ひとりぼっちでクリスマスを過ごすのがつらい女性へ贈りたいメッセージ

ひとりぼっちでクリスマスを過ごすのがつらい女性へ贈りたいメッセージ

クリスマスをひとりで過ごすことを「クリぼっち」などといいます。クリスマスにひとりぼっちな過ごし方は惨め? そう思うなら徹底的に悲しんで。つらさや敗北感と向き合える女性こそ、人の痛みがわかる器の大きい女性になれるのです。


今年のクリスマスをシングルで過ごすあなたに、心を込めてこのコラムを贈ります。

■クリスマスにシングルで過ごすことが悲しいなら、存分に悲しみ尽くして

クリスマスの訪れに浮きたつ人々の中、自分だけがこの広い世界にたったひとり取り残されたような、はてしない孤独。魂がうずくような痛み、悲しみ。泣いて泣いて、泣きすぎて、目が痛いからもう泣きたくないのに、まだ泣けて──。
クリスマスって残酷なものですね。



いまあなたはきっと、こんなふうに考えているのではないでしょうか。
「一歩街に出れば、いたるところにカップルばかり。幸せそうなご夫婦ばかり。それなのになぜ、わたしだけひとりぼっちなんだろう」「わたしの何がいけないんだろう?」



結論からいうと、もちろんあなたがいけないのではありません。
人生には、運命という名の見えざる力に導かれて進んでいくという側面があります。この運命というものの導きによって、今年のクリスマス、あなたはシングルでいるという状況を通過している。ただそれだけのことです。
懸命に探しても、考えても、それ以上の意味は、きっとどこにもありません。



こんなふうに言っても、あなたがいま見舞われている悲しみや敗北感を払拭することはできないかもしれません。けれど、だからこそあえて伝えたいのです。
その悲しみや敗北感から逃げずに、まっすぐに傷つき、悲しみ尽くしてくださいと。

わたし自身はいまアラフィフと呼ばれる世代を生きています。振り返ると、これまでの人生で、なんと多くの女性に出会い、彼女たちの生きざまを間近で見つめてきたことでしょう。
そして、多くの女性たちを見てきたからこそわかったことがあります。それは、「人は傷つき、悲しみ尽くす経験を経てこそ、他者の痛みを心の底から理解できるあたたかい人間になれる」ということ。
「あたたかく、深い情を宿した人間に成長できてこそ、人として生まれてきた価値がある」ということなのです。



通る人が振り返るほど美しくても、パートナーに恵まれていたとしても、人の痛みに思いを寄せることができなかったり、冷たく、情がない人間として生きていくのだとしたら、90年にもおよぶ長い人生を生きていく意味、価値がない。
厳しいようですが、わたしは心からそう思います。あなたはどう思われるでしょうか。

■傷つき、悩み、考え抜いた女性こそ、きちんと歳を重ねていける

世の中にはなぜかとても運のよい人がいるものですね。
「あの人は運が強くていいなあ」などと人はうらやみます。けれど、運のよさに守られて、深く考え、悩み、傷つくことがないままスムーズに人生を進んでいける人は、往々にして人の痛みに鈍感なものです。本当のやさしさ、あたたかさを備えてはいなかったり。



これは、きちんと壁にぶつかり、傷つき、悩み尽くす過程の中で、しっかり物事を考え抜いた経験がないから。深い自己否定にもがくことなく、「わたしって素敵」「わたしって優れている」と安易に自己肯定感を得てしまったがゆえに、不遜さが身に染みついてしまったものなのでしょう。



不遜さとは、心眼をくもらせる恐ろしい威力を持ったフィルターです。このフィルター越しに見ている限り、人のやさしさ、悲しさといったこの世の奥深い真実に気づくことはできません。
たった1度きりの人生を、人の世の真実に気づき、触れることもないまま終えるなんて、あまりにも惜しいことだと思いませんか?
そのように過ぎてしまう人生こそ、まさに「馬齢を重ねる」ということなのだろうと思います。



「馬齢を重ねる」とは、大したこともしないまま、ただいたずらに歳をとることを指す表現です。謙譲表現として用いられることの多い言葉ですが、わたしは時折この言葉を思い出して、身のすくむ思いに駆られます。
馬齢など重ねてはいけません。本気で悩み、考え、気づき。生きた甲斐のある人生の時を重ねて、本当のやさしさを備えたいい女に、自分を育てたいものです。

いい男ほど、いい女を見抜きます。
いい女とは、賢く、あたたかく、人として深い情を宿した女性のことです。
心の底から傷ついたことのない女性には、辿り着くことのできない境地ともいえます。



傷つき、悲しみ尽くすクリスマスを経験することで、あたたかな情を宿すことになるあなたは、いま、いい女に成長するためのスタートラインに立っているのです。
いい女になることができれば、いつの日か必ず、いい男と結ばれます。運命の導きとは、そのようにできているものですから。



だから、今年のクリスマスがつらい女性にとって、きっといまが人生の底。今年が人生最低のクリスマス。来年のクリスマスは、きっと今年よりうんといい日になる。きっとできます。



だから、今年は中途半端に逃げたりごまかしたりせず、真正面から悲しんで泣き尽くしてしまいましょう。ただし泣くときは誰にもすがらず、自分ひとりで。
涙はひとりで流すもの。これも、いい女になるための大切な矜持です。

Merry Christmas.

