ミラネーゼの新年の迎えかた~ミラノ通信#2

ミラネーゼの新年の迎えかた~ミラノ通信#2

前回はクリスマスの過ごし方をミラノ在住河見恵子さんに取材してくれましたが、今回は日本とはちょっと違ったイタリアの新年の迎えかたを伺いました。


Buon Anno2017☆☆明けましておめでとうございます。

クリスマスから1週間で新年を迎え、飾り付けなど街の様子ががらりと変わる日本。いっぽうイタリアでは、なんとクリスマス飾りはそのままに、1月6日のEpifania東方の3博士がキリストの誕生を祝福しに駆けつけたとされる祝日までがクリスマスのフェスタ期間となるのです。
「魔女ベファーナの日」とも呼ばれ、子どもたちがツリーや暖炉に用意したくつ下にプレゼントをもらえる日。良い子にはプレゼント、悪い子には炭が入るとされています。

クリスマスのプレゼントも本来はこの日にもらうのですが、最近はクリスマスにプレゼント交換をして、良い子にはさらにベファーナから贈り物がもらえるのです。日本でいうお年玉のようなものでしょうか? 子どもたちはウキウキと聞き分けよく過ごします。
イタリアではこの日にクリスマス飾りが片付けられ、街はふだんの顔に戻るのです。

1月6日までのクリスマスのフェスタ期間中はクリスマス飾りもそのまま。

花火で迎える新年!

新年を迎える瞬間は、花火や爆竹で賑やかに迎えるのがイタリア流。大きな打ち上げ花火が上がる街もあり、発泡酒スプマンテを開けて「Auguri!!(おめでとう)」とお祝いします。以前、銃撃戦のようなもの凄い轟音があちこちで響く様子の動画をみて、戦闘の爆撃かと錯覚したことがありました。よく見たらこれはナポリの年越しの様子でした。決められた打ち上げ花火ではなく、街のあちこちで人々が好き勝手に花火を打ち上げ、爆竹を鳴らしていた映像。ニュースで今年も死者がでた、と報道があったのでビックリしました。なんともナポリらしい伝統的な新年の迎え方。年越しの瞬間は、外を歩くのも命がけといわけです。

閑静な住宅街でも年越しの瞬間は各所で花火が打ち上げられ、とてもにぎやか。

Photo/Takehiko Niki

ミラノでも各所で花火が打ち上げられます。こちらの写真は、自宅の窓を開けたら飛び込んできた光景を友人のカメラマンTakehiko Niki氏が捉えたもの。ミラノの中心地、閑静な住宅街でもこのとおりです。翌朝は打ち上げ花火の残骸が転がり、市の清掃車が綺麗に片付けていきます。近所迷惑や後始末を顧みず花火を打ち上げ、規制に縛られずに楽しむイタリア人、人生も節目の行事もめいっぱい楽しむ姿勢は、ある意味、羨ましいものがあります。

おおみそかに食べる縁起のよいイタリア流おせち

大晦日に食べるコテキーノとザンポーネは、日本のおせち料理。

日本のおせち料理にあたるものはあるの? と聞かれますが、こちらではコテキーノといって豚の腸に挽肉やスパイスを詰めたソーセージ、豚の前足に同じく詰めたザンポーネと言われるものを、レンズ豆の煮込みとともにいただきます。レンズ豆は平たくお金の形をしていることから、食べるとお金が入ってくるといわれ、縁起のいいものとされています。
健康でお金に困らない年を迎えられるよう、この2つを大晦日に食べるのが慣例となっています。

菓子店に積み上げられた、イタリアの定番菓子パペットーネ。

ドライフルーツが入ったパネットーネは、クリスマスを過ぎても登場するイタリアの冬の定番菓子。

デザートには、パネットーネ。12月に入るとお菓子屋、パン屋、ガストロノミア、スーパーに至るまで山のように積み上げられます。天然酵母を使って焼き上げるドライフルーツ入りのブリオッシュのようなケーキはミラノ発祥、クリスマスを過ぎても朝食や食後に登場するイタリアの冬の定番菓子です。

赤い下着を身につける! アモーレの国

この季節は赤で飾られるのが恒例の下着メーカーのショーウインドウ。

もう1つ、大晦日の夜の慣例を。愛と幸運でいっぱいな新年を迎えられるよう、男女ともに赤い下着を身につけるのです。健康、金運、幸運だけでなく愛も、というところがアモーレの国らしいですね。年末の下着メーカーのウインドウは、赤いシリーズで飾られるのがこちらも恒例となっています。

大騒ぎのうちに元日を迎えるイタリア。正月は1日のみで、2日からは通常の平日です。
今年のセールは1月5日からスタート。Saldi(セール)の期間は長く、30%オフから始まって50%、2月末ころには70%オフとなる店もあり、人々は狙ったものが値下がりしていく様子をみながら、もう少し待ってより安く手に入れるか、売れてしまう前に購入するか、駆け引きに余念がありません。

流行に関係なく使えるキッチン用品なども、セール購入のねらい目です。明るい色のテーブルクロスやキッチン小物をみると、春が待ち遠しくなってきますね。

この記事のライター

日本航空で15年間、国際線客室乗務員として勤務。退職後はミラノに居住し、東京と往復する生活。ミラノ・ブレラ地区を中心に、身近な情報をブログやFBで発信。ミラノでは在イタリア日本人のために料理教室をオーガナイズ、開催。ワイン好...

