ミラネーゼの新年の迎えかた~ミラノ通信#2

ミラネーゼの新年の迎えかた~ミラノ通信#2

前回はクリスマスの過ごし方をミラノ在住河見恵子さんに取材してくれましたが、今回は日本とはちょっと違ったイタリアの新年の迎えかたを伺いました。


Buon Anno2017☆☆明けましておめでとうございます。

クリスマスから1週間で新年を迎え、飾り付けなど街の様子ががらりと変わる日本。いっぽうイタリアでは、なんとクリスマス飾りはそのままに、1月6日のEpifania東方の3博士がキリストの誕生を祝福しに駆けつけたとされる祝日までがクリスマスのフェスタ期間となるのです。
「魔女ベファーナの日」とも呼ばれ、子どもたちがツリーや暖炉に用意したくつ下にプレゼントをもらえる日。良い子にはプレゼント、悪い子には炭が入るとされています。

クリスマスのプレゼントも本来はこの日にもらうのですが、最近はクリスマスにプレゼント交換をして、良い子にはさらにベファーナから贈り物がもらえるのです。日本でいうお年玉のようなものでしょうか? 子どもたちはウキウキと聞き分けよく過ごします。
イタリアではこの日にクリスマス飾りが片付けられ、街はふだんの顔に戻るのです。

1月6日までのクリスマスのフェスタ期間中はクリスマス飾りもそのまま。

花火で迎える新年!

新年を迎える瞬間は、花火や爆竹で賑やかに迎えるのがイタリア流。大きな打ち上げ花火が上がる街もあり、発泡酒スプマンテを開けて「Auguri!!(おめでとう)」とお祝いします。以前、銃撃戦のようなもの凄い轟音があちこちで響く様子の動画をみて、戦闘の爆撃かと錯覚したことがありました。よく見たらこれはナポリの年越しの様子でした。決められた打ち上げ花火ではなく、街のあちこちで人々が好き勝手に花火を打ち上げ、爆竹を鳴らしていた映像。ニュースで今年も死者がでた、と報道があったのでビックリしました。なんともナポリらしい伝統的な新年の迎え方。年越しの瞬間は、外を歩くのも命がけといわけです。

閑静な住宅街でも年越しの瞬間は各所で花火が打ち上げられ、とてもにぎやか。

Photo/Takehiko Niki

ミラノでも各所で花火が打ち上げられます。こちらの写真は、自宅の窓を開けたら飛び込んできた光景を友人のカメラマンTakehiko Niki氏が捉えたもの。ミラノの中心地、閑静な住宅街でもこのとおりです。翌朝は打ち上げ花火の残骸が転がり、市の清掃車が綺麗に片付けていきます。近所迷惑や後始末を顧みず花火を打ち上げ、規制に縛られずに楽しむイタリア人、人生も節目の行事もめいっぱい楽しむ姿勢は、ある意味、羨ましいものがあります。

おおみそかに食べる縁起のよいイタリア流おせち

大晦日に食べるコテキーノとザンポーネは、日本のおせち料理。

日本のおせち料理にあたるものはあるの? と聞かれますが、こちらではコテキーノといって豚の腸に挽肉やスパイスを詰めたソーセージ、豚の前足に同じく詰めたザンポーネと言われるものを、レンズ豆の煮込みとともにいただきます。レンズ豆は平たくお金の形をしていることから、食べるとお金が入ってくるといわれ、縁起のいいものとされています。
健康でお金に困らない年を迎えられるよう、この2つを大晦日に食べるのが慣例となっています。

菓子店に積み上げられた、イタリアの定番菓子パペットーネ。

ドライフルーツが入ったパネットーネは、クリスマスを過ぎても登場するイタリアの冬の定番菓子。

デザートには、パネットーネ。12月に入るとお菓子屋、パン屋、ガストロノミア、スーパーに至るまで山のように積み上げられます。天然酵母を使って焼き上げるドライフルーツ入りのブリオッシュのようなケーキはミラノ発祥、クリスマスを過ぎても朝食や食後に登場するイタリアの冬の定番菓子です。

赤い下着を身につける! アモーレの国

この季節は赤で飾られるのが恒例の下着メーカーのショーウインドウ。

もう1つ、大晦日の夜の慣例を。愛と幸運でいっぱいな新年を迎えられるよう、男女ともに赤い下着を身につけるのです。健康、金運、幸運だけでなく愛も、というところがアモーレの国らしいですね。年末の下着メーカーのウインドウは、赤いシリーズで飾られるのがこちらも恒例となっています。

大騒ぎのうちに元日を迎えるイタリア。正月は1日のみで、2日からは通常の平日です。
今年のセールは1月5日からスタート。Saldi(セール)の期間は長く、30%オフから始まって50%、2月末ころには70%オフとなる店もあり、人々は狙ったものが値下がりしていく様子をみながら、もう少し待ってより安く手に入れるか、売れてしまう前に購入するか、駆け引きに余念がありません。

流行に関係なく使えるキッチン用品なども、セール購入のねらい目です。明るい色のテーブルクロスやキッチン小物をみると、春が待ち遠しくなってきますね。

この記事のライター

日本航空で15年間、国際線客室乗務員として勤務。退職後はミラノに居住し、東京と往復する生活。ミラノ・ブレラ地区を中心に、身近な情報をブログやFBで発信。ミラノでは在イタリア日本人のために料理教室をオーガナイズ、開催。ワイン好...

