ミラネーゼの新年の迎えかた~ミラノ通信#2

ミラネーゼの新年の迎えかた~ミラノ通信#2

前回はクリスマスの過ごし方をミラノ在住河見恵子さんに取材してくれましたが、今回は日本とはちょっと違ったイタリアの新年の迎えかたを伺いました。


Buon Anno2017☆☆明けましておめでとうございます。

クリスマスから1週間で新年を迎え、飾り付けなど街の様子ががらりと変わる日本。いっぽうイタリアでは、なんとクリスマス飾りはそのままに、1月6日のEpifania東方の3博士がキリストの誕生を祝福しに駆けつけたとされる祝日までがクリスマスのフェスタ期間となるのです。
「魔女ベファーナの日」とも呼ばれ、子どもたちがツリーや暖炉に用意したくつ下にプレゼントをもらえる日。良い子にはプレゼント、悪い子には炭が入るとされています。

クリスマスのプレゼントも本来はこの日にもらうのですが、最近はクリスマスにプレゼント交換をして、良い子にはさらにベファーナから贈り物がもらえるのです。日本でいうお年玉のようなものでしょうか? 子どもたちはウキウキと聞き分けよく過ごします。
イタリアではこの日にクリスマス飾りが片付けられ、街はふだんの顔に戻るのです。

1月6日までのクリスマスのフェスタ期間中はクリスマス飾りもそのまま。

花火で迎える新年!

新年を迎える瞬間は、花火や爆竹で賑やかに迎えるのがイタリア流。大きな打ち上げ花火が上がる街もあり、発泡酒スプマンテを開けて「Auguri!!(おめでとう)」とお祝いします。以前、銃撃戦のようなもの凄い轟音があちこちで響く様子の動画をみて、戦闘の爆撃かと錯覚したことがありました。よく見たらこれはナポリの年越しの様子でした。決められた打ち上げ花火ではなく、街のあちこちで人々が好き勝手に花火を打ち上げ、爆竹を鳴らしていた映像。ニュースで今年も死者がでた、と報道があったのでビックリしました。なんともナポリらしい伝統的な新年の迎え方。年越しの瞬間は、外を歩くのも命がけといわけです。

閑静な住宅街でも年越しの瞬間は各所で花火が打ち上げられ、とてもにぎやか。

Photo/Takehiko Niki

ミラノでも各所で花火が打ち上げられます。こちらの写真は、自宅の窓を開けたら飛び込んできた光景を友人のカメラマンTakehiko Niki氏が捉えたもの。ミラノの中心地、閑静な住宅街でもこのとおりです。翌朝は打ち上げ花火の残骸が転がり、市の清掃車が綺麗に片付けていきます。近所迷惑や後始末を顧みず花火を打ち上げ、規制に縛られずに楽しむイタリア人、人生も節目の行事もめいっぱい楽しむ姿勢は、ある意味、羨ましいものがあります。

おおみそかに食べる縁起のよいイタリア流おせち

大晦日に食べるコテキーノとザンポーネは、日本のおせち料理。

日本のおせち料理にあたるものはあるの? と聞かれますが、こちらではコテキーノといって豚の腸に挽肉やスパイスを詰めたソーセージ、豚の前足に同じく詰めたザンポーネと言われるものを、レンズ豆の煮込みとともにいただきます。レンズ豆は平たくお金の形をしていることから、食べるとお金が入ってくるといわれ、縁起のいいものとされています。
健康でお金に困らない年を迎えられるよう、この2つを大晦日に食べるのが慣例となっています。

菓子店に積み上げられた、イタリアの定番菓子パペットーネ。

ドライフルーツが入ったパネットーネは、クリスマスを過ぎても登場するイタリアの冬の定番菓子。

デザートには、パネットーネ。12月に入るとお菓子屋、パン屋、ガストロノミア、スーパーに至るまで山のように積み上げられます。天然酵母を使って焼き上げるドライフルーツ入りのブリオッシュのようなケーキはミラノ発祥、クリスマスを過ぎても朝食や食後に登場するイタリアの冬の定番菓子です。

赤い下着を身につける! アモーレの国

この季節は赤で飾られるのが恒例の下着メーカーのショーウインドウ。

もう1つ、大晦日の夜の慣例を。愛と幸運でいっぱいな新年を迎えられるよう、男女ともに赤い下着を身につけるのです。健康、金運、幸運だけでなく愛も、というところがアモーレの国らしいですね。年末の下着メーカーのウインドウは、赤いシリーズで飾られるのがこちらも恒例となっています。

大騒ぎのうちに元日を迎えるイタリア。正月は1日のみで、2日からは通常の平日です。
今年のセールは1月5日からスタート。Saldi(セール)の期間は長く、30%オフから始まって50%、2月末ころには70%オフとなる店もあり、人々は狙ったものが値下がりしていく様子をみながら、もう少し待ってより安く手に入れるか、売れてしまう前に購入するか、駆け引きに余念がありません。

流行に関係なく使えるキッチン用品なども、セール購入のねらい目です。明るい色のテーブルクロスやキッチン小物をみると、春が待ち遠しくなってきますね。

この記事のライター

日本航空で15年間、国際線客室乗務員として勤務。退職後はミラノに居住し、東京と往復する生活。ラノ・ブレラ地区を中心に、身近な情報をブログやFBで発信。ミラノでは在イタリア日本人のために料理教室をオーガナイズ、開催。ワイン好き...

