LINE美人を目指そう。素敵な女性に共通するLINEの使い方

LINE美人を目指そう。素敵な女性に共通するLINEの使い方

LINEの使い方、悩んでしまうことはありませんか? 友達に対するLINEの使い方、LINEでのスタンプの使い方など、LINEにおける素敵な大人女性のふるまいを考えてみました。『LINE 楽しく使える!快適ワザ』著者の鈴木朋子さんが提案します。


新しい年がスタートしました。今年は年賀状だけでなく、LINEで年始の挨拶をした方も多かったことと思います。

いつでも気軽にメッセージを送ることができ、ユニークなスタンプを添えられるLINE。とても便利な反面、少し使い方を間違えるとマナー違反になってしまいます。今回は、素敵な女性が共通して実践している、LINEでお互いに心地よく交流するためのコツをお伝えします。

■LINEで大事なのはリズムとタイミング

EメールとLINEの大きな違いは、文章のやりとりではなく、会話に近い交流であること。じっくり考えて返事をするEメールと異なり、返信のタイミングがとても大切です。

相手がすぐ聞いてほしそうなメッセージが来たら、なるべく早めに返答してあげましょう。ちょっとした愚痴なら、相手を肯定する相槌を打つことで、気持ちをおさめてあげることができます。

一方、あまり「即レス(すぐ返事をすること)」ばかりしていると、自分の日常に影響が出るだけでなく、相手も負担に感じてしまうかもしれません。特に急ぎではないと感じるメッセージなら、少しずつ間をおいて、こちらの手が空いたときに返せばよいでしょう。

LINEには「既読」マークがあります。メッセージを読んだことが相手に通知される機能です。既読がついたのに返信しない「既読スルー」や、「通知」でメッセージを読んで返信しない「未読スルー」など、返信が遅いことを責めるような用語も生まれています。

でも、DRESS世代がつながっている友人や仕事仲間なら、それほど過敏にならなくても大丈夫でしょう。もし素早い返信が苦手なら、あらかじめ「通知に気づきにくい」とか、「文字を打つのが苦手で」などの言い訳もおすすめです。そのうち、相手もこれがあなたの返信ペースなのだと理解してくれるはずです。

後輩からの愚痴はすぐ回答してあげるのが吉

■LINEといえばスタンプ! 敬語入りスタンプの使い方

LINEの人気を大きく押し上げた「スタンプ」。ユニークな表情や短いメッセージ入りのものなど、数多く配信されています。

「スタンプショップ」の「EVENT」タブには、企業による無料スタンプが次々に公開されています。無料とはいえ、魅力的なスタンプが多く、特に有料スタンプを購入する必要はないかもしれません。

とはいえ、キャラクターのスタンプやふざけた調子のスタンプばかりでは、大人の女性とは言えません。あなたのセンスを魅せられるスタンプをいくつか購入しておきましょう。

目上の人や仕事仲間にも使えるような、敬語入りのスタンプがおすすめです。スタンプショップで「敬語」と検索すると、敬語入りのスタンプがたくさんヒットするので、一度見てみてくださいね。また、猫や犬など動物のイラストスタンプも無難に受け入れられるでしょう。

上司からのLINEには敬語入りのスタンプが大活躍

■LINEをスマートに終わらせる方法

LINEでの会話は、ダラダラと続いてしまいがちです。会話を打ち切るタイミングがつかめないとき、おすすめは「スタンプ」です。「さようなら」や「またね」といった直接的なスタンプだけでなく、なんとなく締めを感じさせるスタンプでも活用できます。

もしメッセージが深夜に及んでしまった場合なら、「明日早いからこのへんで」とか、「そろそろお風呂に入るからまたね」というように、素直に状況を話すとよいでしょう。

「今日は話せて楽しかった」「お互いにがんばろうね」などのセリフも、そろそろ会話を終わりにする良いきっかけになります。

スタンプを打つことで会話の終わりを感じさせる

■LINEで友達とやりとりするときの注意点

「ちょっと誰かと話したいな」という瞬間が訪れることもあるでしょう。でも、構ってほしい気持ちを全面に出してメッセージを送るのは、大人の女性がすることではありません。お互いに心を許している相手にのみ、甘えるようにしたいですね。

また、「自分語り」が過ぎるのも避けたいところです。自分の話を聞いてもらうのはとても気分の良いことですが、相手が楽しいとは限りません。「自分の話ばかりになっている」と感じたら、相手に話題を振ってみましょう。

交流する道具がLINEでも、人間同士のやりとりであることには変わりません。気遣いを忘れず、楽しいLINE生活を送りましょう。

LINEは気軽にメッセージを送れるけれど、相手への気遣いが大切

この記事のライター

ITライター/ITジャーナリスト。LINEやFacebook、スマートフォンなど、身近なITに関する記事を執筆している。初心者がつまずきやすいポイントをやさしく解説することに定評があり、入門書の著作は20冊を越える。近著は『...

