LINE美人を目指そう。素敵な女性に共通するLINEの使い方

LINE美人を目指そう。素敵な女性に共通するLINEの使い方

LINEの使い方、悩んでしまうことはありませんか? 友達に対するLINEの使い方、LINEでのスタンプの使い方など、LINEにおける素敵な大人女性のふるまいを考えてみました。『LINE 楽しく使える!快適ワザ』著者の鈴木朋子さんが提案します。


新しい年がスタートしました。今年は年賀状だけでなく、LINEで年始の挨拶をした方も多かったことと思います。

いつでも気軽にメッセージを送ることができ、ユニークなスタンプを添えられるLINE。とても便利な反面、少し使い方を間違えるとマナー違反になってしまいます。今回は、素敵な女性が共通して実践している、LINEでお互いに心地よく交流するためのコツをお伝えします。

■LINEで大事なのはリズムとタイミング

EメールとLINEの大きな違いは、文章のやりとりではなく、会話に近い交流であること。じっくり考えて返事をするEメールと異なり、返信のタイミングがとても大切です。

相手がすぐ聞いてほしそうなメッセージが来たら、なるべく早めに返答してあげましょう。ちょっとした愚痴なら、相手を肯定する相槌を打つことで、気持ちをおさめてあげることができます。

一方、あまり「即レス(すぐ返事をすること)」ばかりしていると、自分の日常に影響が出るだけでなく、相手も負担に感じてしまうかもしれません。特に急ぎではないと感じるメッセージなら、少しずつ間をおいて、こちらの手が空いたときに返せばよいでしょう。

LINEには「既読」マークがあります。メッセージを読んだことが相手に通知される機能です。既読がついたのに返信しない「既読スルー」や、「通知」でメッセージを読んで返信しない「未読スルー」など、返信が遅いことを責めるような用語も生まれています。

でも、DRESS世代がつながっている友人や仕事仲間なら、それほど過敏にならなくても大丈夫でしょう。もし素早い返信が苦手なら、あらかじめ「通知に気づきにくい」とか、「文字を打つのが苦手で」などの言い訳もおすすめです。そのうち、相手もこれがあなたの返信ペースなのだと理解してくれるはずです。

後輩からの愚痴はすぐ回答してあげるのが吉

■LINEといえばスタンプ! 敬語入りスタンプの使い方

LINEの人気を大きく押し上げた「スタンプ」。ユニークな表情や短いメッセージ入りのものなど、数多く配信されています。

「スタンプショップ」の「EVENT」タブには、企業による無料スタンプが次々に公開されています。無料とはいえ、魅力的なスタンプが多く、特に有料スタンプを購入する必要はないかもしれません。

とはいえ、キャラクターのスタンプやふざけた調子のスタンプばかりでは、大人の女性とは言えません。あなたのセンスを魅せられるスタンプをいくつか購入しておきましょう。

目上の人や仕事仲間にも使えるような、敬語入りのスタンプがおすすめです。スタンプショップで「敬語」と検索すると、敬語入りのスタンプがたくさんヒットするので、一度見てみてくださいね。また、猫や犬など動物のイラストスタンプも無難に受け入れられるでしょう。

上司からのLINEには敬語入りのスタンプが大活躍

■LINEをスマートに終わらせる方法

LINEでの会話は、ダラダラと続いてしまいがちです。会話を打ち切るタイミングがつかめないとき、おすすめは「スタンプ」です。「さようなら」や「またね」といった直接的なスタンプだけでなく、なんとなく締めを感じさせるスタンプでも活用できます。

もしメッセージが深夜に及んでしまった場合なら、「明日早いからこのへんで」とか、「そろそろお風呂に入るからまたね」というように、素直に状況を話すとよいでしょう。

「今日は話せて楽しかった」「お互いにがんばろうね」などのセリフも、そろそろ会話を終わりにする良いきっかけになります。

スタンプを打つことで会話の終わりを感じさせる

■LINEで友達とやりとりするときの注意点

「ちょっと誰かと話したいな」という瞬間が訪れることもあるでしょう。でも、構ってほしい気持ちを全面に出してメッセージを送るのは、大人の女性がすることではありません。お互いに心を許している相手にのみ、甘えるようにしたいですね。

また、「自分語り」が過ぎるのも避けたいところです。自分の話を聞いてもらうのはとても気分の良いことですが、相手が楽しいとは限りません。「自分の話ばかりになっている」と感じたら、相手に話題を振ってみましょう。

交流する道具がLINEでも、人間同士のやりとりであることには変わりません。気遣いを忘れず、楽しいLINE生活を送りましょう。

LINEは気軽にメッセージを送れるけれど、相手への気遣いが大切

この記事のライター

ITライター/ITジャーナリスト。LINEやFacebook、スマートフォンなど、身近なITに関する記事を執筆している。初心者がつまずきやすいポイントをやさしく解説することに定評があり、入門書の著作は20冊を越える。近著は『...

