塩村 あやか さんが 2017/01/08 に更新
リーダーには「いいトリマキ」が欠かせない【塩村あやか 連載 #5】

リーダーには「いいトリマキ」が欠かせない【塩村あやか 連載 #5】

塩村あやかさんは都議会議員として、女性リーダーを身近にたくさん見てきました。女性リーダーに必要な「いいトリマキ」について考えます。

働き方 チームワーク

 女性リーダーには「いいトリマキ」が必要です。「仲間」や「同志」がいいトリマキであり、「ただのトリマキ」は「最終的にマイナスに作用」してしまいます。

 ただのトリマキは、リーダーの傍にいることで「自分が得」をしようとするからです。私のいる政治の世界もそうですし、ビジネスの世界もそう。

■ただのトリマキといいトリマキの差

 わかりやすいのが韓国の朴槿恵大統領の騒動です。親友でありアドバイザーだと思っていた人がただの「トリマキ」だったゆえ、国民の血税を貪る利権を得ており、結果として大統領は弾劾にまで追い込まれてしまいました。

 一方、いいトリマキは常に自分の職務や役割を一番に考え、時に耳の痛いこともリーダーに伝え、危険を回避してくれます。それゆえ、時にリーダーの失敗を被ることも。その際、本質を見失わないよう苦言を呈することを忘れません。

 それも自分の役割の1つだからです。そうして信頼関係を積み上げていくことにより、絶対的な関係が生まれてリーダーはある程度の差配をその人に任せていくことができるのです。ここまできたら、トリマキから「名参謀」です。

■いいトリマキは「社会への貢献」が頭にある

 いいトリマキが忘れないことは、政治家であれば第一に「国民益」を考えること。同時に政治家は政党人ですから、政党人としては「国民益」を第一に考えて、そのための「組織作り」をしていくこと。

 ビジネスの世界であれば、意外と思うかも知れませんが「会社の利益」が一番ではなく、会社の特性を生かした「社会への貢献」を念頭に置いた進言と行動ができるトリマキがいいトリマキです。

 それが長期的な利益にもつながっていくのです。会社はビジネスですから短期的な利益も大切であり、そのバランス感覚を持っていることもいいトリマキの重要な要素です。

■リーダーになってからすり寄ってくる人物に注意

 あたりまえじゃないかと思った人がほとんどでしょう。しかし、女性リーダーの周囲はまだまだ男性が多いのが常です。

 意外なほどに女性は深層心理では男性よりも甘く見られていることが実態であり、絶対数としてのいいトリマキ=「同志」が少ないのです。男性リーダーであっても「リーダーは孤独だ」と言われていることからも、ちょっと考えたら容易に想像できます。

 リーダーになってからや、それが見えてきた時点で「すり寄って」くるような人物はただのトリマキが大半かもしれません。自分が得をしようというような人が多いので要注意です。リーダーになってから急にいいトリマキができるわけはありません。

 ですから、普段から人間性や仕事ぶりをしっかりと「自分の目」で見ていくことが重要であり、失敗をするとトリマキのせいで自分が窮地に追い込まれてしまいます。または、ジリジリと支持が下がっていくのです。

■リーダーに求められるのはトリマキ選択のセンス

 ゆえに、リーダーにはトリマキの選択のセンスが求められます。苦言を呈してくれている内容が「本当なのか」を見抜く力も必要です。

 また、自分から人材の発掘をして、安心して仕事に打ち込める環境づくりをすることも求められます。そう、リーダーは自分の身近なところを固めることからが仕事のスタートだといえます。

 それができないと、組織のことで心配事を抱えることになり、仕事に集中できず結果に影響してくるのです。

 今年、多くの女性リーダーが仕事に集中できることを祈っています。もちろん、私もその一人としてがんばっていきます。
 
 最後に。なぜ私は本コラムで「側近」ではなく「トリマキ」と記したのか。それは、ほとんどが「トリマキ」だからです。誰もが自分が一番かわいく自分に甘いので、側近のつもりが「ただのトリマキ」になっていくものです。

