LINE美人を目指そう。素敵な女性に共通するLINEの使い方

LINE美人を目指そう。素敵な女性に共通するLINEの使い方

LINEの使い方、悩んでしまうことはありませんか? 友達に対するLINEの使い方、LINEでのスタンプの使い方など、LINEにおける素敵な大人女性のふるまいを考えてみました。『LINE 楽しく使える!快適ワザ』著者の鈴木朋子さんが提案します。


新しい年がスタートしました。今年は年賀状だけでなく、LINEで年始の挨拶をした方も多かったことと思います。

いつでも気軽にメッセージを送ることができ、ユニークなスタンプを添えられるLINE。とても便利な反面、少し使い方を間違えるとマナー違反になってしまいます。今回は、素敵な女性が共通して実践している、LINEでお互いに心地よく交流するためのコツをお伝えします。

■LINEで大事なのはリズムとタイミング

EメールとLINEの大きな違いは、文章のやりとりではなく、会話に近い交流であること。じっくり考えて返事をするEメールと異なり、返信のタイミングがとても大切です。

相手がすぐ聞いてほしそうなメッセージが来たら、なるべく早めに返答してあげましょう。ちょっとした愚痴なら、相手を肯定する相槌を打つことで、気持ちをおさめてあげることができます。

一方、あまり「即レス(すぐ返事をすること)」ばかりしていると、自分の日常に影響が出るだけでなく、相手も負担に感じてしまうかもしれません。特に急ぎではないと感じるメッセージなら、少しずつ間をおいて、こちらの手が空いたときに返せばよいでしょう。

LINEには「既読」マークがあります。メッセージを読んだことが相手に通知される機能です。既読がついたのに返信しない「既読スルー」や、「通知」でメッセージを読んで返信しない「未読スルー」など、返信が遅いことを責めるような用語も生まれています。

でも、DRESS世代がつながっている友人や仕事仲間なら、それほど過敏にならなくても大丈夫でしょう。もし素早い返信が苦手なら、あらかじめ「通知に気づきにくい」とか、「文字を打つのが苦手で」などの言い訳もおすすめです。そのうち、相手もこれがあなたの返信ペースなのだと理解してくれるはずです。

後輩からの愚痴はすぐ回答してあげるのが吉

■LINEといえばスタンプ! 敬語入りスタンプの使い方

LINEの人気を大きく押し上げた「スタンプ」。ユニークな表情や短いメッセージ入りのものなど、数多く配信されています。

「スタンプショップ」の「EVENT」タブには、企業による無料スタンプが次々に公開されています。無料とはいえ、魅力的なスタンプが多く、特に有料スタンプを購入する必要はないかもしれません。

とはいえ、キャラクターのスタンプやふざけた調子のスタンプばかりでは、大人の女性とは言えません。あなたのセンスを魅せられるスタンプをいくつか購入しておきましょう。

目上の人や仕事仲間にも使えるような、敬語入りのスタンプがおすすめです。スタンプショップで「敬語」と検索すると、敬語入りのスタンプがたくさんヒットするので、一度見てみてくださいね。また、猫や犬など動物のイラストスタンプも無難に受け入れられるでしょう。

上司からのLINEには敬語入りのスタンプが大活躍

■LINEをスマートに終わらせる方法

LINEでの会話は、ダラダラと続いてしまいがちです。会話を打ち切るタイミングがつかめないとき、おすすめは「スタンプ」です。「さようなら」や「またね」といった直接的なスタンプだけでなく、なんとなく締めを感じさせるスタンプでも活用できます。

もしメッセージが深夜に及んでしまった場合なら、「明日早いからこのへんで」とか、「そろそろお風呂に入るからまたね」というように、素直に状況を話すとよいでしょう。

「今日は話せて楽しかった」「お互いにがんばろうね」などのセリフも、そろそろ会話を終わりにする良いきっかけになります。

スタンプを打つことで会話の終わりを感じさせる

■LINEで友達とやりとりするときの注意点

「ちょっと誰かと話したいな」という瞬間が訪れることもあるでしょう。でも、構ってほしい気持ちを全面に出してメッセージを送るのは、大人の女性がすることではありません。お互いに心を許している相手にのみ、甘えるようにしたいですね。

また、「自分語り」が過ぎるのも避けたいところです。自分の話を聞いてもらうのはとても気分の良いことですが、相手が楽しいとは限りません。「自分の話ばかりになっている」と感じたら、相手に話題を振ってみましょう。

交流する道具がLINEでも、人間同士のやりとりであることには変わりません。気遣いを忘れず、楽しいLINE生活を送りましょう。

LINEは気軽にメッセージを送れるけれど、相手への気遣いが大切

この記事のライター

ITライター/ITジャーナリスト。LINEやFacebook、スマートフォンなど、身近なITに関する記事を執筆している。初心者がつまずきやすいポイントをやさしく解説することに定評があり、入門書の著作は20冊を越える。近著は『...