関連するキーワード


LINE

関連する投稿


あなたのLINEは大丈夫? 

あなたのLINEは大丈夫? 

大人の女性に求められるのは、年齢を重ねただけ成熟され、磨かれた「大人力」なのかもしれません。そんな大人力を身に着けた女性は、好きな相手とどのように恋に落ちていくのか。LINEの使い方から覗いてみた。


危ないLINEのメッセージ。好きなテレビドラマの話題はアリかナシか?

危ないLINEのメッセージ。好きなテレビドラマの話題はアリかナシか?

34歳・派遣社員のヒロミさんは、とあるLINEメッセージをきっかけに、婚活相手から返事がこなくなってしまった。婚活アドバイザー大西朋美さんは、この状況を”相手がどんな状況にいるのか”という推測が欠けていると指摘。ヒロミさんがやってしまった致命的なミスとはなんだったのでしょうか。


【ダサいLINEチェック】こんなLINEスタンプの使い方は嫌われる?

【ダサいLINEチェック】こんなLINEスタンプの使い方は嫌われる?

【ダサいLINEチェック】後半は、スタンプの使い方について。日本で誰かと文字でコミュニケーションをとるとき、「LINE」の存在は欠かせません。今や誰もが使う「LINE」だからこそ、ダサくならないように、気をつけたいもの。あなたのLINEは大丈夫?


もしも彼からの返事を待つことに疲れたら【カツセマサヒコ】

もしも彼からの返事を待つことに疲れたら【カツセマサヒコ】

好きな人からLINEの返事が来ない。それってもしかしたら、相手にとってあなたの優先順位がそれほど高くないからなのかもしれない。だから私たちは想像する。どんな話なら喜んでくれるかな、興味を持ってくれるかな、と。ライターのカツセマサヒコさんが、生きていくうえで訪れるたくさんの喜びや悲しみにそっと寄り添うエッセイ、第6回。


LINEで自撮り写真を送るのはイタい?

LINEで自撮り写真を送るのはイタい?

LINEでのやりとりで、自撮り写真を送ることはイタいのか? アラフォー・アラフィフ女性にとって、何より言われたくない言葉が「イタい」でしょう。例えばレースやリボン、ピンク、ふんわりスカートが基本の甘口ファッション。若いうちは自然と似合う甘口ファッションも、年齢を重ねていくと“イタい”ファッションになってしまいます。


最新の投稿


絶品&簡単! 赤ワインに合うおつまみ4選

絶品&簡単! 赤ワインに合うおつまみ4選

今回ご紹介するのは赤ワインに合うおいしいおつまみ。まだまだ日本の家庭には馴染みきっていないワイン。簡単にすぐ用意できるものでもおつまみになるし、簡単なのにおしゃれなものもたくさんあります。前回の白ワイン編に続きこちらもおしゃれ晩酌に活用してみてくださいね。


「終活」は30代からでも早すぎない――大切なモノを見つめなおす時間を

「終活」は30代からでも早すぎない――大切なモノを見つめなおす時間を

34歳でこの世を去った、フリーアナウンサーの小林麻央さん。若くして亡くなってしまうこともあるんだ、と麻央さんの生涯に自分を重ねた方も多いかもしれません。人間いつかは必ず「死」を迎えます。必ずくるその日のために、少しづつ準備を始めませんか?


「アユーラ フォンダンルージュ」新発売。インスタでプレゼントキャンペーンも

「アユーラ フォンダンルージュ」新発売。インスタでプレゼントキャンペーンも

アユーラ ラボラトリーズから、新ルージュ「アユーラ フォンダンルージュ」が新発売。それを記念してインスタグラムでキャンペーンを実施します。抽選で10名さまにフォンダンルージュをプレゼント。


レモンとミントとはちみつと――チェコで大人気「自家製レモネード」

レモンとミントとはちみつと――チェコで大人気「自家製レモネード」

冷たい飲み物がおいしい季節になってきましたね。こちらチェコでは、自家製レモネードが人気です。必要なのは、レモンとはちみつとミントだけ。簡単なのに、とてもおしゃれでおいしいので、試してみてくださいね!


吸うリラクゼーション「ポータブル水素吸入器 SÜ(スゥ)」

吸うリラクゼーション「ポータブル水素吸入器 SÜ(スゥ)」

リラックスしたいとき、お気に入りの香りと一緒に水素を吸える、ポータブル水素吸入器「SÜ(スゥ)」が協和医療器より数量限定で新発売。グリーン、ピンクの2色展開です。


DRESS部活