関連する投稿


「私はこんな人」と明確に言えなくてもいい。曖昧なのが私たち【小島慶子 連載】

「私はこんな人」と明確に言えなくてもいい。曖昧なのが私たち【小島慶子 連載】

昨日と今日で考えていることが変わるのが人間。でも、SNSに縛られて「自分のキャラがブレていないか」「設定から逸脱していないか」と、疲れている人も少なくない。でも、とっ散らかって気まぐれなのが私たち。それでいいんじゃないか。


「仕事と家庭の両立」15年間走ってきた私が見つけたコツ

「仕事と家庭の両立」15年間走ってきた私が見つけたコツ

仕事と家庭の両立なんて無理だ。そう思う女性の方もいるかもしれない。仕事・家事・子育ての3つを完璧にやり遂げよう、なんて思わなくていい。そんなの無理。だから、手抜きしてもいい家事では、適度に力を抜く。まぁ、いっか。そう開き直るゆるやかさも大事だと、貴田加野さんは語ります。


ベーシックインカム導入は難しくても、すべての人が生活しやすい国は作れるんじゃないか

ベーシックインカム導入は難しくても、すべての人が生活しやすい国は作れるんじゃないか

ベーシックインカム(最低限所得保障)とは、政府が全国民に対し、毎月一定額を支給する制度のこと。スイスで制度導入に関する国民投票がおこなわれて話題になった。個が満たされ、企業が動き、国が豊かになるために、本当は何が必要なのか。


「ホテルで一人合宿」3泊4日コースで新世界への扉を開く【安藤美冬 連載】

「ホテルで一人合宿」3泊4日コースで新世界への扉を開く【安藤美冬 連載】

一人合宿は自分をリセットしたい人におすすめ。安藤美冬さんが提案する一人合宿、そのやり方やおすすめのホテルをご紹介します。年末年始に実践してみてはいかがですか?


男性は育児休業を取得しづらい。代わりに選んだ「育休的起業」から見えてきたもの

男性は育児休業を取得しづらい。代わりに選んだ「育休的起業」から見えてきたもの

男性で育児休業の取得を検討する人はまだ稀。当然男女ともに取得できる育休ですが、デメリット的な側面が目立つのも事実。そんななか、西村創一朗さんは育休を取得する代わりに、会社を辞めて起業。自身の選択を「育休的起業」と名づけ、実践しています。


最新の投稿


おしゃれな人は自分を素敵に見せる服を知っている

おしゃれな人は自分を素敵に見せる服を知っている

おしゃれな人は自分に似合う服をわかっている。だから、若く見えたり素敵に見られたりする。若く見られたいから、といって若作りをするのはやめよう。まずは、クローゼットに着ると気分が上がる服を揃えよう。


「私はこんな人」と明確に言えなくてもいい。曖昧なのが私たち【小島慶子 連載】

「私はこんな人」と明確に言えなくてもいい。曖昧なのが私たち【小島慶子 連載】

昨日と今日で考えていることが変わるのが人間。でも、SNSに縛られて「自分のキャラがブレていないか」「設定から逸脱していないか」と、疲れている人も少なくない。でも、とっ散らかって気まぐれなのが私たち。それでいいんじゃないか。


ビルボードライブ東京/大阪ジョディ・ワトリー公演にご招待します!

ビルボードライブ東京/大阪ジョディ・ワトリー公演にご招待します!

シャラマーのメイン・ヴォーカルであり進化を続けるダンス・クイーン、ジョディ・ワトリーが冬のビルボードライブに登場!


さっぽろ雪まつりに、モエ・エ・シャンドン “MOËT ICE LOUNGE”がオープン!

さっぽろ雪まつりに、モエ・エ・シャンドン “MOËT ICE LOUNGE”がオープン!

こちらのラウンジを体験、Project DRESS WEBサイトでレポートしていただけるDRESS部員の方を大募集!


日本酒検定って?過去の問題や難易度をご紹介

日本酒検定って?過去の問題や難易度をご紹介

日本酒検定をご存知ですか?日本酒検定とは日本酒についての知識を広め、もっと日本酒に親しみ楽しむ機会を増やすことを目的に実施される検定。日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)が主催していて、20歳以上であれば誰でも受験できる検定です。 今回はその過去の問題の事例や合格率・難易度についてみていきます。