関連する投稿


夏は海へ。イタリア人の過ごし方〜ミラノ通信#16

夏は海へ。イタリア人の過ごし方〜ミラノ通信#16

日焼けが大好きなイタリア人は、夏はビーチへバカンスに出かけます。パラソルと透き通った海、新鮮な魚介類など、のんびり日焼けしながら過ごすバカンスは優雅ながらとても人間らしい時間ではないでしょうか。ミラノ在住の河見恵子さんにレポートしていただきました。


世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

イタリア北西部にある5つの村、チンクエ・テッレをご存知でしょうか。ユネスコの世界遺産にも登録され、その美しい景観から世界中から観光客がやってくるスポットになっています。ミラノ在住の河見恵子さんによる日帰り旅行レポート、今回は後編をお送りします。


世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ〜ミラノ通信#14

世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ〜ミラノ通信#14

イタリア北西部にある5つの村、チンクエ・テッレをご存知でしょうか。ユネスコの世界遺産にも登録されており、その美しい景観から世界中から観光客がやってくるスポットになっています。ミラノ在住の河見恵子さんによる日帰り旅行レポート、今回は前編をお送りします。


夏はテラスでアペリティーボしよう。ミラノのおすすめテラス〜ミラノ通信 #13

夏はテラスでアペリティーボしよう。ミラノのおすすめテラス〜ミラノ通信 #13

日没が21時になるというイタリアの夏至。この季節は、景色を眺めながらの食事やアペリティーボ(ハッピーアワー)がおすすめです。今回のミラノ通信は、ミラノ在住の河見恵子さんが、ミラノでおすすめのレストランやカフェをご紹介します。


ミラネーゼのバカンスは美しい港町ポルトフィーノで。~ミラノ通信 #12

ミラネーゼのバカンスは美しい港町ポルトフィーノで。~ミラノ通信 #12

イタリアでは6月に入るとすっかり気分はバカンスモードなのだとか。今回のミラノ通信では、人気の高級リゾート地である港町、ポルトフィーノへの週末日帰り旅をご紹介します。美しい街並みや湾を見渡す景色は必見です。


最新の投稿


マウンティング男子は「さしすせそ」で撃破すべし

マウンティング男子は「さしすせそ」で撃破すべし

男はマウンティングの生物です。俺はすごいんだぞ、お前より優位にいるんだぞ、こんなに上にいるんだぞ……ああ自慢ばかりめんどくさい! けれど嫌がれているのに気づかないのも、男という哀しい生物の性なのです。今回は、そんな「マウンティング男子」と遭遇したときの必殺テクニックを紹介します。


ヘアカラー後の気になる黄味をおさえる、自宅髪色ケアアイテム「髪色サプリ」

ヘアカラー後の気になる黄味をおさえる、自宅髪色ケアアイテム「髪色サプリ」

花王は「リーゼプリティア 髪色サプリ」を9月30日より、全国のドラッグストアなどの店頭で発売。ヘアカラー後しばらくすると、色が抜けて黄味がかって明るくなったり、金髪っぽくなったり……そんな悩みを自宅ケアで解決。「週1~2回塗って流すだけ」の新しい髪色ケア習慣の提案です。


セックスへの積極的度心理テスト~誘うときは自分から? 彼から?

セックスへの積極的度心理テスト~誘うときは自分から? 彼から?

今回はセックスへの積極度を診断する心理テストをご紹介します。パートナーと愛し合う大切な時間に、あなたはどんな誘い方をしますか? 積極的に誘う人、とにかく待つ人、誘わせるよう仕向ける人など、さまざまかと思います。このテストで、そんなあなたの深層心理が見えてくるかも。


表面カリカリ、中モチモチ。ハワイ発のマラサダドーナツ店が関東初上陸

表面カリカリ、中モチモチ。ハワイ発のマラサダドーナツ店が関東初上陸

ハワイ発のマラサダドーナツ店が浅草に10月15日よりオープンします。注文を受けてから手づくりで提供されるドーナツは、もっちり感をその場で味わえるのが魅力。10月10日からの3日間はプレオープン期間として、マラサダドーナツの無料提供も。


男だけの美しいコメディ・バレエ「トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団」が来日!

男だけの美しいコメディ・バレエ「トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団」が来日!

ニューヨーク発の大人気コメディ・バレエ団「トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団」が30回目となるジャパンツアーを開催中! 格式高いと敬遠されがちなクラシックバレエを明るく笑えるものに変え、世界を魅了したそのテクニックと芸術性は、単なる女装バレエにとどまりません。一度は観たい、彼らの舞台の魅力に迫ります。


おっぱい

MENU

DRESS部活