関連するキーワード


LINE

関連する投稿


LINEでわかる心理テスト~行動心理で見抜く彼の落としやすさ

LINEでわかる心理テスト~行動心理で見抜く彼の落としやすさ

今回は、LINEから見抜く彼の心理を「心理テスト形式」で解説。気になる彼が自分に少しでも好意を持ってくれていたら……そんな想像をしたことはありませんか? でも、相手の気持ちがわからなくて、どうやってアクションを起こしていけばいいのか迷ってしまう方も多いはず。そんな女性の助けとなるLINE心理分析をご紹介します。


LINEのやりとり、恋愛アラートのサインとは?

LINEのやりとり、恋愛アラートのサインとは?

会っているときであれば、彼の気持ちの変化は態度や口調でわかるけれど、LINEは相手の本音がわかりにくいもの。今回は、そんなLINEのやりとりに現れる恋愛アラート、つまり彼の気持ちのマイナスな変化”のサインについてご紹介します。


恋愛におけるLINE、彼の既読スルーの本音とは

恋愛におけるLINE、彼の既読スルーの本音とは

恋愛におけるLINEのやりとりで、ブロックの次にされたくないことが既読スルー。既読にならない状態よりも、既読になっているにもかかわらずノーレスの既読スルーは、ネガティブな想像をしてしまいますよね。今回は、既読スルーに隠されている彼の本音について考えてみましょう。


恋愛を冷めさせてしまうLINEとは

恋愛を冷めさせてしまうLINEとは

年代問わず、LINE(ライン)は恋愛の主たるコミュニケーションツールになっています。しかし、文字やスタンプ、写真で伝えることは意外と難しいものです。会えないからこそLINEで育みたい恋。けれどその恋をいつの間にか冷めさせてしまうことも。そんな、恋愛を冷めさせてしまうLINEとは一体どんなものなのでしょうか。


恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

会えないときにふたりの気持ちをつなぎ、高めるLINE。現代の恋愛に欠かせないコミュニケーションツールとなったLINEは、相手の顔が見えない非対面コミュニケーションがゆえに、対面コミュニケーション以上に相手への気遣いが必要です。恋愛におけるLINEでは、彼がほしい言葉を察して送り、恋心を盛り上げていくことが大切。


最新の投稿


ハーゲンダッツ、人気の「ほうじ茶ラテ」が再発売に

ハーゲンダッツ、人気の「ほうじ茶ラテ」が再発売に

ハーゲンダッツ ジャパンは、ほうじ茶の香り高い味わいを楽しめるハーゲンダッツ ミニカップ「ほうじ茶ラテ」を期間限定で、10月31日より全国で発売します。


美人度を上げる、ブラウンアイシャドウパレットの選び方

美人度を上げる、ブラウンアイシャドウパレットの選び方

ブラウンアイシャドウパレットはメイクの定番品。使いやすく、メイクもキマるように思えるけれど、顔色がくすんで見えたり、お疲れ顔に見えたり、単なる地味な人になってしまったり……。「私ってブラウンメイクが似合わない」と思うことはありませんか? 話題の「瞳の色診断」で、自分にベストなブラウンを見つましょう。


【MBA的恋愛学#6】「男を見る目」は必要ない~「現在価値」で見極める結婚相手

【MBA的恋愛学#6】「男を見る目」は必要ない~「現在価値」で見極める結婚相手

「MBA的恋愛講座」では、知っておくとちょっとモテる、経営学仕込みの恋愛テクニックを披露します。今回ご紹介するvol.6はファイナンスの「現在価値」という考え方を使用した、長くお付き合いしているのに結婚してくれなそうな彼の見極め方についてです。


フェードアウトしていった男性と復縁したいなら"プライド"を利用する

フェードアウトしていった男性と復縁したいなら"プライド"を利用する

付き合っていると思っていたのに、いつの間にか距離を置かれてしまった……。理由もわからず離れていかれるのは悲しいことですが、そこには男性のずるい下心があります。復縁したいなら、そんな男性のプライドを上手に刺激して、ふたたび手に入れたいと思わせるのがポイントです。


【おしゃれびとスナップ #16】素材と柄を変えるだけで、たちまち秋コーデに

【おしゃれびとスナップ #16】素材と柄を変えるだけで、たちまち秋コーデに

夏をまだひきずった天気でも、素材や柄を工夫すれば、秋らしい装いに。連載「おしゃれびとスナップ」2017年9月第3週は「夏から秋のスライドコーデ」をテーマにお届けします。


おっぱい