LINE美人を目指そう。素敵な女性に共通するLINEの使い方

LINE美人を目指そう。素敵な女性に共通するLINEの使い方

LINEの使い方、悩んでしまうことはありませんか? 友達に対するLINEの使い方、LINEでのスタンプの使い方など、LINEにおける素敵な大人女性のふるまいを考えてみました。『LINE 楽しく使える!快適ワザ』著者の鈴木朋子さんが提案します。


新しい年がスタートしました。今年は年賀状だけでなく、LINEで年始の挨拶をした方も多かったことと思います。

いつでも気軽にメッセージを送ることができ、ユニークなスタンプを添えられるLINE。とても便利な反面、少し使い方を間違えるとマナー違反になってしまいます。今回は、素敵な女性が共通して実践している、LINEでお互いに心地よく交流するためのコツをお伝えします。

■LINEで大事なのはリズムとタイミング

EメールとLINEの大きな違いは、文章のやりとりではなく、会話に近い交流であること。じっくり考えて返事をするEメールと異なり、返信のタイミングがとても大切です。

相手がすぐ聞いてほしそうなメッセージが来たら、なるべく早めに返答してあげましょう。ちょっとした愚痴なら、相手を肯定する相槌を打つことで、気持ちをおさめてあげることができます。

一方、あまり「即レス(すぐ返事をすること)」ばかりしていると、自分の日常に影響が出るだけでなく、相手も負担に感じてしまうかもしれません。特に急ぎではないと感じるメッセージなら、少しずつ間をおいて、こちらの手が空いたときに返せばよいでしょう。

LINEには「既読」マークがあります。メッセージを読んだことが相手に通知される機能です。既読がついたのに返信しない「既読スルー」や、「通知」でメッセージを読んで返信しない「未読スルー」など、返信が遅いことを責めるような用語も生まれています。

でも、DRESS世代がつながっている友人や仕事仲間なら、それほど過敏にならなくても大丈夫でしょう。もし素早い返信が苦手なら、あらかじめ「通知に気づきにくい」とか、「文字を打つのが苦手で」などの言い訳もおすすめです。そのうち、相手もこれがあなたの返信ペースなのだと理解してくれるはずです。

後輩からの愚痴はすぐ回答してあげるのが吉

■LINEといえばスタンプ! 敬語入りスタンプの使い方

LINEの人気を大きく押し上げた「スタンプ」。ユニークな表情や短いメッセージ入りのものなど、数多く配信されています。

「スタンプショップ」の「EVENT」タブには、企業による無料スタンプが次々に公開されています。無料とはいえ、魅力的なスタンプが多く、特に有料スタンプを購入する必要はないかもしれません。

とはいえ、キャラクターのスタンプやふざけた調子のスタンプばかりでは、大人の女性とは言えません。あなたのセンスを魅せられるスタンプをいくつか購入しておきましょう。

目上の人や仕事仲間にも使えるような、敬語入りのスタンプがおすすめです。スタンプショップで「敬語」と検索すると、敬語入りのスタンプがたくさんヒットするので、一度見てみてくださいね。また、猫や犬など動物のイラストスタンプも無難に受け入れられるでしょう。

上司からのLINEには敬語入りのスタンプが大活躍

■LINEをスマートに終わらせる方法

LINEでの会話は、ダラダラと続いてしまいがちです。会話を打ち切るタイミングがつかめないとき、おすすめは「スタンプ」です。「さようなら」や「またね」といった直接的なスタンプだけでなく、なんとなく締めを感じさせるスタンプでも活用できます。

もしメッセージが深夜に及んでしまった場合なら、「明日早いからこのへんで」とか、「そろそろお風呂に入るからまたね」というように、素直に状況を話すとよいでしょう。

「今日は話せて楽しかった」「お互いにがんばろうね」などのセリフも、そろそろ会話を終わりにする良いきっかけになります。

スタンプを打つことで会話の終わりを感じさせる

■LINEで友達とやりとりするときの注意点

「ちょっと誰かと話したいな」という瞬間が訪れることもあるでしょう。でも、構ってほしい気持ちを全面に出してメッセージを送るのは、大人の女性がすることではありません。お互いに心を許している相手にのみ、甘えるようにしたいですね。

また、「自分語り」が過ぎるのも避けたいところです。自分の話を聞いてもらうのはとても気分の良いことですが、相手が楽しいとは限りません。「自分の話ばかりになっている」と感じたら、相手に話題を振ってみましょう。

交流する道具がLINEでも、人間同士のやりとりであることには変わりません。気遣いを忘れず、楽しいLINE生活を送りましょう。

LINEは気軽にメッセージを送れるけれど、相手への気遣いが大切

この記事のライター

ITライター/ITジャーナリスト。LINEやFacebook、スマートフォンなど、身近なITに関する記事を執筆している。初心者がつまずきやすいポイントをやさしく解説することに定評があり、入門書の著作は20冊を越える。近著は『...