関連する投稿


夏はテラスでアペリティーボしよう。ミラノのおすすめテラス〜ミラノ通信 #13

夏はテラスでアペリティーボしよう。ミラノのおすすめテラス〜ミラノ通信 #13

日没が21時になるというイタリアの夏至。この季節は、景色を眺めながらの食事やアペリティーボ(ハッピーアワー)がおすすめです。今回のミラノ通信は、ミラノ在住の河見恵子さんが、ミラノでおすすめのレストランやカフェをご紹介します。


ミラネーゼのバカンスは美しい港町ポルトフィーノで。~ミラノ通信 #12

ミラネーゼのバカンスは美しい港町ポルトフィーノで。~ミラノ通信 #12

イタリアでは6月に入るとすっかり気分はバカンスモードなのだとか。今回のミラノ通信では、人気の高級リゾート地である港町、ポルトフィーノへの週末日帰り旅をご紹介します。美しい街並みや湾を見渡す景色は必見です。


 熟練の職人技が光るイタリアのウエディングドレス〜ミラノ通信 #11

熟練の職人技が光るイタリアのウエディングドレス〜ミラノ通信 #11

6月のジューンブライドにさきがけ、ミラノではブライダルウィークが開催されました。華やかなドレスはそれを支えているデザイナーや職人たちの力なくして存在しません。ミラノ在住の河見恵子さんにレポートしていただきました。


ミラネーゼが愛するフラワーフェスティバル~ミラノ通信 #10

ミラネーゼが愛するフラワーフェスティバル~ミラノ通信 #10

初夏を感じるイタリアの5月。ミラノでは恒例のフラワーフェステバルが開催されます。花々や植木、ガーデニング用品だけでなく、レストランや美容イベントまで開催されるこのイベントは今年もたくさんの人で賑わいを見せました。ミラノ在住の河見恵子さんがレポートします。


ミラノのスーパーマーケット~ミラノ通信 #9

ミラノのスーパーマーケット~ミラノ通信 #9

ミラノのスーパーマーケットはまず外観から日本のそれとは全く違い、景観に完璧に溶け込むほどのさりげなさ。また、営業時間が長くなり、コンビニのないイタリアにおいて利用者も増加しているそうです。今回のミラノ通信では、ミラノのスーパーマーケット事情をお伝えします。


最新の投稿


JUMII TOKYO代表・前島ゆみさんがきれいのために夜していること

JUMII TOKYO代表・前島ゆみさんがきれいのために夜していること

オトナのための爪に優しいネイルポリッシュブランド「JUMII TOKYO(ジュミートウキョウ)」代表で、ビューティプロダクトプランナーの前島ゆみさん。きれいのために夜していることは何ですか?


コンドームを「メイクラブの小道具」に

コンドームを「メイクラブの小道具」に

コンドームを着けない男性に対し、「着けて」と言えない女性は少なくない。厳しい言い方かもしれないが、性病や妊娠を望まない相手とのセックスにおいてコンドームを着用しないのは、「自分の体を大事にしない」行為でもある。考え方を変えて、コンドームをセックスを楽しむ小道具にしてみてはどうか。作家の島田佳奈さんによる提案だ。


女性向けデリケートゾーン専用ソープ「iroha INTIMATE WASH」のポップアップストア

女性向けデリケートゾーン専用ソープ「iroha INTIMATE WASH」のポップアップストア

女性向けデリケートゾーン専用ソープ「iroha INTIMATE WASH(イロハ インティメート ウォッシュ)」のポップアップストアが8月15日~8月31日の間、新宿マルイアネックス館1階にてオープンします。天然精油の香りが配合された、iroha INTIMATE WASHの泡立ちやテクスチャを試せるコーナーも。


恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

会えないときにふたりの気持ちをつなぎ、高めるLINE。現代の恋愛に欠かせないコミュニケーションツールとなったLINEは、相手の顔が見えない非対面コミュニケーションがゆえに、対面コミュニケーション以上に相手への気遣いが必要です。恋愛におけるLINEでは、彼がほしい言葉を察して送り、恋心を盛り上げていくことが大切。


シリコンバレー式プログラミングブートキャンプでキャリアチェンジ

シリコンバレー式プログラミングブートキャンプでキャリアチェンジ

プログラミングといえば男性の職業。そんなイメージがあるかもしれませんが、2017年の7月に日本で初めて開催されたシリコンバレー式のプログラミングスクール「コードクリサリス」の講師・受講生の半分は女性。ミッションのひとつに「女性のエンジニアを増やす」「業界を動かす先駆者になる」と掲げる彼らの思いとは。