リーダーには「いいトリマキ」が欠かせない【塩村あやか 連載 #5】

リーダーには「いいトリマキ」が欠かせない【塩村あやか 連載 #5】

塩村あやかさんは都議会議員として、女性リーダーを身近にたくさん見てきました。女性リーダーに必要な「いいトリマキ」について考えます。


 女性リーダーには「いいトリマキ」が必要です。「仲間」や「同志」がいいトリマキであり、「ただのトリマキ」は「最終的にマイナスに作用」してしまいます。

 ただのトリマキは、リーダーの傍にいることで「自分が得」をしようとするからです。私のいる政治の世界もそうですし、ビジネスの世界もそう。

■ただのトリマキといいトリマキの差

 わかりやすいのが韓国の朴槿恵大統領の騒動です。親友でありアドバイザーだと思っていた人がただの「トリマキ」だったゆえ、国民の血税を貪る利権を得ており、結果として大統領は弾劾にまで追い込まれてしまいました。

 一方、いいトリマキは常に自分の職務や役割を一番に考え、時に耳の痛いこともリーダーに伝え、危険を回避してくれます。それゆえ、時にリーダーの失敗を被ることも。その際、本質を見失わないよう苦言を呈することを忘れません。

 それも自分の役割の1つだからです。そうして信頼関係を積み上げていくことにより、絶対的な関係が生まれてリーダーはある程度の差配をその人に任せていくことができるのです。ここまできたら、トリマキから「名参謀」です。

■いいトリマキは「社会への貢献」が頭にある

 いいトリマキが忘れないことは、政治家であれば第一に「国民益」を考えること。同時に政治家は政党人ですから、政党人としては「国民益」を第一に考えて、そのための「組織作り」をしていくこと。

 ビジネスの世界であれば、意外と思うかも知れませんが「会社の利益」が一番ではなく、会社の特性を生かした「社会への貢献」を念頭に置いた進言と行動ができるトリマキがいいトリマキです。

 それが長期的な利益にもつながっていくのです。会社はビジネスですから短期的な利益も大切であり、そのバランス感覚を持っていることもいいトリマキの重要な要素です。

■リーダーになってからすり寄ってくる人物に注意

 あたりまえじゃないかと思った人がほとんどでしょう。しかし、女性リーダーの周囲はまだまだ男性が多いのが常です。

 意外なほどに女性は深層心理では男性よりも甘く見られていることが実態であり、絶対数としてのいいトリマキ=「同志」が少ないのです。男性リーダーであっても「リーダーは孤独だ」と言われていることからも、ちょっと考えたら容易に想像できます。

 リーダーになってからや、それが見えてきた時点で「すり寄って」くるような人物はただのトリマキが大半かもしれません。自分が得をしようというような人が多いので要注意です。リーダーになってから急にいいトリマキができるわけはありません。

 ですから、普段から人間性や仕事ぶりをしっかりと「自分の目」で見ていくことが重要であり、失敗をするとトリマキのせいで自分が窮地に追い込まれてしまいます。または、ジリジリと支持が下がっていくのです。

■リーダーに求められるのはトリマキ選択のセンス

 ゆえに、リーダーにはトリマキの選択のセンスが求められます。苦言を呈してくれている内容が「本当なのか」を見抜く力も必要です。

 また、自分から人材の発掘をして、安心して仕事に打ち込める環境づくりをすることも求められます。そう、リーダーは自分の身近なところを固めることからが仕事のスタートだといえます。

 それができないと、組織のことで心配事を抱えることになり、仕事に集中できず結果に影響してくるのです。

 今年、多くの女性リーダーが仕事に集中できることを祈っています。もちろん、私もその一人としてがんばっていきます。
 
 最後に。なぜ私は本コラムで「側近」ではなく「トリマキ」と記したのか。それは、ほとんどが「トリマキ」だからです。誰もが自分が一番かわいく自分に甘いので、側近のつもりが「ただのトリマキ」になっていくものです。

この記事のライター

東京都議会議員。モデル、自動車ライター、放送作家を経て、社会の問題は全て政治に行き着くと気づき政治の道を志す。維新政治塾1期生。2013年にみんなの党より都議会議員選挙(世田谷選挙区)に初出馬、当選を果たす。2014年には初...

