさしく染み込んでいく。そんな感覚がある。

■プロレス好きな女性の日常を描く『プ女子日和』

大好きなモノやコトは、基本的には地味な日常を、鮮やかに彩ってくれる存在。改めてそう感じさせてくれるのが、コミックエッセイ『プ女子日和』(早蕨たまお著)。

本書の主人公は、プロレス好きな女性(プ女子)のたまおさん。何をしていてもプロレスのことを考えてしまうほど、愛してやまないプロレスとともに生きる(?)、ひとりのプ女子の日常を描いている。

プロレスでなくてもいい。アイドルや歌劇、ミュージカル、遊園地……何かに一度でも深くハマった経験のある人ならわかると思うが、日常の何でもないワンシーンに、その業界用語やルールがふっと登場してしまうことはないだろうか。

たまおさんも例に漏れず、たとえば仕事を超高速で処理しているとき、心の中に「リングアナウンサー(プロレスやボクシングなどの格闘技の試合で、リング上で選手を紹介したり、試合結果のアナウンスをしたりする人物。リングアナとも呼ばれる)」が登場する。

「30分1本勝負!」などとアナウンスされ、それによって気持ちが引き締まり、仕事に集中して取り組むことができるという。なんとプラスな効果だろう。

手をつけている案件が佳境を迎えたタイミングでは、「仕事がフィニッシュ・ホールド(プロレスラーの決め技。それが出ると決着がつく可能性が高くなる)を決めた!」と、脳内で盛り上がって言語化。

■プロレスに限らず、何かに夢中になっている人なら超共感!?

筆者もプ女子ゆえ、気持ちがわかる。愛しているからこそ、専門用語や関連用語、ルールが日常に自然な形で持ち込まれる。

たとえば、仕事で気持ちが急いてしまい、良くないなと感じるときは、脳内で「トランキーロ、あっせんなよ」とつぶやく。このセリフは新日本プロレスの内藤哲也選手が、業界内で流行らせたスペイン語で、「静かに、落ち着け」などの意味がある。

好きなモノ、コトとふれることで、なんともいえない幸せな感覚になれるのは間違いない。平凡な時間すら、面白く、愛おしくなる……大袈裟ではなく。

本書にはプロレスファンの女性のみならず、何かにハマっている女性、ハマったことのある女性の共感を誘う内容が詰まっている。

また、今は何も夢中になっているものがない女性にも、好きなモノ、コトを見つけると今よりもちょっと幸福度が上がることを教えてくれる1冊だ。

プ女子日和 私たちプロレス女子です (コミックエッセイの森)

¥ 1,188

【DRESSプロレス部 キックオフ】ランズエンド6 新木場大会にご招待します!

https://p-dress.jp/articles/2968

DRESSプロレス部 キックオフは、プロレスラー崔領二選手率いるプロレス団体「ランズエンド」大会観戦。3月1日(水)19:00〜開演の大会に2名様をご招待します。

DRESS部活に、ついにプロレス部が登場! キックオフはDRESS池田編集長と行く、「ランズエンド大会観戦」です。詳細・ご応募は上記リンクをチェック。

この記事のライター

DRESS編集長。楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは人間の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。趣味のひとつはプロレス観戦。DRESSプロレス部 部長補佐を務める。著書に『はたらく人の結...

関連する投稿


「逃げたら負けだから、立ち上がる」プロレスラー・野村直矢に見る心の強さ

「逃げたら負けだから、立ち上がる」プロレスラー・野村直矢に見る心の強さ

野村直矢さんは、全日本プロレスに所属するプロレスラー。1993年生まれの23歳。デビュー3年半の若手ながら、がむしゃらな負けん気の強いファイトスタイルで、見る者を魅了しています。DRESSプロレス部 部長補佐の池田が注目する若手選手のひとりでもあります。野村選手のインタビューをお届けします。


金融業界の大物たちの素顔に迫った『世界最強人脈の知られざる裏側 スーパーハブ』

金融業界の大物たちの素顔に迫った『世界最強人脈の知られざる裏側 スーパーハブ』

弁護士であり、金融業界のコンサルタントでもあるサンドラ・ナビティが知りえた世界の金融業界のトップたち。女性ならではの細やかな視線で、世界経済を動かす彼ら=スーパーハブの実像に迫った書籍を紹介します。


個性を輝かせるおしゃれ。美しく生きる人は自分の色を知っている。

個性を輝かせるおしゃれ。美しく生きる人は自分の色を知っている。

佇まいがおしゃれな人は、特別なアイテムを使いこなしているというより、自分のカラーをうまく着こなしているような気がします。自分に似合う色をどうやって見つければよいのでしょう? ファッションの秋。自分を素敵に見せるカラーを知って、ワンランク上のおしゃれを楽しみたいものです。


スイーツ真壁の手土産はこれなッ!#2「モンブラン」

スイーツ真壁の手土産はこれなッ!#2「モンブラン」

真壁刀義さんは新日本プロレス所属のプロレスラーで、「スイーツ真壁」としても活動するスイーツの識者。そんな真壁さんの連載【スイーツ真壁の手土産はこれなッ!】では、季節に合ったおすすめのスイーツ手土産を、毎月ひとつ取り上げていただきます。


人気スタイリスト小山田早織さんが教える美人な着こなし【積読を崩す夜 #9】

人気スタイリスト小山田早織さんが教える美人な着こなし【積読を崩す夜 #9】

連載【積読を崩す夜】9回目は、『身の丈に合った服で美人になる』(著:小山田早織)をご紹介します。テレビ「ヒルナンデス!」や各ファッション誌で、日本中のおしゃれに悩む女性をスタイリングで救ってきたスタイリスト・小山田早織さん初のスタイルブックです。


最新の投稿


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談。今年1月、貴子さんは乳がんの宣告を受け、手術・治療中であることを告白した。妻が乳がんをわずらうと、思い詰めてしまう夫もいる。川崎夫妻はどのようにして乗り越えてきたのだろうか。


私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

ヴィンテージ腕時計についての、ロマンを感じる物語をお届けします――。新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第3回目の今回は中里さんが身につけている、思い入れのあるヴィンテージ時計について綴っていただきました。


秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

夏が残していった紫外線ダメージ。秋が連れてくる無慈悲な乾燥。そして、カサカサどんより冴えない肌。さあ、悩めるくすみ肌をいたわり、透明感を取り戻すお手入れに注力する時がやってきました。ご用意したのは6つのメニュー。脱ぐ、満たす、補う、包む、巡らせる、うるおす。肌とじっくり向き合って、効果的にお手入れを組み合わせてみて。


クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第2回では、フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ、中山豊光さんをお招きしました。


女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

10月22日に投開票される第48回衆議院議員総選挙。選挙ポスターに込められたメッセージ、同じ女性であり、中には母親業と両立する候補者の活動が気になる、という木村えりなさん。自身も働く女性で、ふたりの娘さんのお母さん。今回の選挙をどう見て、考えて、政治を通じてどんな未来を望んでいるのか。率直な思いを綴っていただきました。


おっぱい