今日はあなたの2度目の誕生日です。
泣いて泣いて、最高のいい女になるための、スタートラインに立つ日──。

この記事のライター

各女性誌ライター、広告プランナーとしての豊富な経験をもとに、女性が人生をより楽しく生き、魅力を磨くためのコンテンツをお届けしています。

関連するキーワード


クリスマス

関連する投稿


実は楽しいクリぼっちの過ごし方【Drまあや】

実は楽しいクリぼっちの過ごし方【Drまあや】

クリスマスにひとりで過ごすのが確定。それが寂しいと感じるなら、「クリぼっち」の戦略として、ひとりで過ごすクリスマスを楽しむ方法を考えて、ふたりで過ごす以上にもっと素敵な思い出を作ってみてはいかがでしょう。いくつかアイデアを提案します。


女の幸せに、クリスマスは邪魔なだけ【植村絵里】

女の幸せに、クリスマスは邪魔なだけ【植村絵里】

恋人や夫の有無を世間から問われている気がしてしまうイベントのひとつ、クリスマス。でも、彼女や妻、恋人といった役割がすべてじゃない。自分は自分という役割をやりきるために生きている。自立と自由を自分の手で獲得する人が、役割にとらわれず、周りも自分も軽やかにハッピーに生きる人生を手に入れるのだと思います。


シルバニアファミリーとのかわいいコラボも。スイーツフォレストでイベント開催中

シルバニアファミリーとのかわいいコラボも。スイーツフォレストでイベント開催中

自由が丘で特別なクリスマスケーキを楽しんで。12月25日まで「ハートフル・スイーツクリスマス2017」を開催中。自分でデコれるオリジナル・クリスマスケーキ・セットも登場します。


ギフトにも自分用にも。クリスマスに買いたいランジェリーたち(3000円〜)

ギフトにも自分用にも。クリスマスに買いたいランジェリーたち(3000円〜)

今年のクリスマスプレゼントはもうお決まりですか? 男女間だけでなく、女性同士でもランジェリーのプレゼントはおすすめです。何枚あっても嬉しい、使い勝手が良くて、おしゃれ、しかもプチプラなランジェリーをプレゼントにしてみては。大人の女性に似合う、洗練されたヨーロッパのランジェリーをご紹介します。


悪い子どもには”石炭”をプレゼント? 12月のチェコに訪れるイベントはクリスマスだけじゃない

悪い子どもには”石炭”をプレゼント? 12月のチェコに訪れるイベントはクリスマスだけじゃない

チェコでは、12月最初の日曜日に、町のクリスマスツリーの点灯式がありました。クリスマスマーケットが始まり、チェコはもうクリスマスの雰囲気に包まれています。


最新の投稿


映画『しあわせの絵の具 愛を描く人モード・ルイス』感想。人生は美しい色であふれている

映画『しあわせの絵の具 愛を描く人モード・ルイス』感想。人生は美しい色であふれている

【シネマの時間】第23回は、世界中の映画祭で観客賞を受賞した感動作。映画『しあわせの絵の具 愛を描く人モード・ルイス』をお送りします。カナダで最も有名な画家モード・ルイスが教えてくれる、人生で大切な喜びとは? 2018年3月3日(土)より新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマ、東劇ほか全国ロードショー公開です!


【海外で、産む】緊急帝王切開で産み、4泊で退院した私の経験談

【海外で、産む】緊急帝王切開で産み、4泊で退院した私の経験談

マレーシアで第一子を出産しました。無痛分娩で出産するつもりでしたが、諸事情で緊急帝王切開となりました。入院期間はたったの4泊。薬を飲む際は水ではなくてミロ(Milo)。そんな海外出産体験をご紹介します。


顔の疲れや乾燥が気になるときの「スペシャルケア」【わたしを助けてくれる肌ケア】

顔の疲れや乾燥が気になるときの「スペシャルケア」【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESSのコラムニスト中野ゆうこさんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


大人の語学留学先にセブ島がおすすめな理由

大人の語学留学先にセブ島がおすすめな理由

語学留学先として近年注目されるセブ島。13カ国以上の留学経験をもつ「留学ジャーナリスト」の著者が、数ある学校の中から実際の体験によって選び抜いた「”本当に使える英語"が身につく語学学校ベスト13校」を紹介した『セブ島英語留学完全ガイド』から、セブ島での語学留学の魅力をお伝えします。


「なんでわかってくれないの」原因は相手じゃなくて、自分にあることが大半

「なんでわかってくれないの」原因は相手じゃなくて、自分にあることが大半

仕事やプライベートで、「なんでわかってくれないの?」「私言ったのに!」ということはよくあることだと思います。最近、周りにわかってくれない人が増えてきた、という方。果たして、悪いのはわかってくれない相手なのでしょうか? それとも……?