人生を楽しみ尽くす人は、夢中になれるモノ、コトと出会っている――『プ女子日和』に見る

人生を楽しみ尽くす人は、夢中になれるモノ、コトと出会っている――『プ女子日和』に見る

プロレスファンの女性、プ女子が増えている昨今。コミックエッセイ『プ女子日和』著者の早蕨たまおさんもそのひとり。プロレスという好きなモノと出会って、人生を楽しみ尽くす日々が描かれています。


人生、なかなか思い通りにいかない。だって、それが生きるということだから。

何でもかんでも願いのままに、完ぺきに進んでいく人生なんて、誰ひとり歩んでいないはず。皆、それなりに楽しく生きながらも、日々つらさや悲しみ、疲れ……程度の差はあれど、そういった負の感情と付き合っている。

そんなマイナスの一切合切を「ストレス」とまとめるなら、ストレスを一気に吹き飛ばしてくれたり、明日を元気に過ごすエネルギーを与えてくれたりするのが、愛してやまないモノやコトではないか。

心がポキッと折れそうになったとき、夢中になっているモノやコトに接すると、乾燥してひび割れそうになった大地に、恵みの水がじわじわとやさしく染み込んでいく。そんな感覚がある。

■プロレス好きな女性の日常を描く『プ女子日和』

大好きなモノやコトは、基本的には地味な日常を、鮮やかに彩ってくれる存在。改めてそう感じさせてくれるのが、コミックエッセイ『プ女子日和』(早蕨たまお著)。

本書の主人公は、プロレス好きな女性(プ女子)のたまおさん。何をしていてもプロレスのことを考えてしまうほど、愛してやまないプロレスとともに生きる(?)、ひとりのプ女子の日常を描いている。

プロレスでなくてもいい。アイドルや歌劇、ミュージカル、遊園地……何かに一度でも深くハマった経験のある人ならわかると思うが、日常の何でもないワンシーンに、その業界用語やルールがふっと登場してしまうことはないだろうか。

たまおさんも例に漏れず、たとえば仕事を超高速で処理しているとき、心の中に「リングアナウンサー(プロレスやボクシングなどの格闘技の試合で、リング上で選手を紹介したり、試合結果のアナウンスをしたりする人物。リングアナとも呼ばれる)」が登場する。

「30分1本勝負!」などとアナウンスされ、それによって気持ちが引き締まり、仕事に集中して取り組むことができるという。なんとプラスな効果だろう。

手をつけている案件が佳境を迎えたタイミングでは、「仕事がフィニッシュ・ホールド(プロレスラーの決め技。それが出ると決着がつく可能性が高くなる)を決めた!」と、脳内で盛り上がって言語化。

■プロレスに限らず、何かに夢中になっている人なら超共感!?

筆者もプ女子ゆえ、気持ちがわかる。愛しているからこそ、専門用語や関連用語、ルールが日常に自然な形で持ち込まれる。

たとえば、仕事で気持ちが急いてしまい、良くないなと感じるときは、脳内で「トランキーロ、あっせんなよ」とつぶやく。このセリフは新日本プロレスの内藤哲也選手が、業界内で流行らせたスペイン語で、「静かに、落ち着け」などの意味がある。

好きなモノ、コトとふれることで、なんともいえない幸せな感覚になれるのは間違いない。平凡な時間すら、面白く、愛おしくなる……大袈裟ではなく。

本書にはプロレスファンの女性のみならず、何かにハマっている女性、ハマったことのある女性の共感を誘う内容が詰まっている。

また、今は何も夢中になっているものがない女性にも、好きなモノ、コトを見つけると今よりもちょっと幸福度が上がることを教えてくれる1冊だ。

プ女子日和 私たちプロレス女子です (コミックエッセイの森)

【DRESSプロレス部 キックオフ】ランズエンド6 新木場大会にご招待します!

https://p-dress.jp/articles/2968

DRESSプロレス部 キックオフは、プロレスラー崔領二選手率いるプロレス団体「ランズエンド」大会観戦。3月1日(水)19:00〜開演の大会に2名様をご招待します。

DRESS部活に、ついにプロレス部が登場! キックオフはDRESS池田編集長と行く、「ランズエンド大会観戦」です。詳細・ご応募は上記リンクをチェック。

この記事のライター

DRESS編集長。楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは人間の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。趣味のひとつはプロレス観戦。DRESSプロレス部 部長補佐を務める。著書に『はたらく人の結...

関連する投稿


クレンジングをやめて美肌に。「石けんでメイクオフ」する選択【積読を崩す夜 #21】

クレンジングをやめて美肌に。「石けんでメイクオフ」する選択【積読を崩す夜 #21】

【積読を崩す夜】21回目では、『クレンジングをやめたら肌がきれいになった』(著:北島寿)をご紹介します。女優・安達祐実さんがメイクモデルに初挑戦したことで話題の本。科学者として10年以上ナチュラルコスメを開発してきた著者が、クレンジングをやめることで、肌がきれいになっていく様子を語ります。


美しく穏やかに生きるヒントをくれる哲学

美しく穏やかに生きるヒントをくれる哲学

「哲学」と聞くと、「人生論」というイメージがあると思いますが、SNSもアンチエイジングも格差社会も哲学だ、と言われたら、だいぶ印象が変わりませんか? 実は案外私たちの身近にある哲学。自分自身の生活や生き方に、哲学を取り入れるヒントになる本をご紹介します。


スイーツ真壁の手土産はこれなッ!#6「BAKED ディープダーク・ブラウニー」

スイーツ真壁の手土産はこれなッ!#6「BAKED ディープダーク・ブラウニー」

真壁刀義さんは新日本プロレス所属のプロレスラーで、「スイーツ真壁」としても活動するスイーツの識者。そんな真壁さんの連載【スイーツ真壁の手土産はこれなッ!】では、季節に合ったおすすめのスイーツ手土産を、毎月取り上げていただきます。#6はBAKEDのディープダーク・ブラウニーをご紹介。


チョコから卒業!? 『バレンタインの本』が面白い【積読を崩す夜 #20】

チョコから卒業!? 『バレンタインの本』が面白い【積読を崩す夜 #20】

【積読を崩す夜】20回目では、『バレンタインの本』をご紹介します。もうじきバレンタインデーを迎えます。DRESS2月の大特集は、「私が楽しむバレンタイン」。本命・義理さまざまなチョコレートからはもう卒業。古くて新しい、洒落が利いた素敵な愛の伝え方を学びます。


石田ゆり子さん流、美しく健やかな生き方【積読を崩す夜 #19】

石田ゆり子さん流、美しく健やかな生き方【積読を崩す夜 #19】

【積読を崩す夜】19回目では、『Lily ――日々のカケラ――』をご紹介します。ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」出演以降、再ブレイクともいわれている女優の石田ゆり子さん。日々、大切にしているささやかで美しい事柄が、正直な言葉で綴られている1冊です。


最新の投稿


鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESS編集長の池田園子さんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第6回では、子育て中のイライラを解消する方法について解説してもらいます。


化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回は基礎化粧品の選び方を見直します。ライン使いはマスト、と考える方もいるかもしれませんが、実際は化粧水と乳液さえあればOK!?


「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

抽選で50名様限定! 人気イラストレーター“マリー・アセナ”さんデザインのボトルが当たります。世界中で親しまれている果汁100%のスパークリングジュース「アップルタイザー」のさくらデザインボトル、プレゼントキャンペーンを3月8日まで実施中です。


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。