関連する投稿


観光でも楽しいイタリアの市場「メルカート」の楽しみかた〜ミラノ通信#6

観光でも楽しいイタリアの市場「メルカート」の楽しみかた〜ミラノ通信#6

おしゃれなミラネーゼも愛する市場「メルカート」でのお買い物。お花や食料品をはじめ、どんなものが買えるのか、活気あふれるメルカートの様子をミラノ在住の河見恵子さんにレポートしてもらいました。


イタリアのハッピーアワー!?「アペリティーボ」の楽しみかた~ミラノ通信#5

イタリアのハッピーアワー!?「アペリティーボ」の楽しみかた~ミラノ通信#5

イタリアでおなじみとなっている、食前酒と軽食を楽しむアペリティーボの習慣。元来食前酒を意味する言葉でしたが、今ではブッフェ形式があったり、いつくかのスタイルが定着しています。楽しみ方をミラノ在住の河見恵子さんにレポートしてもらいました。


ミラノでお気に入りのアンティーク探しを~ミラノ通信#4

ミラノでお気に入りのアンティーク探しを~ミラノ通信#4

ミラノのナヴィリオ運河沿いでは、毎月最終日曜日に、「大骨董市」というアンティークの市場が開催されています。わざわざ「大」と呼ぶだけあって、500余りの出展者が2キローメートルほどのエリアに並ぶ大きな規模です。アンティーク市の様子と買い物のしかたなどをミラノ在住河見さんにレポートしてもらいました。


イタリアワインの特徴と魅力~ミラノ通信#3

イタリアワインの特徴と魅力~ミラノ通信#3

ミラノ通信の3回目は、イタリアに渡ってワインに魅了されて、最短でも2年かかるというソムリエ資格を4年かけて取得したという河見恵子さんにイタリアワインの特徴とブドウ品種など基本を紹介して頂きます。


アラフィフ女性が109で福袋を買ってみたら【デキる女の決断クローゼット #15】

アラフィフ女性が109で福袋を買ってみたら【デキる女の決断クローゼット #15】

福袋を買ったことがなかった輪湖もなみさん。一度くらいはと思い、2017年は渋谷109で福袋を購入してみたところ、思わぬ発見がありました。


最新の投稿


「お金が増える仕組み」は簡単に作れる

「お金が増える仕組み」は簡単に作れる

お金が増える仕組みを作っている人は、自然と貯金がうまくいき、お金が貯まっていきます。貯金ができない、お金がなかなか増えていかない。そんなことにお悩みの人は、お金が貯まる仕組みを知らないだけかもしれません。今回はお金を増やすさまざまな仕掛けと要素を上手に使って、お金が増える仕組みを作る方法をご紹介します。


購入か賃貸か問題 - 独身30代オンナの迷い

購入か賃貸か問題 - 独身30代オンナの迷い

購入か賃貸か。賃貸マンションに住み続けて十数年、購入と賃貸どっちがいいのか――30代は悩み始める年頃。でも、なんとなく賃貸住まいを続ける、という選択はそろそろやめませんか? 住まいを選び、決めるのは自分。もっと自由に考えてもいいのでは。ユキ・クリヤマさんが自身の不動産選びを連載コラムを通してお届けします。


妊娠前にしておくことは、妊娠・分娩の“正しい”基礎知識を手に入れること

妊娠前にしておくことは、妊娠・分娩の“正しい”基礎知識を手に入れること

妊娠前にしておくことは……?これから妊娠を考える女性にぜひ手に取っていただきたい『はじめてママになる人の「妊娠・出産」読本』。著者のにしじまクリニック院長・西島重光医師が、妊娠に関する正しい情報や知識を全7回に渡って解説します。


自分に嘘をつかない人は、最高の人生を創れる人。

自分に嘘をつかない人は、最高の人生を創れる人。

苦しいとき「大変だから」と逃げ出すのは誰にでもできること。でも、落ち着いて考えてれば、解決策は必ず導き出される。それを繰り返すなかで、自分にとって最高のパートナーである「自分」を大切にして、最高の人生を創っていけるのだ。自分に嘘をついてはいけない。


生きるのが楽になる8つの考え方<前編>

生きるのが楽になる8つの考え方<前編>

生きるのが楽になる考え方を知って、毎日を心地よく過ごしてみませんか? 人生は考え方次第で自由に変えることができます。今、なんとなく生きていてしんどい、人との関わりが面倒だな、などと感じているなら、考え方を変えてみてはいかがでしょう。生きるのが楽になる考え方を8つ、前後編に分けてご紹介していきます。