関連するキーワード


LINE

関連する投稿


恋愛を加速させる、大人女性のLINEのやりとり

恋愛を加速させる、大人女性のLINEのやりとり

異性が愛おしいと思う、LINE(ライン)のやりとりとは一体どんなものか? 今回は、LINEを使った大人の恋愛テクニックについて、コミュニケーションコンサルティング会社を経営する西澤 史子さんにお話を聞いてみました。男性と恋愛に発展する上でかかせないポイントは「素直な気持ち」です。


別れた彼のLINE削除、あり?なし?

別れた彼のLINE削除、あり?なし?

別れた恋人のLINE IDを削除しますか? 別れた瞬間に削除する人もいれば、別れたあともずっと残しておくタイプの人もいます。今回の記事では「今後の関係」に焦点をあてながら「削除すべきタイミング」と「削除してはいけない場合」をみていきます。


LINE既読スピードが速いほど、恋がソッコーで終わる理由

LINE既読スピードが速いほど、恋がソッコーで終わる理由

LINEの「既読問題」は度々話題になる。LINEの既読=「もう読んだからね」という意味のメッセージであることを忘れてはいけない。LINEを早く既読にしてしまう人ほど、恋が終わるスピードが速いのだ。結婚相談所を経営する、大西明美さんが解説する。


「金夜にLINEの時間、とってくれる?」そう言える女はフラれない

「金夜にLINEの時間、とってくれる?」そう言える女はフラれない

LINEで彼女から詰められる男性の心理を想像してみよう。しかも、年末年始という繁忙期に。ちょっと距離をおきたい、と思われるのも無理はない。恋愛が壊れるのを防ぐ「金曜夜のLINEテク」をご紹介します。


【忠告】気になる男性からの「しょうもないLINE」を雑に取り扱うと損する

【忠告】気になる男性からの「しょうもないLINE」を雑に取り扱うと損する

出会って間もない男性から届く「おはよう。今日はいい天気だね。一日がんばろうね」といった、なんて返せばいいの……と戸惑うつまらないLINE。でも、そのLINEを送ってきた意図を読み取り、的確に返さなければ、いい男をものにすることはできない。


最新の投稿


ベトナム〜カンボジア 母なる川をたどる4泊5日のラグジュアリー

ベトナム〜カンボジア 母なる川をたどる4泊5日のラグジュアリー

「アクア・メコン」という、ベトナム、カンボジアの観光ではおなじみの東南アジアを流れるメコン川を巡るリバークルーズ船をご存知でしょうか。ラグジュアリーかつ、伝統や文化を学ぶ旅。全8回の連載、第1回目です。【人生が変わるクルーズ体験#1】


美容の買い物は物語を買うのと似ている

美容の買い物は物語を買うのと似ている

行きつけの皮膚科で「目専用のクレンジング」を見つけた小島慶子さん。使ううちにまつ毛が元気になり、まつ毛美容液でケアすると、まつ毛のボリュームもアップ。間違いなくきれいになるアイテムなんて、きっと誰にも決められないけれど、使うときれいになるよと寄り添ってくれる医師の親切心は、高い施術代とセットであっても嬉しい。


デニムネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

デニムネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

定番人気のデニムネイル。マニキュアでできる? と思いきや、簡単にできるのが嬉しいデザイン。マニキュアを使ったデニムネイルの簡単なやり方・コツ、いろいろなバリエーションを豊富な画像&動画で説明します。おしゃれで周りに差をつけられるデニムネイル、ぜひお試しを。


お手頃でおすすめ!表参道の人気焼肉店(5選)

お手頃でおすすめ!表参道の人気焼肉店(5選)

おしゃれな街の代表格、表参道。「焼肉店がある街」というイメージはあまりないかもしれませんが、近年おしゃれでリーズナブルでおいしい焼肉店が、表参道にも続々進出。今回は1万円以下とお手頃価格で楽しめる表参道の焼肉店を5店ご紹介します。


【駐妻のリアル #2】仕事を辞め、突然専業主婦になって思ったこと

【駐妻のリアル #2】仕事を辞め、突然専業主婦になって思ったこと

駐妻になった私は仕事を辞め、専業主婦として日々を過ごすようになった。でも、その暮らしは楽しいばかりではなく、葛藤や不安もあふれていた。モヤモヤした期間を経て気づいたのは、人の役に立っているという実感を、どんな形でもいいから作ることの大切さだった。