関連するキーワード


大人のLINE術

関連する投稿


別れ話をLINEでしてはいけない理由

別れ話をLINEでしてはいけない理由

LINEでする別れ話。相手が別れたいと望んでいれば、LINEのやりとりはすぐ終わります。ただ残念ながら、そんなに都合よくタイミングが合うことはなく、揉めてしまったり、せっかくの良い想い出を台無しにするようなセリフを打ってしまったり……。LINEで別れ話をしないほうがいい理由についてお話しします。


興味ないのにLINEしてくる人への賢い対応【いい女.bot】

興味ないのにLINEしてくる人への賢い対応【いい女.bot】

「興味ない」のにしつこくLINEしてくる相手に対し、どう反応すればよいのか……悩んだことはありませんか。飲み会や忘年会が増え出会いも増える年末に向けて、LINEでしつこい人に対処する方法や気をつけたいことを考えてみました。


男性が“面倒くさい女”と感じるLINE

男性が“面倒くさい女”と感じるLINE

闇はネットに吐き出し、光でリアルな付き合いを楽しむ人が多い今、ちょっとでも闇を感じる相手とはリアルでの関わりは避けたいと思われてしまいがち。LINEはリアルな関わりを持つ人とのコミュニケーションツールです。それゆえ面倒くさい女の匂いを発すると、男性からブロックなんてことに。そんな男性が面倒くさい女と感じるLINEとは?


モテる女は既読スルーを使いこなす【男性のLINEを未読放置していませんか?】

モテる女は既読スルーを使いこなす【男性のLINEを未読放置していませんか?】

男性からのLINEメッセージを「未読」のまま放置していませんか? 「既読」のままにしておくのは悪い気がする、という人もいるのでは。嫌われたくないのはわかります。しかし、モテる女は既読スルーを恐れません。だからこそモテるのです。驚きのLINEテクニックをご紹介します。


LINEのやりとりで見抜く男性の危ない気質

LINEのやりとりで見抜く男性の危ない気質

“つながり”を断つことが難しい時代だからこそ、気をつけたいのは“つながってはいけない人たち”とつながること。LINEのやりとりに現れる、サイコパスやモラハラ、ストーカー男性の傾向とは?


最新の投稿


『Black Box』彼女の元に問題が集約された【小川たまか】

『Black Box』彼女の元に問題が集約された【小川たまか】

すでに多くのレビューが出ている『Black Box』。著者であるジャーナリストの伊藤詩織さんは、自分の身に起こった事件を調べ、付随する司法・捜査の問題点を、国際比較なども加えながら一つひとつ明らかにしていく。この圧倒的な一冊を前にして、私たちは何を考えるべきなのだろう。


『コウノドリ』6話~医者は大きな失敗を乗り越えるものじゃない

『コウノドリ』6話~医者は大きな失敗を乗り越えるものじゃない

産科が舞台の医療ドラマ『コウノドリ』第6話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。今回も悲しいエピソードでしたね……。ある登場人物が迎えた重大な転機に焦点をあててみます。


あなたはいくつ当てはまる? 浪費家の特徴6パターン

あなたはいくつ当てはまる? 浪費家の特徴6パターン

20代のころは30歳になれば貯金ができていると思っていたし、30歳のころには35歳になれば貯金ができると思ってた……。働いた分だけお金が貯まるはずなんだけど、貯金ができる気配がない。あなたは貯金、貯まっていますか? 浪費してしまう人には特徴があります。


クリスマスまでに攻略したい! 算命学で知る彼の好みと効果的なプレゼント

クリスマスまでに攻略したい! 算命学で知る彼の好みと効果的なプレゼント

そろそろ街がクリスマスの雰囲気に包まれてきました。今年のクリスマスはどんな風に過ごすか、狙った彼と甘い時間を過ごせるか――ここからが勝負ですね。でも彼の好みってどんな人? どうやったら彼の心に響くの? もうあまりゆっくりしている時間はありません。算命学で効果的な戦略を立てて、きっちり仕留めていきましょう。


お客さんには媚びない。脳外科医デザイナー流モノづくりの流儀【ジルデコchihiRo×Drまあや対談】

お客さんには媚びない。脳外科医デザイナー流モノづくりの流儀【ジルデコchihiRo×Drまあや対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第3回では、脳外科医/ファッションデザイナーのDrまあやさんをお招きしました。


おっぱい