関連するキーワード


働き方 チームワーク

関連する投稿


女性の政治家を増やしたい、という思いが一番にある【佐藤あつこ 連載 #1】

女性の政治家を増やしたい、という思いが一番にある【佐藤あつこ 連載 #1】

女性政治家の佐藤あつこさんの連載がスタート。民間企業での勤務を経て専業主婦となり、政治家へと転身した佐藤さん。働く女性、母親、妻と、いくつもの顔を持つ佐藤さんならではの視点で、政治・社会問題について、わかりやすく綴っていただきます。


無職の私が「フィリピン就職」を選んだ理由

無職の私が「フィリピン就職」を選んだ理由

フィリピンで就職しようと決めた、当時33歳・無職の私。将来を悲観して落ち込みもしましたが、「人生の夏休み」とばかりに自分の時間を謳歌した結果、選んだ道は「フィリピンで働く」でした。


心が折れそうになった時期も……ワーママ管理職のリアル

心が折れそうになった時期も……ワーママ管理職のリアル

約半年間の産休・育休を経て、保育園が決まらぬまま5カ月で早期復職したショップジャパン広報部の板野可奈子さん。管理職として、新米母として、時間に追いつくのに必死で目まぐるしい、リアルなワーママの姿を不定期連載で綴っていただきます。


働き方の本当の意味での多様化って? カルビー株式会社広報 野原和歌さん【大人のキャリア】

働き方の本当の意味での多様化って? カルビー株式会社広報 野原和歌さん【大人のキャリア】

子供から大人まで幅広く愛される製品を数多く生み出し続けているカルビー株式会社。たくさんの人の笑顔を作り出すために奔走する同社コーポレートコミュニケーション本部 広報部 広報課 課長の野原 和歌さんにこれまでのキャリアとこれからの働き方について伺いました。


女性の働き方が自由なチェコ。そのために必要なモノは周りの理解

女性の働き方が自由なチェコ。そのために必要なモノは周りの理解

チェコは女性の働き方に関して、周囲の理解が得られやすい国だと思います。そのためライフスタイルを無理に変えることなく、自分のワークスタイルをつくることができます。すべてを自分で抱え込むことなく、働き方を大切にできるチェコ文化の正体とは一体なんなのでしょうか。


最新の投稿


喧嘩別れを止めるには、「自分を守る」ことをやめてみる

喧嘩別れを止めるには、「自分を守る」ことをやめてみる

好きな人なのに喧嘩別れになってしまう。その原因のひとつに、「自分を守る」ことで相手の本心を見抜けないというのがあります。怒りの下にある本当の気持ちは、どちらかが冷静にならないとわからないものです。喧嘩別れを止めるには、まず「彼のことが好き」という自分の気持ちを信じることが重要です。


「考え方を見直す」だけでストレス対策になる

「考え方を見直す」だけでストレス対策になる

ストレスを感じやすい人は、対策としてまずは考え方を見直すことから始めましょう。ブレインケアクリニックの今野裕之院長が、精神的なストレスを和らげるコツを「認知の歪み」について解説しながら、ご紹介します。


「貯金できない人」が「貯金できる人」になるための5つのヒント

「貯金できない人」が「貯金できる人」になるための5つのヒント

貯金ができない理由は何だと思いますか? 無駄遣いしている、そもそも収入が少ない、いつの間にかなくなっている……人によって理由はさまざまだと思いますが、それらはちょっとした心がけで変わるものです。今回は「貯金できる人」になるためのヒントをご紹介します。


『はらぺこあおむし』に会いに行こう! -「エリック・カール展 The Art of Eric Carle」

『はらぺこあおむし』に会いに行こう! -「エリック・カール展 The Art of Eric Carle」

『はらぺこあおむし』や『パパ、お月さまとって!』でおなじみの絵本作家、エリック・カールさんの世界を堪能できる「エリック・カール展」の情報をお届けします。


バストの下垂、原因は加齢だけじゃなかった!

バストの下垂、原因は加齢だけじゃなかった!

バストの下垂は歳を重ねると自然と起きてしまうこと、避けられないこと、と諦めないで。バストの下垂は日々の細かい努力で防ぐことができます。バストの下垂を予防し、何歳になっても美しいバストを保つ習慣をご紹介します。